挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
怪談話をしようか ー 学校の怪談も毎日楽しくやってます ー 作者:水無月龍那

2部 [目隠し鬼編]

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

61/64

ヤミの新しい牙

 夕方の屋上で。
 ウツロと手合わせをしようとしたヤミはいつものように構えを取ろうとして気がついた。
 腕の様子がおかしい。いつものように歪な変形をしない。どんなに力を込めても、影に触れてみても、何も起きなかった。
「……どうした?」
 様子がおかしい事に気付いたウツロがヤミの元へやってきて覗き込む。
 ヤミは自分の腕をウツロに差し出し、困ったように口を曲げる。
「爪が……作れない」
 そこにあるのは、学ランから覗く何の変哲もない小さな手のひら。
「爪が出ない?」
 ウツロの言葉にヤミはこくりと頷く。
「なんか。いつもと違う感じはするんだけど……」
「ふうん?」
 どう違うんだ、というウツロの問いにヤミは首を傾げ、自分の手に伝わる感覚を探る。
 これまでは手に意識を集中させればそこにある何かが影として形を成していた。
「力が消えた、って感じはしない。武器としてどこかにある、そんな感じは、する……」
 けど、とヤミは訥々と言葉を続ける。
「でも、それが上手く腕に乗ってこない、っていうか……うーん」
 困ったように首をひねるヤミ。ウツロはふむと考えながら、その手を指摘する。
「多分だが……これまで使ってた物と勝手が変わったんだ。意志を持っていた影、つってたか。その繋がりが切れたんだろ?」
「うん」
「それはきっと、力の流れが変わったようなもんだ。これまで外に繋がってた線がなくなった。だったら、それはもうお前自身で完結する物だ。自分で選んで、掴み取るしかないかもしれねえな」
「自分で、掴み取る……」
「ま、時間はあるから焦らず考えてみろ」
「うん……」

 こくりと頷いて考えてはみたけれど。
 その日は一日、何も掴むことができなかった。


 □ ■ □


 次の日も。
 その次の日も。
 どうしても自分の武器が見つけられない日々が続いた。

 手に力を入れても何もできない。これまであんなに簡単に作れていた爪が作れない。
 力が残っているのは分かるのに、それをどう使えば良いのかが分からない。
 ウツロが言っていた通り、力の流れが変わったのだろう。けど、それがどう変わったのか、どうすれば良いのか。悩む日々。

 手合わせは木刀だったり素手だったり。その時々に変えてやっていたけれど、どうにも調子が出ない。
 「焦るな」と言われるけれど。手に馴染まない武器と、これまで使っていたものが使えなくなった焦りというものはどうしようもなくて。もう今までのように動けないのではないかという不安が頭をちらつく。
 焦燥感はヤミの判断力と冷静さを奪っていく。
 そんな様子だから集中力すら持続する訳もなく。手合わせをする度に刀は容易く弾かれ、転がされ、ヘトヘトになって溜息をつく日々だった。

「ヤミ」
 今日もあっさり転がされてしまったあと。
 木刀を片付けたウツロの声がした。何かと顔を上げようとした途端、帽子の上から頭を抑えられる。
「わ」
「なんだあの太刀筋は。硬くて仕方ねえ。焦るのは分かるが考えすぎだ。そんなだからあっさり弾かれるんだ」
 そのままぽんぽんと軽く叩かれる。
「肩の力を抜け。ってったって、そう簡単に変わりゃせんだろうな。……ヤミに刀は合わねえのかもしれんなあ」
「刀が、合わない?」
 首を傾げると、押さえられたままだった帽子がずれた。
「これまで爪だったから間合いが狭い方が良いかと思ってたんだが、お前さんは小柄だからな。あの長さは中途半端なのかもしれん」
「そっか。じゃあ、短刀とか? だったら爪くらいの間合いかも」
「小回りが利いていいかもしれんが、それだと威力が落ちるだろうな。数があればいいんだろうが……いや、いっそ広く取ってみるのも……どうだろうな」
「そっか、爪みたいに力入れられないかも」
 ううん、と唸るヤミを見て、ウツロは「そうだな」と頷いた。
「お前さんは力を全部腕に乗せるやり方だったからな。……ま、視点を変えてみろ。どうやったら力を扱えるか、じゃなくてどんな武器が自分に合うか、とかな」
「武器……」
 ぽつりと繰り返したヤミに、ウツロは頷く。
「その力が戻ってくるまでは仮の武器を使うしかないが。木刀は大きさが合わねえから、なにか他のものを探してみろ」
 見つけたらまた来い、とウツロは言い残し、もう一度わしわしと頭を撫でて去って行った。

 残されたヤミは座り込み、目を閉じて考える。
 手の感覚を探りながら、自分に残っている物と、己に合う間合いや武器とは何かを考える。

 ヤミの手に残っているのは、狐の牙。影の中にしまい込まれた力。
 ぺたり、と影に手を当てる。日中の陽光であたたまったコンクリートが、その熱を伝えてくる。
 狐の意志が届かない今、あの歪な爪はもうない。これまでヤミを引っ張っていた力を、自分が使いこなさなくてはならない。武器は影が生み出すものではなくて、そこから取り出すべきもの。

 ――では、何を取り出すべきなのだろう?

「刀、じゃ中途半端……」
 これまでの間合いは短かった。小柄なことも利用して相手の懐に飛び込んでいくことが多かった。
 爪の使い方は様々だったけれど、基本的に間合いは短く、ありったけの力を乗せて突撃する。そんなやり方だった。
 その爪はもうない。新しい戦い方を、自分に合った戦法を考えなくてはならない。
「間合い……形……」
 考える。

 間合いを狭くとって詰め寄る? それともいっそ、広く取ってしまう?
 小さな武器は? 鋭さはあっても爪ほどの威力が見込めない。
 大きなものだと? 威力はあるけど自分が振り回されないかが心配だ。
 ヤミの小柄な身体でも不利に思わないような。自分に合った大きさ、形。
 なんだろう。

 夕方と夜の混じり始めた空を見上げて考える。
 カラスが数羽、山の方へ飛んで行く。

 考える。
 考える。
 考えて。
 茜色が藍色に染まり、日が暮れてしまう頃。

「ヤミちゃん」
 ぎい、とドアが音を立て、人影が現れた。
「ハナ……」
「なんだか悩んでいるようだね」
 ウツロさんが心配してたぞ、と彼女は壁に背を預けながら言う。日が沈んだとはいえ、影から出てくるつもりはないらしい。
「ん。まあ……うん」
 隠してもしょうがないから素直に頷く。
「一体何があったんだい?」
「武器が作れないんだ」
「武器って言うと……あの爪かい?」
 そう。と頷く。
「力の流れが変わったみたいでさ。上手く扱えないんだ。爪が作れない」
「ほう。それは、繋がりが切れてしまったからかな?」
 多分ね。とヤミは答えて右手をじっと見る。
「ウツロさんは、自分で選んで掴み取るしかないって言ってたんだけど。……俺に合う武器がなんなのか分からない」
「なるほどなあ」
 ハナはふむふむと相槌を打つ。
「それは今まで狐が勝手に力を乗っけてたんだな。だからヤミちゃんはそれを奮うだけだった」
「うん」
「そして、繋がりが切れた今、ヤミちゃんはそれを自分で扱わなくちゃいけなくなった」
「そう。だね」
「ならばまずは、ボク達の在り方から考えてみたらどうだい?」
「在り方……」
 繰り返すと、ハナは「そうさ」と頷いた。
「ボク達はご覧の通りだが、その力の源がどこにあるか。それが元々なんだったか。今はなんなのか――そこを考えるんだ」
「力の、源」
「そう」

 力の源。それは、あの狐だ。
 忌々しい影を思い出してヤミの眉が寄る。心がなんだか重くなる。
 右腕の感触を思い出しそうになって、それがもう無いのだと言い聞かせる。
 でも。
 力はまだここに在る。この狐から奪い取った――牙がある。爪がある。
 いや。切り離されてしまった今、狐の物ですらない。自分の。ヤミコと名乗る学校の怪談が持つ力だ。
 ならば。なんだ。
 今、自分の一部であるこの力を表し。形作る何かは――。

 分からなくて視線を落とす。
 ふと。自分の影が目に入った。

「――」
 その瞬間。視界の隅を何かがふわりとよぎった。
 影より暗く。黒く。深い夜空のような色。滑らかで大きな曲線を描く、影で形作られた――。
 それはきっと。今のヤミに足りない物。
「尻尾……」
 ぽつりと呟いて、立ち上がる。
 ハナは何も言わない。ただ黙ってこっちを見ている。

 影に手をかざす。
 その影は、ヤミの意志に答えるようにうごめき、手に引き寄せられるようにゆらりと形になる。
 手のひらには細長い柄。その先には湾曲した、身の丈ほどもある黒い刃。
 ぱしん、と柄を掴んで目を開くと、そこには、イメージ通りの大きな鎌。
「これ、だ」
闇を司る狐が持つ、新たな武器がそこにあった。


 □ ■ □


 次の日。
「ほお。鎌とはまた……厄介な獲物を選んだな」
 作れるようになった武器を見せたウツロの第一声はそれだった。
「身体が小さいお前にその大きさなら、まあ、間合いは十分か。相手に甘く見られる事もないだろう。隙は大きいが……そこは」
 す、とウツロが手にした鞘を軽く持ち上げる。今日はいつもの木刀ではなく、愛用の洋刀だった。
「お前の技量次第だ」
「――うん」
 かちん、とウツロの鞘が鳴る。
 ヤミがくるりと鎌を回し、もう一方の手で柄を掴んで構える。
「とりあえずかかってこい」
「ん」
 言われるまでもない、とヤミは頷いて軽く地面を蹴る。

 まずはひと薙ぎ。ウツロは一歩下がってその刃を避ける。
「言ったろ。獲物がでかい分隙もできやすい」
 振り抜いた鎌の柄を、鞘で軽く弾く。
 ヤミは飛ぶように引いて、フェンスに足で着地する。緑の網ががしゃ、と音を立てて衝撃を殺す。
 それをクッションにして、再度ウツロへ迫る――が、やはり彼はギリギリで見切ってその刃を避ける。
 一歩。ヤミの横を通り過ぎ。
 とん。
 と、背中を柄で一押しした。
「――ぅわ」
 ヤミはあっさりバランスを崩し、そのまま倒れ込む。

 数歩よろめき、慌てて身体を反転させ、フェンスに背中を埋める事で顔面から突っ込むことだけはなんとか避けた。
 その拍子に鎌は手から離れ、影へ溶けるように沈んでいく。ヤミはそのままずるずると座り込んで、はあ、と溜息をついた。
「……難しいなあ」
「獲物が変わったばっかりだからな。そんなもんさ」
 ウツロは煙草を取り出してくわえ、マッチで火を点ける。
 ふう、と紫煙を吐き、地面に伸びる影を見遣る。
「最初は……そうだな。武器に振り回されないことと、間合いの勘をつけるところからか」
 基礎はそれなりにできてんだ、すぐに慣れるだろ。とウツロは影から目を離して自分の刀を一瞥する。
「まともに使えるようになるまでは付き合ってやるから」
「うん……お願いします」
 ヤミの素直な言葉に、ウツロはめんどくさそうに紫煙を吐きつつも。
「しばらくの間だからな」
 と、だけ答えた。

 俺の身体がついていくといいんだけどな、というウツロの小さなぼやきが零れる。
 ヤミはそれに答えることなく。というか、聞かなかったことにした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ