挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
精霊達の楽園と理想の異世界生活 作者:たむたむ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/157

五十六話 冷却期間?

 売り言葉に買い言葉でちょっと乱暴な事を言ってしまった。俺ピンチ。

「ほう。お前は俺に丁寧にお願いしろと? 新人冒険者が調子に乗り過ぎなんじゃないのか?」

 ギルマスもヒートアップしてます。この状況って不味いんじゃなかろうか? ただでさえ詐欺師扱いなのに、ギルマスに喧嘩売っちゃった? まだ冒険にすら出て無いのに、冒険者としての俺、終わりそうです。俺、土下座するべきなのかもしれない。

「調子に乗り過ぎ? お願いの仕方も分からん馬鹿に、人に物を頼む時の作法を教えてやったんだよ。一つ賢くなって良かったな」

 違うんです。違うんですよ。喧嘩を売る気は無いんです。ただ口が止まらないんです。シルフィ。準備運動は必要無いよ。穏便に、何とか穏便に済ませるから。ベル、気付かれないからってギルマスの頭の上で遊んじゃ駄目。

「本気で命が要らんらしいな」

 要るよ。命ってとっても大事な物なんだよ。俺の異世界生活がウハウハな予定から、バイオレンスに移行しようとしている?

 ギルマスを見るとミチミチって音がしそうなほど、額に血管が浮き上がっている。穏便に済むのか? 取り合えずこの場所から脱出したい。何か事件でも起こらないものか。迷宮から魔物が溢れ出すとかでもこの際オッケーだ。

「脅しがショボイな。素直に殺すと言えよ。なんだ? 世間体か? 後でコッソリ始末する為に言葉を濁しておきたいのか? 姑息で小心者か……ぷっ。救いようがないな」

 穏便に済ませたいんだけど、ギルマスの顔を見ていると、ムカムカして抑えが聞かない。出会いが最悪だったからか? このままだと本気で殺し合いに発展しそうだ。さっさと逃げよう。

「脅し以外に言う事は無いのか? 時間の無駄だな。もう帰って良いか?」

 怒りで言葉が出ないのか、パクパクしているギルマスに言う。お願いここで頷いてちょうだい。もう二度とギルマスには会いに来ないから。お互い関わり合いにならないようにしましょうよ。

「ふざけるなよ」

 おおう。腹から絞り出すような声だ。シルフィがいなかったら漏らしてそうだ。何で頷いてくれないんだよ。ここは冷却期間が必要でしょ。お互い距離を置いて冷静になろうよ。あおっているのは俺なんだけど。

「ぎ、ギルドマスター。このまま話を続けるのは問題が起こりそうです。一度冷静になる時間が必要だと思われますが」

 おお、エルティナさんありがとうございます。とても助かります。ギルマス。乗っかって。いや、先に俺が乗っかろう。ここは嫌みな言葉を混ぜ込まないようにして、冷静に別れよう。

「そうですね。冷静な話し合いは出来そうにありませんし、俺は帰りますね」

 立ち上がり扉に向かう。ギルマスは何も言葉を発しない。俺が扉から出ると一緒にエルティナさんも出てきた。エルティナさんの後ろに付いて行くと、ギルマスの部屋から何かが壊れる音が聞こえて来た。荒ぶっていらっしゃる。

「えーっと、エルティナさん。魔石の換金をお願いしたいんですか」

 エルティナさんが俺を見て、とても困った表情をした。さっさと帰れよって事だよね。分かってるよ。でも今の状況だといつ迷宮都市にいられなくなるか分からないし、買い物の資金が必要なんです。

「私としては速やかに此処を去られる事をお勧めします」

 言葉に出して言われてしまった。その位の空気は読めるよ。でもしょうがないんです。

「あはは、そうなんでしょうけど、資金が必要なのでお願いします」

「ふぅ。分かりました。こちらに……」

 ため息を吐かれてしまった。エルティナさんにはご迷惑を掛けまくりだな。ごめんなさい。ついて行くと奥まった部屋に通された。内密に事を進めるための部屋だそうだ。俺の場合はカウンターで対処すると、問題が起こりそうだから此処なんだそうだ。

「では魔石をお願いします」

 エルティナさんにトレイの上に魔石を出すように促された。魔法の鞄からジャラジャラと魔石を出す。ドンドンドンドン魔石が出て来る。こんなにあったのか。

「エルティナさん。全部乗りそうにないんですがどうしましょう? まだ半分ぐらいなんですが……」

 エルティナさんの口元が引きつっている。マジすみません。

「では、こちらにお願いします。ですがどちらでこれ程の魔石を?」

「死の大地ですね。ゾンビの魔石は気持ち悪かったので殆ど入っていません。あと洗浄もちゃんと掛けているので、清潔ですよ」

 新たにトレイを用意されてそこにも魔石を出す。ギリギリで収まった。いくつあるんだろう? ゾンビの魔石を取っていたらこれの倍はあったのか。もったいなかったかも。

「死の大地! なぜあのような場所で!」

 物凄く驚かれた。

「まあ、訓練です」

 他に言いようが無い。

「そ、そうですか。では確認させて頂きます」 

 一つ一つ魔石を確認しながら別のトレイに並べて行く。これはEランク、これはDランク、これは……ぶつぶつ言いながら確認している。

 スケルトンがEランク。ソルジャーはDランク。ナイト、メイジはCランク。ジェネラルはBランク。リッチはAランクって前にシルフィに教えてもらった。全部で幾らになるのか楽しみだ。

 まあ、Aランクの魔石もある程度の価値は有るらしいが、素材の方が高値で取引されるらしく、物凄い大金は期待できないらしい。

 ちなみにスケルトンとゾンビに素材は無いそうだ。世知辛い。死の大地って素材としても死んでいる。ある意味一貫していて凄い。

 でも知らない間にAランクの魔物と戦わされていてビビった。普通Aランクとかもっと何かリアクションがあるよね。シルフィに聞いたら勝てるんだから問題無いわよって言われた。あまり納得できなかったな。

「これは……裕太さん、この魔石はBランクですよね?」

「うーん。魔石の見分けがつかないので分かりませんが。Bランクの魔石なら三つはあるはずですよ」

「裕太さんは冒険者ギルドは初登録ですよね? 精霊術師の事もよく知らなかったみたいですが、どのような生活をされていたんですか? 服も変わっていますよね?」

 疑われてる? まあ、怪しさ満載まんさいな自覚はある。

「初登録の単なる田舎者ですよ。服装が変わっているのは遠い所から来たからですね」

 地球ってどの位距離があるんだろう? 物凄く遠いのは確かだと思う。

「何か隠していませんか?」

「隠し事は沢山ありますよ。でも悪い事はしていませんので、安心してください」

 全然安心してくれてないな。目つきが完全に不審者を見る目をしている。

「裕太さん。それで安心できるとお思いですか? そもそも、裕太さんのおっしゃる初登録の田舎者が、Bランクの魔石を三つも持っている時点で怪しいのですが」

 怪しいとハッキリ言われてしまった。

「そう言われましても、自分が怪しくないとどう証明したものか。ちなみにその魔石の山の中にはAランクの魔石も入っています。リッチの魔石ですね。怪しさが増しましたか?」

 言い訳は無駄っぽいので開き直ってみる。

「………………どうやって手に入れたんですか?」

「あはは、倒して手に入れたに決まってますよね」

 疑惑の視線が酷い。ギルドの受付嬢といい感じは幻だったみたいだ。ここからの挽回は可能なのか?

「ギルマスに報告しておきます」

「ランクアップしてくれますかね?」   

「依頼を受けて、実力が証明されれば可能性はありますが、正規のランクアップ以外はギルマスの許可が必要になります」

 分かりますねって目で見るエルティナさん。分かりましたと目で返事をする俺。一足飛びで高ランクは無理だな。ギルマスの判断とか、除名以外は認めないだろう。切ない。

「エルティナさん。今度からギルドで依頼を受けるつもりなんですか、ギルマスを怒らせたから依頼の受理を拒否されるとかありますか?」

「迷宮都市に滞在されるつもりなんですね。ギルマスが裕太さんに処分を下さない限り、依頼の受付を拒否する事はありません。ですが裕太さんとパーティーを組む方もいらっしゃらないと思いますので、大変だと思いますよ?」

 悪い事言わないから、別の場所に行きなさいって顔だな。

「精霊術師だからですか?」

「それも大きな理由の一つですが、ギルマスとの揉め事もギルド内で共有しない訳にもいかないので、確実に避けられます」

 あー、うん。評判ががた落ちだな。ギルマスに喧嘩を売るような奴と仲良くしないよね。ソロ確定か。……いいもん。俺にはシルフィ達が居るんだから寂しくないもん。

「まあ、俺はソロでも大丈夫なので、依頼の受理が可能なら問題無いです。魔石の代金で色々買い物がしたいので、お店も紹介してくれませんか?」

「……何が必要なんですか?」

 もう勝手にしなさいって感じだな。でもエルティナさんの忠告に従って迷宮都市を出たら、喜ぶのはあのギルマスだ。それは楽しくない。

「服。防具。家具。調理道具。食材。調味料。本。ってところですね。お願いします」

「分かりました。では換金の時に地図をお渡しします」

 完全に諦められたのか、その後は会話も無く、無表情のエルティナさんを眺めるだけで終わってしまった。Aランクの魔石が出て来た時だけ、少しピクッっとしていた。

「では、少々お待ちください」

 そう言ってエルティナさんが部屋から出て行った。

「裕太。私に任せていたら、こんな態度を取られる事は無いわよ。今からでもやっちゃう?」

「やっちゃう?」「キュキュー」「どんってする」「クーーー」

 シルフィ。楽しそうだな。ベル達は何をするのか分かってるのかな? トゥルのドンってするって微妙に怖い。でもお任せしたら周辺が地獄に変わりそうなので止めておこう。 

「今のままでいいよ。バカにして見下してた奴が、大活躍した時のギルマスの反応が面白そうだ。みんなが居れば大活躍は間違い無いよね? ゆっくりと迷宮攻略を楽しむつもりだったけど、気合を入れて頑張るからシルフィも協力してね」

「……裕太。性格悪いわよ」

 うん。ギルマスに姑息な嫌がらせって言っちゃったけど、俺の方が姑息な事考えてるね。

「確かに性格が悪いかな。ねえ、シルフィ。性格が悪すぎたら精霊に見捨てられたりする?」

 見捨てられたら大ピンチだ。

「内容によるわね。自然のバランスをくずしたり、外道なおこないをしなければ問題無いわ。あとは精霊とのコミュニケーションしだいね。精霊だって感情があるんだから、今回みたいな事の仕返しは問題無いわよ。だいたいあの男は精霊術師どころか精霊まで馬鹿にしてるわ。ふふ、裕太。あなたは私の契約者なのよ、分かっているわね?」

 何を? って言いたいところだけど、言いたい事は目を見れば分かる。シルフィもちょっとイラついていたんだな。俺よりも沸点が低いのかもしれない。

 精霊って清廉潔白で自然を愛するイメージだったんだけど、思った以上に俗っぽいのかも。ディーネも結構自分の欲に忠実だし、いまさらか。まあ、あのギルマスはぎゃふんと言う事になるだろうな。
読んでくださってありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ