挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

私達の人生 日常 シリーズ

憧れの家族

作者:美兎
家族っていいよね。
家族って大事だよね。

お父さん、お母さんがいて、じいちゃん、ばぁちゃんもいる。ひーおじいちゃん、ひーおばあちゃんも生きているところがあって、そして貴方もいる。


家族って大事だよね。
家族って喜んだり悲しんだり楽しんだり怒ったりしている感情を共有しあってお互いに間違いにすぐ気づけ「愛」を感じる。

やっぱりいいね、家族って

世の中に人がいっぱい集まって社会ができているのにも関わらず、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんは運命の人を見つけ結婚し子を産んでいる。

素晴らしい事、凄いことだよね。
単純な事だけど、これってすごく凄いよね。家族の中には凄い人がいて愛が満ちている。愛はとっても大事、家族には愛がある。大事な人達の集まり。

一緒にに過ごしていていっぱい楽しんで時々怒られる。怒って呆れていてもそれでも僕ら子供を育ててくれる両親。

身近な人の集まりが家族。
家族は大事。

だから、家族は大事にしてね。
護って助けてあって暮らしてるんだから。


いいな。家族って羨ましいな。
僕も親に捨てられるんじゃなくてこの世に生まれたかったな。

皆んなは、家族と過ごせて幸せだね。
僕は、毎日こんな事を考えて僕を生まなかった母親を憎む毎日だよ。
如何でしたか?
子を授かるのは、責任が生まれると言う事です。

大人なんですから責任を持ちましょう!
↑何偉そうに言ってんだ。私は

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ