挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法少女になってしまった僕の受難 作者:yukke

始まりの時

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/27

第4話 バレる? バレない?

 翌朝、僕達は連れて来られた部屋で夜を過ごした。

 あの子はしばらくしたら目を覚ましたよ。
 そして色々と聞こうとしたけれど、なんとここに連れて来られる前の記憶が本当にないらしい。
 ただ、ここの人達が気に入らないから逃げようとしていたみたいだけど、結局それを利用されていたみたい。

「……なんとかして逃げないと、ここは危険」

「うん、分かってる……だけど今は逃げられないよね」

「……そうね、準備がいる」

 それなら、僕はいつも通りの生活を送っておかないと……ただ、そこで最大の試練がありました。
 パジャマから制服に着替える間に、完全に忘れている事を思い出します。

「僕、女の子にされてたんだった……」

「……あなた男の子だったの?」

 あっ、そっか……この子は僕が女の子になってから接触したから、僕が男だったのは知らないんだ。

「そうだよ……僕は男なんだよ」

「……女の子なのに?」

 首傾げられちゃった……そりゃ、今僕はどこからどう見ても女の子ですよ。

 成長途中の小ぶりな胸に、丸みを帯びた身体。この状態なら誰がどう見ても女の子なんです。
 でも、顔はあんまり変わってない。元々女顔だったから、服にさえ気を付けていれば皆にはバレないかも知れない。

 幸い用意されていたのは男子の制服……それなら……。

「Tシャツ着て布かなにかを巻いて、胸の膨らみを隠せば……声もそんなに変わってないや」

 元々あんまり声変わりしなかったし……僕って成長遅いのかなと思っていたらこんな事に。それにしても付いてない感覚が凄く不安です。

「女の子って言ったら駄目なの?」

「……ずっと女の子だった君が男の子になっちゃったらどうする?」

 リリンがとんでもない事を言ってきたよ。だけど、これは説明するより自分に置き換えて考えてくれた方が……。

「……別に? 嘘偽りなく言う」

 感性の違いでした……。

「あのね……女の子になっちゃったのがバレたら、なんでそうなったって理由を聞かれるでしょ? そうなったら色々とマズいよね?」

 とにかく、その子の言葉にガックリと項垂れた後、僕はしっかりとその子に説明してみるけれど……。

「誤魔化せば良い」

 駄目でした……正直僕は、あの3人を誤魔化す事は出来ないって思っちゃってます。なんだかんだ言って、長い付き合いだからね……。

 というかこんな事してたら遅刻しちゃう! その前に、ここって何処なの?! 学校から近いのかな?

 それに気付いた僕は、慌ててその部屋の扉を開けると……。

「やぁ、おはよう。お寝坊さんだねぇ。朝ごはんはギリギリかな?」

 昨日のあのおかしな男、Dr.Jがいました。今日も黒いマスクと赤い線で描かれた口が気持ち悪いです。

「……朝ごはん食べてる暇ないかも。ここが学校から遠ければ……」

「あぁ、移動なら心配ない。この場所を知られたら困るからね。私が発明した怪人の力を使わせて貰い、学校の近くに転移してもらう」

 そんな怪人がいるんですか……あわよくばここの場所を把握しておいて、大輔達にと思ったけれど、それも読まれていたよ。

 ―― ―― ――

 その後向こうが用意していた朝食を食べて、その転移能力のある怪人さんに、学校の近くまで転移されました。僕だけね……。
 リリンはあの建物から出るのが危険なのか、僕に着いていこうとした所で、またスタンガンで気絶させられました。

 その子の扱いが酷いからDr.Jを睨んでみたけれど、またあの歪な表情を向けられて竦んでしまったよ。
 そしてその隙に、頭が壺になっている怪人の壺の中に放り込まれました。

 その後気付いたら学校の近くの路地裏でした。あの子を何回もスタンガンで……心配だけど、今は言うとおりにしておかないと……それと……。

「……あの怪人に転移されるのだけは考え直して貰おう」

 なんで壺の中が触手だらけなんですか? 至る所を触られたよ……うぅ、気持ち悪い。

 とにかく、何とかしてあの建物の場所を把握して、リリンと脱出しないと。あんな扱いをされているあの子は、何としても助けたいです。

「……メッセージ、やっぱり皆に心配されてた」

 そして僕は、あいつから返して貰えたスマホを見て、昨日から送られ続けていた3人のメッセージを確認する。
 因みになにか弄ったらしく、スマホで僕の身に起きた事を伝えようとしても、全部チェックされてしまい、削除をされて伝えられないようにされているみたい。

 学者のはずが機械まで強いなんて……勝ち目あるのかな……。

「……心忍のメッセージ、2人の倍はある」

 この子だけは僕に対する接し方が異常というか、過剰過ぎるんです。嫌じゃないけれど、こんなに心配して来られると、危険な事は出来ないなって思うよ。

 だけどやらないと……。

 とりあえず皆には、昨日家族と急に出かける事になって、メッセージが出来なかった事を――

「進……!!」

「へぶっ?!」

 ――皆に返事をしようとしたら、後ろから誰かに抱きつかれました。いや、この声は心忍だ!

「心配した……なんで昨日家にいなかったの?」

 心忍はよく僕の家に来る。だから、誰もいないことに気付かれちゃいけない。気付いたら心忍は何とかしようとする。そうしたら僕の両親は……。

「ご、ごめん……両親と出かけてて……」

「その両親も今朝いなかったよ?」

 既に誰もいない家に行かれていました……ど、どうしよう。

「進、なにかあっ……」

 僕を抱き締めてくる心忍の顔が、一瞬強張っと思ったら、ゆっくりと僕から離れてジロジロと体を見てきます。バ、バレてないよね? 流石に心忍でも……。

 だけど、その後彼女は僕を引っ張っていき、近くの公園に連れて行きます。いや、遅刻しちゃうってば!

「心忍?! ちょっと、遅刻し……」

「私に隠し事出来ると思ってるの?」

「うっ……」

 確かに昔から、心忍は僕が隠し事をしている事を直ぐに見抜いちゃうけれど、流石に今回はバレないと思う。
 だけど人気のない公園に着いた瞬間、心忍は僕の方を向き、突然僕の制服の上着を捲ろうとしてきます。流石に抵抗するけどね!

「くっ……進。妻に隠し事は駄目……!」

「いくらなんでも……朝っぱらからいきなり僕の服を剥かないでよ!」

 心忍が妻になってる事は置いておいて、やっぱり心忍は勘づいている! なんで心忍にはバレるの?!

「……2人に言うよ」

「……っ」

「……ちゃんと言って、昨日何があったのか」

 だけど、言ったら君は僕を助けようとするでしょ? 今はそれじゃ駄目なんだよ。

「お願い心忍……これ以上は止めて」

 だから僕は、心忍が1番たじろぐ表情でそう言った。
 少し涙目になって弱々しい感じを出せば、心忍はそれ以上はやって来ないんだ。凄くみっともない姿なんだけどさ……何故か心忍にはこれが1番効きます。

「うっ……き、今日ばかりは……それは、効かない……!」

「わっ!!」

 嘘?! 心忍がこの状態で強行してくるなんて!

 そして心忍は、僕の制服の裾を思い切りたくし上げ、更には中のTシャツまで捲られてしまった。そう、つまり……僕の小さくても女子だと主張する胸を……心忍に見られてしまいました。

 バレた……言い逃れ出来ない……。

「進……やっぱり間違いない……」

「うっ……くっ、し、心忍……お願いだから」

 そして心忍は、僕の胸を見てショックを受けたのか、口を開けたままヨロヨロと僕から離れていく。

「そ、そんな……」

 僕は慌てて服を直したけれど、心忍の様子がおかしい。やっぱりショックだよね……僕がいきなり女の子に――

「これじゃあ……どっちもお嫁さんになっちゃう。えっ、でもこの場合進がお嫁さんの方が。あぁぁ……だけどそうなったら、2人の愛の結晶が作れない!」

 ――なってもその反応ですか?

 えっ、ちょっと待って心忍。急に僕が女の子になっちゃったのに、そんな事を気にしてたの?!

「ちょっと心忍、もうちょっと……」

「あぁ、進が昨日秘密結社シャフトに捕まっていたのは知ってるから」

「へっ……?」

「進のスマホに録音付きGPSを付けてたから。しかも敵さんにも分からない所に」

 敵にやられる前に既に身内にやられていました。心忍怖い……。

「だけど、事情が事情だからちゃんと黙ってるよ。本当は進から言って欲しかった……」

「僕を試したね……心忍」

「妻として信用してくれているか見たかった。でも……うぅ」

「わざとらしく泣かない」

「うにゅ……」

 とにかく、心忍は全部分かっていたんだ。僕が女の子になっちゃってた事も……。
 だから、泣くふりをしている心忍の頭を小突いた後、僕は心忍に抱きついた。

「えっ……?」

「……ごめん、心忍。でも……」

「分かってる……秘密結社の味方をしないといけないんでしょ? 私達の敵に……」

「うん……だからこの事は、大輔と花音には言わないで」

「言っちゃうとあの2人、手を抜くからね。そしたら流石にバレる」

 その心忍の言葉に、僕はゆっくりと頷きます。

「辛いよ?」

「分かってる。だけどやらないと……あいつを出し抜く為にも」

「そう、心忍がそう決めたなら私は反対しないよ」

「ありがとう、しの……」

 そして僕が心忍から離れた瞬間、彼女は僕の顔に一瞬で近付き、そのままキスをしてきた。信じられない……今まで心忍はこんな強行してこなかったのに……なんで、なんでなの?

「くっ……心忍?! 何してるの?!」

「誓いのキス……敵側に協力していても、ずっと私達の味方だって忘れないで」

「……」

 そう言ってきた心忍の目には、涙が浮かんでいました。しかも良く見たら目が真っ赤です。

 そっか……心忍はきっと、直ぐにでも僕を助けたかったんだ。僕が女の子にされるのを、止めたかったんだ。だけど何も出来なくて、泣いていたんだ。

「ごめん……心忍、ごめんね」

 そして僕は、もう一回心忍を抱き締めた。今度は優しくね……。

 ―― ―― ――

「それで、進はどうするの?」

「どうって?」

「花音の事」

 そっちですか……そっちはもう諦めるしかないと思ってるよ。でもね、中々諦めきれない自分もいるんだ。厄介だよね……人を好きになるって事は。

「とにかく今は、元の姿に戻る事を優先しないと……」

 ジッと見てくる心忍に僕はそう言ったけど……。

「そう、諦めきれないのね。でも、私なら女の子でも良いから」

 なんでバレるのかなぁ……しかもサラッとアピールまでしてきたよ。だけど、僕に向かって迷いなくキスしたし、心忍が本気なのは分かる。
 でも僕にとって心忍は……幼なじみの1人で、いつも傍にいてくれる心の支えなんです。

「……うっ」

 花音よりも心忍の方が、僕にとっての存在感が強いんだけど……き、気のせい気のせい。

「なに顔赤くしてるの?」

「ちょ、ちょっと今日は暑いんです!」

「丁度良いくらいだけど?」

「僕にとっては暑いの!」

 学校への道を歩きながら、心忍が僕の顔を覗き込んでくる。確かにこの子も可愛い部類に入るし、何人か心忍の事を好いてる人を僕は知っている。

 だからクラスメイトが、僕と心忍を夫婦みたいな扱いをしてくると、必ず嫉妬の視線が僕に向けられたりするんです。

「進、本当にあの2人にはこの事を隠すの? あの2人とも付き合い長いから、絶対にバレるよ」

 すると、覗き込むのを止めた心忍がそう言ってくる。
 確かに、大輔と花音とは小学生からの付き合いです。心忍とは幼稚園からだけどね。

 いくらなんでもバレるよね……。

「進!!」

「進、良かった~無事だった……」

 すると僕の後ろから、いつも通りに2人が声をかけてきました。やっぱりSNSのメッセージに返信しなかったから、心配していたみたいです。

「大輔、花音、おはよう。ごめん、ちょっと家族と出かけてて、急だったから……」

「あ~そっか~お前の家族厳しいもんな~家族といる時は携帯触るなだっけ?」

「ん~でも、寝る時に返信くらい出来なかった?」

 うぐっ……花音が鋭いです。

「疲れちゃってたから朝にしようと思ったけれど、朝も寝坊して慌てちゃって……」

 流石に厳しいかな……この言い訳は。
 だけど、大輔も花音も安心した表情になり、いつもの様に僕の横に並びます。

「全く……昨日は怪人が出たからよ、余計に心配するだろうが。気を付けろよ!」

「うっ……わ、分かった。気を付けるよ」

 そして、大輔はいつも通り僕の頭に手を置いて、わしゃわしゃと僕の頭を撫でてきます。髪の毛がぐしゃぐしゃになるよ……もう。

 だけど、どうやらバレてないようです。

「…………」

 そしてその後ろで、心忍が凄い形相で2人を睨んでます。「何で気付かないの?」って感じです。

「心忍? どうしたの?」

「いや……2人とも進の事ちゃんと見てないの?」

 ちょっと! それ誘導してるよね?! ねぇ、誘導してるよね!

「ん~? 今日も変わらず可愛いね~」

「うっ……」

「あはは、ごめんごめん。進はいつも通りだよね~」

「あぁ、いつも通りだな。相変わらず可愛い顔付きを気にしてる顔だよな」

 そして大輔が僕の肩を抱き、いつものようにスキンシップしてきます。ただ、流石にこんなに引っ付いたらバレるよね?!

「お前さ……顔付き可愛いのを生かせよ」

「へっ?」

「だからよ……腐女子とかその辺でも可愛い子はいくらでもいるぜ。まぁ、ケツ使われるかも知れねぇけどな!」

「うわっ?! 気持ち悪い事言わないでよ!」

 話ながらお尻まで触ってきた。これは流石にバレ――

「はっはっは! 悪い悪い! それにお前は、花音の事が好きだもんな」

「……もう」

 ――てない?!
 一応最後のは小声だったから、花音には聞こえてないけれど、それでも大輔は鈍感過ぎるよ……。

 僕が中学生の頃、大輔にその事を相談してしまったからね、それから僕の片思いを応援してくれている。
 だけど気付こうよ大輔。幼なじみとは言え、花音が結構引っ付いているのを不思議に思わないの?

 昔からずっとそうだったから……? 花音の事を男友達として見ているかから? それでも、僕達はもう小学生でも中学生でもないんだよ。気付こうよ。

「…………!!」

 そして心忍も「何で気付かんのじゃ、ワレェボケェ!」みたいな顔をしています。それは怖いってば心忍!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ