挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
宝珠細工師の原石 作者:桐谷瑞香

【本編1】伸びゆく二つの枝葉

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/37

エピローグ 進みゆく二人の影

 ヴァランと話をした後、エルダはようやく家に帰ることにした。
 あのまま寝ていたかったが、自分のベッドの上で寝る方が疲れはしっかりとれる。家族にも心配させているため、早く帰って顔を見せたかった。
 自警団の詰め所を出ると、入り口の柱に寄りかかっているサートルと目があう。彼は大きな欠伸をしてから歩き出した。
 きょとんとして突っ立っていると、目を丸くしたサートルに振り返られる。
「帰らないのか?」
「帰るよ?」
「家まで送っていく。念のために」
 視線を下げて、ぼそっと言われる。
 エルダは逡巡してから、彼のすぐ後ろについて歩き出した。
 茜色に染まる道を二人で歩くのは、なぜか気まずかった。
 おそらく一昨日、言葉を吐き散らしたせいもあるだろう。あれからまだ二日しかたっていないことに気づき、驚きを隠せなかった。
 大量の宝珠磨き、師匠の本気の研磨、研磨された宝珠の真の力、モンスターとの遭遇、そして初めての召喚――と非常に濃い二日間を過ごしていたようだ。
「なあ、エルダ、ちょっといいか?」
 先を歩いていたサートルが頬をかきながら、振り返ってくる。その顔は陽に当たっているからか、赤くなっていた。
「何?」
 やや身構えて聞く。サートルはエルダの首から下がっている魔宝珠を指で示した。
「俺用の魔宝珠の細工、お前に頼みたいんだ」
「サートルの誕生日、まだ先よね? そんな今から言わなくても……。ヴァランさんじゃなくていいの? 顔見知りなら安くしてくれるよ?」
「他の奴じゃなくて、お前にお願いしたいんだよ! なあ、受けてくれるよな!?」
 早口になりながら、必死に言ってくる。その姿が面白く、つい笑いそうになったが、そこは堪えて笑顔で返した。
「もちろんいいよ、私でよければ。それまでに技術を磨いておくね」
 サートルはほっとした顔つきになり、再び歩き始める。その速度は先ほどよりも遅かった。
 エルダは少し早足になって、今度はサートルの横に移動した。
 二人の影が徐々に長くなる。だが先日のようにその影が離れることはなく、家に帰るまで一緒であった。


 小さな芽は周囲に影響されながら、徐々に大きくなっていく。
 のびのびと伸びゆく枝葉は、やがて樹となるだろうが、今はまだ伸び盛り真っ最中であった。




 伸びゆく二つの枝葉 了




 お読みいただき、ありがとうございました。
 これにて本編その一である、伸びゆく二つの枝葉(別名エルダ編)は終わりになります。

 引き続き、本編その二(別名サートル編)をお楽しみいただければ幸いです。
励みになります!   拍手返信
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ