挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

チキンカオスワールド※ホラーです

作者:ホラ~また
 

 廃園になった遊園地の門の前でたたずむ三羽──彼らは『チキンになろう』運営本部の片隅にある『チキン捜査課』の面々である。

 『キチンとチキンに』を合言葉に、規約違反をしている作品がないかなどをさがすのが仕事だ。課長一羽、部下二羽からなる小さな課だ。

「チキンステーキ課長、ホントにここに入るんですか」

 若い鶏がビクビクと隣の鶏に尋ねる。

 錆びついた門は、鎖が巻かれ厳重に閉ざされている。朽ちた感じで、昼間でも不気味な雰囲気がある。

「コケ、スパイシーチキンくん、しかたあるまい。ホラー企画に使う遊園地の下見を任されたのだ。見て、報告書をかかねばならん」

若い鶏の質問に年配の鶏が、ビクビクと答える。

「この遊園地には度々“子どもがいなくなる”という噂があったようです」

 もう一羽の若い鶏も、ビクビクと課長に話しかけた。それを聞いた課長は、元気になった。

「ほう、プレミアムチキンくん。と、いうことはロリショタか。ならば、我々は大丈夫だな」

 課長の言葉に若い鶏達は、ハッとしたように瞬きした。

「ですね」
「ですよね」

 部下二羽も元気になった。

「では、いこー!」

 課長は叫ぶと、鎖を巻かれ厳重に閉じた、役立たずの門の脇の、崩れた壁から中に入った。部下二羽も続く。

「ぼ、ぼ、僕らはもう一人前♪世知辛い世の中に揉まれてサー♪薄汚れておっきくなった♪おいしくないよお~♪」

 廃墟となった遊園地の中を、課長は自作の歌を歌いながら進んだ。何かに聞かせるように叫ぶように声を張り上げた。

「「コ、コ、コケッコー♪」」

 部下二羽も歌に合いの手を入れる。
 だって、黙ってると、とっても怖いから。

「あ、ジェットコースターです。……」

 ピタリと止まったスパイシーチキンの声に、他の二羽も足を止め、鉄の施設を見上げた。赤錆がところどころに浮いていて、呪われていそうだ。

「このジェットコースターで『事故』があったとは聞くのに、どんな事故だったか、誰に聞いても答えが違うそうです」

 震える声でそう言ったプレミアムチキンに、課長は頷いてみせた。

「伝言ゲームだな。人づてになっていくと、まったく変わってしまうんだよ」

 二羽はバッと課長の方を見た。

「ですね」
「ですよね」

「あれ、乗りたいかあ?」

 頷き合う若い二羽に、課長はバッと片羽根を持ち上げると、ジェットコースターの方を指し示した。

「まったく思いません」
「乗りたくないです」

 二羽の答えに課長も深く頷いた。

「私もだ。呪われるようなマネは、したくないよな。あるのは確認したし、とっとと、次へいこー!」

 しばらく歩くと別の建物が見えてきた。

「あ、あそこがきっとアクアツアーの施設です」

 スパイシーチキンが、クイッと顔を動かして、建物を指し示す。

「あそこには『謎の生き物の影が見えた』という話が何度かあります。今でも見えるそうですよ」

 またプレミアムチキンが、震える声で課長に報告する。課長はジッと建物を見つめた。

「……『謎』……謎は謎だから謎なんだ。謎じゃなくなったら、謎じゃないんだ。謎を暴くようなマネをしたいと、私は思わない」

「ですね」
「ですよね」

 三羽はアクアツアーの施設の前を、足早に通りすぎた。

「お、あれは入ると中身が入れ替わるとかいう、ミラーハウスだな。人が変わったようだと言われる人は、ミラーハウス出身かもしれない。入りたいかあー?」

 課長が歩きながら、脇の建物を羽根で示す。

「全然」
「まったく」

 課長の問いかけに、部下二羽は足を止めずに答えた。

「よーし、ミラーハウス見た。次、行くぞ」

 三羽は、チラッと視線を建物にやっただけで通りすぎた。

「あー、これがドリームキャッスル」
「地下に拷問部屋があるかもしれないという、あれですね」

 若い二羽がお城の前で、ピタリと足を止める。何かを刺激されたのか、目を輝かせて城を見た。カラフルな壁に蔦がはって、怪しい雰囲気が出ている。うっかり通りすぎた課長は戻った。

「君たち、好奇心かい? あるのかないのか、そんなおネエさんの股間を、確かめるようなマネをしたいのかい」

 課長の方を見て、部下達は、青ざめた。

「危険ですね」
「愚かでした」

「そうそう、猫だけじゃなく、鶏も死んじゃうよ? そーゆーのは、好奇心旺盛なやつにまかせよーねー。命かけても確かめたいやつにさ」

 課長の説得に、二羽はコクコクと頷いた。三羽はお城も通りすぎて、サクサク進む。

「お、あれはメリーゴーラウンド。誰も乗ってないのに回るそうです」

 スパイシーチキンが羽根で前をさす。

「とんだ赤字だな」

 課長はしかめ面をする。(鶏のしかめ面)

「明かりが灯ってるのは、とても『綺麗』らしいですよ」

 続けられたプレミアムチキンの言葉に、課長は首を振った。

「夜は鳥目には、厳しいな。串刺しの馬達よ、悪いな。見られなくて残念だ」

 課長は、遊具の馬達に頭を下げた。

「あ、でも明るいなら、そこだけなら見えるんじゃ……」

 ピシ、バシと余計なことを言ったプレミアムチキンの頭を、両脇から謎の羽根チョップが襲う。

「「行くぞ」」

 クラクラしているプレミアムチキンに、他の二羽が声をかけた。




「……観覧車だな」

 歩みを止めて、円形の大きな施設を課長は見上げた。

「ここ、誰もいない筈なのに、声がするそうですよ」
「ええ、小さな声で『出して……』って」

 部下二羽も課長の両脇にくると、観覧車を見上げた。

『出して……』

「「「コケー!」」」

 小さな声が聞こえて、三羽は飛び上がって腰を抜かした。立ち上がろうとしても、足に力が入らない。

『出して……』

 また声がした。課長はゴクリと唾を飲み込むと、やけくそで怒鳴った。

「出てこい!」

『出して……』

 また声がした。今度はスパイシーチキンが叫んだ。

「出てこい!」

『出して……』

 再び声がして、プレミアムチキンも声を張り上げた。

「出てこい!」

『出して……』

「「「出てこい!!」」」

 三羽が声を揃えて叫ぶと、しんと静かになった。

「ど、どうやら声だけのようですね」
「ひ、昼間から、とんでもないですよね」

 若い二羽は、冷や汗を羽根でぬぐう。

「ああ、真っ昼間から出るとはな」

 課長は頷くと立ち上がった。もう足腰は大丈夫そうだ。クルリと後ろを向いた。

「逃げるゾー!コケコッコー!」

 叫んで誰よりもはやく、駆け出した。

「「コケー!コケッコー!」」

 部下二羽も、慌ててその後を追った。




 翌日、本部の片隅にある部屋で、課長は報告書をまとめていた。

『とっても怖かった。鳥肌がたった』と感想をつけて、提出するつもりだ。

 コンコンと嘴でドアをノックするような音がして、部下二羽が部屋に入ってくる。

「チキンステーキ課長」

 一羽が足早にやってきて、課長のデスクの前に立った。

「何だね、プレミアムチキンくん」

「あれから考えたのですが、あれ、ホントに誰かが助けを求めていたら、どうしましょうか」

 プレミアムチキンの言葉に、課長は目を見張った。

「お化けじゃなくて、迷いこんだ誰かが、閉じこめられてしまったのかも……」

 後からデスクの前に立った、スパイシーチキンが言葉を付け足す。二羽に視線を交互に向け、課長の鶏冠がピクピク震えた。

「今ごろ、ホントのお化けになっちゃってたりして……」
「見捨てた感じ……?」

 二羽は顔を見合わせて、言い合う。課長はガタンと音を立てて、椅子から立ち上がった。

「コケー! すぐ警察に連絡するんだ。ヤバイじゃん。もしそんなことだったら、うっかり死んじゃってたら……」

 課長はバタバタと羽根を上下させた。
 怖い──怖すぎる。
 下手をすると、ずっと罪悪感に苛まれる生活を送るようだ。それに……


「呪われちゃうだろー!」


 課長の悲痛な声が部屋に響き渡った。



 この作品は『これ、ホラー!?』と『びっくり』感想を貰うことを目指して書きました。(でも、他作品を読んで反省中──みんな、怖いよ!)



 とっても疲れたよ……201件読んだよ。ホラー企画参加したけど、もう読めないや。ごめんよ、これ以上はトイレの戸が閉められなくなるんだ。胃も性格も悪くなりそうなんだ……今、グルグルが見たい!銀魂で癒されたい!この世界に踏み込んだ、私が悪うございました……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ