挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

駒とさくら

作者:相戸結衣
 青森の春は遅い。

 東京では、とうの昔に花見シーズンを終え、桜は青々とした葉を繁らせている。
 けれど北東北は、4月下旬になって、ようやく見ごろを迎える。
 こういうとき、日本は縦長なんだなあ、としみじみ思う。

 私は父と一緒に、青森県の南東部にある十和田とわだ市に来ていた。
 母がこの近くの病院に入院しているのだ。

 官庁街通りにある中央公園緑地の芝生広場は、満開の桜に囲まれていた。
 昨日からはじまった祭りに合わせるように、一気に開花したらしい。


「あれを見てごらん」

 父が、広場の西側にある土手を指さした。
 二列に並んだ桜並木のあいだを、馬と人が駈けてくる。

 騎手は、烏帽子えぼし水干すいかんという和装束で、手には弓矢を持っていた。
 足の力だけで馬にまたがり、長い弓を大きく引きわける。そして走路の左手にある的に向かって矢を放った。
 快音をたてて的板が割れる。

「やぶさめ!? しかも、馬に乗っているの、女の人じゃない!?」

 馬の上で弓矢を繰るのが女性だったということに、私は驚いた。
 ここ十和田では、老若男女問わず、誰でも流鏑馬やぶさめ競技に参加することができるらしい。
「かっこいいねえ」
 私は、ほうっと見とれた。



 しばらくすると、誰かがにこにこと手を振りながらやってきた。
 テンガロンハットとサックスブルーのシャツ、そしてジーンズと革のブーツを身につけた男性である。
 目のふちに皺をよせた笑い顔には見覚えがあった。

 男性は日に焼けた顔から白い歯をのぞかせ、ごつごつした手で私の頭を撫でた。

「久しぶり。大きくなったねえ。いまは中学生?」
「はい。2年生になりました」

 彼は母の兄、つまり私の伯父である。今日の祭りは、彼から招待されたのだった。

「そうそう、トロワのことは覚えているかい? 今日はあいつも、競技に出るんだ」
「トロワって、おじさんのところにいた仔馬ですか?」

 舞い散る花びらを背景に、3年前の記憶が鮮やかによみがえる。

      ◇

 私がトロワと出会ったのは、まだ桜が咲く前の春休みのことだった。
 小学5年生だった私は、伯父が経営する牧場でしばらく世話になっていた。


 八甲田はっこうだ山のふもとにある伯父の牧場では、20頭の牛と、2頭のヤギと、馬の親子が育てられていた。

 十和田は、明治時代のころに、軍馬の生産地として日本一になった場所だという。
 当時はまだ、サラブレッドなどの西洋馬はおらず、体の小さいずんぐりした日本産の馬がほとんどだったらしい。
 その名残で、いまも十和田の牧場では、素朴な風采の和種馬が育てられている。


 仔馬の名前はトロワといった。
 トロワは母親が北海道生まれの道産子どさんこで、父親は西洋の馬だということだった。

 母親は栗毛の、まさに道産子然としたずんぐり体型だった。けれどトロワはすらりとしていて、毛色は赤みがかった鹿毛かげ。たてがみは黒く、額の部分に白い筋がある。
 人間もそうだけれど、ハーフというのはかっこいい。

 童謡の歌詞にあるように、馬の親子というのは仲良しで、仔馬はいつでも母馬のそばにぴったりくっついていた。
 広い草原で草を食み、群れと一緒になって走り、物音に驚いてぴょんと跳ねたりする。
 のびやかに動く馬を見るのは、とても楽しかった。

 けれど伯父は、「トロワはもうすぐ、別の牧場に行くんだ」と言った。
 小さいうちに母馬から離さないと、人間の言うことをきかなくなってしまうらしい。


 桜が満開になったころ、トロワはよその牧場へ連れていかれた。

 1頭だけトラックに乗せられ、トロワは悲鳴のような声をあげる。
 草原の向こうにある馬房からも、子供を呼ぶ母親のいななきが聞こえてきた。

 親子がお互いを呼び合う声が悲しすぎて、私は耳をふさいで目をつぶった。


 ――私のお母さんも、病室であんなふうに泣いているのだろうか。

 お母さんが入院するとき、私は笑顔で送り出した。「がんばってね」とちゃんと言えた。
 もう5年生だし、泣くなんてみっともない。
 それにつらいのは私じゃない。病気と闘っている、お母さんのほうだ。

 でも、ほんとうは寂しかった。
 全身で母親との別れを悲しむトロワのように、私も大声で母の名前を呼びたかった。



「今日、トロワと母馬が一緒にいるんだよ」
「どうして?」
「トロワは流鏑馬に出るんだ。母馬はふれあい体験用」

 控えになっている広場には、たくさんの馬が横並びにつながれていた。
 ぽっちゃりした栗毛のとなりに、ひとまわり大きな体つきの、額に白い筋のある褐色の馬が立っている。

 ――トロワだ。

 もう立派な大人なのだけれど、お母さんのとなりで、甘えたそうにそわそわしている。
 あいかわらずお母さんが大好きみたいだ。

 私の母も、ようやく退院することになった。これからみんなで家に帰る。
 そしたらあんなふうに、私もお母さんに甘えていいだろうか。


 弓を構えた騎手を乗せ、馬は力強く土を蹴る。
 桜吹雪のなかを、まっすぐ、まっすぐに。

    ――おわり――

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ