挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ナンパ

作者:usugeatama
ナンパ

SF:サイエンスフィクション


 僕は、店でハンバーガーを食べていた。

「こんにちは!」

 高校生らしき知らない女の子が、声をかけてきた。

「座っていい?」

 彼女は明るく言った。

 知らない娘がなんだろう?と正直思ったが、それ以上に彼女はかわいかった。

「…あ、ああ。いいよ」

 僕は彼女が席に着くのを拒まなかった。

「…変だと思ってるでしょ?いきなり」

 椅子に座ると、彼女は微笑んだ。

「そりゃ、まあ…」

 彼女は少し間を置いて、口を開いた。

「あなたは私のこと、知らないでしょうけど、私はあなたのこと、よく知ってる」

 彼女は微笑んだ。

「なぜだかわかる?」

 ?

「付き合ってたからよ」

 僕は、彼女が何を言っているのかさっぱりわからなかった。

「それ、どういう意味?」

「そのままよ。それよりどうする?付き合い続ける?」

 彼女はまだ微笑んでいる。

「いいわ。今決めなくても。そのうち決めてくれれば。私、待ってるから」

 そう言って彼女は立ち去った。

 ??

 どういうことだろう?知らない娘が、僕と付き合っていたって?

 混乱した頭を整理するのにハンバーガー屋でしばらくボーっとした後、僕は家路についた。


 帰り道。

 こちらをじーっと見つめている娘がいる。

「…待ってた」

「僕を?」

「そう」

「で、要件は?」

「付き合って欲しいの」

「僕、と君、が?」

「そう」

 今日は変な日だ。知らない娘二人から誘われるなんて…。

「今、決めなくていい。あとでいいから…」

 そう言って彼女は走り去っていった。


 家。自分の部屋のベッドの上。

 天井を眺めながら、僕はぼんやり、今日起こったことを思い出していた。


 知らない女の子から二人も声をかけられた。


 …でもなあ、彼女、欲しいよな。

 どっちがいいだろ?ハンバーガー屋の娘と帰り道の娘。

 ハンバーガー屋の娘の方が可愛いかったかな?とりあえず、あの娘と付き合ってみよ。


 次の日、彼女と待ち合わせていた場所に行ってみた。彼女はもういた。

「ありがと。私を選んでくれて」

「え?選ぶ?」

 なんで知ってんだ?彼女。

「まあ、いいじゃない。行こ」

 それから僕らは色々なことをして、街を楽しんだ。

 遊び疲れて、公園のベンチ…

 僕は笑顔で言った。

「楽しかった。ありがとう」

「私も」

 不意に彼女が遠い目になった。

「ねえ、不思議じゃない?あなたが私の記憶、ないの」

「うん。…まあ」

「あなたね、交通事故で大怪我したのよ」

 そう言われてみれば、病院にいた記憶が…。

「それでね、怪我したの、あなただけじゃないの」

「どういう意味?」

「事故にあったのは、同じくらいの背格好の二人…。二人とも、そのままだと死ぬはずだった。でも、助かる方法が一つだけあった。被害者の大丈夫な臓器をかけ合わせて、一人にする手術…」

「…それが、僕なのか?」

 彼女はうなずいた。

「幸い、脳も内臓も、激しく損傷を受けた部分が違ってた。手術は成功。一人になっちゃったけど、あなたは生き残ったわ…」

 彼女が涙を流した。

「よかった。助かって!」

 彼女が僕にすがった。僕は彼女を抱きしめた。

「じゃあ、もう一人の娘は…」

「諦めるって言ってた。泣いてたわ」

 僕は立ち上がって、走った。


 約束の場所には、まだ彼女がいた。

 会うなり、僕は彼女を抱きしめた。

 彼女は泣いていた。

「ゴメン。何も憶えてなくて!」

「いいの。こうしてるだけで…」


 二人の彼女。僕は一人…。二人の彼女とのかけがえのない思い出。僕は憶えていない、かけがえのない思い出…。

 二人が僕の前にいる。

 沈黙。時間だけが過ぎていく。


「いったい、」

 僕は口を開いた。

「君たち二人と、今までどんなことがあったんだ?僕は何も憶えていない。付き合ってたのに、何も憶えていないんだ」

 僕が憶えていないこと。楽しかったこと、うれしかったこと…。

 僕の空白の記憶。


「で、どうする?」

 ハンバーガー屋の女の子がつぶやいた。

「どうするって?」

「これからよ。だってあなたは一人しかいないし、私たちは二人。どっちかが降りなきゃいけないでしょ?」

「…」

 帰り道の娘が耳をふさいでしゃがみこんだ。

「好きな方を選んでくれていいのよ。そのことは私たちも話し合って決めたから」

 僕は少し声が大きくなって言った。

「選べないよ!選べるわけないだろ?だって、二人とも、僕の大切な彼女なんだぜ!」

 どうすればいいんだ?僕は一人、彼女は二人…。

「そんなわけ、いくかよ…。だって…」

「仕方ないのよ。これが私たちの宿命なんだから」

「俺、選べないよ!」


 帰り道の娘が口を開いた。

「…再出発しよう」

 彼女の声はますます小さくなった。

「ここで止まっていても、多分いいことないわ。それより、みんな忘れて、再出発するの」

 再出発?

「新しい付き合う相手を見つけるのでもいいし、なにか打ち込めることを見つけるのでもいいし、別のこと、探すの」

「でも…」

「だって、このままじゃ何もいいことないよ。みんな、新しいこと、見つけようよ!」

 僕はしばらく黙っていたが、うなずいて、手を差し出した。
「握手して、別れよう」

 三人とも泣いていた。僕らは手を強く握りあった。


「さよなら!ありがとう!」


 三人は笑顔になっていた。

 僕らの新しい人生がはじまった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ