挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法少女になってしまった僕の受難 作者:yukke

魔法少女機関 MGO

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/27

第3話 新たな魔法少女 ②

 新に現れた黒髪ロングポニーテールの女子は、鋭い目つきを怪人サソリモドキに向け、その後僕の方も見ます。
 この人はつり目だから、睨みつけられたら余計に怖い。だけど引いちゃ駄目だ。

「お前……魔法少女か? だがその格好は……」

 どうやら僕の顔までは見えていなかったようです。助かりました。

「ふん、私の背後を取るなんてね。だけど甘いわよ、首を狙わないなんてね」

 でも内心僕はドキドキしています。斬られなくて良かった~って感じです。

「私達は殺生はしない。今までの怪人も、無力化して捕らえてるだけだ」

「えっ? だけど普通魔法少女って、敵の怪物や怪人を殺して倒してるよね?」

「アニメの話だ。現実に女の子があんな簡単に殺しが出来ると思うか?」

 まぁ、場合によると思いますよ。女の子って化けるからさ……だけど基本的に、何かを殺したりするのをためらう人の方が多いかも知れませんね。

「ふ~ん、甘いね。そんなので正義の味方が勤まると思うの?」

 だけど、僕はその人に向かってそう言います。この格好になると、普段なら絶対に言えない事も平気で言えちゃいます。形から入るって重要なんだな……。

「勤まるからここにいるんだろうが、バカか貴様」

 うわっ、この子性格キツかったよ。しかも……。

「隙だらけだ」

 あっという間に僕との間合いを詰めてきました。
 白くてスラッとした綺麗な脚なのに、なんでこんなスピードが出せるの? なんて考えてる場合じゃない!

「インクリース・グラビティ!」

 とにかく僕は、相手が握り締めてる刀に向かって杖を突きつけ、そう叫びます。今にも僕を斬りつけそうだったからね。

「ぐっ!! なんだこれは!」

「危ないなぁ~もう。そんな危ないものは振り回さないで」

 だけどそう言いながら、僕はその人と距離を取っています。ゆっくりと後ろに下がってね。
 だって怖いんですよこの人。それに、僕はまだ近接戦闘が出来ないから、避けたりするのは無理なんです。

「くっ……この、くらいでぇえ!!」

 えっ? 嘘……刀の重さを変えてもの凄く重くしたのに……耐えきれずに地面に落としたのに……それでも刀は離していない。
 膝を突きながらも、気合いを入れながら地面に付いた刀を持ち上げようとしている!

 無理だって! 女の子が20キロ近くの物を持ち上げる事なんて――

「はぁぁぁあ!!」

 ――出来ました……両手使ってるけど。いや、普通は無理だからね! この子恐いです!

「せいゃぁあ!!」

「うわぁっ!!」

 必死に逃げちゃったよ! 自分の周りを無重力化して思い切り飛び上がって、本当に真剣に逃げちゃいました。そしてその後に……。

「ギャンッ?!」

 稲光が下からやって来た瞬間、僕の体に衝撃が走り、更に全身が感電したみたいになって痺れてしまいました。さっきの雷魔法を使う人だ……しまった、充電が終わってたんだ。

 これは終わりました……僕、捕まっちゃう。

「…………あれ? 何ともないや」

 やられたと思ったからそのまま落下してたけど、別に体に異変はなかったよ。だから、そのまま一回転して低めのビルの屋上に着地です。

 何で平気だったんだろう? 相手の魔法をモロに受けたのに……。

「ごめん由利……魔法効いてないや」

「落ち着いて、きっとバリアか何かを張っていたんでしょう。卑怯ね」

 そして、下にいる2人の魔法少女は、僕の立っているビルの下まで来ると、そのまま僕を見上げてきます。
 卑怯って言われても、バリアとかそんな変な力で僕が守られていたなんて、今知ったからね。そうじゃなかったらこんなに慌てないってば。

 とにかく、僕は杖を握り締めて2人を見るけれど、お互いいつでも攻撃可能といった感じでジリジリと迫ってきます。

「ギッギッ……グラビティ・ガール。お前のおかげで俺は強くなれてる。お前のサポートをバッチリして……ぐぇっ!」

 なんで同じ屋上にいて、しかも僕の背後にいるんですか! この怪人は! 思わず蹴っちゃったよ。

「いや、あなたがメインでしょうが。私がサポートするってば」

「ぐぇっ! ちょっと待て蹴るな! いやいや! 魔法少女は先頭を切って戦うものだろう?!」

 戦い方が分からないんだから、先頭を切ったら直ぐにやられるってば。
 だから僕は、思い切り怪人サソリモドキの背中を蹴り飛ばして、前に突き出します。

 だって怪人として生まれた奴なら戦闘能力くらい……。

月華輪げっかりん!!」

「ぎゃぁぁあっ?!」

 全くなかったですね!

 ポニーテールの子がこの屋上まで飛び上がって来て、そのまま空中で円を描くようにして動いたかと思ったら、怪人サソリモドキの胴体が真っ二つにされてました。怪人弱すぎませんか? いや、この子が強すぎるんだ!

「うひゃっ!」

 しかも斬撃の威力が落ちずに、そのまま真空派のようにして僕にも襲ってきました。
 なんだか変な風の流れがあったからしゃがんでみたら、僕の後ろの壁が真っ二つに切れたよ。

「ハード・ライトニング!!」

「うわっ!!」

 その後雷の魔法を使う金髪の子が、下から僕に向かってもの凄い雷撃を放ち、僕の頭上に落としてきました。だけどそれは、僕の頭の上で止まってます。
 何か目に見えない壁に遮られているような……これがバリアなのかな?

「くっ……由利、やっぱりこいつ!」

「分かってる。そのまま押さえてろ」

 うわっ、流石に2人は無理だってば……ポニーテールの子が屋上に着地すると、その場で飛び上がり、刀を振り上げて僕の方に落ちてきます。

 あれ? 僕の重力魔法は? 解除されてる? なにか条件を満たすと解除されちゃうのかな……それとも何かをし続けないと駄目なのかな?

「くっ……」

 とにかく、このままじゃあバリアごと斬られちゃう……そんなのは嫌だ。なんとかしないと!

「ガハッ!!」

 すると、僕の上から迫っていたポニーテールの子が、突然苦しそうな声を上げると、そのままビルの下まで落下した音が聞こえます。
 なに? なにが起こってるの? こっちはもう1人の人の雷魔法が、頭上で凄い光りを放ってるから、良く分からないんだってば……。

 だけど、誰かに攻撃されて吹き飛ばされたのは分かる。だいぶ高い所から落とされた感じだけど、大丈夫なのかな……。

「由利ちゃん! 大丈夫?!」

 あっ、目の前の光りが消えた。金髪の子が魔法を消したんだね。そして、僕を斬ろうとしていたポニーテールの子の元に駆け寄っています。

 そしてそんな僕の目の前には、ある人物達が立っています。

「やれやれ……近接戦闘が全くだったな。これは修行の必要があるか」

 黒くて青いラインの入ったロングコートに、サングラス。そしてオールバックの髪……超人と言われていた人達だ。しかも3人もいる。

「やはり、政府のお気に入りは違ったか。怪人がやられてはこちらが不利だ。撤退しろグラビティ・ガール」

「……」

 そりゃもう、そう言うのなら遠慮なくそうするけどさ。下から
見上げている2人は、僕をしっかりと捉えています。
 ポニーテールの子が無事だったみたいで良かったけれど、逃がす気ないですね、これ……。

「早く行け」

 すると、超人の奴等はそう言うと、下にいる2人の魔法少女に向かって行く。しかも……。

「ぐっ!! なんだこいつら!」

「由利ちゃん! 離れないで! あぅ!!」

 超強い。

 ポニーテールの子の刀の攻撃を片手で受け止めて、そのままお腹を殴り付けて吹き飛ばした。
 金髪の子の方も充電がまだらしくて、相手のパンチを避けようとしたけれど、その後直ぐに凄いスピードで蹴りつけられています。

 2人とも僕から凄い離された……に、逃げられるのかな? でも、このまま相手を追い詰めた方が……。

「早く逃げろ。俺達の体が持つまでに、こいつらから逃げるんだ」

 だけど、超人の奴等は僕にそう言ってきます。なんでそう言うの? それだけの力があれば、倒すことも出来るのに……。

 体が持つまで? なんですかそれ。どういう意味?

 でも、その意味は直ぐに分かりました。

「えっ……?」

 超人達の体が、まるで砂のようにして次々と崩れ始め、腕や足がもげていきそうになっている。そんな……まさかこいつら。

「俺達は、1回毎に魔力による攻撃をすれば、体がその魔力に耐えられずに崩れていく。良くて10回。それだけ魔法攻撃を行えば、俺達は完全に崩れ去る。だから早く逃げろ」

 なにそれ……超人じゃないじゃん。Dr.Jはなにを作り出しているんだ。こいつらは人間なんでしょう。死刑囚とは言え、人間でしょう! 生命の冒涜を平気で……。

 やっぱりあいつも駄目だ。倒さないと駄目だ。でも、僕に出来るの?

 怪しい政府の人間とDr.J。2人を相手に戦えるの?
 無理だ……今はただ、Dr.Jの言うことを聞いておくしかない。だから悔しい思いを胸にして、僕はその場から離れます。

 ―― ―― ――

 路地裏を走る僕は、元の姿に戻って壺の怪人の登場に控えます。でもいつまで待ってもやって来ません。

 おかしいな……いつもなら直ぐに現れるのに、なんで来ないんだろう? このまま家に帰っても良いのかな? 帰っちゃおうかな。ここから歩いては遠いけど、電車で3駅くらいです。
 そして試しに僕は、そのまま自分の家に向かって行きます。でも誰も来ない。

 駅に着いて改札を通る。誰も来ない。

 最寄り駅に付いて改札を出て、自分の家に向かう。誰も来ない。

 自分の家に着く。誰も来ない。

 おかしい! なんですんなり帰ってこられたのですか?!
 この閑静な住宅街で、いくらでも僕を回収するチャンスはあったのに!

 ちょっと待って、もしかして僕、もうあの研究所に軟禁されなくても良いの……?
 やった……これならコッソリとあいつの所に居続けて、スパイとして花音や大輔に組織の情報を与えたり、心忍に怪人の情報を与えられる。Dr.Jを追い込める。よし、そうと決まれば明日から動くよ。

 そして僕は、自分の家の鍵を開けてその中に入っていく。
 久しぶりの我が家……自分の家の匂い、雰囲気……この玄関を真っ直ぐ進めばリビングだ。途中に二階に上がる階段もあって、二階に僕の部屋がある。
 今両親は居ないけれど、それでも住み慣れた我が家に帰って来られ――

「やぁ、お帰り~」

「おかえり」

「……」

 ――リビングの扉を開けたら、Dr.Jとリリンがソファに座っていました。

 あれ? 僕自分の家に帰ってきたよね? なんでこの2人がここにいるの?!

「いやぁ、流石に君も家にいてくれないと、誰かが尋ねられるとマズいみたいだ。君案外友達いるんだね~」

「もしかして、僕は友達がいないと思ってました?」

「いやぁ、正直いても1人か2人かと思ったが、何人かクラスメイトがやって来てね、驚いたよ」

 その全てにどういう対応をしたのかはもう聞きません。どうせろくでもない対応をしたんでしょう! 明日の学校が憂鬱です。

「良い家ね」

「それで、リリンは何でいるの?」

「私はこいつに捕まってるの。逃げられないの」

 あぁ、着いて来るしかなかったんですね。

 マスクをしているから分からないけれど、Dr.Jは目を細めて僕を見ている。多分笑ってる。したたかな笑顔を見せているに違いない。

 それでも負けてたまるかだよ。僕は逃げない。

 僕の日常を返して貰うまでね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ