挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
破壊の御子 作者:無銘工房

龍驤の章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

191/255

第57話 苦渋

「奴は――『破壊の御子』の狙いは、この地で真正面から討伐軍を叩き潰すことか!」
 ダリウスの叫びに、ポンピウスはそんな馬鹿なと思う。
 軍を率いた経験のないポンピウスといえど、それがどれほど無謀なことかぐらいはわかる。
 宰相だった時代にはホルメア国の各地へ視察に(おもむ)いていたため、コンテ河の渡し場とその前の平地も目にしていた。その記憶が正しければ、ダリウスが指差したそこは多少の起伏はあれど森や山などはない、ただの平地である。とうてい策を(ろう)するような余地などない場所だ。
 そのような場所で自軍の二倍に及ぶ敵軍を真正面から迎え撃とうなど、愚の骨頂としか言いようがない。
「それなのに、ここで『破壊の御子』は討伐軍を迎え撃とうとしていると言うのか……?」
 その問いにダリウスが重苦しくうなずいて見せたのに、ポンピウスは目を見張る。
「だ、だが、ダリウスよ! このような平地でだぞ? このようなところで討伐軍を正面から迎え撃つのだぞ? それはつまり――」
 ポンピウスは自分の考えに、ごくりと唾を呑んだ。
「――つまり、会戦によって雌雄を決しようとしているのか?!」
 会戦――すなわち双方が軍団規模の兵力を準備し、戦場で対峙して行われる戦いである。
 そして、この時代の軍を率いる多くの王や将軍にとっては、会戦での勝利とは至上の目標でもあった。
 なぜならば、敵の圧倒的殲滅を意図して行われる会戦での勝利とは、いまだ国力を総動員する国家総力戦の概念がないこの時代において、敵国の戦闘継続の不能を意味している。そして、それはとりもなおさず敵国の滅亡と同義なのだ。
 それは、ホルメア国も例外ではない。
 今、反乱奴隷鎮圧に向かっている討伐軍の中核を担うのは、「黒壁」である。彼らは必勝を義務づけられ、またそれを成し遂げて来たホルメア最強の軍団なのだ。その「黒壁」が、もし破れるようなことがあれば、その衝撃は計り知れない。多くのホルメア国の人々は、もはや反乱奴隷を打ち破れる軍団は存在しないと思うだろう。
 そして、その動揺は、民衆ばかりか諸侯にまで広がる。
 領主らが王に忠誠を誓っているのは、自分たちの領地の安寧(あんねい)のためである。領主らが忠誠を捧げる代わりに、王は他国からの侵略など領主ひとりでは手に余る事態が起きたときに諸侯らを率いて戦い、国土を守る責務を有するのだ。しかし、その責務が果たせないとなれば、諸侯らは忠誠を尽くす意味がなくなってしまう。
 そうなれば当然、諸侯らの間からホルメア王家に対する不信や不満が生じる。
 そればかりか、西部の諸侯らの中からはボルニスの反乱奴隷によしみを通じようとする者たちが少なからず出るだろう。
 いや、最悪の場合はホルメア国から「破壊の御子」に鞍替えする領主も現れかねない。そして、もし諸侯のひとりでも「破壊の御子」に膝を屈すれば、それを機に他の諸侯も雪崩を打つように膝を屈し、ホルメア西部が丸ごと切り取られてしまう恐れすらある。
 会戦による「黒壁」の敗北とは、まさにホルメア国存亡の危機なのだ。
 それが理解できるだけにポンピウスは声を荒げた。
「しかし、反乱奴隷どもの兵力は、こちらの半分以下。それでもなお国軍を――あの『黒壁』を撃滅しようと言うのか?!」
「少なくとも、あやつはそれをやらんとしておる」
 これがダリウスの言葉でなければ、そして彼を打ち破った「破壊の御子」のことでなければ、とうてい信じがたいことだった。
 しかし、寡兵で多勢を真正面から打ち破った事例もあることは、ポンピウスも知っている。
「もしや背水の陣で、兵の多寡(たか)を埋めようとでも?」
 このセルデアス大陸においても、ホルメアの建国王が河を背負うように布陣して退路を断ち、さらに兵糧を捨てさせることで兵士たちに決死の覚悟を決めさせ、自軍の数倍に達する敵軍を打ち破ったという故事がある。
 そのポンピウスの考えをダリウスは苦笑とともに否定する。
「そのような『背水に落ちる』愚物に負けたとは思いたくないな」
 ホルメア建国王が「背水の陣」を敷いたのは、長引く戦役のために敵軍に厭戦(えんせん)気分が蔓延(まんえん)しており、(いちじる)しく兵の士気が低く、こちらが持ちこたえれば必ずや敵軍が先に崩れると見越した上でのものだった。
 ところが、それを理解せずに背水の陣を敷いて決死の覚悟を持たせれば、兵は何倍もの敵を打ち破れると勘違いしてしまったのが、その建国王より三代後のホルメア王である。自軍の三倍もの敵に背水の陣で戦いを挑んだ彼の一万の軍勢は、当然ながら惨敗を喫し、捕虜となった二百人を除けば、すべて殺されるか河に落ちて死んでしまったという。
 このことから西域では、物事の表層しか理解せずに他人の真似をして大失敗することを「背水に落ちる」と(たと)えるのだ。
「では、いったい『破壊の御子』は何を狙っている?!」
 ポンピウスの悲鳴にも似た問いに、ダリウスは即答できなかった。顔に苦渋の色を浮かべ、ゆっくりと二十を数えるほどの時間の後に、ようやく絞り出すような声で答える。
「……わからぬ」
 いったい「破壊の御子」が何を狙い、何をしようとしているのか、ダリウスにはわからなかった。
 だが、それでも「破壊の御子」が「黒壁」を叩き潰すために策を巡らしているとしか考えられないのだ。
 今の状況をたとえるのならば、いきなり斬りつけてきた敵に反撃しようとしたところ、その敵が構えも取らず、これ見よがしに目の前で剣をだらりと下げているようなものである。
 本来ならば二の太刀、三の太刀と立て続けに攻撃を繰り出し、こちらに反撃する余地を与えないはずだ。ところが逆に、こちらに斬りかかってこいと言わんばかりの態度である。
 しかし、それがかえって恐ろしい。
 下手に斬りかかろうものならば、こちらの剣を軽やかにかわして見せ、痛烈な反撃を加えてくる。そんな予感がするのだ。
 だが、だからといってこのまま「破壊の御子」を放置するわけにはいかない。
 ホルメア国は、敵に国境を(おか)されたばかりか、その国境の内側で堂々と砦を造られているのだ。これを放置すれば、ホルメア国は国の内外から腑抜けや臆病者のそしりを受けるだろう。先日の銅の一件とも合わせれば、もはや大国の威信が傷つくどころの話ではない。約定も国境も守れぬ三流国家以下という烙印が押されてしまう。
 また、西部の辺境諸侯らは、自分らの領地の安寧を脅かす敵を放置するワリウス王に対して反意を抱きかねない。
 一刻も早く「破壊の御子」を倒さなければ、ホルメア国はそれだけで致命傷を負うのだ。
 だが、何度となく地図を確かめてみても、コンテ河の渡し場の周囲は平地である。伏兵を隠せるような森や谷や山など一切見当たらない。これでは五年前に自分をはめたような策を使えるとはとうてい思えなかった。
 それなのに、なぜ「破壊の御子」は、このような地での決戦を望むかのように待ち構えるだけなのか?
 そこで、ダリウスはハッと気づく。
「……もしや、こちらの疑心暗鬼を招かんとする策か?」
 これまでの「破壊の御子」の動きを見れば、戦いを忌避する傾向がうかがえる。
 先日のマーベン銅山襲撃の策もそうだ。正面からの戦いを徹底的に避けるばかりか、ホルメアとロマニアが対峙(たいじ)するように仕向けて、自分に向けられた矛先ですら他に向けさせようとしていた。
 このことからも、「破壊の御子」の極力戦いを避けようとする意図が見えてくる。
 それならば、今回の行動も虚勢とも考えられた。
 いかにも大軍に有利な戦場に布陣することで、かえってこちらに警戒させて二の足を踏ませる。そして、こちらが疑心暗鬼に陥って身動きが取れなくなっている間に、対抗できるだけの力を蓄えようという策だ。
 人をおちょくるような策を考えつく、「破壊の御子」の考えそうなことだと思う。
 しかし、ダリウスはすぐに自分の考えを否定する。
 追い詰められて戦った五年前とは状況が違うのだ。「破壊の御子」は、いつかはホルメア国と雌雄を決せねばならないと、この五年もの間に戦いの準備をしてきたのは間違いない。マーベン銅山の襲撃にしろ、渡し場に一夜にして築いたハリボテの砦にしろ、それを実行に移すにはそれ相応の準備が必要である。とうてい昨日や今日の思いつきでは決してありえない。
 そこまで用意周到に策を積み重ねてきた「破壊の御子」が、はたしてこの大一番とも言ってもいい戦いに虚勢だけで挑むだろうか?
 いや、それはあり得ない。
 あやつは何かを仕掛けてくる。
 そんな確信に近い予感が、ダリウスにはあった。
 しかし、その予感が何を示そうとしているのかがわからなかった。
 謹慎を申しつけられた我が身が口惜しい。
 この目で戦場となる場所を見られれば、この全身で感じ取れれば、多少なりとも奴の狙いが読めるかもしれない。それだというのに、我が身は王都の邸宅に縛られたままである。
 ダリウスは、この時ほど我が身を呪ったことはなかった。
 自分の思考が悪い方へばかり向かっているのに気づいたダリウスは、大きく息を吐きながら肩の力を抜く。
 思考を切り替えるためにも、まずはわかっている事実だけを見つめて判断するべきだ。
 そう考えたダリウスは、冷静に彼我の戦力差と決戦の場となる地形を睨む。
 敵の兵数は、こちらの半分以下しかいない。砦があるとはいえ、それは急造の砦だ。とうてい大軍の攻勢に耐え得るものとは思えない。そして、その前に広がるのは、平地である。この大軍の利を活かせる地が戦場ならば、数に劣る敵を撃滅するなどわけはない。
 ダリウスは地図上においた討伐軍を示す駒に人差し指を乗せた。
 何も問題はない。何も問題はないのだ。
 そう自分に言い聞かせながら駒をゆっくりとコンテ河の渡し場へと押し進めていく。
 そして、その駒が渡し場の手前に差し掛かった時である。
 地図の上に、いきなり乱杭歯(らんぐいば)を生やした怪物の口が開いた。その怪物の口がダリウスの指に躍り掛かる。
「うおっ!!」
 ダリウスは驚きの声を上げて、飛び退いた。
 飛び退くのが一瞬遅ければ、指を食いちぎられていた。その恐怖に、心臓が早鐘のように鼓動を打ち、冷や汗がぶわりと湧き上がる。
「どうかしたのか、ダリウス?」
 (いぶか)しげ声に振り向くと、そこではポンピウスがきょとんとした顔でこちらを見ていた。
「今のを――」
 見ていないのかと続けようとして、ダリウスは広げられたままの地図の上には怪物の口など影も形もないのに気づく。
 今のは……!
 地図が広げられた卓の上に震える両腕を突き立てたダリウスは、うつむくようにして地図を睨みつける。
 ダリウスの直感が訴えていた。
 ここで戦えば、恐ろしいことになる、と。
 今のは、その予見だったのだ。
 突然のダリウスの狂態に、何と声をかけてよいのか迷っていたポンピウスだったが、ついに意を決して声をかけようとした。
「……急ぎ討伐軍に加わっている将校に密使を出そう」
 しかし、それよりも一瞬早く、ダリウスの口から苦渋に満ちた声が洩れた。
「この地で、奴と戦うのを避けるべきだ、と……」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ