挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
破壊の御子 作者:無銘工房

龍驤の章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

181/250

第47話 糧食

 ホルメア国の軍勢が自分らを討伐するために移動を開始したとの報せを受けた蒼馬は、急ぎ主だった面々を謁見の間に集めた。
「すでにみんなも聞いていると思うけど、ホルメア国が僕らを討伐しようと軍を動かしている」
 自分の招集に応じて集まり、広間に車座になった面々に向けて、蒼馬はそう切り出した。
 蒼馬の言葉に、謁見の間にピリッとした緊張が走る。事前に聞いてはいたが、こうして直接蒼馬の口から聞かされると、改めて戦いの予感に打ち震えずにはいられない。
「まず、みんなに謝らなくっちゃいけない」
 ホルメア国とは、正面決戦を避けつつもその力を削り、なおかつロマニア国との緊張感をあおって動けなくさせる。その間に自分らはホルメア国を圧倒するだけの兵力を養ってから、その威をもって戦わずしてホルメア国を下す。
 それが蒼馬の策であった。
 その策が半ば成功したと思っていた矢先のホルメア国の再侵攻の報せである。
 蒼馬は自分の見通しが甘かったことを素直に皆に詫びた。
 しかし、戦場で武勇を示すのが誉れとされている時代である。蒼馬の提案する策が堅実だとは理解していても、どうしても逃げ腰に思えてしまう。そんな者たちにとっては、むしろホルメアの再侵攻は朗報ですらあった。
 そのため、策の失敗を告げる蒼馬を批難する者はおらず、ジャハーンギルなどは「我は寛大(かんだい)なので気にしてないぞ!」とかえって他の人たちから白い目で見られる始末である。
「今は謝罪よりも、向かってくるホルメアの軍勢をどうすべきか話し合うべきだ。――何か考えはあるのか?」
 ガラムにそう水を向けられた蒼馬は、こくりとうなずいて見せる。
「基本は、用意してもらっていた国軍への対策で行こうと思います」
 マーベン銅山襲撃によって、すでにホルメア諸侯軍を瓦解させていた蒼馬であったが、ホルメア国が諸侯らの兵ではなく国軍を差し向けてきた場合も想定しての対策も考えてあった。今回はそれを使うと蒼馬が言うと、ドヴァーリンが満足げに自分のひげを撫でさする。
「わしらの苦労も無駄にはならんかったかい」
 マーベン銅山襲撃に参加させていなかった多くのドワーフたちには、国軍に対する策の準備を頼んであったのだ。それが無駄にならずに良かったと言うドヴァーリンに、蒼馬は「できれば無駄になって欲しかったんだけど」と苦笑いを浮かべた。
「ちょっと良いか、ソーマ殿」
 そんな蒼馬にズーグが質問を投げかける。
「そうなると、まず俺たちがやらなくてはいけないことは、以前聞いていたとおりか?」
 ズーグに向けて蒼馬はうなずいて見せる。
「はい。予定どおり――」
 蒼馬はそこで言葉を区切ると、車座の中央に広げられた大きな地図の一点を指し示す。
「――まずはコンテ河の渡し場を制圧します!」
 広間に「おおっ」と押し殺されたどよめきが起こった。
 そのどよめきが静まってから、蒼馬は皆の顔を見回して尋ねる。
「何か質問はあるかな?」
 それに「よろしいかな?」と真っ先に手を挙げたのはソロンである。
 蒼馬の了承を得て立ち上がったソロンは、こつこつと杖で床をつきながら、ゆっくりと車座の内側を歩き出した。
「敵と戦おうという意気込みは大したものですが、そう簡単なものですかな?」
 水を差すようなソロンの発言に、皆はいっせいに顔をしかめた。そうしなかったのは、内心はどうあれ人前では微笑みを崩さないエラディアを除けば、蒼馬ぐらいのものである。
「物見の報せによれば、ホルメア国が東の国境より動かしたのは万を超える軍勢とか。それを見れば、今は領地にこもっておるホルメア諸侯の中にも呼応して討伐軍に参加する者も出るでしょう。ならば、討伐軍は一万五千から二万もの大軍となるはず。――それに比べて、わしらの兵力はいかほどになるでしょう?」
 それに蒼馬はしばし考えてから答えた。
「そうですね。――たぶん七千弱ってところじゃないでしょうか?」
 ソルビアント平原ゾアン四氏族の戦士たちが四千あまり。マーベン銅山から解放した者たちを加えたドワーフの戦士が一千ほど。蒼馬に帰順した元ホルメア国兵士と新たに雇用した者を加えた人間の兵士が、同じく一千ほど。エルフの弓兵は五年前から少し増えただけで、三百から四百。その他のハーピュアンとディノサウリアンなど本来ならばこの地域にはいない種族となると五年前からほとんど増えてはおらず、合わせても百ぐらいしかいない。
 これらすべてを合わせても、七千を少し超える程度しかいない計算となる。
「ソーマ様は(いさ)ましいことをおっしゃっておりましたが、実情を見ればわしらの兵力は敵の半分以下。これで戦おうなどとは愚の骨頂。まずは講和の道を探るのが上策と心得るが?」
 カラカラと嘲笑を浮かべるソロンの提言に、その場に居合わせた者は大なり小なり不機嫌になる。
 仮にも相手は西域の雄と呼ばれた大国に対して、こちらはたかだか一都市を支配しているだけの小さな勢力に過ぎない。大国が数万の兵を繰り出したところに講和を求めるなど、講和などとは名ばかりで内情は降伏を申し入れるようなものだ。
 これには武闘派の筆頭ともいうべきジャハーンギルなどは、苛立たしさをあらわに尻尾でビタビタと床を叩いていた。
 ジャハーンギルがソロンに飛びかかる前に、蒼馬は口を開く。
「それは無理です」
 この五年の間に、蒼馬もまたホルメアとの講和の道を模索しなかったわけではない。しかし、ホルメア国はあくまで蒼馬たちが反乱奴隷であるという位置づけを崩さず、対話の席にすら着こうとしなかったのである。
 それにドルデア王との密約を果たすためにマーベン銅山の銅を強奪し、ホルメア国の面子にこれでもかと泥を塗ってしまった今では、とうてい講和は考えられない。
 そうしたことを説明した上でホルメアとの戦いは避けられないと蒼馬が告げると、ソロンはさらに言う。
「確かにホルメアとの戦いは避けられぬ。しかし、あえてコンテ河の渡し場を攻める必要はあるのでしょうか?
 古来より、兵を遠くにやれば、それだけ士気は落ち、兵糧にも事欠くとある。まずは街の防備を固めた上で、攻めてくるホルメア軍をあしらい、時間を稼ぎ、その意志が(くじ)けるのを待つのが次善の策と心得るが?」
 しかし、それにも蒼馬は無理と断言する。
「それも無理です。第一、攻め寄せる敵を食い止める壁がありません」
 蒼馬が統治するようになってから五年の間に、ボルニスの街は急激な発展を遂げた。それにともない人口も急増し、それまであった街壁の中だけでは収まりきれなくなっていたのだ。現在では以前からあった街壁の外を取り囲むようにして、第二の市街地が形成されていた。しかし、あまりに街の拡大が早すぎたために、それを守る街壁の建造が追いついていなかった。また、街の防御よりも発展を優先させた蒼馬が、あえて街壁の建造を急がなかったせいもある。
 そのため、ボルニスの街が攻められたときは、敵を食い止める街壁がない第二市街地が敵軍の牙の前に晒されることになってしまう。
 かといって第二市街地の住民すべてを避難させるだけの余地は街壁の内側にはない。仮に、無理やり押し込められたとしても、次に問題となるのは食料だ。ボルニスの街にも非常用の糧食は備蓄されてはいるものの、とうてい数千の兵に加えて数万の住民たちの胃袋を支えて行けるわけがない。
「そして、何よりも僕らには援軍を出してくれる味方がいない」
 隣国のジェボアやマーマンたちとは友好関係を結んでいるが、あくまで友好関係であり、軍事同盟ではない。仮に蒼馬が救援を求めたとしても、多少の援助物資と激励の書状を送って寄越せば良い方だ。
 おそらくは、のらりくらりと言い逃れて時間を稼ぎ、事態の趨勢(すうせい)を見極めてからではないと動きはしないだろう。それでもホルメアと同調して攻めてこなくなっただけマシと思わなければならない。
 いずれにしろ糧食もなく、援軍も望めない籠城戦など、火にかけられた鍋の中で泳ぐ魚のようなものだ。いつかは煮られて食われるだけである。
「籠城戦ができなければ、野戦での勝利を狙うしかない。でも、攻めてくるホルメアの軍勢は、僕らの倍以上。僕なら軍勢をふたつに分け、ひとつで僕らを食い止めている間に、もうひとつで後背を突いたり、この街を攻め落としたりします。そうさせないためには、まず渡し場を制圧して進軍を食い止めた上で、河を背に戦うしかないと僕は考えます」
 蒼馬の言葉に多くの者がうなずいて賛意を示す中で、ソロンはさらに言う。
「コンテ河周辺では略奪できる村も少なく、糧食はこの街からの輸送となりますが、それについて何か方策はありますかな?」
「あります。――マルコ、あれを」
 蒼馬の言葉を受けてマルコが皆の前に持ってきたのは、湯の入った壺と鉄兜、そして泥団子のようなものだった。マルコは赤子の頭ほどの大きさもある泥団子のようなものを手に取ると、いつものおっとりとした口調で話し始める。
「え~と。これはソーマ様の御指示で作った兵糧玉というものです」
 マルコは頭頂部を下にした鉄兜の中に兵糧玉を入れると、そこへ熱い湯をそそぐ。それから鼻歌交じりに、棒でかき混ぜ始める。
「しばらく水に浸してから水がなくなるまで煮て蒸した――え~と、ソーマ様がおっしゃるには『炊いた』麦を団子状にしたものです」
 シェムルは、「あれか」と顔をしかめた。
 セルデアス大陸では大麦を食べるときには、粗挽きにするか粉にしてから牛や山羊の乳などを加えた粥やスープとして食べるのが普通だ。ところが、米に飢えていた蒼馬は、あえて麦をそのまま炊き、麦飯として好んで食べていたのである。
 蒼馬が「ぷちぷち~。つぶつぶ~」と奇妙な呟きを洩らしながら目に涙を浮かべて麦飯を食べる光景には、蒼馬の奇行を見慣れているはずのシェムルですらドン引きしたものである。
「それを型崩れしないように網に入れて素揚げにした後、表面に大豆のミトゥを塗ってから十分に乾燥させました」
 鼻の良いゾアンたちは、ヒクヒクと鼻を動かした。棒でかき混ぜるマルコの手許から、食欲をそそる良い匂いが漂い始めたのである。
「それをこうしてお湯をそそぐだけで、簡単にミトゥ風味の麦粥の完成です」
 少々見た目が悪いが、そこには大豆のミトゥ風味の麦粥ができていた。
 この蒼馬の兵糧玉の原型となったのは、日本の戦国時代にあった保存性の高い軍用の糧食――戦陣食である味噌玉もしくは変わり味噌玉と呼ばれるものである。そこに忍者の携帯食である兵糧丸や現代日本のインスタント食品の知識を加えて作ったのが、このセルデアス大陸初の軍用糧食となる蒼馬の兵糧玉であった。
 マルコが少量ずつ分け取った麦粥を皆に回す。おっかなびっくり口にすると塩気が強いものの、意外とイケると驚きの声が上がる。
「……ん? 麦以外に何か入っているな?」
 食べる量だけではなく意外と味にもうるさいズーグが言った。
「はい。天日に晒し、風に当てて十分に水気を飛ばした具材を中に詰めて一緒に揚げてあります。中の具材は、五種類。干し野菜を使った野菜玉。豚肉中心の豚玉。鳥肉を使った鳥玉。牛肉に、ゾアン風の香辛料をたっぷり使った牛玉。魚介を使った海鮮玉。どれもおいしいですけど、全部をひとつの鍋で混ぜて作るとさらにおいしく。くふふふふ……」
「おい、マルコ。真面目にやれ」
 ガラムに注意されたマルコはムッとした顔で「僕は真面目ですよー」と抗議した。
 食事は量が優先され、味がおろそかにされる時代においては、ガラムがマルコを不真面目と思ったのも無理はない。だが、このマルコの作った糧食は、後に長引く戦いの中で兵士らの士気を維持するのに大いに役に立つのである。
 近代になって発掘された旧ボルニス市街の酒場跡には、「うまいものが食いたければ軍隊に行け」という落書きが残された壁が見つかっているのだから、いかに蒼馬の軍勢の糧食事情が良かったかわかるだろう。
 皆が麦粥に舌鼓を打っているところへ、蒼馬は腰よりやや低い高さの四角い木箱を持ってこさせた。
「この兵糧玉が、縦横にちょうど五個ずつ、さらにそれを四段にして入れられる木箱を作りましたこの箱ひとつで、ちょうど百人分になります。わかりやすいでしょ?」
 それにマルクロニスは、大きくうなずいた。
 平原で兵士を率いていたときに、一番頭を悩ませていたのが、この糧食だ。そのときは小麦一袋でだいたい何人という風に数えていたが、それよりも兵糧玉ひとつで一食、箱ひとつで百食とした方が簡単で管理しやすく、また今後の予定も立てやすいだろう。
 また箱の大きさが統一されることで運搬するのにも利点がある。
「そして、この糧食の輸送については。――ミシェナさん、お願いします」
 蒼馬に名前を呼ばれたミシェナは飛び上がる。
「は、はい! すでにヨアシュ様を通じて大竜を買い入れ、飼育してあります。これを糧食や物資の輸送に充てます!」
 あえて高価な大竜を買い入れてまで輸送の要としたのは、その大竜の特徴からである。
 物資を運ぶ際に多くの牛馬を用いると、その飼料も考慮しなければならない。通常は野営地の周囲や道端の草を食べさせておけば良いが、牛馬が一か所に集中してしまうと、それでは草が足りなくなる。そのため別に飼料を運ぶか、牛馬をいくつかに分けて移動させなければならなくなってしまう。
 しかし、大竜ならばその心配がない。何しろ子牛を一頭丸ごと食わせれば、十日かそこいらは水だけで与えれば良いのだ。
「これとソーマ様の作られた平らな道さえあれば、決して皆様を飢えさせはしないと約束します!」
 ミシェナはそのつつましやかな胸を叩いて請け負って見せた。
 ただ自分の職務を着実にこなし、過信や大言壮語とは無縁なミシェナがそう断言するのだ。これほど頼もしいものはない。
「聞いてのとおり、糧食は心配しないでほしい。あと参加するすべての兵と戦士には、給金を支払う用意があります」
 そう言った蒼馬に、すかさずソロンが食いつく。
「ほう。それは異なことをおっしゃる。それは、ただでさえ兵力で劣っているというのに、兵を徴集しないということですかな?」
 この時代、戦に参加する兵士の多くは、税のひとつである労役として徴集された農民たちである。しかし、すべての兵に給金を支払うという蒼馬の表明は、裏を返せば、そうした農民兵を徴集しないということだった。
「なぜ、そのようになさるのか、ソーマ様のその存念(ぞんねん)をおうかがいしたい」
 鋭いソロンの切り込みに対し、蒼馬は毅然とこたえた。
「兵による略奪を防ぐためです」
 徴集された農民兵は素人同然であるため、軍規や命令を遵守しようという意識が低い。また、労役として駆り出された農民兵は当然タダ働きである。それでは、どうしても略奪行為に走りがちになってしまう。
 略奪行為を防ぐためにも、ここで蒼馬はあえて兵農分離に踏み切る決意をしたのだ。
「甘い! 甘すぎますな」
 しかし、そんな蒼馬の決意をソロンは嘲笑う。
「古来より敵より奪った麦は、国より運んだ麦の十倍に値すると申します。略奪も立派な戦術。農村より兵を徴集し、大軍をもってホルメア国中を略奪しつくしなさいませ。さすれば勝利を手にするのもたやすいものとなるでしょう」
 蒼馬を侮辱するような口振りに加え、戦士でない者から略奪しろというソロンの言い分に、シェムルが憤怒に全身の毛を逆立てて立ち上がろうとした。
 しかし、それを蒼馬が手で制する。
「ソロン老のおっしゃることは間違ってはいないと思います」
 おまえまで何を言うのかと責めるようなシェムルの視線を背中に感じながら、蒼馬は続ける。
「ですが、それは今回のホルメアとの戦いに限ればの話です」
 蒼馬はソロンではなく、謁見の間に集まった皆に言い聞かせるように話し始めた。
「みんなには、思い出して欲しい。なぜ僕らは立ち上がったのか? なぜ僕らは戦おうとしているのか? それは僕らが、この世界の間違った仕組みを正そうとしたからです。聖教が広めている、人間族こそ正しく、他の種族はすべて愚かで野蛮な種族であるという間違った考えを正そうとしたからです」
 蒼馬の言葉に、その場に居合わせた者たちは力強くうなずいて賛意を示した。
「それなのに僕らが略奪し、多くのか弱い民を犠牲にすれば、どうなるか? 聖教を信じる者たちは、こぞって言うでしょう。『やはり異種族は野蛮な連中だ』と『人間の平和を脅かす恐ろしい敵だ』と。それは僕らの敗北です。たとえホルメア国に勝とうとも、それは敗北だと僕は考えます」
 そこでいったん蒼馬は言葉を区切った。そして、自分の言葉がみんなの心に染み込むのを待つかのように間をおいてから、言葉を続ける。
「ソロン老のおっしゃるとおり、略奪を禁じ、少ない兵で戦うのは厳しい道です。でも、その厳しい道こそ、僕らが目指す場所へと通じるただひとつの道だと僕は信じています。どうか、みんなもそれを理解してほしい」
 そう訴えかけると、まずシェムルが自分の左胸に手を添えて頭を垂れた。それに続いてゾアンたちが同様に頭を垂れる。さらにはドワーフが髭に手をかけ、ハーピュアンが翼を伏せるように広げるなど、それぞれの種族において恭順を示す礼を蒼馬へと捧げた。
 それらにホッと胸を撫で下ろした蒼馬はソロンに問いかける。
「ソロン老。まだ何かありますか?」
 それにソロンは、ニカッと笑って見せる。
「すべてはソーマ様の御随意のままに」
 忍者の非常食「兵糧丸」は子供の夢ですよね! 当然、誰もが作ったことがあるはず(断定)。さらには犬万の製作に失敗して、母親に激怒されたのは良い思い出。
 今回は兵糧丸をセルデアス大陸風にアレンジした兵糧玉を出しました。もっともアレンジといっても兵糧丸はバリエーションが多く、麦飯で作るものもあったそうなのでオリジナルというわけではありません。
 もし興味があって作ってみたい方がいたなら、実際に作る場合は麦だけだと粘りが少ないので米を混ぜた方が作りやすいです。
 あと、特に注意しなくてはいけないのが乾燥です。具材には乾物などを使わないと、後で水分がにじみ出て、カビたり崩れたりしてしまいます。
 今回試しに作ってみたのですが、扇風機で風を当てつつ十分に陰干しても、二週間ほどで白いカビのようなものが出てしまい、さらに二十日後には青カビまで発生してしまいました。保存状態が悪かったのだろうか?
 二十日も経つとガチガチに固くなり、食べ物というより砲丸。これなら人を殴り殺せます。
 それでもお湯をかければ簡単麦雑炊のできあがり。でも、しょっぱすぎるのとカビ臭いので、ちょっと……なお味でした。昨日まで夏風邪をひいたのは、これを食べたせいではないと信じたい。
 ちなみに、カビ臭さを抑えるため香辛料を多めにし、乾燥後に燻したり焼いたりすれば、さらに保存性も高まるのではないかと思います。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ