挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
インター!─ルドプスを埋葬せよ─ 作者:倉永さな

  *三章 インターは魔法使い? それとも化け物?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

90/90

07

     *

 ウィータ国ではインターがいなければたちまちたちゆかなくなるというのに、昔から現在まで虐げられる存在である。肩身の狭い思いをしながら、インターは死体を地の女神の元へ送り届けていた。
 この境遇が改善されないのは、ひとえに国がきちんとした対応をしないせいだと気がついたミツルは、毎日のように城に行き、実情を訴え続けた。
 どれだけ通ったのか覚えていないが、どうにか国王に謁見することができたが、現国王のマトリカリア・レイマの第一印象は最悪だった。
 国王は当初、この国の人たちと同じくインターに対して強い偏見を持っていて、ミツルを見るなり顔をしかめられた。その反応は分かっていて覚悟していても、される度に傷ついてしまう。
 ウィータ国ではインターに会ったら命を奪われるだの、目があったら死んでしまうといった根も葉もない噂が信じられていて、国王もそれが事実だと思っていたと知ったミツルは呆れて言葉を失った。
 国の上の人たちがこんな状態であるのだから、言わずもがなである。彼らの間違いを正していかない限り、インターに明るい未来はない。
 不敬だろうがなんだろうが知ったことではない。今を生きているインターと、これから生まれてくるインターのためにと思い、ミツルは自分がここで殺されたとしても真実を伝えて変えていかなければいけないという妙な使命感の元、国王の胸ぐらを掴んで訴えた。

 ──結論から言ってしまうと、ミツルは国王に懐かれてしまった。もちろん国王の方が年上で、父と母とあまり歳の変わらない、しかも国の頭に懐かれるというのはなかなか変な感じだ。

 国王にとってミツルにされたことは初めてで衝撃的だったのと、あまりにも自分たちが無知故に護ってくれている人たちを虐げていることを知り、改善していくという約束をしてくれた。そしてたまにでいいからインターのことについて教えてほしいと請われ、ミツルは国王に何度かインターのことについて話をした。
 それでインターに対しての偏見はだいぶ薄れたとは思う。

 気心はそれなりに知れているとはいえ、マントを羽織らずに国王に会うのはなんだか心許ない。
 それでも呼ばれたのだから、ヒルダとともに執務室に向かえば、しかめっ面をした国王が扉の前で腕を組んでミツルの到着を待っていた。
 まさかそんな状態で待ちかまえられているとは思っていなかったミツルだが、国王の前にたどり着くと片膝をつき、胸の前で右腕を水平にすると、頭を下げた。

「お久しぶりです」
「挨拶はいい。詳しい話を聞きたい」
「はい」

 国王に促され、ミツルはその背につき従おうとしたが、ラディクはかしこまってしまい、ミツルのマントの中に身体を隠して震えていた。
 それを見たミツルは苦笑して、ラディクの肩に手を添えると、軽く押した。

「みみみみ、ミツルさんっ」
「ん、なんだ?」
「あの方は、国王ですよねっ」
「あぁ、そうだが」
「そっ、そんなすごい人と普通にお話できるなんて、やっぱりミツルさんはすごい人なんですね!」

 ラディクは急に目を輝かせ、ミツルを尊敬のまなざしで見ていたが、ミツルからしてみたら、正直、恥ずかしい。

「……そんなすごいもんでもないぞ」
「本部も自力で作ったと聞きましたし、すごいですよ!」

 口では褒め称えよと言うが、いざ、こうやって手放しで賞賛されると、普段、慣れないためにどうすればいいのか分からない。

「中に入ってゆっくり話を聞こう」
「……あ、はい」

 国王に促され、ミツルはラディクとヒルダとともに、執務室へ入室した。

     *

 ミツルはまず、ラディクの紹介を済ませ、ヒルダに事務手続きの依頼をした後、昨日の出来事をまとめて報告した。
 ミツルの報告が終わった後、国王はうなり声を上げた。

「ここ数日、死体が盗まれたという訴えが何件かあがってきていたのだが……」

 その一言に、ミツルとラディクは思わず顔を見合わせた。

「それは……いつ頃からでしょうか」
「うむ、カルミくん、いつからだったかな」
「はいっ、三日ほど前です」

 三日前といえば、ミツルの実家のあるルベルムから帰ってきた直後か、まだいたかの時期だ。
 その意味するところはなんだろうと悩んだが、国王の声に思考を止めた。

「こちらに報告が上がっているのと、ミツルからもたらされた報告と合わせて、十件か。……いったい、なんの目的をもって死体を盗んで行くのやら」

 国王の重たい言葉に、ミツルは小さく首を振り、視線を向けた。

「死体を盗んでいったのは、私が把握している三件とも、同じ人物のようです」
「なに」
「特徴的な人物でして、甲高い声の、見た目は子どものような男が『死体を有効活用する』と言って盗んで行ったと聞き及んでいます」
「国王、報告書に書かれている人物の特徴と一致しています」
「ぬぬぬぬ……」
「確証はないですが、それがどこのだれか分かっています」

 というミツルの言葉に、国王は続きを話すように促してきた。

「サングイソルバという町をご存知でしょうか」
「うむ、知っているが」
「そこの自称・自警団の団長が、目撃証言とぴったり一致します」

 ミツルの言葉に国王は目を閉じ、しばらくなにかを考えていたようだ。眉間にしわを寄せ、なにかを思い出したのか、カッと目を見開いた。

「サングイソルバ……! 思い出したぞ! そうだ、あそこは最近になってコルチカムに変わって、苦情が増えた町だ」
「……コルチカム?」
「あぁ、悪かった。あの町を治める領主が、コルチカム・ノウルに変わったのだよ」

 と言われても、未だにミツルはピンときていない。国王の言う名は、この国では知られた名なのだろうか。
 と疑問に思っていると、ヒルダがぼそりとミツルに教えてくれた。

「コルチカムさまは、インターに対して、大変、否定的な方なのです」

 そういう人物がいるというのは知っていたが、なるほど、あの町を治める人物がそういう思想の持ち主に変わったのなら、あの様子は納得がいく。

「前からあの町はインターに否定的な意見の持ち主が集まっていたようなんだが、コルチカムに変わってからは……」

 そう言って、国王はため息をついた。

「なるほど、そう言われてみれば、納得だな。その自警団の団長というのは、名前は?」
「それが……。団長としか」

 名前が分かったからといって、状況が変わるわけではないが、今の今まで、名前が分からないことに疑問を抱くことさえしなかった。

「あの町で死ぬと、どこから聞きつけたのか人が現れて、死体を盗んでいくという話を聞いていたのだが、町の死体だけでは足りなくなったのか、外に調達にいくようになったのか」
「死体が盗まれる……?」

 そう言われて、ミツルは思いだした。
 自警団の牢屋に捕らわれていたとき、どこからともなく動く死体が現れたが、それはあの詰め所に死体があり、ミツルに投げつけた土が何かの拍子についたからだと分かった。

「……死体を集めてどうする気なんだ」

 ミツルの呟きに、だれも答える者はいない。

「このままあのガキを放置しておいたら、とんでもないことになりそうです」
「まさしくそうだ。そこでミツル、お願いがあるのだ」

 国王の言葉に、ミツルはうなずく。

「サングイソルバへ赴き、自警団の団長の居場所を探してくれないか」

 予想どおりの言葉ではあったが、団長を探すだけでいいのだろうか。
 疑問に思っていると、国王は続けた。

「インターに好意的な人物に心当たりはないかね、カルミくん」
「好意的な人物……と申しましても、もっと役割を絞っていただかなければ……」
「おぉ、そうだったな。今回は警ら隊が適任か」
「警ら隊……ですか。あぁ、第三部隊の隊長がインターに対して好意的ですね」
「第三部隊の隊長というと、アベリア・セレンか」

 国王は名前を口にすると、手元にあったベルを鳴らした。すると、扉が開き、肩までの長さの茶色の髪に緑の瞳、片眼鏡をした、何度か見たことのある男が立っていた。

「警ら隊の第三部隊隊長のアベリア・セレンをすぐに呼んできてくれないか」
「かしこまりました」

 男は頭を下げるとすぐに出て行った。
 扉が閉まったと同時に男のことを思い出した。
 そうだった、あの男の名前はラシラス・アズレウスといい、国王の側近の一人だ。歳はミツルとあまり変わらなかったと思うのだが、かなり優秀な人物だ。

「ミツルよ」
「はい」
「これからアベリア・セレンとともにサングイソルバに行け。そして死体を盗んでいる首謀者を見つけろ」
「はい」
「身柄の拘束はアベリア・セレンが行う」

 国王のその言葉に、ミツルは頭を下げ、了承の意を表した。










off.php?img=17










評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

聖女(ラピュセル)のために鐘は鳴る

「迎えに来た。お父様だよ」──── その言葉が、復讐開始の合図だった。自分と母を貶め、見捨てた父とその家族に復讐を。自分や仲間達を見下す輩に鉄槌を。地球の『偏っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 21:51
そして少女は悪女の体を手に入れる

生まれつき体が弱かった私。17歳の人生が幕を閉じようとした時、笑顔がとっても可愛い天使さんが現れて、私に別の人の体をくれた。 どうやらその人は、自分で自分の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 07:00
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
午後十時の王子様

リルティは王宮で王女に仕える侍女である。 ある日、少年を襲う美青年の男を撃退した。 それがまさか外交で隣国にいっていた第二王子様とはしらず「変態」扱いしてしまう//

  • その他〔その他〕
  • 完結済(全92部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/10 22:00
四竜帝の大陸

不本意ながら異世界トリップしちゃった平凡女子の鳥居りこ。 性格難有りの自己中俺様おちび竜『ハクちゃん』のつがい(伴侶)になって、蜜月期の雄竜となった彼との新婚生//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全203部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/19 08:27
婚約指輪を売り払ったら、拉致監禁されました。

地位も名誉も、そして家族さえも失ったエリザ。 残されているのは、まだ幼いリアだけ。 全ては、私のせい。 エリザが、王太子たちを魅了する女生徒を学園から追い出そ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全54部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/24 22:04
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 09:23
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
訳あり令嬢の結婚

結婚式当日になって結婚相手に逃げられてしまった伯爵家令嬢マーガレット・アディントン。残された手紙には『君の妹のアリシアと生きていく』と書かれており、マーガレット//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 09:00
迷宮の天使

大財閥の令嬢、紗月姫は、生まれながらにして強大な超能力を持っていた。 それを知るのは両親とお世話役の青年、神藤のみ。 いつも自分を守ってくれる神藤に恋心を抱く紗//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全203部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2011/10/29 07:02
婚約破棄……望むところです。

私はある日婚約者であられるこの国の第一王子レオン様に呼び出されて、レオン様の家でもある王宮の庭園にきました。するとそこにはレオン様とレオン様に張り付いた可愛らし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全183部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/29 22:52
昨日宰相今日JK明日悪役令嬢

ファンタジーSLG『ザ・ロード・オブ・キング』の世界に飛ばされ、悪戦苦闘と悲恋までつけて私はこの世界に返ってきた。と、思ったらそのSLGと同じ世界で作られた乙女//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全125部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/08/29 21:00
側妃さまの目論見

国王陛下が正妃さまを迎え入れるにあたり、後宮は解散するようです。従って側妃の私もお役御免となりました。さらば後宮。実は私、やりたいことがあったんですよね。今から//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全20部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/02 06:00
獣王さまと仮面の王女~婚約者が俺を好きすぎる(※ただしもふもふに限る)~

畏怖王と恐れられる獣の国の王、ガレルが婚約することになった。 相手は人間の国の王女、アリスティーラ。 人間嫌いのガレルは何とかして彼女を追い出そうとするが、事態//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 13:48
おとなしく泣き寝入りするとでも思いましたか?

妹に夫を寝取られ、彼女との入れ替わりを決意した若き伯爵夫人。 しかし意気込んで乗り込んだ王立学校では、不真面目な妹の代わりに酷い仕打ちを受ける羽目に。 更にはな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全54部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 12:00
半分の私で軍師に転生させられた

6年もかけ、ようやくSランク評価でクリアできたRPGゲーム『ディ・ルーチェ』 達成感でいっぱいの阪田十和子(16歳)がいきなり飛ばされたのは、なんとそのゲームの//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全8部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/06 17:44
竜守りの妻

貧しい村で生まれ育ったファミアは結婚した初夜の晩、夫となった男に逃げられた。実家に戻り生活を続けたが、貧しさゆえに身売りをするしかないと決意を固めた同時期に、竜//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/07 12:28
追放ご令嬢は華麗に返り咲く

伯爵令嬢のティアナはある日突然婚約者であるウェスターに婚約破棄された上に、父である伯爵が無実の罪で強制的に国外追放されてしまいどん底に。 ティアナと別れたウェス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全14部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 22:00
第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様

 リーデルシュタイン帝国の皇帝は末娘、ヴィクトリアを呼びつけた。16歳にしては幼い末姫に躊躇いながらも告げた。  「本来ならもう少し、自由にしてやりたかったの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/14 20:52
あなたとの約束

トーヴィル侯爵には似ていない双子の姉妹がいる。彼が溺愛するのは亡き妻に似ている姉のアンジェリカだけ。その双子はトーヴィル夫妻が出会った『王立学園』に通っていて…//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/24 20:47
妖精専属菓子職人

ソフィアの作るお菓子には、妖精を引き寄せる効果があるらしい。彼らはお菓子を作っているとどこからともなく現れて、遠慮の欠片も無く「おかしくれー!」とおねだりしてく//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全49部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:15
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全58部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 00:00
異界渡りの姫君

7/5記:幕間が思った以上にコメディ色の強いものとなっております。サフィルイアのキャラを少しでも崩したくない方は、閲覧を控えた方が宜しいかと…】*主人公の女の子//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全47部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/16 20:16
一応侯爵令嬢の転機

 侯爵家に生まれたのに、魔力測定器が出した魔力ゼロという結果のために生誕時に生まれていないことにされたレティーシャ。ある日家を出ようと思っていたら、逆に《青の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 22:10
屋根裏部屋の公爵夫人

 社交界デビューをしたばかりの伯爵令嬢オパールは、とある騒動からすっかり評判を落としてしまった。  それでもオパールは意地悪な噂に負けることなく胸を張り、莫大な//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全29部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/26 21:00
王宮侍女シルディーヌの受難

ある事情があり、王宮で働くことにした子爵令嬢のシルディーヌ。初仕事の日、立ち入り禁止と言われていた宮殿に間違えて入ってしまう。そこは、国防の要である黒龍騎士団の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全28部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/18 20:00
男装令嬢の不本意な結婚

 とある事情で男の子として育てられた伯爵令嬢クラリスは、少年の姿のまま、不愛想な軍人パトリスと出会い、友情を育んだ。  しかし、クラリスの心は友情と同時に初めて//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全35部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 22:49
このくらいの復讐は許してくださいませ?

姉が事故で死んで3年。姉の婚約者との婚約が決まった。 姉の婚約者は愛人がいる。学生の頃からの付き合いらしいが、8歳年下のわたしには全く知らない男だ。そう、彼の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全24部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
お邪魔虫の末路

 貴族令嬢として政略結婚は当然のことと己の運命を受け入れているアンネローゼだったが、その相手とは幸せになりたいという思いを抱いていた。  だが、結婚相手であるス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全14部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/13 12:00
婚約破棄より恐いものは

「罪の証拠はこれだ! お前との婚約は破棄する、悪女め!」 王子は高らかに言い放ち、浮気相手の男爵令嬢を抱きしめてアルシアの首飾りを掲げた。曰く、それが男爵令嬢殺//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全11部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 23:21
食いしん坊巫女と猫竜王~おいしいお食事いかがですか~

おいしいものが分かる能力を持ったリーア。食べることにしか役にたたないと思っていたら、実は……。封印された扉を開いたことから、謎の少年と猫と出会い運命が動き出す。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 12:00
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全86部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/12 22:00
↑ページトップへ