挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
終わりなき無慈悲な夜にも 作者:枕流
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/16

終章 そして無慈悲な夜は終わる



 そのぬくもりを夢の中から何度持ち帰ろうとしたことか──

 気がつくと、カルは白いもやの中にいた。
 あらゆる方向がやわらかい光に満ちている。
 不思議と心が癒される。先ほど闇の中で感じた安らぎよりもずっと優しい気持ちになる。

 気がついたら戦いの中に身を置いていたのだ。
 からからに乾いた心には、血のしたたりだけが生きている証しだった。
 だが、今を守り、未来を救うためには、それだけでは駄目なのだ。
 命を捨ててなお生きなければならない。

 風がそよいでいる。その中に懐かしいものを感じた。
 故郷の香りだ。家の出窓を飾りつけていた小さな花の匂いである。
 花の名前などすぐに忘れてしまうカルに、妹が何度でも教え込んできたものだ。
 白とピンクのプリムラである。

 背後にそっと人の立つ気配がした。
 それが誰なのか、カルにはわかっていた。
 いつでもそこにいたのに、もうどこにもいない。
 生意気なしゃべり方も、小気味のよい歩みも、まだはっきりと思い出せるのに今はどこにもない。

 振り返りたい気持ちを抑え込む。
 振り返ってしまえば、再び立ち上がることを自分の精神が拒否してしまうかもしれない。
 だから、カルはそのまま話すことにした。
 あの時から、ずっと言いたかったことがある。
 あの時から、ずっと言えずに苦しんでいた。
 カルは、それをようやく口にすることができた。

『一人で生き残ってごめん』

 花の香りが微笑みを運んでくる。

『いつも一緒だよ』






 空には星が瞬いている。
 戦うことに夢中で気づかなかったが、陽はとうに暮れていたようだ。
 体はやわらかな草地に横たわっている。
 頭の下には、膝のぬくもりがあった。

「もうすぐ救護の者が来るから、動かないで」

 切実に願い乞うような声だった。涙ぐんでいるようでもあった。
 他にも、いくつかの顔がカルのことを心配そうに覗きこんでいる。
 だが、カルの目はまだかすんでいて、どれが誰なのかまではわからない。

「大丈夫だったか……?」
「ええ、みんな無事よ」

 指一本動かす力も残っていなかった。
 脈打つような感覚が体のあちこちで感じられる。それを痛みとして知覚することすらカルの体はやめてしまっていた。

 何か言いかけたところで、急に咳きこんでしまう。
 周りを囲む顔から口々に止められたが、カルは細い息の中で言葉をつむいだ。

「街は……どうなってる」

 ふた呼吸ほど間があってから、カルを囲む一人が答える。

「もう見てるよ」

 カルの目には、星の瞬く夜空しか見えていない。
 その中で、星がひとつ、ふたつと増えていく。
 みっつ、よっつ、いつつ……じきに数えきれなくなる。
 ぼやけていた視界から霧が晴れていく。

 カルが見ていたのは夜空ではなく、学園都市の街並みであった。
 避難していた人々が我が家に戻り、そこかしこで灯がともっていく。
 そのひとつひとつに命の営みがある。
 無数の命。無数の家族。無数の平穏。
 また別の誰かがささやく。

「君がいたからあの灯はあるんだ」

 しかし、カルはその言葉に心の中で首を振る。
 ここにいる者も、いない者も、みんないたから最後まで戦えた。
 一度は砕けた心が、再び立ち上がることができたのだ。

 故郷と同じ風が吹く。
 どこからかプリムラの香りがして、カルから遠ざかっていく。
 だが、もう寂しくはない。
 自分が守っているものの価値に気づいたから。

 戦士に永遠の静寂などない。次の戦いまでの休息があるのみだ。
 カルはまぶたを閉じた。束の間のやすらぎのために。



 こうして、悪夢は終わった。
 功績はあまりにも巨大で、それが誰に帰せられるべきかで議論も紛糾したが、結局のところ多くの目撃証言により、三人のソリストと一人のマスターサイドが賞せられることとなった。
 しかし、一部の者たちの胸にとある名前が刻まれたことは言うまでもない。
 それはひどく短い名前で、気心の知れた友人たちからも略されることなく呼ばれていたという。
 その姓はナイトウォーダー。闇を払う者を意味していた。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全253部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 12:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全385部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 12:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全639部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 17:00
ラスボスの向こう側~最強の裏ボス=邪神に転生したけど、1000年誰も来ないから学園に通うことにした~

観察好きの16歳の少年は事故で短い生涯を終える。すると神が現れ、少年にふさわしい転生先があるからやってくれないかと頼まれた。 少年は快諾し、異世界転生する。転生//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全146部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 18:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 11:51
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
エルフ転生からのチート建国記

天才魔術師は、魔術を極めないまま死にゆく運命に抗うため、記憶を残して輪廻転生する魔術を作り上げた。輪廻転生を繰り返し、三十一周目の世界で魔術師はエルフの村に住む//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全105部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 15:17
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 00:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:57
最強呪族転生~チート魔術師のスローライフ~

 車に撥ねられて死んだはずの俺は、異世界にて再び生を受ける。  だが転生先はマーレン族という、魔術を扱い木偶人形を操る胡散臭い少数民族だった。  生前から魔術に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全293部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 12:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:53
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全345部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:41
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全214部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/07 22:48
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1321部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:14
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全385部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 12:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物でひしめき合う、灰色の森で覆われた世界。孤児として独りぼっちで生きる主人公のシュオウは、生まれながらの優れた動体視力を見込まれて、偶然//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/07 22:49
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全823部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全225部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 07:00
魔王の器

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって大きく動き出す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全216部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
やる気なし英雄譚

【MFブックスより書籍化し、1〜6巻発売中】 大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全245部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全184部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 19:00
↑ページトップへ