挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
The End of The World 作者:コロタン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

84/88

第83話 見廻り

  「誠治君、瀧本さん、待たせたね!彼等が君達と組む自衛官だよ。2人共優秀だ!必ず君達の役に立つだろう!」

  車を手配しに行った酒井は、2人の自衛官を連れて戻って来た。
  1人は身長が俺と同じ位だが、かなり屈強な男で、もう1人は対照的に華奢に見える女性だ。

  「はじめまして、自分は櫻木(さくらぎ) 大輝(だいき)階級は二尉です!」

  「私は玉置(たまき) 奈緒(なお)同じく二尉です。よろしくお願いします」

  2人は俺達に挨拶してきた。

  「櫻木君はレンジャーの資格を持っているし、玉置さんも接近戦はかなりの実力だ。君の足手まといになる心配は無いだろう!」

  「酒井さん・・・レンジャー資格持ってる人が足手まといって・・・化け物じゃないですか!」

  俺は酒井に叫んだ・・・。

  「誠治、レンジャー資格って何だ?」

  「レンジャーって言うのは、陸自の自衛官14万人の内8%位の人しか持ってない資格だよ・・・。体力魔人の自衛官達でも根を上げるような過酷なレンジャー課程をクリアした人だけが持てるんだよ・・・従兄弟が地獄を見たって嘆いてた・・・」

  「よく知ってますね!いやぁ、マジで死ぬかと思いましたよ!従兄弟さんはどちらに?」

  「習志野の陸自ですよ。その父親は千歳の航空自衛隊です」

  「その従兄弟さんはどうだったんです?」

  「見事に脱落だったみたいですよ・・・。親父に殺されるって嘆いてましたよ」

  「ははは!そいつは災難だ!レンジャー課程で死ぬ思いをして、さらに親父さんか!」

  櫻木は爆笑している・・・。

  「あの・・・そろそろ行きません?」

  「あ、すんません・・・行きます・・・」

  俺は玉置に言われ謝った。
  酒井と元気は苦笑していた。




  「さっきはすみませんね!まさかご親戚に自衛官がいらっしゃるとは思わなかったので」

  櫻木は車を運転しながら話しかけてきた。

  「いや、構いませんよ。それにしても、まさかレンジャー資格を持ってる方と一緒だなんて、酒井さんにはお世話になりっぱなしで申し訳ないですよ・・・」

  「いやいや、お礼なら私ではなくて玄葉陸将に言ってくれ!あの方が彼等をつけてくれたんだよ」

  酒井は笑顔で答えた。

  「そう言えば、君はかなり戦えるんだろう?御門さんが言っていたよ?今までほとんど1人で戦っていたと言っていたけど、どのくらい倒したんだい?」

  「そうですね・・・拠点周辺の安全確保の為だったり、車で走る時に俺だけ歩いて先を確認したりとかで、少なくとも200は倒してますかね?囲まれたりもしましたし、実際はもっと行ってるかもしれません・・・」

  俺の言葉に、全員が唖然とした。

  「それは・・・。接近戦でかい?」

  「えぇ、銃は奴等を引き寄せますし、弾の数も限られてましたから・・・。使うなら、自分が死ぬ時と決めてました・・・」

  「そうか・・・実のところ、我々の中で実際に奴等と接近戦で戦った者は少ないんだ・・・。まだ奴等が溢れかえる前に撤退をして、拠点の防衛に努めていたのもあって、反攻しているのは一部の部隊だけなのが現実だよ・・・。思った以上に奴等の増殖が早くて、今まで防衛で手一杯だったところに今回の件だ・・・。正直、現状では君達の方が奴等を知っている・・・。ある程度の情報は得ているが、知っているだけなのと実際にやるのとでは別物だ。彼等の力になって貰えると助かる・・・」

  酒井は頭を下げて頼んできた。

  「わかりました。俺達に出来る範囲でなら・・・」

  俺と元気は頷いた。




  俺達は車の中で奴等についての情報を共有し、仮設住宅へと戻った。

  「では、私はまだ片付けなくてはいけない仕事が山積みなので、ここで失礼するよ・・・」

  酒井はうんざりした表情で帰って行った。

  「では、お2人共中で見張りについて話し合いましょうか?」

  「すみません、宜しくお願いします」

  俺は2人を連れて中に入った。

  「誠治さん、おかえりなさい!そちらの方達は・・・?」

  俺の帰りに気付いた美希が出迎え、櫻木と玉置を見て首を傾げた。

  「あぁ、紹介するから皆んなを集めてくれないか?元気も今向こうから人を集めてくるからさ」

  俺は美希に言い、2人を中に招いた。




  「では、こちらの男性が櫻木さん、女性が玉置さんだ。今日俺達と見張りをしてくれる陸自の方達だよ」

  「はじめまして、宜しくお願いします」

  2人は皆に頭を下げた。

  「今は14時だな・・・。取り敢えず、俺は昼と夜のどちらも入るつもりだ。最初は元気の所の人の2人が、夜は隆二と元気でどうかな?渚さんと他の人達は、念のために仮設住宅の周辺を見て回ってくれ」

  「誠治さんの負担が大き過ぎないですか?」

  俺の提案に隆二が言ってきた。

  「仕方ないだろ?この中で一番戦い慣れてるの俺だしさ・・・。見張りをするだけなら、そんなに負担は無いよ。それに、夜には他所から増援も来てくれるそうだし」

  「それなら良いですけど・・・」

  隆二はまだ言いたい事がありそうだったが、一応納得してくれた。

  「では、持ち場に行きましょうか?俺が玉置さん、慎吾は櫻木さんと組んでくれ」

  俺達は、それぞれ用意された武器を持ち、自分達の持ち場に向かった。




  「玉置さん、奴等を見つけたら、俺が足を狙って転がしますんで、倒れたら頭をお願いします!」

  「わかりました・・・なんかすみませんね・・・。本来なら、私達がやらなきゃならない仕事なのに・・・」

  「気にしないでください。困った時はお互い様ですよ!」

  「井沢さんは、なぜ1人で戦っていたんですか?御門さんなんかは結構出来るように見えましたが・・・」

  玉置が遠慮がちに聞いて来た。

  「失いたく無かったんですよ・・・。俺は、騒動当日に、恋人を亡くしました・・・。それと、仲間も2人・・・。彼等を失いたく無かったんです・・・」

  「すみません・・・辛い事を聞いてしまいました・・・」

  「いや、気にしないでください。大切な人を亡くしたのは、俺だけじゃないですからね」

  俺は、項垂れた玉置を励ました。




  「ふぅ・・・。何事も無くて良かったですね」

  玉置が安堵の溜息を吐く。

  「奴等は足が遅いですからね。でも、出来る事なら、昼の内に来てもらいたかったですよ・・・。ここは音が多いですから、奴等が来るのはほぼ確実だと思います・・・。夜に奴等が来た場合、暗いと発見が遅れます・・・」

  「そうですね・・・。来ないのが一番ですが、今のところ住宅地や集落からは、奴等が現れたとの報告はありません。遅からず奴等はここに来るかもしれませんね・・・」

  俺は玉置の言葉に頷き、交代と夕飯のため仮設住宅に戻った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ