挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
未定 作者:iRije
1/6

第1章 逃避考

 どうしよ、どうしよ、どうしよう。やっちゃった、やっちゃった、やっちゃったよ。
 僕が悪いのか、でもだって、あいつが急にあんなこと言うから…。あんなこと。何で急に。
 いや、考えてみれば、ごく当たり前のことなのかもしれない。でも僕には衝撃的過ぎた。あいつが、まさかあいつの口からそんな。
 てか、今は理由とかそういうこと考えてる場合じゃない。とにかく逃げないと。逃げない方がよかったのはわかってるけど、逃げてしまったからには、逃げないといけない。
 誰にも見つかってないだろうか。最後に見た時は…。
 ああ、人の体から汗とおしっこ以外の液体が、あんなに流れるのを初めて見た。大丈夫なんだろうか。いや、大丈夫な訳ないか。何考えてんだ僕。
「戸村くん?」
 うわっ。なんだ。
「な、西口先生」
「どうしたのそんな深刻な顔して」
 うそ、そんな顔に出てた?
「なんでもないですよ」
 まずい、早くどこか行きたいのにこんなところで話してる場合じゃ。
「それに、ここは特別棟だよ?放課後までは用はないはずでしょ」
「いやあ、こっちのトイレ人来ないし、落ち着いてできるから好きなんですよ」
「あ、わかるそれ。わたしも、長そうなときとか…あ、いや」
 あ、先生赤くなってる。
「そ、そんなことより、もう授業始まるよ。教室まで、送ってあげるから、急いで戻りましょう。」
 送ってあげるって何だよ。くそ、でもここで不自然な行動はとれない。むしろ、あえて放課後まで普通に学校生活を送り切った方が、あるいは。

僕がそんな考えを巡らせていたのは、もう20日も前のことだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ