挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

正太の変身ベルト

作者:光太朗
 十ニ月二十三日。
 正太は鉛筆で、カレンダーにバッテンをつけた。十二月は一日から二十三日まで、ぜんぶバッテンがついている。
 十二月二十四日。
 赤鉛筆に持ち替えて、今度はぐりぐりとマルをつけた。
 今日は、クリスマスイブ。
 夢が叶う朝の、その前の日。
 三歳のころから、正太の夢はスーパーヒーローになることだった。
 流れ星を見たときもそうお願いしたし、七夕の短冊にもそう書いた。
 もちろん、サンタさんにお願いするのは、変身ベルトだ。
 ちょっと昔の変身ベルト。正太がちょうど生まれたころに人気だったという、スーパーヒーローのもの。
 正太はDVDでそれを見て、あっというまにとりこになってしまった。
 三歳のときも、四歳のときも、五歳のときも六歳のときも、お願いした。
 変身ベルトが欲しいです。
 けれど、正太のお父さんとお母さんは、そろって首を振るのだ。
 それは、だいぶ前のベルトでしょ。もうお店に売ってないでしょ。
 いくらサンタさんでも、お店に売っていないものは、プレゼントしてくれないらしい。
 それならしかたがないとあきらめていたが、今年はちがった。
 正太は、見つけた。
 おもちゃ屋さんの広告に、あの変身ベルトが載っているのを。
「絶対に、これ!」
 映画の影響とか、販売戦略の変化とか、とにかくオトナの事情でまた売り出していたそのベルトのことを、お父さんとお母さんはとっくに知っていたらしい。
 にっこり笑って、サンタさんにお手紙を書かなきゃねと、いってくれた。
 だから正太は、手紙を書いた。
 もう七歳だから、自分で書いた。


 サンタさんへ。
 ぼくは、この、へんしんベルトがほしいです。
 ぜったい大じにします。
 よろしくおねがいします。  正太


 白い封筒に、入れる。
 サンタさんがまちがえてしまわないように、おもちゃ屋さんの広告も一緒に入れた。もちろん、ぐりぐりとマルをつけて。
 お母さんとお父さんと話し合って決めた、『サンタさんへのお手紙置き場』に、封筒を置いた。正太が背伸びしてやっと届く、タンスの上。
 そこに置いておくだけで、サンタさんには手紙が届くらしい。
 手紙の中身が届くんだよ。気持ちが伝わるの。
 お母さんは、そういっていた。
 本当に届いたかどうか心配で、正太は一日に三回は手紙を確認した。
 もうちょっと丁寧な字がいいかな。
 もうちょっと大きな字がいいかな。
 そんなことを考えて、もう二回も書き直した。
 でも、だいじょうぶ。
 去年までもそうだった。きっともう、サンタさんに届いてる。 
 正太は、時計を見た。
 今日になってから、何度時計を見たかわからない。最初に見たときは、まだ六時だった。あんまり楽しみで、早く起きすぎてしまったのだ。
 最近の正太は、ちゃんと眠れていない。
 目を閉じると、シャンシャンシャンとそりの音が聞こえてくる気がして、落ち着かなかった。じっとしていると、変身ベルトをつけた自分のことばかり考えてしまって、動かずにはいられなかった。
 十二月の真ん中に、サンタさんに手紙を書いてから、ずっとそう。
 ご飯だってちゃんと食べられなくて、公園に行っても上着を忘れて帰るぐらいにはしゃいで、お風呂ではろくに洗わずに遊んで、もちろんすぐにパジャマを着なくて。
 そんなふうに、毎日が過ぎた。
「今日はちょっとお昼寝しなさい。風邪も流行ってるみたいだし、おりこうにしてないと、サンタさん来てくれないのよ」
 お母さんがいう。昨日もその前も、同じことをいわれた。
「ムリ!」
 正太は答える。夜だって眠れないのに、明るいうちなんて絶対にムリ。
 それに、正太はスーパーヒーローになる男だ。
 風邪なんて引かない。

 ──はずだった。
 やっぱり、お母さんのいうことは、正しかった。
 三時のおやつを食べたころ、正太は急に元気がなくなった。
 いつものドキドキが、いつもとはちがうドキドキになっていた。
「どうしたの? 寒いの?」
 慌てて自分でトレーナーを出して、セーターの上にかぶる。
 お母さんがすぐに気づいたけど、正太はできるだけ平気な声を出した。
「ううん! なんでもないよ、だいじょうぶだよ」
 本当は、寒かった。
 ちょっとおかしなぐらい、寒かった。
 覚えている。去年インフルエンザにかかったときも、これぐらい寒かった。
 嫌な予感がした。
 もしかして。
 これは、もしかして。
「なんでもないけど、ちょっとだけ、寝ようかなー」
 ふわふわした声でそういって、ベッドに横になる。
 目がいやに冴えてしまって、やっぱり眠れない。
 くしゅん。
 くしゃみも出た。
 ずるずる。
 鼻水も出てきた。
 だからいったでしょ!
 ちゃんということきかないからよ!
 お母さんが怒っている。本当に怒っているのかな。夢のなかかな。寝ていないんだから、夢ではないはずなのに。
 ああ、ちがう。お母さんが食器を洗っている音がする。だいじょうぶ、まだバレてない。
 正太は一度起き上がって、子ども部屋のドアをきっちりしめた。
 本、読んでただけだよ。
 寝るって宣言したのに、そんないいわけまで考えて、買ってもらったまま読んでいない小説を枕元に置く。
 思いっきり鼻をかんで、布団にもぐった。
 どうしよう、どうしよう。
 頭の中がぐるぐるしていた。
 どうしよう、風邪を引いてしまった。
 おりこうなぼくじゃ、なくなってしまった。
 どうしよう、どうしよう。
 サンタさんは来てくれるだろうか。
 プレゼントを持って来てくれるだろうか。
 お母さんは怒るかな。
 お父さんは呆れるかな。
 ああ、なによりも。
 大事な日に風邪を引くなんて、スーパーヒーロー失格だ。
 悔しかった。
 頭がぐらぐら沸騰して、お湯が吹きこぼれたみたいに、熱い涙が出た。
 情けなかった。
 あんなに楽しみにしていたのに。
 すごくすごく欲しいのに。
 もう、もらえない。
 もらえないじゃなくて。
 そのシカクがない。
 だって、おりこうじゃないんだから。
 なにが悔しくてなにが情けなくて、なにが悲しくて、どうして泣いているのか、頭が迷路に入ってしまって、わけがわからなくなっていく。
 正太はベッドから這い出した。
 入学祝いにおじいちゃんが買ってくれた勉強机から、びんせんを出す。
 時間をかけて、ていねいにていねいに手紙を書くと、小さくたたんで青い封筒に入れた。
 背伸びをして、タンスの上の白い封筒と、入れ替える。
 泣かないぞ、泣かないぞ。
 正太はぐっと我慢して、もう一度ベッドに入った。

 目を閉じる。
 シャンシャンシャン。
 そりの音。
 サンタさんのうしろ姿が見えた。
 いつもはこちらを向いているサンタさんが、今日は反対側を向いていた。


 正太が気がつくと、朝になっていた。
 頭にはいつの間にか、冷却シートがくっついている。
 ぼんやり、考えた。 
 窓から見える、明るい外。
 十二月二十五日。
 正太は思わず飛び起きて、枕元を見た。
 あるのは、昨日自分で置いた、小説だけ。
「おはよう、正太」
 お母さんは、ベッドの隣に、静かにすわっていた。
「おは、よう、お母さん」
 うまく気持ちがまとまらなくて、そのまま返す。
 自分の服のなかから、ピピピと音がした。
 よく見たら、パジャマに着替えていた。
「……まだちょっと、高いわね。お薬飲んで、今日はおとなしく寝てなさいね」
 正太のわきから体温計を引き抜いて、お母さんが息をつく。
 正太は、はいとしおらしく返事をした。
「ちょっと苦いけど、我慢するのよ。あとで、病院にも行くからね」
「あっ!」
 お母さんが手にとった薬瓶を見て、正太は思わず叫んでいた。
 苦い液体の入っているいつもの瓶と同じようで、全然ちがう。
 ラベルの代わりに貼ってあるのは、赤と緑のキラキラシール。
『サンタじるし かぜぐすり』
「あーっ!」
「はい、どうぞ」
 お母さんはまるで気にしていないように、いつもどおり薬を小さなカップに移す。
「うん!」
 いつもなら飲むまでに時間のかかる正太も、今日ばかりは、あっという間に飲み干してしまった。
 だって、特別な薬だ。
 絶対に、すぐに治る。
「お母さん」
「なあに」
 飲み終わって、ベッドに寝転がって、正太はタンスの上を見る。
 青い封筒。
 サンタさん、見てくれたんだ。
「ぼく、スーパーヒーローになれるかな」
 風邪を引いて寝込んでしまっている、いまの自分ではダメだけど。
「ぼくが、スーパーヒーローにふさわしいぼくに、なったらさ。今度こそ、変身ベルトをもらうんだ」
「そうねえ」
 ことりと瓶をタンスの上に置いて、お母さんは微笑んだ。


 サンタさんへ。
 ぼくは、スーパーヒーローになりたいです。
 だからいまは、やっぱりベルトじゃなくて、かぜぐすりが、ほしいです。  正太






了 

 読んでいただき、ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ