挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

100万回生まれ変わった猫

作者:新月 望
様々な生物の一生を過ごしてきた猫の話です。
 吾輩は猫である。名前はまだ決めていない。

 前世はベルという犬であったし、その前は健吾という人間であった。それにその前はカマキリだったな。

 吾輩は100万回死んで100万回生まれ変わった猫である。猫として生まれたのは200回を超える。生物として、吾輩ほどのベテランがいるのだろうか。

 100万回もの一生をおくってきた吾輩は、100万回もの恋をしてきた。

 でも、やっぱり、カマキリとしての最後はきつかったな。50回ほど、カマキリとして生きたことがあるが、最後に妻に食われるというのには、いっこうに慣れない。

 あとは、マンボウのメスとして生まれ時も悲しかったなぁ。自分が産んだ3億個もの卵がほとんど他の魚のエサになったのだ。あんな悲しみは、他の生物では味わえない。

 そんな吾輩が一番生きづらい生物と感じたのは人間だ。人にはしがらみが多すぎるのだ。自由などどこにもない。それに比べて猫はいい。好きなだけの自由がある。

 吾輩は猫である。150年ほど前に人間として生まれた吾輩の子孫の家に暮らしている。

 吾輩達が命を賭して守った日本というこの国は、物資的な豊かさを手に入れ、それ以外の大事な何かを失っていた。猫には関係のない話だが。

 その平和の上で猫として生きているわけだ。

 全てのことがらは全てのおかげであり、全ての所為なのだ。

 まわりまわってかえってくる。

 宛名も送り主も、全て自分なのだ。
読んでいただきありがとうございます。
短い文章でしたが、好きなことは書けました。


『世界で唯一のフィロソファー』という連載もやっていますので、よろしければどうぞ。
哲学と魔法のお話です。
http://ncode.syosetu.com/n8657ed/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ