挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
The End of The World 作者:コロタン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/88

第55話 残念美人

  俺と美希は、緊張の面持ちで渚達の元へ向かった・・・。

  「誠治さん、以外と早かったな。由紀子が遅れると言っていたが・・・。美希さんも一緒だったんだな」

  「あぁ・・・うん・・・ソウデスネ・・・」

  「どうしたんだ?顔色が優れないようだが・・・。体調が悪いなら休んでいても良いぞ?貴方には苦労を掛けたからな・・・」

  渚は俺を気遣ってくれる・・・。
  その気遣いが、俺の心を抉る・・・。
  由紀子は明後日の方を向いて知らないふりをしている・・・。

  「まぁ、大丈夫だよ・・・。渚さん、話の前に、ちょっと悠介に用があるから、そっちから済ませて良いかな・・・?」

  「あぁ、構わないぞ。こちらも、別に急ぎではないからな」

  俺と美希は渚に伝え、悠介の元へ向かった。






  「悠介・・・ちょっと良いかな・・・?」

  悠介は千枝と遊んでいる。

  「どうしたんです?2人揃って・・・」

  悠介は訝しげに聞いてきた・・・。

  「あのな・・・。由紀子さんにバレてしまった・・・。どうしよう・・・!?」

  「バレたって、何がですか・・・?あっ・・・もしかして・・・」

  悠介は気付いたようだ。

  「あぁ・・・お前の考えてる通りだよ・・・。面目無い・・・」

  俺は項垂れて悠介に謝った。
  美希も俺の後ろで小さくなっている。

  「誠治さん・・・早すぎですよ・・・!俺が、皆んなに言いたいのをどれだけ我慢してたか・・・!解りますか?俺の気持ち・・・」

  俺は言い返せなかった・・・。
  悠介に、皆んなには黙っててくれと頼んだのに、自らバラしてしまったのだ。
  言い返せるはずがない・・・。

  「はぁ・・・2人して何してんだよ・・・。どうするも何も、もう皆んなには言った方が良いんじゃないですか?誠治さんは詰めが甘いから、また別の人にバレるのは時間の問題だと思いますよ?もし知った時に、渚さん達に不信感を抱かれるよりは、今言った方が良いと思います・・・」

  「だよなぁ・・・。後から何かと言われるより、今の内が良いよな・・・。悠介、千枝ちゃんをお願いしてて良いかな・・・?千枝ちゃんにはまだ秘密にしておきたいから・・・」

  「わかりました・・・千枝は任せてください。誠治さん、今後は気を付けてくださいね・・・!」

  悠介の言った通りだ・・・。
  俺は詰めが甘い・・・。
  もし、これが仲間の命に関わるような時だったなら、後悔してもしきれない・・・。

  「あぁ・・・解ったよ・・・。じゃあ、行ってくるよ・・・」

  俺と美希は悠介に謝り、渚達の元に戻った。





  「渚さん、先に俺の話しを聞いてくれないか?」

  俺は緊張しながら渚に言った。

  「あぁ、構わないぞ?どうした?」

  「あのさ・・・今まで隠してたんだけど・・・。俺と美希は付き合ってるんだ・・・。渚さん!隆二!今まで隠しててすんませんでした!!」

  俺は2人に土下座した。
  人生初の土下座だ・・・以外と恥ずかしい・・・。

  「なんだ、そんな事か・・・。別に良いんじゃないか?美希さんは貴方の事が好きだったみたいだしな!美希さんは優しい子だ。大切にしてやれよ?」

  「誠治さん、気にする事無いですよ。俺と由紀子だって付き合ってるんですし、良いんじゃないですか?」

  2人の反応は俺の予想と違い、やけにあっさりしていた・・・。

  「怒らないのか・・・?俺は、渚さん達に隠してたんだぞ・・・?」

  「祝いこそすれ、怒る理由は無いからな・・・。まぁ、確かに私達にだけ隠してたのは少々残念ではあるが、こうしてちゃんと話してくれただろう?それに、誠治さんの事だ・・・士気が下がるだのと色々と考えてたんだろう?とにかく、おめでたい事だよ!」

  「俺も渚さんと同じ意見です!まぁ、おめでとうございます!今度詳しく聞かせてくださいよ!?」

  「えっと・・・。ありがとう・・・ございます・・・?」

  俺と美希は呆気にとられながら、2人にお礼を言った。

  「誠治さんの話は終わったかな?なら、私の話しを聞いて貰って良いかな?」

  「どうぞ・・・。時間を取らせてすみません・・・」

  俺は恐縮して渚に誤った。

  「次の目的地についてなんだが・・・私としては、あまり行きたい所ではないんだ・・・。そこは・・・前に、私が働いていた街なんだ・・・。あまり良い思い出が無いのもあるが、知人が奴等になっていたらと思うとな・・・」

  渚はやや辛そうな顔で言った。
  俺が次の目的地として提案した場所だが、渚にとって行きたくない場所であるなら、無理にそこに滞在する必要はない。
  誰にでも行きたくない場所くらいある。
  もしそこに行き、乗り気でない渚が油断して何かあったら、堪ったもんじゃない。

  「そう言う事なら別の場所にしよう。その近くで滞在出来そうな街だと、そこから更に2時間位掛かるから、早めに発った方が良いな・・・」

  俺は地図を広げて確認した。

  「私事で申し訳ない・・・」

  「気にしなくて良いよ!誰にだって、苦手な場所や物はあるからな!」

  「そうですよ!気にしないでください!」

  俺と美希は、項垂れる渚を励ました。

  「じゃあ、いつ発とうかな・・・?」

  「誠治さん、無線機の方はどうだ?それが大丈夫なら、明日でも良いぞ?前の街から、奴等が移動してくる可能性もあるから、早いに越した事は無いからな・・・」

  「俺自身、初めて触る物だし、無線機の方はまだ何とも言えないな・・・。警察用の無線機だし、一般人にどうこう出来る物かもわからないんだよな・・・」

  「そうか・・・。この際、次の街で時間を作って作業をするのも良いと思うが・・・」

  (あれ・・・?なんか、忘れてる気がするんだが・・・)

  「渚さん・・・。貴女の前の職業って何だったかな?」

  「ん?警察官だと言ったはずだか?誠治さん・・・もう忘れたのか?痴呆にはまだ早すぎないか?」

  「ここに元警察官いるじゃねーか!!俺より警察無線詳しいんだから、代わりにやってくれよ!!俺より、自分の痴呆の心配をしてくれ!!」

  俺は渚に叫んだ・・・。
  渚は元警察官だ。
  渚は、俺が悪戦苦闘してるのを知っていながら、何のアドバイスも無かった・・・。

  「それがな・・・機械は苦手なんだ・・・」

  渚は照れながら舌を出した・・・。
  見事なテヘペロだ・・・。

  「テヘペロしてんじゃねーよ!メシマズで機械音痴って、属性盛り過ぎだろう!?」

  「そこまで言わなくても良いじゃないか!?誰にでも苦手な物があると言ったのは誰だ!!」

  渚は涙目で反論した。

  「自分が前使ってた道具がダメってどう言う事だよ・・・」

  渚は言葉に詰まった。

  「すまん・・・。だが、本当に苦手なんだ・・・。なんとか使い方は覚えたが、設定やらは人任せでな・・・」

  渚は目に見えてしょんぼりとしている・・・。

  「俺こそ言い過ぎたよ・・・。ごめんな・・・」

  「いや・・・私の方こそ不甲斐ない・・・」

  俺と渚のテンションは一気に下がった。

  「渚さんは、昔からポンコツでしたからね・・・。皆んなから、残念美人って言われてましたよ・・・」

  隆二が渚にとどめを刺した・・・。

  「私だってなぁ・・・好きでメシマズの機械音痴になった訳じゃ無いんだよぉ・・・!」

  渚は恥ずかしげも無く泣き喚いた・・・。

  「あらら・・・隆二、ちゃんと責任取れよ?お前のせいで泣いたんだからな!」

  「渚さん・・・可哀想・・・」

  「隆二・・・最低!」

  俺と美希と由紀子の3人は隆二を責めた。

  「え!?誠治さん、それ酷くないですか!!?」

  隆二は俺を見て来たが、俺は目を逸らし無関係を装った。
  隆二は泣きそうな顔をして項垂れた・・・。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ