挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
The End of The World 作者:コロタン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/88

第69話 虫の知らせ

  脱出当日、俺達は7時に朝食を取り、最終的な打合せをしている。

  「皆んな、上手くいけばこれが最後のミーティングになる。まずは車に乗るメンバーだが、俺は1人で乗る。美希は悠介達と乗ってくれ」

  「誠治さんは大丈夫なんですか・・・?」

  「あぁ、俺は大丈夫だ。千枝ちゃんは病みあがりだから、ついてやっててくれ。最初は、隆二の車に美希と千枝ちゃんを乗せようかとも思ったが、それだと隆二の負担が増える。渚さんと千枝ちゃんが乗ると、キツい言い方だが、悠介1人では美希を守りきれないだろう・・・。俺は、誰にも死んで欲しくない」

  「わかりました・・・。気をつけてくださいね・・・」

  美希は俺の言葉に、不安そうに頷いた。

  「次に車の順番だが、いつも通りに俺、悠介、隆二の順番で行く。もし奴等の集団に出会ったら、Uターンした時に隆二の車が先になるようにしたい。隆二の車は4輪駆動だから、多少の奴等なら蹴散らせる。悠介は隆二の車の後ろを走ってくれ。俺は奴等を引き付けながら街の入り口を目指し、そこから港に向かう。もし俺が戻れない時は、拳銃を撃って知らせる・・・俺の持ってる銃の弾は6発だ。銃声が6回鳴ったその時は、俺を置いていけ・・・。船の鍵は隆二に預ける。責任重大だが、信じてるぞ!」

  「それじゃあ誠治さんが危ないじゃないですか!!もしかして、私を兄さんの車に乗せるのはその為ですか!?」

  美希が俺に怒鳴った。

  「それもある・・・。だが、千枝ちゃんについていて欲しいのも本当だ。これが、1番確実な作戦だと思ってる・・・。もしもの時、犠牲になるのが1人で済むからな。良いか!決して待とうとは思うな!解ったな!」

  皆んなは俯き、沈黙している。

  「解ったなと言ってるんだ!!」

  沈黙している皆に俺は怒鳴った。

  「・・・はい」

  皆は項垂れて返事をした。

  「俺も、死ぬつもりでやる訳じゃないよ。メンバーの中で、この作戦を成功させる確率が一番高いのは俺だからな。なるべく生きて戻るよ!だから、信じてくれ!!」

  「了解した・・・。その時には、必ず生きて戻れよ!美希さんを悲しませる事は決して許さんからな!!」

  「あぁ・・・頑張るよ!」

  涙目で叫んだ渚に、俺は約束した。

  「無線機を使いたかったんだがなぁ、結局無駄にしてしまったな・・・。慶次に申し訳ないよ」

  「誠治さん、無駄じゃないですよ!兄貴は、無線機を使えるようにしてくれなんて言わなかっただろ?俺達を守ってくれ、家族として接してくれって言ってた。なら、誠治さんは兄貴の約束を守ってる!だから、無駄じゃないよ!!」

  項垂れる俺に、隆二が言ってきた。

  「そうかな・・・。そうなら嬉しいな!」

  俺は隆二の言葉に小さく笑い、呟いた。

  「よし!じゃあ、出発しようか!」

  俺達は車に乗り、最後の街を目指した。




  俺達は1時間半ほど車を走らせ、港町へ辿り着いた。街までは順調に進む事が出来た。
  だが、問題はここからだ・・・。
  昨日見ただけでは、街の状況が解っていない。
  港に向かう途中で奴等の集団に出くわす可能性がある。

  「ここからは車間距離を開けてくれ!」

  俺は車の窓を開けて、悠介と隆二に指示を出した。

  「さて、行くか・・・。後少しだ・・・!皆んなで無事に九州に行く!!」

  俺は決意を口にし、ゆっくりと車を走らせた。

  「この辺りはまだ少ないな・・・。港の入り口にいなければ良いが・・・」

  俺は周囲を確認しながら運転した。
  だが、港に向かう最後の直線に入り急ブレーキを踏んだ。

  「くそっ!昨日はいなかったのに!!」

  昨日までは奴等の少なかった通りは、今では奴等の集団で埋め尽くされていた・・・。

  「隆二!悠介!作戦通りに頼むぞ!!」

  俺は窓を開けて指示し、2台がUターンして別の道に入るのを待ち、車のホーンを鳴らした。

  「さぁ、付いて来い!!」

  奴等が俺に気付き、ゆっくりと歩いてくる。
  俺はそれを確認し、車を走らせた。




  「まだだ!まだ引き離さないと!!」

  俺はミラーを確認しながら運転している。
  奴等は、かなりの数が追って来ている。

  「街の入り口はまだか!?」

  奴等に合わせ、ゆっくりと走っているため、なかなか入り口まで辿り着けない。

  「くそっ!まだ増えやがる!?」

  車の速度が遅いため、奴等の数が増えていく。

  「見えた!あそこから迂回しよう!!」

  俺は街の入り口を確認し、交差点を曲がって港を目指した。

  「かなり引き離さなしたはずだ!隆二達は港に着いてるかもしれない!急がないと!!」

  通りを確認しながら急いで港に向かっていると、港に近い場所に大きな倉庫が見えた。

  「あそこから出て来たのか・・・」

  倉庫の入り口は外側にひしゃげ、扉を固定していたであろう鎖が地面に落ちていた。

  「ぐずぐずしてる暇はないな・・・」

  俺は倉庫を見るのを切り上げ、港に急いだ。

  「よし、港の周りには居なくなってるな!皆んなは無事か!?」

  俺は船のある場所を目指し車を走らせたが、そこには隆二のSUVしか見当たらなかった。

  「隆二!悠介達はどうした!?」

  俺は船に辿り着くなり、隆二に問い掛けた。

  「誠治さん!それが・・・最初は後ろに着いて来てたんですが、気付いたら居なくなってて・・・」

  隆二は涙目で呟いた。

  「そうか・・・。取り敢えず、物資を船に移すぞ!向こうには渚さんも居る!悠介もなんだかんだで頼りになる!しっかりと渚さんのサポートをするはずだ!!」

  俺は探しに行きたい気持ちを抑え、隆二と由紀子に指示をだした。

  「俺は物資の移動が終わったら、港の入り口で悠介達を待つ!探しに行きたいが、入れ違いになるといけないからな!」

  俺は物資を急いで移し、刀とタイヤレバーを持って港の入り口に向かった。

  「夏帆・・・彼等を助けてくれ!」

  俺は呟き、夏帆のネックレスを握った。
  すると・・・。

  プツッ・・・

  ネックレスが、小さな音を立てて千切れた・・・。
  それを見た俺の心は、背筋の凍り付く様な不安に覆われた・・・。
  
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ