挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:ゼロから始める異世界生活 作者:鼠色猫/長月達平

第六章 『記憶の回廊』

433/441

第六章26 『棒振り男』



 ――女、一人の女がいた。


 女は気が触れていた。女は狂気の淵にいた。女は、飢餓の極地に立っていた。
 孤城で唸り声を上げ、空の玉座に齧りついて、歯を欠き、口を裂き、飢えていた。

 生まれ落ちた日は人であった女は、このときすでに人ではない。

 全ての始まりは数年前、この土地を治める男が不治の病にかかったこと。
 日に日に衰え、迫る死に怯えた男は、延命のためにあらゆる手段に手を伸ばす。
 やがてそれは禁忌の術法に及び、長らえるための悪逆無道に多くの命が集められる。

 多くの命が犠牲になり、多くの命が無為になり、その犠牲の一つに女がいた。
 自分が誰で、なんて名前で、どこの生まれで家族が誰で、そんな記憶は燃え尽きた。
 女はただの道具だった。病魔に蝕まれ、死を待つだけの男の命の苗床だった。
 費やされるだけの無為の命、そのはずが、女は生き残った。

 滅びぬ肉体、湧き上がる力、時というものに置き去りにされる命の灯火。

 病魔に侵された男の望みが、悲願が、女の肉体で実現された。
 男は成果に歓喜し、犠牲者たちの追悼も後回しに、女の拘束を強引にほどいた。

 ――気付いたとき、女は一人、無人の孤城で飢餓に悶え苦しんでいた。

 残酷なまでの飢えに思考は掻き消え、暴力的な渇きに記憶は白く食い荒らされる。
 何も記憶にない。何もわからない。ただ、全身は拘束され、自由もない。

 城内の食物は喰い尽くし、胃の中身を吐き出して、再び咀嚼するのを繰り返した。
 最後には飢えのあまり、石壁を齧り、玉座を噛み砕き、絨毯を食い千切る始末。

 このままでは、飢えて死ぬ。死ねない体で、飢えて死ぬ。

「ぐるぐる、ぐるる。ぐるぐる、ぐるる……」

 忘我をもたらす極限の飢餓に、女はついに幻を見る。

 孤城の中、自由気ままに駆け回るのは獣毛を纏った犬の群れだ。
 幻覚でも構わない。物理的に満たされぬなら、心だけでも満たされたい。
 その一心で女は這いずり、獣に喰らいつく。喰らいつかれる。喰い尽くす。

 満たされる。直後に吐いた。吐いたものを舐める。咀嚼する。吐く、喰らう。

 幻に、見間違いに、錯覚に、願望に、味がある。形がある。舌の上に転がる。
 気付けば城内は、おぞましい獣たちの巣窟と化していた。

「あは、あはは、あははははははぁ」

 歓喜した。喰らい、喰らわれる日々に埋没し、喰らっては満たし、満たしては吐く。
 飢餓と拒食の板挟みになり、女は喰らっては吐き、啜ってはこぼした。

 虚空より産み落とされる――否、産み直される、おぞましい気配の獣たち。

 いつしか女の拘束は、獣たちとの喰らい合いに耐えかね、外れ、自由になる。
 自由を得て、女は這いずり、城を出た。
 獣たちも、女に続いて城を出る。地に、あちこちに、散らばっていく。

 空腹は、飢餓は、絶えることなく、女は食い荒らし、喰い飽きた城をあとにする。
 いつか、この飢えと渇きが満たされる日が訪れんことを。

 ――『暴食の魔女』は魔獣の群れを産み落とし、尽きぬ飢餓に飢え続ける。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 ――プレアデス監視塔、二層『エレクトラ』での『試験』が始まる。

 場所は監視塔、第二層、白亜の領域。
 試験官は部屋の奥に悠然と佇む、鮫のように笑った赤毛の男。
 自らを『棒振り』と自称した男、その全身から放たれる剣気は尋常ではない。
 現れた経緯も経緯だ。この監視塔の、一応の管理者であるはずのシャウラが彼を目にして気絶した実績もある。明らかに、只者ではない。
 故に――、

「初手から、全力でいかせてもらおう――!」

「――――」

 一歩、前傾姿勢になるユリウスが口上と共に踏み込んだ。
 その腕から、男へ向けて柔らかく投じられるのは、元々、この『エレクトラ』の床に突き立っていた選定の剣だ。縦回転する剣が放物線を描き、それは男の足下に狙い違わず突き刺さる。
 男が手を伸ばせば容易く抜ける、それを狙ったように。

「なンだ、オメエ。オレに剣、投げ渡すなンざ何のつもりだ。死にてえのか」

「生憎、無手の相手に斬りかかるような無粋、騎士として恥ずべき行為だ!」

「かっ! 笑わせやがる。――素手じゃねえよ、よく見ろ、オメエ」

 踏み込むユリウスへ、男が牙を剥いて凶悪に笑う。そのまま、男は無造作に振り上げた足で乱暴に剣を蹴りつけた。選定の剣が、派手な音を立てて吹き飛ぶ。
 それは正面、飛び込んでくるユリウスの真横を挑発的に通過し――、

「――っ! その言葉、後悔しないことだ!」

 正々堂々、その心遣いを無下にされ、頬を硬くしたユリウスが騎士剣を抜き放つ。
 細身の剣は一直線に、真剣勝負の場を穢す無礼者への鉄槌となる。
 その、雷光のような刺突が――、

「可愛く吠えンなよ、間抜け。綺麗な面してンだ。泣かせて興奮したら困ンだろ?」

「な……っ」

 一男の胴を穿たんとした刺突、それがまさしく雷鳴のような音を立てて止まる。
 当然、ユリウスが手を緩めたのではない。彼は常に、自分のできる領分の中で全力だ。故に、止めたのは彼ではなく、相対する鮫の笑顔。

「馬鹿な」

「見たもンそのまンま信じろや。まずはそっからだ、そっから」

 快活に笑い、『棒振り』がその右手で自分の胸をぼりぼりと掻く。その素振りには直前までの様子と何ら変わりがない。戯言を並べていたときと同じ態度だ。
 しかし、彼の左手は恐るべき正確さで、ユリウスの刺突を摘まんでいた。
 それも――、

「――木の、枝?」

「違えよ、よく見ろ、目が悪ぃのか、オメエ。箸だ、箸。ツマミ喰うのにいンだろうが、箸。だから、持ち歩いてンだよ」

 遠目にも歪な形をした木の棒――『棒振り』はそれを左手で器用に操り、思わず呻いたスバルの知識と同じように扱ってみせる。この世界にも箸があるのは、プリステラでの滞在で身をもって体感したが、こうも完璧に使いこなす人間は初めて見た。

 ――否、どれだけ完璧に使いこなせたとしても、箸で一級品の剣技を受け止めてみせるなどとても人間業とはいえない。

「笑わせンな、オメエ。一番いい角度に、一番いい速さで、一番いい感じに、一番うまく振り回せば――箸だろうと、斬れねえもンなんかねえよ」

「ぐ……ッ」

 驚愕の光景に、欠伸でもしそうな顔つきで『棒振り』がのたまう。その光景に言葉を失ったのは誰もが同じだが、当事者であるユリウスはそうはいかない。
 彼は腕に力を込め、二本の箸に先端を止められた騎士剣を取り戻そうとする。だが、その細い箸にどれだけの力が入っているのか、剣は微動だにしない。

「言っとくが、箸は妙なもンじゃできてねえぞ。下手な素材じゃお肌に悪ぃからな。混じりっ気なしに、どっかその辺にあった木だ」

「く……なっ」

「力むな、力むな……笑えよ、オメエ。笑った方が美人だぜ。男じゃ意味ねえが」

 ふいに剣の拘束が緩み、ユリウスは込めた力の矛先に刹那だけ戸惑った。その刹那の隙に身を回し、男の素足が跳ね上がる。それが凄まじい威力となって、ユリウスの細い腰の真上を蹴りつけ、弾き飛ばした。

「ユリウス――!」

 悲鳴のように叫んだのが誰だったか、スバルにはわからない。ただ、迂闊な身動きを封じられたまま、軽々と吹っ飛んでいくユリウスの痩身を見送るしかなかった。
 そして、空中で姿勢を制御できずにいる彼を追い、

「かっ!」

 跳躍する『棒振り』の長身が、弾丸のような速度でユリウスへ追い縋る。ありえない身体能力でユリウスの真上へ追いつく『棒振り』、彼はその右手と左手にそれぞれ箸を一本ずつ構え、ユリウス目掛けて嵐のように斬撃――斬撃と言っていいものかわからないが、箸による暴力を叩きつける。

 その、振るわれる腕があまりの速度に掻き消えて見える。それは誰の目にも同じであり、ただでさえ宙で不自由を強いられるユリウスには回避手段がない。
 腕の中の騎士剣だけを頼りに、男の箸撃にユリウスは懸命に防御を合わせた。しかし男の箸はそれを嘲笑うように掻い潜り、ユリウスへ箸が突き刺さる、突き刺さる、突き刺さり、突き刺さり、突き刺さり、突き刺さり――、

「ジワルド――!!」

 熱線が、中空で攻防を繰り広げる二人へ目掛けて放たれる。
 白光はそのシンプルな在り方と同様に、恐ろしく端的に世界を削り取る。即ち、射線上にあるものを焼き尽くし、焼き切り、切断する熱波の刃だ。
 直線的で、避けられやすいように思える難点――しかし、熱線はそれを光もかくやという速度で強引に潰し、獲物へと真っ直ぐに襲いかかる。
 さしもの『棒振り』も、第三者による光の一撃には何の抵抗も――、

「――オレの剣は光も斬るぜ、オメエ」

 嘯く声が聞こえるより早く、放たれる箸撃が熱線を正面から切り裂いた。
 それは想像を超えた光景、ありえない幻影に誰もが目を剥く。ただ、男だけがそれを当然と嘲笑い、なおも空いた片手でユリウスを嬲るのを継続する。
 おちょくるように――否、事実、盛大におちょくりながら。

「――ッ! ジワルドぉぉぉ――!!」

 その事実に目を血走らせ、詠唱が重なる――。
 両手を広げ、熱線を放つ魔法を詠唱するのは、その可憐な顔貌を決死の色に彩ったアナスタシアだ。彼女は広げた五指――両手の指、合わせて十本の先端から、それぞれ熱線を同時に放射、十条の死線が一斉に『棒振り』目掛け踊りかかった。

 ――それを、『棒振り』は驚くべき方法で回避する。

「かっ!」

 『棒振り』は踊りかかる光を直前と同じように箸で切り払い、次の瞬間には何もないはずの宙を蹴りつけ、一気に真下へ急降下――自分の体に下敷きにしていたユリウス共々、白い床へ降り立つと、ユリウスの鳩尾に箸の先端を当て、そのままユリウスを地面に擦り付けるようにして走り出した。

「かかかかかっ! よく狙え、オメエ。蠅が止まるぜ、オメエ。それじゃ、色男も取り戻せねえぞ、オメエ。かかかかかっ!」

「ジワルド! ジワルド! ジワルドぉ――!」

 高笑いしながら疾走する男に、アナスタシアはなおも追撃を仕掛ける。しかし、魔法の威力自体が高くとも、当たらなければ意味がない。
 四方へ熱線が放たれるも、男はそれを時に切り払い、時に身を屈め、時にユリウスの上で身を回しながら易々と回避する。

 圧倒的な技量と戦闘力、それと同時に浮き彫りになるアナスタシアの技術不足。
 この場合、アナスタシアではなく、アナスタシアの肉体に収まっているエキドナの技術不足というべきか。ユリウスの窮地に魔力を振り絞るエキドナだが、それは意気込みと裏腹に完全に空回りし、攻撃は一度も掠ることさえできない。
 やがて――、

「――ぁ、く」

「あぁン?」

 時間切れ、それが先に訪れる。
 楽しげに熱線を躱していた『棒振り』は、唐突に途切れる追撃に眉を上げた。その視線の先で、アナスタシアの華奢な体が崩れるように倒れる。
 その鼻腔から鼻血が流れるのは、肉体に多大な負荷をかけた証拠だ。以前、彼女は自身で言っていた。切り札は、身を削るために多用できないと――。

「アナスタシア様――!」

「おぉう!?」

 そうして倒れた主の姿に、防戦一方だった騎士が奮起する。背中で地面を滑らされながら、全身に浴びるような箸撃を受け続けていたユリウスが、ついに『棒振り』の暴威から身をよじって逃れていた。
 胸元のボタンを外し、近衛騎士のマントを外して背の摩擦に変化を生み、男の絶妙な力加減から逃れた形だ。

 そのまま、ユリウスは自身の馬鹿に細長い足を旋回させ、地に寝そべった姿勢から男の側頭部へと蹴りを放つ。男はそれを顎をしゃくるようなわずかな動きで避けたが、その隙にユリウスはブレイクダンスのような動きでなおも蹴りを二発、いずれも躱されながら姿勢を制御し、立ち上がった。

「今のはオメエ、オレ好みじゃねえか。そそるぜ、オメエ」

「戯言に付き合う暇はない! そこをどけ――!」

 圧倒的力量差、それを理解しながらもユリウスが吠え、男へ吶喊する。あれほどの連撃を浴びながら、手放さなかった騎士剣が唸りを上げて蛇のように喰らいつく。
 義憤と使命感に背を押されながらも、流麗かつ優美な剣撃――それはあるいは、騎士として修められる剣技の最高峰だったのかもしれない。

 それを手に入れるのに、いったい、どれだけの月日が、修練が、血の滲むような努力の日々があったのか、わからないほどに。
 なのに――、

「遊びか、オメエ。遊ンでンのか、オメエ。手ぇ抜いてンじゃねえぞ、オメエ」

「――ッ」

「なンだ、これ。笑わせンなよ、オメエ。本気出せや、オメエ。本気でやってンのか、オメエ。本気でやっててこれなら……とンだ、期待外れだぜ、オメエ」

 刺突が止められ、斬撃が弾かれ、連撃が撃ち落とされ、必殺がいなされる。
 ユリウスの積み重ねてきた剣技が、騎士として修めてきた全てが、『棒振り』を自称する男の退屈そうな吐息に、恐ろしく美しく凶悪に振り回される、二本の箸に。

 たかだか、二本の棒切れに、ユリウスの『半生』が踏み躙られる――。

「こンなじゃねえだろ、オメエ。なに、一人で戦ってンだ、オメエ。これはオメエの戦い方じゃねえな。――だから、つまンねえな、オメエ」

「私は……」

「女のとこいきたきゃいかせてやンよ。やわっけぇ膝でも借りて、泣いて甘えろ。出来損ないの不細工剣士が」

 一瞬、ユリウスの横顔を過ったそれは怒りか、痛みか、嘆きが、絶望だったのか。
 いずれのどれであったとしても、その内心を他人が窺い知ることはできない。

「――――」

 ユリウスの剣閃、細い騎士剣がこれまでに幾億と繰り返された銀閃をなぞった。
 にも拘らずそれは、傍観する誰の目にも明らかなほどに、迷いのある剣撃で。

 箸が、その剣閃に横合いから割り込んだ。
 次の瞬間、翻る棒切れが易々と、鋼の騎士剣を半ばで断つ――ただただ軽やかな音を立てて、ユリウスの騎士剣が真っ二つに折れた。
 吹き飛ぶ愛剣の先端を、ユリウスの黄色の瞳が呆然と見送る。その剣に如何なる謂れがあったのか、彼がいつからあの剣を使い続けているのか、わからない。
 ただ、きっと、この瞬間に折れたのは、ユリウスにとって剣だけの話ではない。

「寝ろ」

 吐き捨てる一言と共に、恐るべき拳骨がユリウスの横っ面に突き刺さった。
 それは一切の洗練さと無縁の、この世で最も原始的な暴力。人間が道具を用いる以前の時代からあった、己が肉体という名の原初の武器による一撃であった。

「――――」

 容赦のない一撃が、ユリウスの端正な横顔を歪めるほどにぶち抜く。重々しい威力が一瞬で彼の意識を刈り取り、糸が切れた人形のようにユリウスの体は慣性に従って吹き飛び、転がり、猛然と滑って――アナスタシアの、すぐ傍らに倒れた。
 意識のない主従が並ぶ。それが、野獣のような男の場違いすぎる気遣いのように。

「さって、次は……」

 準備運動を終えた、とばかりに首を鳴らし、男がこちらへ振り返る。
 事実、準備運動のようなものだ。ユリウスが戦場を駆け出し、一方的に嬲られ、アナスタシアの援護が入り、二人が倒れるまでほんの数十秒の出来事――その間、スバルは割り込む隙すら見出せず、ただただ棒立ちする他になかった。
 それはスバル以外の、残るエミリアたちも同じ――、

「――アイスブランドアーツ、アイシクルライン」

「――――」

 ――断じて、否。

 それを証明するように、白い空間に光が舞った。
 それは青白く煌めく光の乱舞、かろうじて目に捉えることが可能な氷の粒子――エミリアの絶対魔力が生み出した、氷雪結界『アイシクルライン』。

「一つだけ、聞いておきたいんだけど」

 限定範囲内に自身の魔力と通じるマナを展開し、一種の結界を作り上げたエミリアが、その中心で眼帯の上から左目を掻く男に声を投げた。

「あぁン? 言ってみろよ、激マブ」

「私はエミリア、ただのエミリアです。――あなたを、一歩でも動かせばいいんじゃなかったの? すごーく、走り回ってたけど」

 名乗り、それからエミリアが当然の質問を口にする。
 戦いが始まる前、『棒振り』は確かに笑いながらそう言っていた。『自分を一歩でも動かしてみろ』と。その条件に従えば、彼は明らかにそれを破っている。
 ユリウスとの戦いは、この部屋を縦横無尽に飛び回ったなんて次元ではなかった。
 しかし、男はその指摘に「オイオイ」と肩をすくめて、

「真に受けンなよ、ノリで言っただけだぜ、オメエ。たまにあンだろ、特に意味もねえけどカッコいいこと言っちまうときが。それだ、オメエ。わかンだろ。わかンねえか、女だもンな。激マブだもンな。今晩付き合えよ、オメエ」

「ごめん、ちょっと何言ってるのかわかんない。それに、私はきっと、あなたと戦っても勝てないと思うの」

「え、エミリア……?」

 魔力を全霊で展開し、戦闘準備を整えながらもエミリアは堂々とそう言った。その発言に『棒振り』は目を丸くし、硬直していたスバルも喉から声を絞り出す。
 その呼びかけにエミリアは「ごめんね」とスバルに断って、

「あなたは、すごーく強そう。それは、見ててわかりました。だけど、私たちは『試験』を乗り越えなきゃいけないの。だから、勝てる方法を用意してください」

「…………」

「一歩でも、あなたを動かせたら私たちの勝ち。それで勝負しましょう。……ダメ?」

 眉尻を下げ、押し黙った男に向けてエミリアがそう提案する。最後に、ほんの少しだけ自信なさげに付け加えたエミリア、その言葉にスバルはぽかんと呆気に取られる。
 それは何とも、どこまでも、馬鹿馬鹿しいほどに、図々しい申し出で。
 その図々しい物言いに、『棒振り』はしばらく黙り込んだかと思うと――、

「かっ!」

 と、歯を噛み合わせるように短く笑い、その青い目を見開いてエミリアを見た。それからじっくりと、男はエミリアの全身を舐めるように眺めると、

「――いいな、嫌いじゃねえぞ、オメエ。オレ相手によくぞそンだけ言った。トリーシャ以来の大馬鹿だぜ、オメエ。気に入った」

「じゃあ、『試験』は合格?」

「そこまで大盤振る舞いはしねえよ、オメエ! けど、いいぜ。いい女の前でカッコつけちまったかンな。カッコつけちまったからには最後までカッコつけねえと、死ンでも死にきれねえ。――オメエの言う通りにしてやンよ」

「合格……」

「一歩でもオレを動かせたらオメエの勝ちだ!」

 食い下がるエミリアに、『棒振り』はどこか毒気を抜かれた顔で声を荒げた。それを受けてエミリアは頷くと、スバルの方へ視線を向けて、

「アナスタシアとユリウスをお願い。二人とも、治療してあげて」

「ま、待った! さっきの見たろ!? 無策でいっても……」

「大丈夫。向こうは殺す気はないみたいだし……私も、本気でいってみるから」

 気合い十分、止めようとするスバルの言葉を振り切り、エミリアが一歩前に出た。そして、凛とした横顔のまま、エミリアはその両腕を『棒振り』へ向ける。
 距離は開いたまま、遠距離から、彼女の魔法なら一方的に狙い撃ちにできる。

「激マブな面して、したたかじゃねえか、オメエ」

「やれることを精一杯やるのが、私の騎士様から教わったやり方な、の!」

 太い腕を組み、圧倒的不利の立場にありながら男はただ獰猛に笑った。
 その男の笑みを目掛け、エミリアが声に力を込めた直後――青白い光の乱舞するフィールドに、大気のひび割れる音が連鎖し、次々に氷の武器が形成される。

 剣があり、槍があり、斧があり、矛があり、矢があり、無数の武器がある。

 アイスブランドアーツ、アイシクルライン――エミリアの膨大な魔力を使った、限定的な絶対破壊空間、スバルの考案した絶技が今、発動する。

「えい、や!!」

 気の抜ける掛け声、しかしその後の光景は欠片も腑抜けてなどいない。
 エミリアの声と同時、その鋭い先端を男へ向けていた武器が、四方八方から一斉に『棒振り』へと目掛けて飛びかかった。

 死角からも襲いかかる同時攻撃、それは正しく、防ぎようのない全体攻撃だ。
 それに対し、男は再び、己の両手に二本の箸をそれぞれ持つと、無数の剣閃ならぬ、箸による暴威が荒れ狂った。

 氷の、美しく切断される情景が、芸術的に繰り広げられる。

「――――」

 エミリアの言葉に従い、ユリウスとアナスタシアの下へ駆け寄るスバル。二人の安否を確かめ、意識をなくしているだけであったことに安堵する。
 アナスタシアは、おそらくエキドナの懸念通りに身を削った結果だ。鼻血もすでに止まり、安心とはいえないが昏倒しているだけ。そして、あれだけ一方的に嬲られたユリウスも、箸撃は彼の肉体を痛めつけてこそいたが、打撃以上の傷ではない。
 百度と打たれた事実が、剣であれば百度殺されたことの証明ではあっても、ユリウスは手心を加えられ、生還していた。

「二人とも、無事かしら。でも……」

「わかってる」

 隣で、同じく二人の様子を確認したベアトリスをスバルは遮った。
 二人の安否は確認できた。だが、これを為した野獣と、エミリアは真っ向から激突している真っ最中で――、

「かっ!」

 飛び散る氷、その破片を口に入れ、噛み砕いた男が楽しげに箸を振るう。その一振りに、同時に襲いかかった氷の剣と斧が真っ二つに切り裂かれた。
 破壊された氷の武器は一瞬で淡い光へと還元され、野卑に乱雑に暴れ回る美しき野人の周囲を光が散る、いっそ幻想的な光景が延々と繰り広げられていた。

 ただ、そうしていながらも――、

「――動かない」

「いっぺンカッコつけたら最後までカッコつけさせろや、無粋か、オメエ。死線上で男張れねえで、いったいどこで突っ張ンだ、オメエ」

 呻くようなスバルの声を聞きつけ、『棒振り』が鼻歌まじりに魔法を迎撃する。その間も、まるで激しい舞いのように踊り狂っている上半身と違い、その両足はどっしりと床の上、山のような不動を保っていた。
 その状態では、雨あられのように魔法を撃ち続けても埒が明かない。それは、戦場を俯瞰するスバルだけでなく、当事者であるエミリアにも訪れた焦燥感。
 故に、エミリアはその膠着状態を打破するために、踏み込む――。

「――うー、やぁ!!」

 細く、しなやかな肉体を躍らせ、銀髪をなびかせるエミリアが真っ直ぐ飛び込む。振り上げる両腕、その掌に生じるのは両手で振るう長大な戦斧だ。
 それを、エミリアは豪快に体を縦回転させ、真上から男へ目掛け叩きつける。

「かかっ!」

 その氷の戦斧の一撃に、男は慌てずに箸を跳ね上げ、射線上に割り込ませた。真っ直ぐに落ちる斧撃、その軌道が箸でほんの微かに逸らされ、そのズレは男へと向かって落ちる流れの中で徐々に大きくなり、ついには男の着流しの袖を掠めるようにして外れ、床に突き刺さる。
 激しい衝撃と共に爆風が吹き荒れ、自らの威力に耐えかねた氷の戦斧が根本から木端微塵に砕け散る。だが、瞬時にエミリアはその斧を手放し、後方から射出される矛を奪うように手に取ると、身を回して次なる攻撃を開始した。

「えい! や! とりゃ! うりゃ! うりゃうりゃ! うやぁ!」

 矛の一撃が、双剣の一閃が、長剣の斬撃が、刀の居合が、鞭の音速が、斧の打撃力が、叩き込まれるありとあらゆる攻撃が、男の前には容易く防がれる。

 無論、エミリアの技術が低いわけではない。
 エミリアの身体能力は高く、彼女の莫大な魔力と格闘能力を合わせたアイスブランドアーツは、考案したスバルが言うのもなんだが、エミリアの能力を十全に生かした戦闘技法と断言できる。

「――スバル」

 手を強く握られ、ベアトリスが慮るような声をこぼす。それにいくらかの冷静さを取り戻してもらいながら、スバルは戦場に必死に目を凝らしていた。
 割り込む隙が、見当たらない。それほどに、エミリアは流れるように得物を取り換え、自身の強みを活かし、自身の攻撃と、同時に嵐のような魔法攻撃を継続している。それはまさしく、あらゆる兵器による絨毯爆撃が繰り広げられる爆心地だ。

 その爆心地のど真ん中にありながら、一歩も動かずにそれを処理するあの男が、ただの『棒振り』などと名乗った化け物が、異常なのだ。

 迂闊に割り込めば、ただスバルがエミリアの気を散らせる要因になりかねない。
 その懸念がスバルに動かせない。手を握り、押し黙るベアトリスも同様に、歯がゆさを堪えて戦場を見守る他にない。
 このまま、エミリアの体力が底を尽くまで状況は動かせないのか。

 そんな状況に、思わぬ変化が生じた。それも、唐突に。

「ふん! えい! てりゃ!」

 エミリアの両腕が双剣を掴み、左右から男の首を挟むように斬撃を放った。それを男は首を下げて易々と回避、エミリアの両手から双剣がすっぽ抜ける。が、エミリアは即座に別の双剣を掌の中に生成し、交差した腕を開く要領で追撃――今度は男はそれを豪快に、床と平行になるような姿勢でのけ反るように避けた。

「かっ!」
「わっ」

 膝を曲げ、床に寝そべるような姿勢から、男は強靭な足首の力だけで体を支える。一方、攻撃を空振ったエミリアは勢いに負け、腕を広げたまま一歩、下がった。
 この戦いの中で、エミリアが初めて見せた、致命的なまでの隙――男にとっては幾度も機会はあったのだろうが、これはその中でもとびきり最悪の刹那だ。

 そこへ、男は曲げた膝を伸ばして体を跳ね上げ、姿勢を戻す。エミリアは隙だらけのまま、舞い戻った男の様子に奥歯を噛んだ。
 その瞬間、男はこれまでで最も獰猛に歯を剥き、鮫の笑みのまま前傾になり、

「隙あり」

 手にした箸を使って、エミリアの双丘を下からすくい上げるように撫でた。

「な――」

 エミリアは普段通りの白い衣装、白く滑らかな肌が見える格好だ。その胸部分を箸で撫で付け、豊かな膨らみを淫猥に歪ませ、男の野卑な笑みが深まる。
 その卑猥な行いに、男は満足げに「かっ!」と喉を鳴らすと、

「役得、役得。これしきのことで怒ンじゃ……」

「とりゃ!」

「ごぁっ――!?」

 頭上で両手を組んだエミリア、その手を覆うように生み出された氷のグローブが打ち落とされ、下卑た笑みを浮かべた男の頭頂部を直撃する。
 一撃に氷が砕けるほどの威力、硬い衝撃音が響き渡り、その威力に男は「ぐおおおお!」と悲鳴を上げ、頭を抱えてその場にゴロゴロと転がった。

「痛ぇぇぇッ! な、何考えてンだ、オメエ!? 普通、あンな真似されたら女は行動が鈍ンだろうが! 一瞬も躊躇わなかったぞ、オメエ!?」

「――? 体に触られただけでしょう? あなた、隙だらけだったもの」

「ざっけンな! どういう育ち方してンだ! 親は何してやがったンだ!」

 殴られた頭をさすりながら、地面に胡坐を掻く『棒振り』が声高に訴える。その叫びにエミリアは目をぱちくりさせ、箸に撫ぜられた自分の胸に触れて、

「……何か、変なこと言った?」

「おい! この激マブ何とかしろ! 外歩かせンな! 雑魚! オメエ付き人だろうが! オメエ、ちゃンとしろや、しゃンとしろや、痛えな、オメエ、クソ……!」

「お、前に、エミリアのことであれこれ言われる筋合いはねぇよ。それより……」

「あぁン!?」

 気圧されながらも、スバルは荒ぶる男の言葉に何とか言い返した。そして、エミリアに卑猥な手を伸ばした事実への怒りをいったん後回しに、男を指差す。
 それから、告げた。

「一歩どころじゃなく、動いてる」

「――――」

「あ! ホントね! やった! 私の勝ち!」

 スバルの指摘に男が黙り込み、代わりにエミリアが両手を合わせて飛び跳ねる。
 彼女の周りではその感情に呼応し、氷の魔力が次々と花となって咲き乱れ、エミリアの勝利を自分自身で祝うように花開くのがわかった。

 男の提示した、自分を一歩でも動かしてみろという条件は達成された。
 それは誰の目にも明らかで、男がごねない限りは、適用されるはずだ。

「お前は、どう出る?」

 疑いなく、自分の勝利と『試験』の達成に喜ぶエミリアには悪いが、スバルは目の前の男の往生際をそこまで信じていない。ここまでのやり取りで、彼に潔さを期待するのが難しいのは自明の理だ。
 この負けに憤慨し、ついには制限を捨ててこちらへ襲いかかり、一連の『試験』の流れを全てなかったことにしたとしても不思議ではなかった。

 そんな警戒に、スバルの額を一筋の汗が流れ落ち、頬を伝ったときだ。

「あー、仕方ねえ。言ったことは言ったことだ。スケベ心に足すくわれるなンざ笑い話にしかなンねえが、仕方あンめえよ」

「み、認めるのか……!?」

「オメエ、オレを何だと思ってやがンだ。ここで食い下がったら、せっかくカッコつけたオレの株が下がンだろうが、オメエ。取り返しつかねえだろうが、オメエ。そンなことになって、責任取れンのか、オメエ。女寄り付かなくなンだろ、オメエ」

「現時点で、株なんか下がりようがないぐらい最低の負け方してるぞ……」

「るせえよ、雑魚が! 雑魚っつーか、稚魚が! 稚魚が喚くな、オメエ。とにかくその激マブの勝ちだ。通してやるよ。それが条件だ。しゃああンめえ」

 がりがりと乱暴に頭を掻いて、『棒振り』は堂々と自らの敗北を認めた。
 潔いのか潔くないのか、わけのわからぬ口上。しかし、その宣言が出た以上は、スバルもこれ以上は食い下がるつもりはない。

 ユリウスとアナスタシア、二人が男との攻防で倒れた被害こそあるが、おそらくは緑部屋に運び込めば十分に回復が見込める範囲だ。
 第二の『試験』としては、あまりに手応えがないように思えるが――、

「――で、次は稚魚がやンのか? それとも、ジャリ二人のどっちかかよ」

「え?」

 上の階層へ向かえる。
 その理解に思考を走らせていたスバルは、続く男の言葉に目を見張った。その反応に男はゆっくりと立ち上がり、着流しの左肩――剥き出しになっていた右肩同様に、左肩を抜いて、こちらへ向き直る。

 ――空気が、焼ける臭いがした。

 それが、男から迸る桁違いの剣気――先ほどまでのそれが遊びに思えるほどの、劇的な変化による本能の訴えであると、スバルは遅れて理解して。

「塔にいンのが、全部で七人……抜けたのが、オメエの女がまず一人」

「――――」

「次は、誰がオレを抜いてくれンだ。――なぁ、オメエよ」


 大図書館プレイアデス、第二層『エレクトラ』の試験。
 制限時間『条件付無制限』。挑戦回数『条件付無制限』。挑戦者『条件付無制限』。

 ――達成者、エミリア。
 ――未達成者、スバル、ベアトリス、ユリウス、アナスタシア、メィリィ、ラム。


 ――『試験』、続行。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ