挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔法少女になってしまった僕の受難 作者:yukke

魔法少女機関 MGO

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/27

第6話 覚醒

 病室内で拳銃を突きつけられ、完全に相手の罠にはまってしまった僕は、今打開する策を考えている。でもどうしようもないや。
 Dr.Jが乱入してくるくらい衝撃的な事でも起きないと、この状況を打開する事は出来ない。

「さて、君には聞きたい事が沢山ある。君はあの怪人の仲間か? それとも、あの怪人を生み出したのは君か?」

 そして、僕に銃を突きつけているスーツ姿の男性が、僕に向かって質問をしてくる。
 スラッと背が高くて髪も短めに整え、顔付きもキリッとしているからスーツがよく似合っています。しかも、世の女性達をあっという間に虜にしそうな程のイケメンですね。

「どっちもノーだよ」

 僕はその男にそう答えます。嘘ではないからそこはちゃんと答えましょう。

「あの……あなたは進よね?」

 すると、今度は花音が僕に向かってそう言ってくるけれど、これは無言で貫き通します。

「甘いぞ花音。そんなのはあの仮面を剥がせば良いだけだ」

 だけど、ロングポニーテールの女子がそう言うと、何も無いところからその手に刀を出現させ、僕に向かってきます。きっと仮面を斬る気だ!

「……くっ」

「おっと、その場から動かないで貰おうかな」

 すると、スーツ姿の男性が銃の撃鉄を起こしながらそう言ってくる。いつでも殺すぞって事かな? だけど、僕に対してそれは効かないよ。

「ん? 銃が重く……うぉっ!」

「気を付けて! そいつは物の重量を変える事が出来るの!」

 あ~そういう判断ですか。重力とまではいかなかったんだ。
 雷の魔法を使う金髪の女子が、僕を見ながらそう言ってくるけど、間違ってるよ。

 だから僕は、この病室内の重力を重くしていきます。

「ぐっ……これは?! どうなってるんだ、魔法少女達!」

「そんな……これは物の重さを変えているんじゃないぞ!」

「うん……重力だ!」

「つっ……進」

 皆それぞれ苦しそうな表情をしながら、ゆっくりと膝を折り、そして地面にへたり込んでいってるね。
 今でその体にかかる重力は2倍だし、自分と同じ体重の人が上に乗っかられている感じだね。

「やっぱり下らない……こんなので魔法少女なんてね」

 そう言って、僕は病室にいる皆を見下ろします。
 あれ? なんだろう……ちょっとだけ気分がいい気がする。見下ろすのって、こんなに危ない気分になるんだね。

「誰かを罠にかけようとしていたみたいだけど、無駄だから。私はあなたの会話を盗み聞きしただけ」

 そして僕は、そのまま花音を指差します。
 盗聴していた事にしてみよう。それが通じるかは分からないけどね……だって心忍がいるから。盗聴の対策はバッチリだったと言われたら、それこそなんとか嘘で言いくるめないと駄目になる。それは僕にはちょっとキツいかも。

 だって僕は、あんまり大胆な嘘がつけない体質だからね。どうしても顔か動作に出ちゃいます……って、今のも相当大胆な嘘なんです。だから顔に出ちゃってるかもしれないけれど、仮面を付けてて助かりまし……。

「おらぁ!!」

「わっ!!」

 すると突然、後ろから大輔が僕に向かって斬りかかってきました。背後から気配がしたから、しゃがんでなんとか避けられたけれど、もう怪人を倒したの? 早くない?!

「危ないな~! もう!」

「……お前!」

 あれ? 大輔が僕の顔を見て驚いている。
 あっ、仮面が僕の足先に……って、しまった! さっきの攻撃が仮面を掠めていて紐が切れた!

「……っ!!」

 慌ててその仮面の元にダイブし、急いで拾い上げて顔に付けてみるけれど、紐がないから固定出来ない。手で押さえておかないと。

「進……やっぱりお前」

「な、何の事? 私は魔法少女ミュアー」

「いや、無理あるからなそれ」

「…………」

 駄目? 無理? ガッツリと僕の顔見ました? 進って判断しちゃいました?

 無言のまま仮面を手で押さえているけれど、大輔は真剣な表情のままで僕を見ています。

「……うぅ」

「進……頼むから誤魔化さないでくれ。俺はお前とは戦いたくない」

 駄目です……完全に僕だと分かってる。鈍感な大輔でも、もう誤魔化せないや。

 そして僕は、目を閉じてからゆっくりと仮面を取り、目を開けて大輔の顔を見ます。
 1度そうやって気持ちを落ち着かせないと、何を話してしまうか分かったものじゃない。

 Dr.Jにはこの事は筒抜けなんだ。あいつの情報を渡してしまうと、人質になってる両親が……。

「進……やっぱり進なんだな」

「……大輔、花音」

 大輔の言葉の後に、僕はゆっくりと2人の名前を言います。
 花音はしっかりとした目で僕を見て、大輔は少し困惑しているような、ショックを受けているような、そんな顔をしています。

「なんでなの……進」

「花音、僕に僕の事情があるんだ」

 そして僕は、花音に向かってそう言います。

「お前……女装してまでなにを……」

「…………」

 あ~そう来ましたか~女装と判断しましたか~ちょっとカチンと来ちゃいました。

「あのね……女装じゃないよ。僕は女の子になっちゃったんですよ!!」

 そして僕は、勢いに任せて自分の服をめくり上げ、ささやかに膨らんでいる胸を見せてしまいました。

「……なっ!!」

「えっ……嘘。本当に?!」

「……はっ! うわぁ!! 違う違う! 今のなし!」

 しまったしまった……! 花音と大輔だけじゃなくて他の人もいるんだってば! 何やってるの僕!!
 スーツ姿の男性なんて和やかな笑顔ですからね! せめて顔反らしてよ!

 慌てて服を戻したけれど、女装なんて言った大輔のせいだからね!

「お前本当に……」

「こんなの嘘ついてなんの意味があるの?」

「でも、それならなんで怪人の味方なんかしてんだ!」

「味方なんかしてないよ」

「はっ?」

 困惑した顔をしているね、大輔。でも僕は、本当の事を言ってるよ。
 これは別にDr.Jも知ってるからね。それでも僕は、Dr.Jの言う事を聞くしかないんだ。気付いてくれる? 花音、大輔。

「だが君は、我々に協力する気もない。違うかい? ここに来たのも、怪我をしたであろう2人の魔法少女にトドメを刺すためだろう?」

 すると、扉の前に立っているスーツ姿の男性が、僕に向かってそう言ってくる。

「違うよ。ただ、本当に大怪我をしたのなら、それだけの事をするだけの価値があるのって言いたかっただけ。政府の魔法少女機関の、怪しい実験材料にされたままで良いのって、そう言いたかっただけ」

 だけど、スーツ姿の男性は顔色1つ変える事なく、僕に拳銃を突きつけたまま言ってくる。

「政府が怪しいと? 言っておくが、人々を危険に晒す奴を倒すのに、それだけの力が必要だったんだ。今まで人類が手にしたことのない力をね。その未知の力に、どんな副作用があるか分かったもんじゃない。それを私達は、彼女に説明していないとでも思ったか?」

「どういう事?」

 すると、僕のその問いかけに花音が返してくる。

「私達は、リスクは承知で魔法少女をやってるの。外部からのエネルギーが負担になろうと、それを使って皆を守る為に、私達は戦うって決めたの。進……それでもあなたは、私達が間違ってるって言うの?」

 その花音の言葉に、僕はショックを受けた。
 知ってた? 自分の体にどんな影響が出るか分からないのに、その力を使う事を了承したの? 魔法少女機関の実験体になることを選んだの?

 なんで……どうして。僕になんの相談もなく、なんで……?

「なんでだよ、なんで……」

「あなたを守る為でしょう!」

「違う……違うよ。花音、違うよ……君にはもっとドス黒い感情があるじゃん」

 綺麗事ばかり言ってさ……違うでしょ、花音。君にはもう一つ、邪な思いがあるじゃん。

「なっ……違っ……! あれは……あなたを油断させるために……」

「顔真っ赤な所を見ると、割と本音混じってるよね」

「うぅ……それなら進はどうなの? なんで魔法少女なんかやってるの! そんなリスクを……」

「僕のにはリスクはないですよ」

「嘘っ!」

 話しをはぐらかしてきたね。だけど僕のこの力は、僕の中にある力を使ってる。だから、花音達みたいに魔法を使うリスクはないんだよ。

「ほぉ、全くリスクがないのか? それはいったいどんな方法で魔法を? どうやってそれを手に入れた?」

「食いつくね、政府の人間は。でも秘密だよ」

「そうか、それならお前を倒せば教えてくれるのかな? 由利ちゃん」

「分かって……うっ!」

「動かないで」

 いつの間にか重力が戻っちゃってました。
 幼なじみの2人に正体がバレて、ちょっとパニックになってましたね。そうなると魔法が解けちゃうみたいだ。

「くそ……重力とはやっかいな。うぐぐぐ」

「由利……無理しちゃダメ……」

 金髪の子とロングポニーテールの子は、完全に床にへたり込んでるね。ただそんな中で動けるのが……。

「おっと……!」

 大輔です。多分体は重いはずなのに、身体能力の高い大輔はちょっと頑張ったら動けるみたいです。

「進……お前、なんでそんな風になったんだ!」

「……なんで? 気付かない? やっぱり大輔は鈍感だね」

 そして、花音も床にへたり込んでいるけれど、なんとか腕を上げて僕に向かって伸ばしています。種を魔法で撃つのかな?

「進、答えて! あなたのその力は、本当にリスクはないの?! あなたは私達の敵になる気なの?!」

「敵? 敵になる気はないよ。むしろ僕は、2人を助けるつもりなんだよ。分からない? 例え政府が説明をしていても、その力はもっと危ないかも知れないんだよ。2人は死んじゃうかも知れないんだよ。僕はそれが嫌なんだよ? ねぇ、分かってよ!」

「お前だって俺達の事分かってねぇだろう! どんな思いでトレーニングしているのか、俺達がなんでそこまでして戦うのか、その理由をしっかりと考えたのか!」

 しっかりと考える? 相談もなしに考える事なんて……。

「全部……」

「全て……」

『進を守るため!!』

 すると、2人一緒になってそう叫んで来ます。

 僕を守るため? なんで……別にこの街を守るついでに、幼なじみの僕も守ってるんじゃ……僕だけ? 違うよね。

「なに……言ってるの? 別に僕は何も……」

「お前……やっぱり忘れているのか」

 忘れてる? 何を?

「進……私達と昔、高原に遊びに行った時の事を覚えてる?」

「えっと……」

 高原? 小学生の頃だっけ……。

 花音と大輔と心忍、この3人とその両親、そして僕の両親と一緒に4泊ほど、高原にある花音の別荘に遊びに行った事があるんです。花音って実は社長令嬢なんですよ。

 でも、その時何もなかったと思うけどな……。

 ただ、夜空の星が綺麗で、皆で見ていて……星? あれ……1つだけ一際大きな星があって、そこから光線のようなものが降ってきて……えっ? 僕その後どうしたっけ? 嘘……記憶がない。

「えっ……あれ? えっ……と」

「なるほど……君だったのか。しかし、そんな君が怪人側にいるなんて……少しマズいね。それに、原初の魔法少女と接触させてもいけない」

 接触してます。既にしています。
 なに? なにかマズいの? ちょっと待って、いきなりもの凄い頭痛が僕を襲ってるんだけど? 何これ何これ? ねぇ、何が起こってるの?!

「進……」

「おい待て、お前まさか……聞いてないぞ、もうそんな状態になってたのかよ!」

「うっ、あっ……あぁぁぁ……」

 頭が痛い、体が熱い。僕の体が弾けそう。

 どうなってるのこれ、ねぇ……誰か助けてよ! 大輔……花音……!

「落ち着け進! 深呼吸しろ!」

「ダ……メ。頭が……うぐっ、そうだ……星からの光りを浴びて、僕、僕……!」

 視界が揺れる、自分が立っているのか座っているのかも分からない。
 だけど、そんな中で確かに見えたのは……スーツ姿の男性が満面の笑みを浮かべていた事です。

 なにそれ? さっきまでの言葉は……嘘だった?

「つっ……うぅ、うぅぅ。わぁぁぁあ!!」

 そう思った瞬間、自分の中の何かが更に大きく膨れ上がる。リリンから与えられた力とは別の力が、僕を支配していく。

 僕が僕じゃなくなっていく……!

「あぁ……手遅れだったか……星の光りによる病。魔法少女にして魔法少女にあらず。それに目覚めた者は正しき者を穿ち、悪しき者を守……げふっ!!」

「ふぅ……全くうるさいよ……その言葉も笑みも、もう嘘くさい」

「な、なに……?」

 さて……どこまでがあなたの想定外? どこまでが想定内?

 どうでも良いけれど、こうなったらもう()()止められない。

 私は、背中から生えた黒い鳥の様な羽根を広げ、銃を持っていた男性を魔法で吹き飛ばす。そうしたら凄く意外な顔をしていたね。

「す、進……?」

「なぁに? 花音」

 凄く恐がった顔をしているけれど、私は私。高梨進だよ。
 でも、もう一つ……その高梨進の体の中に宿り、ずっと療養していたもう1つの存在があった。それが私。

「お前、誰だよ……」

「もう、本当に鈍感だね大輔は。高梨進だよ」

「違う!」

「違わないよ。小さい頃あなたは、高い木に登り過ぎて降りられなくなって、半べそかいていたでしょ?」

「なっ……なんでそれを!」

「だから、私は高梨進だよ」

 私は彼の中にずっといた。だから記憶も彼と共有している。彼の精神と混ざり、私も高梨進になっているからね。私も彼も高梨進。でも……。

「あえてあなた達の問いかけに答えるとしたら……そうね、異空間の帝王の娘。ハデス・アンナ」

 私はそう言うと、目を細めて笑みを浮かべた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ