挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

『意志のある光』

作者:詩織



庭の木に触れると

太陽が照ってるときと

雨が降ってるときでは

手のひらに感じる肌触りが

まるで違うように、



光があるから

時間と空間があるのかもしれない。






ねぇねぇ♪
観光っていう言葉があるじゃない、


あれって、
光を観るって、書くでしょ?


「ああ、そうだね。」


ここで、窓の外の風景を
ずっと見てても、
四季によっても、
時間によっても、
見える光は変わるわけで、


うちからどこかへ
出かけて見る光も変わるわけで、


光を観るで”観光”なんて

”言葉” 素敵ね

だれが思いついたのかしら?

(ウフ♡)



「(笑)、観光と書いても
それがそういうことだなんて
誰も思わないよ、」


「だけど、考えた人は
そういうことを言いたかったのかも
しれないね。」


ん♪ たとえば、

ハワイの光っていうのは

とても強烈なんだけど

そのままどこへもたまらず

地面の中へスゥーと吸い込まれていく感じで、


「うんうん、爽やかだよなー」



欧州で観る光はやっぱり

古いアパルトメントや
石の壁に吸い込まれていくんだけど

その中に光のエネルギーが
蓄積されていく感じなの。



「ああ、なんていうか
温もりがあるんだよな~」



日本の場合はねっ、
光が湿った空気の中に
墨絵のようににじんで
じわーっと、包まれている。


「(笑)、なるほどね、」



わたし、思うんだけど

そういう光の風土って、

人間性に影響を与えていない?



「ん~、一概にはいえないけど、、、
国民性はあるのかもしれないね、」


挿絵(By みてみん)


朝の窓辺をそよぐ風に

青い 青い 飛沫を映す。


透明さのシルエットの

煌きのひとつになる

さまざまな思いの故郷は


彼女の愛と

その動かない影をただよう。


(2017,8,7朝子)
 
あなたの光は何色ですか?

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ