挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
破壊の御子 作者:無銘工房

燎原の章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/255

序 創世の神話

魔法なし、スキルなし、ジョブなし、ステータスなし、ハーレムなし
俺TUEEEなし。というか、むしろ主人公最弱。
ただの高校生だった主人公が、いきなり召喚された異世界で、涙を流し、ゲロを吐き、それでも歯を食いしばって仲間を率いて戦い、その結果史上最悪の破壊者と呼ばれるようになる話です。

*主人公が戦いを決意するのが第13話
*主人公最初の戦いは第17話から19話あたりとなっております。
一、創造神の死と神々の誕生

 千を千倍したよりも古く、万を万倍したよりも昔。
 まず、はじめに原初の創造神がいた。
 世界はいまだ形作られていなかったときである。
 彼以外には誰もおらず、彼以外のものは何もなかった。
 彼は孤独だった。
 彼はいつか自分と同じ存在が現れるのではないかと期待し、じっとその時を待ち続けた。しかし、百を百倍したよりも長い年月を経ても、彼以外のものは何も生まれなかった。
 ついに孤独に耐えきれなくなった創造神は、自らの命を絶ってしまった。
 すると、命を失った彼の身体から、七柱の神が誕生した。
 流れた血からは火の神が生まれた。
 流れた涙からは水の女神が生まれた。
 その肉からは大地の女神が生まれた。
 最後の吐息からは風の神が生まれた。
 その陰部から獣の神が生まれた。
 その体毛からは鳥の神が生まれた。
 そして最後に、頭から人間の神が生まれた。

ニ、世界と人の誕生

 最初に生まれた火の神は、世界があまりに暗いので、創造神の燃える心臓を空にかかげて太陽を作った。これによって世界は光り満ち、燃えるような暑さに覆われた。
 すると創造神の肉体からトカゲや蛇などが生まれ、火の神を讃えた。
 火の神はそのうち一部のものに力を与えると、それはディノサウリアンとなった。
 太陽によって世界が燃えそうになったため、水の女神が雲を作って光を遮り、雨を降らして暑さを鎮めた。
 すると、創造神の肉体から魚が生まれ、水の女神を讃えた。
 水の女神はそのうち一部のものに力を与えると、それはマーマンになった。
 世界が水に覆われそうになったため、大地の女神が創造神の肉体を大陸や山として沈まないようにした。
 すると、創造神の肉体から蟲が生まれ、大地の女神を讃えた。
 大地の女神はその一部のものに力を与えると、それはドワーフになった。
 世界があまりに険しく堅くなりすぎたため、風の神が息を吹きかけ、大地をならした。
 すると、創造神の肉体から樹や草が芽生え、風の神を讃えた。
 風の神はその一部のものに力を与えると、それはエルフになった。
 植物が世界を覆い尽くそうとしたので、獣の神が増えすぎた草木をちぎった。
 すると、創造神の肉体から、獣が生まれ、獣の神を讃えた。
 獣の神はそのうち一部のものに力を与えると、ゾアンになった。
 増えすぎた獣たちの死骸が世界を埋め尽くそうとしたので、鳥の神がそれを片づけた。
 すると、創造神の肉体から鳥が生まれ、鳥の神を讃えた。
 鳥の神はそのうち一部のものに力を与えると、ハーピュアンになった。
 世界にあふれる生き物たちが、それぞれの神を崇める声を聴いた人間の神は、こういった。
「私もまた、兄弟神たちのように私を崇める者たちを作ろう」
 そう言うと、創造神の肉体から人間が生まれた。
 しかし、生まれた人間は爪もなく、牙もなく、羽も鱗も持っていなかった。そのままではすぐに死んでしまうほど弱い存在だった。
「ああ! なぜ、こんなに弱い生き物ができてしまったのだろう」
 人間の神は大いに嘆き悲しんだ。
 それを見かねた火の神は、人間に火を使う知恵を授けた。
 しかし、人間の神はそれでも嘆き悲しむのをやめなかった。
 次に水の神が、水を使う知恵を授け、魚を獲ること教えた。
 しかし、人間の神はそれでも嘆き悲しむのをやめなかった。
 さらに大地の神が土を耕して食べ物を得る知恵を、風の神が植物から実りを得る知恵を、獣の神が獣と戦う知恵を、鳥の神が鳥を落とす知恵を授けた。
 それにようやく満足した人間の神は嘆き悲しむのをやめると、人間たちにこう言った。
「おまえたちは、火を使い、魚を獲り、大地を耕し、植物を採り、獣を狩り、鳥を落とす。この世界のものすべてを手に入れ、大いに栄えるがいい」
 こうして人間は、この世界のありとあらゆるものを奪う強欲さを人間の神に与えられたのだった。

               セルデアス大陸に伝わる創世の神話より抜粋
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ