挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アニマルアイランド(小説版) 作者:ぷるっと企画
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/16

小さな物語

 これは、小さな小さなお話です。

 ただそこにあるだけの、小さなストーリーです。
 ほかの誰の目にも触れないような小さなものですが、「あなた」には価値があります。

 主人公は、「あなた」です。

 少し臆病で、少しやんちゃなあなたは、どこにでもいるような男の人です。
 ですが、世界で一人しかいません。

 愛され、望まれて生まれてきました。
 愛し、愛されながら生きてきました。

 その人生はあなただけの大切なものです。

 誰にも代わることはできません。元気いっぱいの日もあれば、疲れてどうしようもない日もあり、毎日一生懸命でしたね。

 夢見ては破れ、また夢を見ては負けての繰り返しの日々で、今では何も残っていません。終わってみれば平凡な人生だったかもしれない、あなたはそう思うかもしれません。

 しかし、こうして振り返ってみるとすべてが愛しい思い出に感じています。つらいことも大変だったことも、嫌いな人と出会ったことも全部が大切な記憶だと感じています。


 ええ、それが人生なのです。


 あなたが感じてきたすべてが人生なのです。

 よいことばかりではなかった。
 つらいこともあった。

 でも、つらいからこそあなたは知ったのです。
 いろいろなものを見て、感じられたのです。
 そんなあなただからこそ、人生の意味があったのです。


 それが生きるということだったのです。


 あなたは、とたんに眠くなったことに気がつきます。

 静かに、ゆっくりと沈んでいくような、昇っていくような感覚を味わっています。薄れゆく意識の中で、あなたは何を欲するのでしょうか。


 あなたが最後に見たものは、何だったのでしょうか?


 ああ、あなたが欲しいものが見えてきました。

 あなたが欲しいもの。欲しかったもの。


 それは…
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ