挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オークすぴりっとガール~その美少女の中身はオークです~ 作者:やみすぴ

第7章

49/49

第48話「決闘」(挿し絵あり)

 俺はタングラル魔法学院の敷地内にある競技場に来ていた。
 ロベリアと決闘することになったのだが、さすがに街中で戦うわけにはいかないのでゴリラードさんの提案で競技場に行くことになったのだ。

「先生に許可は取ってきました、今は誰も使ってませんし邪魔も入らないはずです……それではついてきてください」

 ゴリラードさんに案内されて実技用スペースと書かれた場所に移動する。

「この実技用スペースではダメージ無効化の魔法が発動しているので怪我の心配はありません」

 どうやらアリアドリの学院の闘技場と同じ仕組みのようだ。

「ふん、ここなら貴様を叩き潰すのに何の遠慮もいらなそうだな」

 ロベリアはやる気満々のようだが、俺としては話し合いで解決したいのだが……。

「本当にやるのか?」
「あたりまえだ、貴様がリーダーだなんて僕は認めない」
「それじゃあゴリラードさんがリーダーっていうのは……」

 俺がリーダーになるのが嫌みたいなので、別の案を出してみる。

「はぁ?あんな汚いデブがリーダーだなんてありえないだろ」

 ゴリラードさんはデブどころか痩せているほうだと思う。
 肌だって白くて綺麗だし、顔も整っていてかなりの美人だ。

「ゴリラードさんのどこが汚いデブなんだよ?」
「ふん、見たままのことを言っただけだ」

 いや、どう見ても美人にしか見えないのだが……。
 もしかしてロベリアのこの態度……。

「なるほど、照れてるのか」
「はぁ?貴様は何を言って……」

 きっとロベリアはゴリラードさんが美人すぎて照れているのだ。
 小さい男の子が気になる女の子にわざとブスとか言っちゃうようなアレだ。

「恥ずかしいのかもしれないけど、そんな風に言ったら相手に嫌われるぞ」
「ちっ、話にならないな……」

 不機嫌そうに舌打ちすると、ロベリアは腰の鞘から剣を抜いた。
 その剣は綺麗な宝石が装飾されており、見るからに高価な感じがする。
 大きさとしては片手剣としても両手剣としても使えそうだ。

「へぇ、良さそうな剣だな」
「ふふん、当然だ……これは王都の武器屋で15万Gもした剣だからな!!」

 15万Gの剣なんて、とても学生が扱う武器の値段とは思えない。
 くっ、さすがはエリート校の生徒ってことか……。

「私にはシンク君の剣の質の方が良さそうに見えますけどね」

 ゴリラードさんは俺の腰のベルトにつけているマルチウェポン(片手剣)を見てそう言った。
 確かにこのマルチウェポンは、聖剣や魔剣の材料として使われるヒヒイロカネで作られている。
 武器としての質ならロベリアの剣を上回っているはずだ。

「むっ、確かにその剣の質は良さそうに見える……だが勝負は武器で決まるわけじゃない!!」

 ロベリアの言うとおり武器で勝敗が決まるわけじゃない。
 どんな武器だろうと結局は使う人間しだいだ。

「無駄話はこれくらいにして始めるぞ、剣を構えろ」

 できれば話し合いで解決したかったのだが仕方ない。
 俺は腰のベルトからマルチウェポンを取り外すと手に持って構える。

「シンクがんばるブヒ!!そんな奴こてんぱんにぶちのめしてやるブヒ!!」

 なんだか俺よりも、応援してるアーリアのほうが張り切ってる気がする。

「それでは私の掛け声で始めてください……勝負始め!!」

 ゴリラードさんの掛け声が聞こえた瞬間、俺は後ろに下がる。
 錬金術師の俺がロベリアに接近戦を仕掛けてもおそらく勝ち目はない。
 まずは距離をとらなければ……。

「ふん、やっぱり距離をとったか……だが逃がさない!!」

 剣を構えたままロベリアが俺に向かって突進してくる。
 その速度は思った以上に速く、一瞬で間合いを詰められそうになる。
 俺はポケットから煙玉を取り出すと、地面に投げつける。
 すると煙幕が広がり辺りを包み込む。

「ちっ、小賢しいことを!!」
「悪いな、俺は騎士じゃなくて錬金術師なんだ」

 道具や武器を上手く使って戦うのが、俺の錬金術師としての戦い方だ。
 煙幕でロベリアを足止めしてる間に俺は離れて距離をとる。

「よし、これだけ距離をとれば……」

 その時、煙幕の向こうから炎の矢が飛んできた。
 俺はとっさに横に飛んでそれを回避する。

「これは炎属性の魔法!?」

 自己紹介の時、ロベリアは上級の炎属性魔法を使えると言っていた。
 さっきのが下級魔法だとしたら……。

「距離をとればどうにかなると思ったら大間違いだ!!」

 ロベリアの声が聞こえた瞬間、煙幕の向こうから無数の炎の矢が飛んできた。
 この数はおそらく中級魔法……。
 炎の矢があまりに多く、とても回避できるような数じゃない。

「くっ!!」

 いくつかの炎の矢が俺の体に直撃して燃え上がる。

「ふん、僕が剣を振るうだけの騎士だと思っていたなら大間違いだ」

 近づけば剣で攻撃、離れれば魔法で攻撃というわけか……。
 剣術の方が得意だと判断して距離をとったが、これは魔法も侮れない。
 ……それにしても、炎の矢が直撃したはずなのにまったく熱くない。

「なっ……貴様どうして立っていられる!?」

 煙幕が消え、ロベリアの姿が露になると俺を見て驚いた顔をしていた。
 おそらく今の魔法で俺を仕留められたと思っていたのだろう。
 ちなみに炎の矢の直撃を受けた制服は焦げてボロボロになってしまっている。
 ダメージ無効化の魔法は生物にのみ効果があり、装備に関しては無効なのだ。

「まさか装備にアンチマジックシールドが付与されているのか?」

 アンチマジックシールドというのは、身に着けているだけで中級以下の魔法を無効化する特殊な装備効果だ。
 主に古代の防具に付与されているのだが、現代では一部の優秀な錬金術師のみが付与することが可能な技術となっている。
 もちろん、今の俺にはそんな技術はないし、装備も持っていない。
 だとしたら考えられるのは、炎の邪神であるクトゥグアの力……。

「ならば中級よりも、もっと上の魔法を使えばいいだけだ」

 ロベリアはそう言うと、剣を両手で持ち、集中するかのように目を閉じた。
 どうやら上級魔法を発動するつもりのようだ。
 これはチャンスだ。
 上級魔法の発動には超級魔法ほどではないが時間がかかる、発動する前に攻撃を当てることができれば俺にも勝機はある。

「よし、狙って……」

 俺はマルチウェポンをライフルへと変形させると、ロベリアに向かって狙いを定める。

「撃つ!!」

 ライフルから放たれた弾丸がロベリアに向かって飛んでいく……。
 ロベリアは俺の武器が変形する魔導機だと知らないはず、それなら意表をついて当てることもできるはずだ。
 そう思っていたのだが……ロベリアは目を閉じたまま、上半身を少しずらして飛んできた銃弾を回避した。

「なっ!?」
「正直、今のは少しだけ焦ったよ……でも僕なら避けることはできる」

 まさか魔法の発動準備中に目を閉じたまま銃弾を回避するなんて……。

「さあ今度はこちらから行くぞ!!」

 そう叫ぶとロベリアが持っていた剣から火が噴き出し、業火を纏った炎の剣へと変化する。

「見せてやる、これが僕の上級魔法……インフェルノブレイドだ!!」

 ロベリアはその場から駆け出すと、俺に向かって炎の剣を勢いよく振り下ろす。
 その素早い動きを見て、俺は回避するのは不可能だと判断する。

「それなら……」

 マルチウェポンをナックルに変形させる。

「迎え撃つだけだ!!」

 俺は全力でロベリアの剣に向かって拳を打ち込む。

「今度はナックルに……ふん、無駄なことを!!」

 ロベリアの炎の剣と俺の拳がぶつかりあう。
 そして……。

 パリン!!

 何かが割れるような音が聞こえてきた。

「えっ!?」

 それは業火を纏ったロベリアの剣が折れる音だった。
 すると噴き出していた炎が消えて、ロベリアに隙が生まれる。
 俺はチャンスとばかりに踏み込むと、ロベリアの顔面目掛けてそのまま拳を振りかざす。

「おんどりゃぁぁぁ!!」

 殴られたロベリアの体は後ろに吹き飛び、床へと落下する。

「はぁはぁ……どうだ!!」

 倒れたロベリアへと視線を向けると、さっきよりも体が小さくなっていた。

「あれ?」

 一瞬目の錯覚かと思ったが、どう見ても体が小さくなっている。
 それどころか髪が伸び、胸も大きく膨らんで、その姿はまるで女の子のように見えた。

「この娘って……」

 近づいて確認してみると、それはタングラルの街で男達にナンパされていたロリ巨乳……もとい小柄な少女だった

「ううっ、ひっく……こんなのありえない」

 少女は悔しそうな顔で目から涙を流していた。

「え、えーと、大丈夫か?」

 なんとなく罪悪感を感じて声をかける。

「うるさい!!男なんかに負けるなんて……うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」

 少女は立ち上がると、子供のように泣きながら走って競技場を出て行ってしまった。

「ロベリアさんが逃亡したので、勝負はシンク君の勝ちですね」

 ゴリラードさんにそう告げられたが、なんだか素直に喜べない。

「シンク大勝利ブヒ!!」
「大勝利っていうか、なんていうか……」

 さっきの少女はやっぱりロベリアだったのだろうか?
 だとしたらどうして……。

「ちょっとロベリアを捜してくる」

 やっぱり気になるし、このままにはしておけない。

「あっ、シンク!!」

 俺はロベリアを追って、競技場を後にした。




「捜すって言ったものの……いったいどこにいるんだ?」

 勢いで捜すと言って出てきたが、特に当てもないのでとりあえず学院の周辺を捜してみる。
 すると、どこからか虹色に輝く不思議な蝶が飛んできた。

「なんだこの蝶?」

 それは今まで見たことのない種類の蝶だった。
 虹色の蝶は俺の周りを何度も飛び回る。

「あっ……」

 蝶は俺から離れると、どこかに向かって飛んでいく。
 気になって追いかけると公園があり、そこに生えている大きな木の下に小柄な少女がうずくまっていた。
 俺が少女の前に立つと……。

挿絵(By みてみん)

「なんの用よ」

 不機嫌そうな声でそう言った。

「最初に確認しておくけど、おまえがロベリアで間違いないか?」

 この少女がロベリアになりすましていた可能性もあるので、念のため確認しておく。

「……そうよ」
「それにしてはその……小さいな?」

 目の前の少女は顔や身長だけ見れば、12、3歳くらいにしか見えない。
 年齢的には俺と同い年か一つ下のはずなのだが……。

「小さくて悪かったわね……この体は生まれつきよ!!だから魔法を使って体系を変化させてたんじゃない」
「体系を変化って……そんな魔法が使えたのか!?」
「自己紹介の時は言わなかったけど、あたしは身体強化の魔法が使えるの……さっきまでの姿はその魔法の応用ね」

 肉体を変化させて強化する魔法は知っていたが、あそこまで別人のように変化させることができるなんて知らなかった。

「そういや話し方が変わってないか?」
「あれは演技よ、自分を男に見せるためのね」

 確かにさっきまで俺もロベリアが男だと思っていた。
 まさかロベリアがロリ巨乳……もとい女の子だったなんて驚きだ。

「なんでそんなことしてたんだ?」
「決まってるでしょ、この姿だと舐められるからよ!!」
「そういうものか?」

 そこまでする必要があるのか、いまいち俺にはわからない。

「アンタだって最初に会った時に、あたしを子供だと思ったくせに」
「うっ、それは……すみません」

 事実なので、素直に謝っておく。

「それにこの姿だと、変な男達に絡まれたりするし……」

 ロベリアをナンパしてきた男達のことを言っているようだ。

「大きな胸が好きだったり、小さな女の子が好きだったり、男って本当バカよね」
「いや、小さい胸が好きな男や年上が好きな男もいるだろ?」

 性癖なんて人それぞれだし、すべての男が同じものを好きなわけではない。

「そういうことを言ってるんじゃないの……本当バカね!!」
「じゃあどういうことなんだよ?」
「うるさいバカ……バカ!!バカ!!バカ!!」

 するとロベリアは突然叫ぶのをやめ、今度は気落ちしたように下を向いた。

「ううっ、なんであたしはこんなバカに負けちゃったのよ……」

 俺に負けたことがよっぽどショックだったようだ。

「えっと、俺が勝てたのは武器の性能のおかげっていうか、運が良かっただけで……」

 ロベリアとの決闘に勝てたのは俺自身の力というより、武器の性能とおそらくクトゥグアの力によるところが大きい。
 ロベリアの剣が折れたのだって、俺のマルチウェポンがヒヒイロカネで作られていたからだ。

「何よそれ、バカにしてんの!?」
「別にそういうわけじゃ……」
「言ったでしょ、勝負は武器で決まるわけじゃない……アンタが勝ったのは武器の性能や運だけじゃない、それぐらいあたしにだってわかってるんだから!!」

 確かに今の言い方はロベリアに対して失礼だった。

「すまない、今のは俺が悪かった」
「なんで謝るのよ……勝ったならもっと堂々としなさい!!そしてあたしを見下しなさいよ!!」
「いや、見下しはしないけど」

 なぜ見下す必要があるのか……。

「ふん、そう言って心の中では見下してるんでしょ?」
「なんでだよ、俺はロベリアのことすごいと思ってるんだぞ」

 剣術だけでなく、上級の炎属性魔法の他に身体強化魔法まで使えるなんて、本当にすごいと思う。

「じゃあ、あたしに勝ったアンタはもっとすごいってことね」
「変な深読みするなよ……俺には特別な剣の才能もないし、錬金術以外の魔法は使えないから、素直にすごいと思ったんだ」

 これは俺の素直な感想だ。

「……アンタ、もしかしてあたしと仲良くしたいとでも思ってる?」
「これからパーティーを組む仲間なんだから当然だろ」

 パーティーにとって大事なのは連携だ、そのためには仲間との信頼も重要になる。
 試験期間中だけのパーティーとはいえ、俺は少しでもロベリアを理解したい。

「何よそれ、勝負に勝ったからって早くもリーダー気取り?」
「そのことだけど、リーダーに関してはもう一度みんなで話し合って決めないか?」

 俺がそう言うと、なぜかロベリアは目を丸くして驚いた顔をした。

「アンタそれ本気で言ってるの?」
「そうだけど」

 このまま俺がリーダーになっても、ロベリアは納得できない気がする。
 それならもう一度話しあって全員が納得できるか、もしくは妥協できる答えを出したほうがいい。

「自分が決闘に勝ったのにそれを無しにするつもりなの?」
「俺は決闘で決めるよりも、ちゃんと話し合ってリーダーを決めたほうがいいと思うんだ」
「なんなのよアンタ、信じられない……」

 そんなに驚くようなことだろうか?

「はぁ……」

 ロベリアはあきれた顔でため息をつくと、その場から立ち上がった。

「わかったわ、アンタがリーダーだって認めてあげる」
「えっ!?」
「アンタと話してたらリーダーに拘るのが馬鹿馬鹿しくなってきたわ」

 さっきまで俺のことをバカバカ言ってたのに、いったいどういう心境の変化だろう?

「言っておくけど、他の二人よりマシだって判断しただけよ……アンタがリーダーだって認めてあげるのは試験の間だけなんだからね!!」
「ロベリアさんが認めたならシンク君がリーダーで問題ないですね」

 声のした方を振り向くと、ゴリラードさんとアーリアが立っていた。

「あれ、二人ともなんでここに!?」
「急に出て行くから、シンクを追いかけてきたブヒ」

 二人揃って俺を追いかけてきてくれたようだ。

「無事に追いつけて良かったです、シンク君はロベリアさんと仲直りできたようですね」

 別に喧嘩していたわけではないのだが……。

「それとリーダーの件ですけど……」
「そのことですけど、やっぱりみんなで話し合って決めませんか?」

 ロベリアは俺を認めてくれたみたいだけど、やっぱり全員で話し合って決めたい。

「いいですよ、それではシンク君がリーダーでいい人は手を上げてください」

 ゴリラードさんがそう言うと、俺以外の全員が手をあげた。

「はい、多数決の結果、シンク君がリーダーに決定しました」
「これでシンクがリーダーブヒ」
「えっ!?ちょっと待ってくださいよ!!」

 こんな決め方ってありなのか?
 もっとちゃんと話あって決めるべきなんじゃ……。

「それではリーダーも決まりましたし、昼食に行きましょう」
「腹減ったし、オレも行くブヒ」

 二人は俺を無視して歩いて行ってしまう。

「あっ、ちょっと……」
「アンタの望み通り、話し合いで決まって良かったわね」
「いや、これは話し合いじゃなくて、ただの数の暴力だから!!」

 こうして俺は試験中のパーティーのリーダーとなった。
ランキング参加中
cont_access.php?citi_cont_id=201032159&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 18:00
異世界で回復魔法チートはハーレムフラグではなかった!

RPGでは常に回復魔法使いばかりプレイしてきた主人公は、ある日いきなり異世界に放り込まれる。 その世界では『女性しか回復魔法は使えない』が基本ルールであり、厳し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全754部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/07/25 02:28
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 33 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
おっさんがびじょ。

至って普通のMMO「レトロ・ファンタジア・クロニクル」をいつものように相棒のおっさんとプレイしていた大学生、遠野秋良(とおの あきら)は、誤ってレアドロップを使//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全70部)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2016/08/09 20:16
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
モブの男の子が美少女に生まれ変わってしまった話

ごく普通の男の子が美少女の体に脳移植されて、でっかく見える男達が怖くて涙目な話です。おまけに、美少女は性的虐待で自殺未遂で脳死したからか、体に焼きついた記憶で男//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全158部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全275部)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 34 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全499部)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2017/06/22 23:05
ご主人さまとエルフさん

トラックに跳ねられ、テンプレ通りに神様からチートをもらって異世界へ転移することになった如月秋夜という青年が居た。 これは異世界で自分の夢であった異種族ハーレムを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全71部)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2013/12/02 12:22
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/06/25 01:47
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 23:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全212部)
  • 39 user
  • 最終掲載日:2017/07/25 19:30
ティレアの悩み事~異世界邪神転生綺譚~

 中二病をこじらせ、世間から家族からも冷たい仕打ちを受け、失意のうちに死んだ三十三歳無職童貞の塩田鉄矢。今度生まれ変わったら、妄想にふけることなく真面目に生きよ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全237部)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2017/05/06 20:39
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部)
  • 40 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 23:02
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1179部)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/07/25 00:00
幻想世界のアリステイル

現実世界で燃え尽き症候群気味な俺は、引きこもり大学生活でネトゲにはまった。 ある日、ふとネカマをしてみたくなって適当なネトゲを探してキャラクターメイキングをして//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全146部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 01:49
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~

※スニーカー文庫より書籍化しました! ネット通販やお近くの書店でお買い求めください。  魔力の有無で枝分かれした平行世界「アース」。その世界へと、1人の男が落//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全300部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/07/09 19:34
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全101部)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/07/02 11:09
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全193部)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2017/06/03 17:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
モンスターのご主人様

ある日、とある高校にいた学生が全員まとめて異世界に転移された。そのひとりである真島孝弘は、パニックに陥った学生たちに暴行を受け、モンスターの跋扈する危険な森の中//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 14:07
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 12:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
おんらいん こみゅにけーしょん

不良に虐待されていた子猫を助けようとした彼は、逃げる途中で階段から突き落とされて瀕死の重傷を負ってしまう。 激痛の中、死を覚悟して意識を手放した彼が目を覚ました//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全45部)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2016/08/05 14:22
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 34 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
↑ページトップへ