挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
破壊の御子 作者:無銘工房

龍驤の章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

241/250

第107話 老王の理性

 王都ホルメニアの城壁に、いっせいに(ひるがえ)った破壊の御子の旗。
 それはロマニア国軍の中にあって陣の設営を指揮していたダライオスの目にも見えた。
「ほう。女と戦には奥手と聞いていたが、存外に破壊の御子とやらも手が早いではないか」
 そううそぶきながらもダライオスは内心では驚いていた。
 破壊の御子が戦わずしてホルメア国を口説き落とす。もしくはホルメア国側から破壊の御子に降伏を申し入れるという可能性もダライオスの想定のうちであった。
 しかし、それはあくまで可能性でしかない。
 ダライオスをしても、その事態が起こるのは無きに等しい確率と判断され、その考慮のうちから除外されていたものである。
 まずもって西域の大国という誇りを持つホルメア国が亜人類と反乱奴隷たちの頭目とされる破壊の御子に降るとは、とうてい考えられないことであった。たとえ自分らロマニア国によって追い詰められ、やむにやまれずにだとしても、これまで見下し軽蔑してきた破壊の御子と交渉する伝手(つて)などありはしないだろう。それなのに、この段になってから今さら降伏の交渉などまとめられようものではない。
 それはまた、破壊の御子としても同様のはずだ。
 ダライオスは、ひとりごちる。
「いったい、何者が関与した……?」
 ホルメア国内で、破壊の御子へ降るのを重臣諸侯らに納得させるだけの権威と実績を持つのは、元大宰相ポンピウス以外にはありえない。
 しかし、問題なのは、いかに大宰相とはいえ――いや、大宰相だからこそ安易に破壊の御子に降ろうという発想に至るとは思えないことだ。ならば、そこには何者かの関与がうかがえる。
 おそらくは、論客。しかも、国ひとつをその弁舌のみで切り取るような凄腕だ。それに加えて西域の大国を亜人類と反乱奴隷の頭目である破壊の御子に降らせようという規格外な思考。常識を足蹴にし、その上で滑稽(こっけい)踊りを披露するような大胆不敵な道化者。
 そのような人物の姿が思い描かれる。
「誰だ? これほどのことをなせる論客など聞いたことはないぞ」
 武人であるダライオスとて、近隣諸国の有能な人材の情報には常に耳をそばだてている。
 しかし、そのような論客の噂など、ダライオスはこれまで一度たりとも聞いたことがない。これほどの凄腕ならば、その名をこの世に一度として知られずにきたとは、とうてい考えられないことだった。
「いずれにしても、厄介なことになったものだ」
 ダライオスは、ぼやく。
 ほとんどの兵を先の会戦に投じてしまったホルメア国には、もはやまともに王都を守るだけの力も残ってはいないだろう。そう遠からず陥落させられるものとダライオスは考えていた。
 ところが破壊の御子が自ら軍勢を率いて王都に乗り込んでいるとなれば、その前提が覆ってしまう。
 破壊の御子が動かし得る兵数は、どんなに多く見積もってもロマニア国軍の半分にも満たない五千程度。しかも、その大半が攻城戦を不得手とするゾアンたちだろう。だが、それでも王都の堅固な城壁によって戦わられれば厄介だ。また、破壊の御子が従える亜人類の中には、籠城戦を得意とするドワーフも多いと聞くので、決して侮れない。
 こうなると力押しによる短期間での城攻めは下策である。王都を包囲した上での兵糧攻めが無難であろう。
 王都には、元からいる数万の住民に加え、今や東部から逃れてきた敗残兵や難民、さらには破壊の御子の手勢までいるのだ。いくら食料庫に莫大(ばくだい)な量の糧食が蓄えられていたとしても、そう長くは保つまいとダライオスは胸算用をはじく。
 しかし、それでも王都を攻略するには数ヶ月――下手をすれば半年以上はかかってしまうだろう。
 その自分の読みに、ダライオスは舌打ちを洩らした。
 予想以上の長期戦となっても、それでホルメニアを落とせれば良い。だが、攻城戦が難航すれば、本国からの補給路が長く伸ばされたロマニア国軍側が不利となる。
 そればかりではない。今は動きが見られないアッピウス侯爵などのホルメア国北部諸侯だが、ロマニア国軍がホルメニア攻略に手こずれば、さすがにそれを傍観し続けるとは思えなかった。補給路を断つために兵を動かすか、または王都を包囲するロマニア国軍の後背を直接突いてくるかするだろう。そうなれば一大事である。
 これは早急にホルメア北部諸侯の動きを牽制するための使者を遣わさねばならぬ。
 そう考えたダライオスは改めて面倒なことになったと嘆息した。
 しかし、悪いことばかりではないと気を取り直す。
 ホルメニア攻略においてダライオスが一番懸念していたのは、実は破壊の御子である。
 何しろあの宿敵ダリウスすらも翻弄(ほんろう)した希代(きたい)の策士だ。いつどこから何をしかけてくるやもわからない。こちらが必死にホルメニアを陥落させたところに襲撃してきて、すべてを横からかっさらうつもりならば、まだ良い。下手をすれば今は手薄のロマニア本国への直撃すら平然とやりかねないほど読めない奴だ。
 だが、その破壊の御子がああして所在を明らかにしているのだけは唯一の安心できる材料であった。
「速やかに諸将並びに諸侯らに招集をかけよ。陛下の御前にて、ホルメニアを落とす手を練り直さねばならぬ」
 ダライオスは早急に諸将と諸侯らに招集をかけるよう伝令兵を走らせた。
 ところが、それとは入れ違いになるように、ダライオスのところへ前線から伝令兵がやってくる。
「ダライオス大将軍閣下! 陛下よりのご命令です。速やかに全軍をもってホルメニアを陥落させよ、と」
「何だと……?!」
 ダライオスは、ぎょろりと目を剥いて驚いた。 
 ロマニア国軍は、つい先程この地に着いたばかりである。予想以上の快進撃によって気が高揚している将兵らは気づいていないが、ここに来るまでの連戦と長い行軍によって疲労をため込んでいるだろう。そのような状態で、攻城戦など行えるものではない。
 もし、攻めるのに少しでも手こずれば、忘れていた疲労が一気に襲いかかり、兵たちはその場から動けなくなってしまう。
 そうならないためにも、まずは宿営地を築き、そこで数日は兵を休ませなくてはならない。そして、その間に攻城兵器の準備や使者を出して開城を要求しようと事前の軍議で決められていたはずだ。
 当然、それを承認したドルデア王が知らぬはずがない。
「いったい、陛下はどうされたのだ?」
 ドルデア王らしからぬ短慮な命令に、ダライオスは困惑するしかなかった。
 いずれにしても、このまま攻城戦に入るわけにはいかない。
 ドルデア王を(いさ)めるべく、ダライオスは自ら馬に乗って前線へ向かった。
 すると、そこでは輿から下りたドルデア王が剣を片手に振り回しながら、甲高い声で叫んでいた。
「ホルメニアを攻めよ! この愚図どもめが! 早うせよ!」
 老獪(ろうかい)な狼とまで呼ばれた慎重さはどこへやら。ドルデア王は顔を真っ赤にし、ものすごい剣幕で周囲に当たり散らしていた。
 しかし、予定にはない急な城攻めの命に多くの将兵らは戸惑い、かえって混乱が大きくなるばかりである。
「陛下! いかがなされました?!」
 あえて大声を張り上げて、ダライオスは自分がやってきたのを知らしめる。それに右往左往していた将兵らは、あからさまにホッとした表情を浮かべるのに対し、ドルデア王だけは変わらぬ憤怒の形相のまま叫び返す。
「アウレリウスよ!」
 思いもかけずに聞いた名に目を丸くするダライオスに、ドルデア王はさらに唾を飛ばしながら吐き捨てる。
「アウレリウスめが余を裏切り破壊の御子に(くみ)しおった! そればかりか、あやつめはこの余を悪し様に罵ったのよ!」
「なんと……!」
 ダライオスもまた、ロマニア国の有力貴族でありドルデア王の親友でもあったアウレリウスとは知己の間柄である。
 それだけにロマニア国と敵対する破壊の御子に与したことには、まさかという想いもあるが、それ以上に「なるほど」と納得してしまう。
 アウレリウスは、その弁舌は沢水がごとく流麗にして、烈火のごとく苛烈と讃えられた論客であり、その見識は百巻(百冊の本)に勝るとも言われた賢人である。しかし、それ以上にその破天荒ぶりでも知られる男であった。
 まだドルデア王の父だった先王が健在だった頃の話だ。かねてより因縁のあるふたりの貴族の領地の境に、良質の銅を産出する鉱脈が見つかったことがある。当然、ふたりの貴族は互いに銅鉱山の領有権を主張して譲らず、ついには兵馬によって決着をつけようかという事態にまで発展しかけた。そこに至り、事態を重く見た先王はアウレリウスに仲裁を命じたのである。
 ところが、その命を受けたアウレリウスは、いきなり自分の手勢を差し向けると、鉱夫らを追い出した後に採掘場を焼き払ったのだ。そして、この無法に激怒するふたりの貴族の前で、のうのうと先王に向けてこう報告したのである。
「国の宝を損なおうとする悪しきものを退治してまいりました」と。
 これには先王もしばし唖然としたが、ついで闊達に笑って応えた。
「なるほど。いかに優秀な銅鉱脈といえど、優れた臣下は採れぬ。国の宝であるふたりを損なうようなものは、討って当然である。大義であった」
 これには、ふたりの貴族もぐうの音も出せなくなってしまった。
 先王によって銅鉱脈ごときで失うわけにはいかない国の宝と評され大いに面目を立てられては、今さら銅山に固執するわけにはいかない。また、どちらか一方が強引に採掘しようとしても、再びアウレリウスに焼き討ちにされると思えば、銅山は共同採掘にするしかなかったのである。
 このアウレリウスの果断な行動には、普段は文官など軟弱な奴らと見下す多くの武将らもそろって喝采を上げたものだ。そして、ダライオスもまた、そのうちのひとりであった。
 あの破天荒なアウレリウスならば、破壊の御子とポンピウスを引き合わせたとしても不思議ではない。また、これまでその名が知られていなかったのも、ドルデア王を侮辱した上で国を出奔した経歴を考えれば、その名を隠すか変えていたせいと考えるのが当然である。
 そこまで考えてから、ダライオスはゾッとした。
 あのアウレリウスが破壊の御子に与している。その事実は戦場では怖いもの知らずのダライオスをもってしても、背筋に冷たくなるものだった。
「陛下! どうか心をお鎮めください!」
 親友とさえ呼ばれたアウレリウスならば、ドルデア王のことは熟知していよう。それならば、今のドルデア王の我を忘れるほど怒り心頭の状態もアウレリウスの思惑によるものだ。
 このまま攻城戦に入れば、どのようなしっぺ返しが待ち受けているやもわからない。
 ダライオスは必死の形相でドルデア王を諫める。
「敵の挑発に乗ってはなりませぬ! なにとぞ心をお鎮めになり――」
 バシッと肉を打つ音がダライオスの諫言を遮った。
「黙れ、ダライオス! 余の命が聞けぬと申すかっ!」
 ダライオスのみならず、固唾を呑んでふたりのやりとりを見守っていた将兵たちまでもが驚愕に目を見張り、固まってしまう。
 ドルデア王は手にした抜身の剣の平でダライオスの頬を張ったのである。
 それは、これでも抗弁しようものならば、次は剣を返して剣の平ではなく刃を向ける――すなわち死を授けるぞという最後通牒(つうちょう)であった。
 いかな大将軍とて折れるしかない。
「……陛下の御意に従いまする」
 頭を下げて恭順の意を示しながら、ダライオスはある事実に気づいて愕然としてしまった。
 ドルデア王が決断に迷ったとき、時折「もしアウレリウスであったのならば……」と洩らすのを知るのは、ダライオスやごく身近に(はべ)る近習だけである。
 おそらくドルデア王はその胸の内にかつて自分を痛烈に批判した旧友の姿を思い浮かべ、その口で語らせることで客観的に物事を見定め、その決断に際して私情を排していたのだろう。
 いわばアウレリウスの幻がドルデア王の感情を抑制する理性となっていたのである。
 ところが、その当のアウレリウス本人が破壊の御子に与し、さらに痛烈な罵倒を投げつけたのだ。
 これでは本来は感情を抑制するはずの理性が、怒りを煽り立てているようなものである。今のドルデア王の狂乱ぶりも納得がいく。
 諸将らに攻撃を命じるためにその場から立ち去るダライオスは、苦虫を噛みつぶしたような顔になった。
 兵たちが疲労している上に、このような準備不足のまま王都を攻めても落とせるわけがない。これでは攻略より、むしろ被害を抑える手立てを考えた方が現実的である。
 もし、それに失敗して大損害でも出そうものならば兵たちからこれまでの大勝による勢いが失われ、それとは逆に破壊の御子やホルメアの残党たちを勢いづかせてしまう。
 そして、一度でも勢いづかせてしまった敵を降伏させるのは困難だ。たとえどんな窮地となろうとも、一度得た勝利を希望として最期まで抵抗し続けるからである。
「これは泥沼に陥るぞ……」
 ただでさえ回避したかった長期間にわたる攻城戦となる上に、それが泥沼の戦いとなることにダライオスは暗澹(あんたん)たる想いであった。
 しかし、ダライオスは知らない。
 ホルメニアに攻め寄せてくるロマニア国軍を見下ろす蒼馬が、次のような言葉を発していたことを。
「さあ、一気に片をつけるよ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ