挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法少女になってしまった僕の受難 作者:yukke

魔法少女機関 MGO

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/27

第15話 いざ、平行世界の魔法少女機関へ

 あの後リリンの家に行った僕は、彼女の手によって女ものの下着を着けられてしまいました。ほぼ無理やりね。でも他に下着がなかったから仕方なくなんです!

 それでも、僕は何かを失ったような気がします。

「うぅ……僕は男の子なのに……」

「それ、お姉ちゃんも同じ事言ってたね~」

 姿見の前で買ってきた下着を身につけ、背後でそれを見ながら笑顔になっているリリンに向かって、僕は少しだけ文句を言います。無駄なんろうけどね。

 それにしても、こっちの世界でも男の子が女の子になるって事があるなんて。

「そう言えば、アンナも元男の子だったって聞いたけれど、そういう事ってこの世界では良くあるんですか?」

「そんな事ないでしょう。お姉ちゃんが初めてよ」

 そうだよね。どんな世界でも、人間の男が女になるなんて事、普通はあり得ない。でもそれなら、アンナはなんで……。

「ある男性に捕まって、魔法少女にされるなんてね……」

「…………」

 人生まで同位なんですか? 多少の違いはあるけれど、ここまで一緒なんて……。

「その男性って……」

「ジェローム・バーツ。天才科学者だけど、性格はいかれた奴よ」

「ジェローム……J? まさか……Dr.J」

「あ~呼称でそんな呼ばれ方されてたっけ。でも数年前から、自分はツチヤヨシツグだって言い出してるのよね」

「へっ……?」

 どういう事……こっちの世界の人達の名前は、ほとんど英語圏の名前だけれど、それは日本人の名前だよね。なんでだろう?

「とにかく、今そいつは魔法少女機関の中で変な事しているし、その中に入っていった女性達は、必ず卑猥な事されてるからね。だから皆近付かないのよ。あなたも近付かない方が良いよ」

「……」

 そう言われても、どう考えてもその人って、僕の居た世界の人ですよね……。
 それなら、多少危険でも会って話を聞いてみないと。僕と同じようにして、こっちの世界のDr.Jと入れ替わっちゃったのかも。

 だとしたら、僕の世界にいるDr.Jは、こっちの世界の住人?

「聞いてるの?」

「ぎゃっ!!」

 考え事していたら、後ろからいきなり胸を揉まれましたよ!

「……ハリが良いね。なによこれ、羨ましい。ずっと揉んでたい」

「ちょっと、勘弁して下さい!! 離してぇ!」

 僕は女の子じゃないんだから、こんな下着を着けているだけでもう恥ずかしいのに、その上こんな事まで……!!
 今まで気にしないようにしていたけれど、否応なしに自分が女の子だって思い知らされる。

 だから自分の体は触りたくないし、触られたくもないんだよ! それなのに、リリンは遠慮なしに触ってきます。

「このまま骨抜きにしてあげる。どうせ魔法少女機関に行こうとしているんでしょ?」

「ふえっ?! な、なんでそれ……あっ!」

 リリンがそう言った瞬間、僕はそう反応してしまったけれど、そのあとリリンは凄い笑顔を向けてきました。しまった、はめられた……。

「やっぱりねぇ~あそこに行く気だったんだ」

「あぅぅ……離して下さい!」

「だ~め、離したら行っちゃうでしょう? あんな危ない所、行っちゃダメよ」

「うぅぅ……それでも、元の世界に戻る手がかりがあるかも知れないんです! そいつはもしかしたら、僕と同じ境遇なのかも知れないんだから!」

 自分の同位体と入れ替わってしまった、そんな人かもしれない。それなら、僕もそうだと言えば話が出来るかも知れない。それでも襲ってきたなら、僕の魔法で蹴散らすけどね。

「ふぅ……全く。そういう頑固な所はお姉ちゃんにソックリだね。分かった、その代わり私も一緒に行くわ。それ以上は譲らないからね」

 すると、ようやくリリンは僕の体から手を離してくれました。しかも一緒に行く事に……確かにこっちの世界のリリンは強いし、頼りにはなります。

「分かりました。正直少し不安だったから、着いてきてくれるのはありがたいです」

 だから、僕はその条件を飲みました。でもその後、何故かリリンの顔が緩んでます。なに? 僕何か言いました?

「いやぁ、そういう所はお姉ちゃんと違って可愛いね~」

「可愛っ?! そ、そんな事ない!!」

「いやいや、可愛いよ~ほら」

「って、いつの間にこの服に?!」

 気が付いたら、買ったばかりのブラウスとスカートを身につけられていました! 早い! 胸揉まれてる間に着せられたの?! どんな早業ですか!

 そのあと、他にも買ってきていた服も着せられてしまい、リリンにたっぷりと可愛いを連呼されてしまいました。

 こっちの世界のリリンは積極的だなぁ……。

 ―― ―― ――

「さ~て、あそこが魔法少女機関の入り口だけど……」

「警備……居ないですね」

 あの後、何とかお着替えタイムが終わった僕は、魔法少女のコスチュームにチェンジしてから、リリンの家に来る途中にあった、魔法少女機関の前にやって来ました。

 警備の人がいると思って変身してきたけれど、誰もいないじゃないですか!

「まぁね~基本的に変な奴だからね。自分の事をツチヤと言い出してからは、更に輪を掛けて変になってるからね。でも今にして思えば、歩美ちゃんの言った通りかもね」

「変身する意味なかった」

「まぁまぁ~その格好も可愛いよ」

「そっちを褒められても……」

「しかも変身する時裸に……じゅる」

「さ~て、行きますか」

 この人がどっちもいける人だって忘れていましたよ。それなのに目の前で変身しちゃって……「うほぉっ」なんて声が……本当、向こうのリリンとは大違い。

 とにかく、涎を垂らすリリンは放っておいて、僕は魔法少女機関の入り口に向かって行く。

「あっ、ちょっと待ってって! いきなり攫われて、卑猥な事をされるかも……」

 そして、リリンが慌てて僕の後ろに付こうとする前に、入り口の自動扉が開きました。そして……。

「お帰りなさいませ~お嬢様!」

 左右に立っているメイド服を着た女性達数人に、そう言われて出迎え……いや、これは違うんだっけ。帰宅になるんだっけ? じゃなくて!! なんでメイド喫茶のメイドがいるんですか!

 ちょっと古いですよ……流石に。でも、未だになくならい日本の文化になっちゃってるらしいです。それよりも……。

「えっと……君達は攫われた人達?」

 このメイド達が攫われた人だとしたら、助けた方が良いのかも。でも、自分達から進んでメイドになったのなら、この人達のご主人様の元に案内を……。

「お帰りなさいませ、お嬢様!」

「……」

 リピートされた……あれ? もしかしてこれ……。

「お帰りなさいませ~お嬢様!」

 良く見たら動きも均等だ。これロボットだ!
 でも、ロボットなんてこの世界にあるの? だって僕の後ろにいるリリンが、口を開けて呆然としてますからね。

 もしかしたら、ツチヤって人が作ったのかも知れない。器用な事するな~もう。

「お帰りなさいませ、お嬢様!」

「これ……止められないのかな? あっ、リリン、これ大丈夫だから」

「ほ、本当? あっ、本当だ……あ~ビックリした」

 なんでこれでビックリしているんでしょう? しかも入り口にあるんだよ? 日常的に聞こえてなかった?

「いや、長年これがあるんだったら、音くらい……」

「えぇ……聞こえてたわ。たまに軽快な声で聞こえてくる女性達の声……卑猥な事をされた女性達も言っていた。あの服装を着せられて、色々としたって……つまりあれは、これから攫ってきた女性達に、お前達にはこらからこれをして貰うと、脅しをかける為の……」

「そんなわけないじゃないですか……」

 多分この世界の人達には、この精神が分からなかったんだろうね。だから、自分の好きなメイド喫茶のメイド達をして貰えなかった。それで自分で作ったんじゃないでしょうか?

「あっ、ちょっと!! 警戒しなさいよ!」

 とにかく、なんだか拍子抜けした僕は、玄関の中に入っていく。

 数体のメイドロボが立っている広い玄関ロビーの先には、長い廊下があったけれど、廊下に明かりが点いてない。常夜灯だけですね。建物も全体的に暗いや。

 そして、廊下の手前には左右に扉があります。先にこのどっちかに入った方が良いかな?

 建物もその中も、どこかの研究施設みたいだから、ツチヤって人を探すのは大変かも知れないけれど、一つ一つ調べないとね。

「ん~空っぽだ」

 そして僕は、右の扉を開けて中を確認するけれど、中央には古びたパイプ椅子と机があるだけで、あとは何も無かったです。左の部屋も同じでした。

「この廊下を進まないとダメか……」 

「い、今のところ何も無いわね……なんだ、拍子抜けね」

 するとその時……。

「お帰りなさいませ! ご主人様!」

 数体のメイドロボが一斉にそう言った。ご主人様? ちょっと待って、ということは男性?! 僕達以外の誰かが入ってきた!

「なんだ……君達は?」

「……くっ、いつの間に後ろに!」

 メイドロボの声とその男性の声に、リリンが慌てて臨戦態勢を取り、自分の手を光らせます。
 もちろん、僕も咄嗟に小さな杖を出現させて、玄関に振り向きます。

「ほぉ……この動き。その格好……魔法少女か」

 この声、あの鋭い目つき……あの真っ赤な髪型、その雰囲気……どれをとっても見覚えがあった。

 間違いない、Dr.Jだ。

 でも、僕のいた世界のDr.Jじゃない。いや、もしかしたら僕の居た世界の住人かも知れない。だけど、僕の知ってるDr.Jじゃない。

 だってこいつは……無精ひげを生やし、ヨレヨレのポロシャツを着て、穴の空いたジーンズを履いている。
 靴もその先端ののりが取れちゃったのか、まるで口みたいにして、靴底と靴先をパカパカさせて歩いている。

「あなたが、ツチヤ?」

 それを見たリリンが、その人に向かってそう聞いた。

「……あぁ、そうだ。君達は? なんでここに?」

「答える義理は……」

「ツチヤさん。あなたも向こうの世界から来たんですか?」

「歩美?!」

 ごめん、リリン。だけど、これも僕の目的の1つなんだから、聞かないわけにはいかないよ。

 すると僕の言葉を聞いて、その人は明らかに目を丸くしています。やっぱり、向こうの世界という表現に驚いている。

「僕はそれを調べに来たんです。だって僕も、向こうの世界からこの世界に来てしまったのです。こっちの世界の自分に、入れ替えられて!」

「…………」

 とにかく、僕は僕の目的の為、この人が怪しかろうと危険な人だうろと、情報は聞き出してやる!

 だけど、その人はボロボロの靴を抜いだ後、メイドロボの方に向かって歩いて行き、胸元を鷲づかみにしました。何してるんですか?

「ご主人様……今日はすこぶるご機嫌ですね。お食事は私達のスペシャルディナーで宜しいですか?」

「あぁ、構わん」

 そこスイッチだったの? 反応が変わるスイッチだったの? そしてそのロボット達が食事作るの?!

「こいつらは、この世界の魔力を使って作り上げたドールだ。ロボットとは違うからな」

「ド、ドール? それにしては……」

「最近魔力が枯渇しているからな。前はもっと動いていた。それで、もう1人の自分とやらに入れ替えられ、この世界に来たっていうお前。元の世界に戻る方法でも持ってきたのか?」

 すると、ツチヤさんはゆっくりと僕の方を向き、そして近付きながらそう言ってくる。

 そうか……こんな事を言うということは……。

「それともまさか……俺が元の世界に戻れる方法のヒントを掴んでいるとか、そう思ってるんじゃないだろうな?」

 やっぱり……この人も元の世界に戻る方法が分からないままなんだ……。

「うっ……」

「ちっ……その顔、あわよくば俺が何か知っているとでも思っていたようだな。おあいにく様、俺は何も知らねぇ」

 そう言いながら、その人は凄い形相で僕を睨んできた。ヤバい、気分を害したかも。

「下がって、アユミ」

「んっ……大丈夫だよ、リリン」

 そして、その男が睨みつけた瞬間、リリンが僕の前に出ます。でも、僕だって戦えるよ。

 僕の世界にいた人間なら、そんなに魔法とかは使えないはずだ。だから、油断しなければ捕まることはない!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ