挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
The End of The World 作者:コロタン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/88

第53話 雨降って地固まる

  俺を含めた全員が彼の死を偲び、言葉を発せないでいる。
  ただ、俺は慶次との約束を守るため、普段と変わらないように気を張っている。
  慶次が死んで2日が経った。
  隆二はあの日から、仮眠室からは出て来ない・・・。
  この状況になってから、ずっと支えてくれた、唯一の肉親を亡くしたのだ。
  彼の苦悩は如何許りだろうか・・・。

  今日も俺以外の者達は虚ろな表情で起き、皆んな何も手に付かないまま昼になった。
  しかし俺は、昼食の席に座った渚を見て、我が目を疑った・・・。

  「渚さん・・・その髪・・・」

  俺の言葉に、今まで項垂れていた悠介と美希が顔を上げる。
  彼等も、渚の変化に気が付いて驚いている。

  「また・・・バッサリといったな・・・」

  俺は驚きながらも渚に聞いた。

  「あぁ・・・。由紀子に切って貰ったんだが・・・どうだ、似合うか?」

  渚は、俺達の表情を見て、少し不安そうに小さく笑い、聞いてきた。
  少しだけ元気が出てきたのだろうか?

  「似合ってますよ・・・。ただ、いつも髪を結い上げてましたから、そこまで大きな違和感は無いですね・・・」

  美希が少し遠慮がちに答えた。

  「渚さん・・・良かったのか?高校時代、慶次さんと付き合ってた時に、彼が頼んだから、渚さんは髪を伸ばしていたって聞いたが・・・」

  「なんだ・・・あいつはそんな事をバラしてたのか・・・。寡黙に見えて、以外と口が軽いな・・・」

  渚は困った様な顔をした。

  「あぁ・・・。少し時間があったから、話をしたんだ・・・その時にな・・・。彼は今でも渚さんを好きだと言っていたよ・・・」

  「そうか・・・。あいつは、こんな女のどこが良かったのか・・・」

  渚は寂しげな表情を浮かべ、困った様に笑った。

  「すまない・・・配慮が足りなかった・・・」

  「構わないさ・・・。誠治さんには、そう言う所があるのは知ってるしな・・・。あいつは、他に何か言っていたか?」

  「あぁ、渚さんはメシマズ属性だって言ってたよ。高校時代に振る舞われた料理を口にして、劇物を食わされたって、遠い目をしてたよ」

  「何!?あいつはそんな事まで・・・!!慶次の奴・・・私の黒歴史を易々と人に教えるとは・・・!絶対に許さん!!」

  渚はマジギレしている・・・。
  そんな渚を見て、皆んなは小さくではあるが、笑った・・・。
  皆んな、少しずつでも前に進もうとしている。
  この場に、慶次と隆二が居ない事が悔やまれてならない・・・。


        カチャッ・・・


  俺達が渚を宥めながら昼食を摂っていると、休憩室の扉が開き、隆二が現れた。
  皆んなが隆二を見た。
  隆二は気まずそうにしている。

  「固まったかな?それとも、まだぬかるんでいるかな?どう思う、渚さんや?」

  「どうだろうな・・・?」

  俺は渚に問いかけ、隆二を見た・・・。

  「誠治さん・・・皆んな・・・。迷惑を掛けてごめん・・・。俺のせいで兄貴が死んで、皆んなにも心配を掛けたのに・・・そんな俺を見捨てずに待っていてくれて、ありがとう・・・!俺は、兄貴に言われた事を守るよ・・・。俺、兄貴の分まで頑張って生きるよ!」

  隆二は涙を浮かべている。
  それでも、笑顔で言ってくれた。

  「どうやら固まったようだね、渚婆さんや?」

  「そうだな・・・って、誰が婆さんだ!?誠治さんの方が年寄りだろうが!!」

  渚が激昂し、俺に掴みかかろうとして、由紀子に羽交い締めにされた。

  「隆二、腹が減っただろ?早く飯を食え!レトルトは冷めたら不味いぞ?」

  俺は暴れる渚を無視して、隆二に席に着くよう促した。





  「そう言えば、誠治さん・・・この前から言ってる、雨が降ったとか固まったとかぬかるんでるとか、一体何の話なんですか?」

  悠介が、食後のコーヒーを飲みながら聞いて来た。

  「たぶん、お前には解らないよ・・・」

  俺は、哀れんだ目で悠介を見た。

  「ですね・・・兄さんは無理でしょうね・・・」

  美希も悠介を哀れんでいる・・・。

  「えっ、何で!?何で俺がダメみたいになってんの!?」

  悠介は周りのメンバーを見渡す。
  渚も由紀子も、隆二までもが悠介を微妙な表情で彼のことを見ている・・・。

  「えぇっ!?皆んな意味解ってたの!!?俺にも教えてくれよ!!」

  「悠介・・・。そう言うのは、普通なら言われなくても理解するもんだ・・・少しは自分で考えろ。それが出来る様になるって事が、成長するって事だぞ?今回の件と照らし合わせて、自分で考えてみろ・・・。どんな小さな事でも、ちゃんと考えて、自分なりに答えをだせ・・・。もし違う答えを持つ人がいたなら、相手を否定せずに、自分の答えと比較して、より良い答えを導き出す。そうやって、知識を自分の物にする事で成長して行くんだ・・・俺はそう思ってる」

  俺を見る皆んなの目が気になる。

  「誠治さん・・・真面目だったんだな・・・。見た目からは想像出来んな・・・」

  (渚、見た目は余計だ!)

  「真面目すぎますね・・・まぁ、不真面目よりは良いですけど・・・」

  「真面目なのは良いことだと思いますよ!」

  (由紀子、美希、ありがとうな・・・。)

  「誠治さん、あまり考え過ぎると禿げますよ?」

  悠介と隆二は口を揃えて言った・・・。

  (お前ら・・・)

  俺は、机の下から悠介の脛を蹴った。
  隆二は勘弁してやった・・・。

  「痛いっ!?何で俺だけ・・・。くっそ、いつもいつも!」

  悠介は負けじと机の下から俺に反撃する。
  だが、当たらない。

  「くっそ!誠治さん、避けないでくださいよ!?痛い!?また蹴った!!なんで誠治さんのは当たるんですか!?」

  「ふはははは!貴様の足など当たらんよ!股下メートル超えをナメるな!!」

  「メートル超え!?足長過ぎでしょう!!」

  机の下で、俺と悠介の不毛な争いが繰り広げられていたが、すぐに終結した・・・。

  「2人共・・・。お行儀が良くないようですね・・・?」

  美希が仁王立ちしている・・・。
  凄まじい戦闘力を感じる。
  渚達は、とばっちりを受けないように退避している・・・。
  薄情な奴等だ・・・。

  「千枝が見てるんですよ!真似したらどうするんですか!?」

  美希は悠介を叩いた。
  俺も覚悟を決めて目を瞑り、歯を食いしばったが、何故か叩かれなかった・・・。

  「痛い!!なんで俺だけ!?美希!お前なぁ、いくら誠治さんが好きだからって、この扱いの差は酷いぞ!!?」

  悠介は涙を浮かべて訴えた。
  美希は耳まで真っ赤にしている。

  「お姉ちゃん、おじちゃんの事好きなの?」

  今まで、俺達のやりとりを楽しそうに見ていた千枝が、美希に聞いている。

  「私もおじちゃんの事大好きだよ!一緒だね!」

  千枝は笑顔で美希に言った。
  美希は胸を撫で下ろしている。


  「ぷっ・・・!あははは!やっぱり、あんた達は面白いよ・・・!」

  笑い声の方を見ると、隆二が笑っている。

  「誠治さん達を見てると、良いなって思うよ・・・。兄貴がさ・・・誠治さん達と一緒になってから言ってたんだ・・・。お前も、家族を持つなら、あぁ言う家族を持てってさ・・・。最初は、意味が解らなかったけど・・・今なら解る気がするよ・・・!血が繋がってなくても、家族になれるんだな・・・!」

  隆二は感慨深く話した。

  「あぁ・・・血の繋がりって言うのは、有っても無くても、どっちでも良いんだよ・・・。むしろ、それが有る事で、争いに発展する場合もある。血の繋がった親が子を殺す・・・逆もある・・・そう言う事件は多々あった・・・。大事なのは、心の繋がりだよ・・・。心が繋がっていれば、多少の諍いや誤解は有っても、許し合えるし、共に生きていける。もし無事に九州に行って、隆二と由紀子さんが結婚したとしても、血は繋がらない・・・子供が生まれても、血の繋がりは間接的なものだ。それでも、2人は家族なんだ・・・心が繋がっているからな。血は水よりも濃いと言うが、心の繋がりは血よりも強い・・・!俺は、そう思うよ」

  隆二と由紀子は、俺の言葉を聞いて涙を浮かべている。

  「深い話だと思いますけど・・・。誠治さんって、よく恥ずかしげも無くそんな臭い台詞が言えますね・・・」

  悠介が場の空気をぶち壊す・・・。

  (台無しだよ、悠介・・・)

  「兄さん・・・台無しです・・・。空気を読んで下さい・・・」

  美希は悠介を再び叩き、悠介は撃沈した・・・。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ