挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

名門で三介君がイージーモード

作者:桜井信親
若干の知識程度では大きな改革など、到底不可能だ。
そもそも知識と経験は違うのだから。
大事なことは、明確な目標ないしゴールを決めることである。

以上、本作の真面目モードは終了しました。
第一話 見切り発車
2017/09/12 02:00
第二話 意外と順調
2017/09/14 02:00
第三話 追加フラグ
2017/09/16 02:00
第四話 回収の行動
2017/09/18 02:00
第五話 予想外の評価
2017/09/20 02:00
第六話 大切な役割
2017/09/22 02:00
番外編 三介殿のなさる事よ
2017/09/24 02:00
最終話 そして名門へ
2017/09/26 02:00
付録 人物紹介と大百科風
2017/09/28 02:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

信長の弟 織田信行として生きて候

 気がつくと俺は織田信行になっていた。戦国三英傑の一人、織田信長の弟に。しかも、どうやら俺は清洲城に向かう途中らしい。病に伏した信長を見舞うと言う理由で。  …//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全104部分)
  • 392 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 18:00
銭の力で天下取り

現代日本から逆行転生を果たした、熱田商人、浅田屋二代目大山源吉。 彼は商人として、銭の力で天下取りをと画策する。 担ぐ神輿は、戦国の覇者、織田信長。 そう、戦国//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全45部分)
  • 469 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 23:37
江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う

21世紀の現代ではただの風俗店員だった俺は過労死して暗い空間を漂っていた時に、弁財天と名乗る女性に遊女を救うように心に直接呼びかけられた後、何故か江戸時代の吉原//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全221部分)
  • 351 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 21:54
信長の庶子

庶長子・織田信正。織田家の跡継ぎ織田信忠よりも一つ年上の男子である彼は長男であって嫡子ではないという立場にあった。 うつけと呼ばれた父、狐と呼ばれた母の子に生ま//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全137部分)
  • 556 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 07:00
淡海乃海 水面が揺れる時

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全194部分)
  • 605 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 22:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 357 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
加賀100万石に仕える事になった

時は戦国乱世の時代。 織田に仕えて、秀吉に近づき、家康に従って東軍につく。 テンプレを生きようとして、開始前にその致命的問題点をつかれた転生者。 あきらめて平穏//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全137部分)
  • 499 user
  • 最終掲載日:2015/12/26 10:50
平手久秀の戦国日記

※ホビージャパン様より書籍化させていただいてます。 2巻の発売日は2017年6月25日となっております。 今回も信長の野望201X様とコラボが決定いたしました。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全69部分)
  • 349 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 03:07
織田家の長男に生まれました

気がつくと戦国時代だった。 どうやら前世から生まれ変わったらしい男。 自分の置かれた状況を確認すると、享禄元年の織田家に長男として生まれた事がわかる。 「織田家//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 540 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 22:26
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部分)
  • 390 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 21:00
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。【一巻 2017/10/30 発売中】 ●コミックウォーカー様、ドラゴンエイジ様でコミカライズ連載//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全325部分)
  • 350 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 00:27
腕白関白・改定版

この作品はArcadia様に2008年から投稿していて一度完結した物の改定版です。 ※朝起きたら戦国時代! しかし農民。このまま農業で一生を終えるのもよいと思っ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全54部分)
  • 449 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 10:00
陶都物語~赤き炎の中に~

岐阜の片田舎に、ひとりのおっさんが転生した。おっさんが現代知識を生かして幕末の美濃から雄飛する!! この物語はフィクションです。 作者の不勉強で齟齬をきた//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全284部分)
  • 411 user
  • 最終掲載日:2017/06/29 01:51
三田一族の意地を見よ

戦国時代、後北條に滅ぼされた自分の一族の本家の先祖へ転生誕生、果たして歴史を変えることが出来るか? 一族繁栄を図る為にチートした結果が、敵である北條家の婿になっ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全124部分)
  • 501 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 03:31
尼子の姫

この物語はニートの元男が、なんの因果か戦国時代の巫女に転生してしまい、少しでも現代日本人の生活に近づけようと努力する話である。多分。 7/17【玉姫漫遊記地図】//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全136部分)
  • 356 user
  • 最終掲載日:2017/07/15 23:51
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 340 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 11:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 387 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
織田さんちの八男です

朝トイレに起きて立ちくらみで頭をぶつけたら、いつのまにか戦国時代の織田信長の弟、織田喜六郎になっていました。元はしがないアラサーリーマンです。しかも歴史には詳し//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全185部分)
  • 507 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 11:04
戦国小町苦労譚

ある日、一人の少女が戦国時代へタイムスリップした。 それこそ神の気まぐれ、悪魔の退屈しのぎといえるほど唐突に。 少女は世界を変える力を持っているわけではない。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全127部分)
  • 447 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 22:35
貴族になったが、未来がヤバかった

転生して貴族になったから、ヒャッハーしようと思ったら、未来は暗かった。 亡命しようと思ったが、家族はテコでも祖国から離れない。 仕方がないので何とか未来を明るい//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全41部分)
  • 348 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 23:37
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 341 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 508 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
進め!別府造船所(仮)

1900年代初めごろ、一人の男が日本に転生する。 さて、時が流れ男は造船会社の社長となった。 そんな男が大正、昭和の時代を好き勝手に生きる!

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全53部分)
  • 340 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:33
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 347 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 338 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
流れゆく昏き虎

未来を知る男が戦国武将に憑依した? その武将の名は◯◯◯◯ 史実では相模の獅子・北条氏康、甲斐の虎・武田信玄、越後の龍・上杉謙信の3人を父とした稀有な男。 し//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全21部分)
  • 359 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 06:00
天つ風 現代知識を武器に戦国乱世を生き抜く(仮)

戦国乱世よ、畏怖せよ! これが平成日本男児だ! 豊臣秀吉に天下を取らせた二人の天才軍師。『羽柴の二兵衛』として名高い、黒田官兵衛孝高と竹中半兵衛重治。 さえな//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全127部分)
  • 479 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 12:00
銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。(本編完結)

 人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全155部分)
  • 459 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 11:13
修羅の国九州のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない

修羅の国九州の戦国大名大友家の一門にチート転生しました。 けど待っていたのは、チートを吹き飛ばす国人衆達の地縁・血縁・怨念と離合集散の繰り返し。 周囲に毛利元就//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全202部分)
  • 379 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 19:29
名族朝倉家に栄光あれ

評価の散々な戦国大名、朝倉義景。そんな彼は戦国の世では珍しい一人っ子であるが、そんな彼の元に平成の世のから来た転生者の弟が生まれて... これは戦国の風雲児、織//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全45部分)
  • 383 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:00
斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!

過労死した現代の医師が生まれ変わったのは織田信長初期のライバル・斎藤義龍だった。 33歳で早世する上に織田信長の仇敵になる生涯なんてとてもじゃないけれど耐えられ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全56部分)
  • 465 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 00:06
↑ページトップへ