挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
精霊達の楽園と理想の異世界生活 作者:たむたむ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/100

三十話 森の大精霊

 目が覚めて寝室の扉代わりの岩を収納した途端、待ち構えていたのかベルとレインが突進してきた。慌てて抱きとめて、どうしたのか聞こうとすると、その前に興奮したベルが話し出した。

「ゆーた。あのねー。めがでたのー」

「キューーー」

 なるほど。だからベルとレインはハイテンションなんだな。

「べるがうめたのも、れいんがうめたのもでてたー」

「キューーー」

「凄いな。さっそく見に行かないとな」

「はやくー」

「キュー」

 ベルに手を引っ張られ、レインに背中を押されながら畑に向かう。畑に到着するとディーネ。ノモス。トゥルも畑を見ていた。

「あっ。裕太ちゃん、おはよー。芽が出たわよー」

「おう。なかなか悪くない成長具合じゃぞ」

「……でた」

「みんなおはよう。俺にも見せてくれよ」

 畑に視線を向けると、小さいのに鮮烈に目立つ緑があった。まったく植物が無い場所では小さくても凄く目立つんだな。しゃがみ込み、出来るだけ間近で観察する。

 薄く半透明にも見える頼りない茎と、ちょこんと二枚に分かれた小さな葉っぱが可愛らしい。植物を育てて感動するのなんていつ以来だ? 朝顔は花が咲いた時、嬉しかったなー。小学生の時以来かも。

「うん。うん。死の大地の畑に間違いなく植物が生えてるね」

「ゆーた。これっ。べるがうめたの」

「キュキュー」

 ベルとレインが自分が埋めた種から出た芽を自慢げに見せて来る。発芽した喜びも含めて盛大に撫でまわしてやった。

「しかし、本当に発芽したんだな」

 発芽するように願ってはいたけど、実際に芽が出ると驚く。本当に何も生えていない土地だからな。

「裕太ちゃんが頑張ったからよ。一人で死の大地に緑を生やしたのって長い時間の中で、裕太ちゃんが初めてだと思うわ」

「そうじゃの。大規模で開拓しようとした者達で、やっと細々とした収穫を得ておったぐらいじゃの。胸を張って良いぞ」

「……えらい」

 ディーネ。ノモス。トゥルが褒めてくれる。結構嬉しい物だな。

「ん? そう言えばシルフィは?」

 いつもなら直ぐに褒めてくれるんだが。

「シルフィなら芽が出たのを確認した途端に、森の精霊を迎えに行ったぞ。厳しい環境じゃから、このまま育つとは限らんからの。直ぐに枯らしたくは無かったのじゃろう」

 おうふ。シルフィには助けられてばかりだな。お礼をしたいが……酒以外思いつかない。他に何か喜びそうな事は無いのか探そう。

「そうか。ありがたいな。いつ頃戻って来るんだ?」

「ふむ。相手の事もあるし正確には分からんが、昼前には戻って来るじゃろう」

「そうね。シルフィちゃん張り切っていたから、もっと早いかもしれないわね」

 シルフィも喜んでくれたんだな。素直に嬉しくなる。

「そう言えばレイン。水やりは終わったのか?」

「キュイー」

 レインが首を横に振る。

「直接水の粒を当てると芽が折れそうだから、前にやってたように霧状にして水を撒いてくれるか?」

「キュー」

 頷いているから大丈夫だな。他の種類の種の発芽はまだみたいだし、楽しみはまだまだある。

 レインが水撒きを終えたので、ベルとレインとトゥルと一緒に朝食を取る。いつもと変わらない魚介類だが、野菜が現実味を帯びて来たのでテンションが上がる。

 森の精霊が来たら、急激に成長させて貰えるかもしれない。そうなると夕食には緑の野菜が! 楽しみになって来た。

 食事を終えて、もう一度畑を見回っていると、ベルがシルフィが近づいていると教えてくれた。早いな。畑の前で出迎える事にしよう。シルフィの姿を見つけ、大きく手を振る。

「ただいま。裕太」

「お帰りシルフィ。直ぐに迎えに行ってくれて助かったよ。そちらの方が森の精霊なのか?」

「ええ、そうよ。ドリーって言うの」

「お初にお目に掛かります。森の大精霊のドリーと申します。この子は今回付いて来て貰った森の下級精霊です。裕太さんでしたね。よろしくお願いします」

 優雅に流れるようにお辞儀をする森の大精霊。緑色のストレートヘヤー。サラサラだ。優しい眼差しで微笑む儚げな美少女。深窓の令嬢って雰囲気だ。

 そして連れて来た森の下級精霊もヤバい。そんなの反則だろ。ふわふわモコモコな体毛。特に尻尾が素晴らしい。体毛の色は金に近く艶々で輝いている。つぶらな瞳でこちらを見上げる子狐。もはやあざといと言って良いほどの可愛さだ。抱きしめたい。

「裕太さん?」

「あっ。失礼しました。森園 裕太と申します。裕太と呼んでください」

「ふふ。普通の話し方で構いませんよ。裕太さんのことはシルフィから聞いています。ドリーで構いませんし敬語も必要ありません。私が敬語なのは癖なので気にしないでくださいね」

「そ、そうか。じゃあドリー。来てくれてありがとう。本当に助かるよ」

「どりー。またあったー」

「キュー」

「いえいえ。シルフィの話を聞いて興味があったので構いませんよ。ベルちゃん。レインちゃん。また会えましたね。おつかいを立派に務めた様で、とても偉いですね」

「えへー」

「キュー」

 おう。ベルとレインがデレデレだ。恐るべし深窓の令嬢パワー。もしくは森の精霊らしくマイナスイオン効果とか有り得そうだな。

 子狐に興味が移ったベルとレインが突撃する。ふわふわーとか言いながら抱きしめている。羨ましいな。

「ドリーちゃんお久しぶりね。元気だった?」

 ディーネが突然現れて、ドリーに抱きついて頬ずりしている。仲良しなのか?

「来たか。待っておったぞ」

 ノモスとトゥルも来たな。トゥルが微妙に居づらそうにしているので、子狐の方に誘導する。トゥルは恐る恐る子狐に近づいて、ゆっくりモフモフを堪能している。いいなー。

「ディーネ。ノモス。お久しぶりです。私は元気でしたよ。話は聞きました。あなた達も楽しそうで良かったです」

「うふー。楽しいわよ。ドリーちゃんが来たからもっと楽しくなるわー」

「ふむ。退屈はせんの」

「ドリー。旧交を温めるのは後にして、そろそろ、畑も見て? 枯れたら困るから急いできたんだから」

 おお、そうだった。一番大事な事を忘れていたな。

「ごめんなさい。そうだったわね」

 そう言ってドリーが芽に優しく触れたり土を確認したりと、畑を確認する。見ているだけで緊張して来た。

「確かにちゃんと育っていますね。土のバランスがあまり良く無いですが、この子達も厳しい環境に強い品種です。無事に育つでしょう」

 おお。野菜が目前まで迫って来たー。あとどれぐらいで食べられるようになるんだろう。……さっきまで種から芽が出た事に感動していたのに、もう食べる事しか考えられない。

「良かった。何か注意点はないか?」

 俺が聞くと、少し考えた後で応えてくれた。

「厳しい環境に強いとはいえ、限界があります。土を乾かさず、湿らせすぎないようにお願いします」

「水撒きはレインにお願いしているんだ。霧状の水で湿らせてもらっているんだが、後で確認してもらえるか?」

「分かりました。ご一緒しますね」

 水の分量とかまったく分からんから、助かるな。

「お願いするよ」

「それでドリーは此処に留まれそう?」

「そうですね。植物が生える環境になっていますし、滞在する事は可能です。ただし、この畑だけではいずれ限界が来ますので、植物が増やせる環境が必要です。もう一つ条件がありますが、それは植物が増やせる環境をお作り頂けたらお話いたしますね」

 おお。流石ノモス。言われた通りに森が育てられるスペースを作っておいて良かった。

「それならノモスに言われて、森が育てられるスペースを作ってある。確認してくれないか?」

「あら。もう作ってあるのですね。素晴らしいです」

 ドリーを案内して森を作る予定の拠点の南側に案内する。

「ここだ。森としては狭いかもしれないが、勘弁してくれ」

「まあ、中心に泉があるんですね。しかもこの土は畑の物とよく似ています。微生物が少し少ないようですが……これならなんとかなりそうです」

 おお、良い反応だ。と言うかこれで駄目だったらどうして良いか分からないよな。微生物は流石にまだ増えていないだろう。

「そうか。微生物は土を混ぜたばかりだから、時間が経てば増えると思う。問題が無ければ最後の条件を教えて貰えるか?」

「そうですね。最後の条件は、この地の開拓を諦めない事です。シルフィの話を聞いていると、裕太さんは町に行ったらなかなか戻られないように感じました。ここまで頑張ったのですから是非とも開拓を続けて欲しいのです。如何ですか?」

 元々頑張って作ったんだ。手放すつもりは無かったが、開拓を諦めないってどういう事だ? 開拓に全力投球とかは無理だぞ。俺だって異世界を楽しみたい。

「なあ、シルフィ。町に行けるようになったら、片道どのぐらい掛かるんだ?」

「そうね。一番近い町で、裕太を運びながらだと、三時間ってとこかしら。でもベル達は付いて来れないわね。まあ、この大陸の中ならどこでも半日あれば行けるわね」

 風の大精霊って凄いんだな。お荷物の俺を抱えていても、ベルより速いのか。でもそのスピードなら、いつでもここに戻って来れるな。

「シルフィって凄いんだな」

「当然でしょ。風の大精霊を舐めたら駄目よ」

 うん、このドヤ顔は許せるな。だってこの大陸内だと半日で移動できるって凄すぎだよな。

「あー、ドリー。俺はこの地を手放す気は無いんだけど、開拓に全力を尽くすつもりも無いんだ。異世界を楽しみつつ、この地に足りない所を補っていくつもりなんだ。だから開拓ペースは緩やかになるし、必要が無ければ範囲は増えないと思う」

「この地を捨てられず、開拓を細々とでも続けて頂けるのであれば問題ありません。この地に滞在させて頂きますね」

 深窓の大精霊令嬢と魅惑のモフモフ子狐精霊が仲間になりました。
読んで下さってありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ