挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パイリン・ザ・ゴーレムマスター 作者:大滝よしえもん
29/29

地獄の用心棒・決闘銃砲市場(6)

 城塞ツィタデルゴーレム!その素材が木であろうと石であろうと鉄であろうと、建築物とその中にあった武器や器材を取り込み、ゴーレムの形に変化させたもの。故に名前が他のゴーレムのようにその素材ではなく用途になっているという、珍しい例である。
 他に比べ大きく重く動きは鈍くなりがちではあるが、その建物にあった火器を多く取り込んだ場合、その名の通りの動く城塞となり、あらゆる敵からの攻撃に耐え、大火力をもって粉砕するのだ。
 そのゴーレムが今二体、僅か数十メートルの距離で向かい合い激しい砲撃戦を開始した。噴き出す炎、広がる煙、響く爆音、飛び散る破片、たった二人のゴーレムマスターによって行われる、砲兵大隊レベルの撃ち合いだ。
 「クソ!近すぎて互いに回避も何もできやしねえ!先に弾が切れるか、ゴーレムが壊れるか、耐久力勝負になっちまった!」爆発と破片から逃れ走るパイリンの姿。
 相手が城塞ツィタデルゴーレムより小さいならその巨体と重量での体当たりも有効な攻撃手段だが、同型のゴーレム同士では意味が無い。

 「ヘルツマン!『地獄のフィア・ディア・ヘレ』!!」
 パイリンの叫びに応え、彼女のゴーレムは両腕の肘を曲げ腰だめに構える。同時に両肩の上にある、元は発射器ランチャーの砲座だった塔の部分が前に倒れる。すると両手両肩の四箇所、それぞれ四連装の砲身が正面を向く形に!
 「全門発射フォイアーフライ!」
 4×4,全部で十六発の噴進ロケット弾が一斉に放たれる!相手から受けた弾に倍する反撃、いや、直ちに再装填され再び十六発を発射!犀竜リノドラッケンのうなり声を思わせる砲声、即座に響く命中の爆音と共に、今度はペー師匠のゴーレムが赤・緑・紫・黒の派手な煙に包まれる!

 恐るべき大火力をくらい揺らぐペー師匠のゴーレム。だがしかし、今度も派手な爆発の割りにさほど大きな破損は見られない。これは彼のゴーレムの正面から見て、鋭角に尖った胴体の傾斜に秘密があるのだ。
 この噴進ロケット弾では、弾頭の先端ではなく炸薬と推進剤の間に信管が付いており、目標に命中し弾頭が潰れた所で炸裂させる構造になっている。このため命中時に傾斜で滑ってから一瞬遅れて炸裂、密着しての爆発より大きく威力を削いでいたのだ。
 「被弾経始と言います、この効果を、専門用語で」
 ゴーレムのデザインではペー師匠に軍配が?いやしかし、彼のゴーレムは取り込んだ砲座が四連装二器しか無いため、肩の部分の噴進噴進ロケット砲が無い。これではパイリンの物より火力半減ということになるのでは?
 「発射器ランチャーは必要無いのです必ずしも、噴進ロケット弾には……『噴進弾発射枠ラケーテンヴルフラーメン』!」

 今度はペー師匠のゴーレムの胴体や肩、二の腕を構成する、城壁の四角い石材が何カ所もスライドし、開いた穴から噴進噴進ロケット弾が姿を現す!
 「全門発射フォイアーフライ
 単なる四角い穴から次々に飛び出す噴進ロケット弾!狙いを付けるのにいちいち体全体を動かして相手に向ける手間がかかるものの、発射器ランチャー無しで次々に噴進ロケット弾を放つことができるのだ。
 石造りの塔を素材にしたパイリンのゴーレムの曲面の胴体は、浅い角度で命中した弾を同じように弾いたが、何カ所かでは直撃したところで爆発、うち一発が右肩の砲座を破壊してしまった!

 これほど轟音響き爆煙吹き上がる大騒ぎともなると、流石に街の外で花火に気をとられていた人々も気がついて、何事かと騒ぎ始めた。ゴーレム同士の戦闘が見える位置にいた外壁上の見物客達などは、当然大騒ぎしながら下へと逃げ始めている。
 さらに北外壁中央の噴進噴進ロケット砲座からの花火の打ち上げも止まっている。パイリンにより何らかの騒ぎが起こることを事前に知っていたジモーネさんが、騒ぎの起こり始めた早々に、花火職人達に退避命令を出していたのだ。
 そして炸裂前にペー師匠のゴーレムに弾かれた噴進ロケット弾の一発が、流れ弾となって遂に外壁上部を直撃、無人となっていた観客席で派手に爆発!これを見て街の様子を伺いに戻りかけていた外の人々が、パニックをおこして川の方に逃げ始める。
 「あっぶね~ッ!避難が一歩遅かったらまきぞいで人死にが出るところだったぜ!」流石のパイリンも少しばかりゾッとっする。

 今回は本来、抗争のドサクサに外壁の一部や雑然とした町並みを、ゴーレムで踏みつぶし破壊し整地するのが目的であり、その後の復興のためにも余計な死傷者が出たら困るのである。
 ところが今や大火力を持つゴーレム同士の戦い・噴進ロケット弾の撃ち合いという想定外の大破壊の危機に陥ってしまったのだ。これでまたあらぬ方向に流れ弾が飛んだら、街全体が破壊と火災に覆われかねない。
 「ちょっとあんた!コ……じゃなくてペー様!ここで撃ち合い続けるの、正直ヤバくね?!」
 砲撃を一時中断、声が届くようにしてからパイリンが叫ぶ

 「『抗争に紛れて適度に建物や壁を破壊、街の区画整理と新しい門を作るきっかけとする』、それがお前の目的ですね今回の、パイリン」
 「なんでそこまでわかるんだよ!」察しが良いってレベルじゃねえぞ!
 恐るべき洞察力……いや、これも事前にパイリンの動きを調査して得た情報と、そこから彼女の思考をシミュレートした上での結論なのだろう
 「私は詳しいのですよ、世界一、お前のことについて、何もかもわかっている」
 「キモッ!ストーカーかあんたはッ!」
 「いやそれ以前に夫婦でしょあんたら!」爆発を逃れるためかなり離れた所に逃げてるのに、しっかり会話を聞いていたアントンが今回のツッコミノルマを達成!

 「育ての親ですから、更にそれ以前は」ペー師匠が続ける。「おしめだって何百回も取り替えました」何故か得意げに付け加え。
 「そんなの関係ね~ッ!」思わず顔真っ赤なパイリン、あ、ちょっと可愛い珍しく。
 「あと、ずっと後にお赤飯も炊いたことも、私自ら」
 「よけーなことをゆ~な~ッ!」更に真っ赤になるパイリン、これは夫によるセクハラというべきか?
 絶叫のパイリン、そしてゴーレムが彼女の感情のままに猛然と突撃、ペー師匠のゴーレムに肉薄を試みる。

 今までの物より大きく、動きの重く遅いゴーレムによる近接戦闘・格闘戦というのはありえない発想である。城塞ツィタデルゴーレム同士、互いに重く遅く、手脚を振り回しての攻撃も回避もままならない、無様な戦い方になるだろうに。
 姿勢をやや前傾させたパイリンのゴーレムは、スカート状の石組みの内に収められた長い脚を限界まで大股にして前進を開始。摩擦で削れた石材の粉を吹き出しギシギシと身を軋ませながら、足下の雑多な店舗や倉庫を踏み散らして突撃する
 「あれッ?上手い具合に中央広場から北壁に向かう通りができそうじゃん」と気がつくパイリン。いつの間にか当初の計画どおりになっているではないか。
 そういえばペー師匠のゴーレムは、内壁の北部分を素材に使って穴を開け出現し、それから常にパイリンのゴーレムに対し、外壁の真北を背にするように占位しているのだ。ではこれもまた、彼の計算のうちだというのか?

 「うまくコースにのりました、しかしよくありません、決着がついてしまうのは、この場で」
 素早く後退を命じるペー師匠。彼の城塞ツィタデルゴーレムは、器用にもスイスイとムーンウォークで、突進するパイリンのゴーレムに正対したまま、同じ速度での移動を開始した。
 「なんとゆ~滑らかさ!さすが大師匠、技術力ハンパないよ!」鈍重なはずの城塞ツィタデルゴーレムでこの動き、この速さ、見ていたアントンが思わず感嘆する。
 「エッちゃん感動!アントンくん小銭ちょーだい!ペー師匠におひねり投げるデス!」いや芸人じゃないんだからゴーレムマスターは。

 「よし、北の壁までもう少し!追い詰めたぜ」
 後退するペー師匠のゴーレムの背後に立つ外壁、つまりそこで行き止まり。内壁や中央塔の砲台から外を撃つために、彼らのゴーレムの身長より低い十メートル程度の高さに作られている。
 これは大型竜ドラッケンの体当たりでも簡単に壊せないレベルの強度を持たせるため、二重に石を積み間に土を詰めた厚い作りになっている。それがゴーレムであってもやはり破壊は困難、「解体するのにも金と手間がかかる」と言われるのも道理な頑丈さである。

 「ここです、決着をつけるべき場所は」
 壁に背を預け、どっしりと姿勢を安定させたペー師匠のゴーレムが、再び両手の発射器ランチャーと、胴体などに開いた穴からの噴進ロケット弾同時一斉発射の構えに入る。
 無誘導の噴進弾では移動しながらの命中が期待できないが、固定された砲座と化したゴーレムから、真っ直ぐこちら向かってくるゴーレムを撃つのなら命中は確実だ。
 だがしかし、ペー師匠が全弾発射を命ずる直前、パイリンのゴーレムが急停止!「装甲擲弾兵パンツァーグレナディーア!」

 今度はパイリンのゴーレムの、腰から下を覆うスカート状の石組みが何十箇所も一斉に開き、その四角い穴から何か棒状の物がガチャガチャと姿を現す
 「全弾発射フォイアーフライ!みんな吹き飛べ~ッ!!」
 たちまちポンポンと響きわたる多数の発射音と同時に噴き出す白煙、だが今度は噴進ロケット弾ではない!パイリンのゴーレムの材料となった塔の武器庫に多数保管されていた擲弾筒グレネードランチャーだ!
 小はアントンが強盗団時代に使っていた中折れ式の大型拳銃サイズから、大は携帯可能な迫撃砲サイズまで、それを撃つのはゴーレムの体内に潜んだ、やはり武器庫にあった鎧から作られた簡易ゴーレムたち!
 兜と胸甲と籠手、それらに心臓ヘルツから伸びる神経索を通し、言わば上半身だけのヘルツマンを組み上げ操って、素早い装填と発射を繰り返すのだ。

 「そんな物が石壁のゴーレムに効きますか?いいえ効きません」
 ペー師匠の言うとおり、それらは対人用に鉄片をまき散らす小型榴弾を撃ち出すもの。これが野戦で敵歩兵に対してなら絶大な威力であるが、石材のゴーレムに対しいくら撃ち込んだところで豆鉄砲も同然、音と煙と破片が無駄にばらまかれるだけである。
 「ゴーレムそのものなんか狙っちゃいねえッ!」
 BAZOOMズウウム!突然の爆発!ペー師匠のゴーレムの両手指にあたる、噴進弾発射器ロケットランチャーが吹き飛んだ!
 「ゴーレムの体内の、噴進ロケット弾さ!」

 続いて胴体や腕に開いた穴からも火が!本来、初速が遅く弾道が山形の擲弾で、噴進噴進ロケット弾の発射口をピンポイントで狙撃などできはしない。だがしかし、何十門もの擲弾筒により立て続けに放たれた一発が、まぐれ当たりで発射口に飛び込む、これは確率の問題だ。
 そしてそこに収められた噴進ロケット弾の弾頭部を直撃、更なる誘爆、また誘爆をひきおこす!
 「やられました!」
 そしてそこから内部に収納された残りの噴進ロケット弾に火が回るのは早かった。連鎖爆発で激しく震え体の穴や隙間から炎を噴き上げ、ついに砕け散るペー師匠のゴーレム!そしてその大爆発は、寄りかかっていた外壁をも巻き込んで破壊する!
 瞬間的な爆圧で外壁の一部が街の外側に崩れ落ち、濛々たる煙と砂埃で何も見えなくなっていく……

 「勝ったッ!」格上であるグランドマスターのゴーレム撃破を確認し、感無量のパイリン。
 そして渦巻く煙の中からクルクルと回りながら飛び出してきた「何か」、いや「心臓ヘルツ」が落ちていく先、そこに……ペー師匠の姿!飛んできた心臓ヘルツを華麗にキャッチしてから、彼はパイリンに語り始める
 「認めねばなりません、見事であったと」敗北したはずの彼の顔は、しかし微妙に誇らしげで嬉しそうに見える。
 「そしてお前の計画通り、外壁に穴をあけることにも成功しました……が、しかし、終わりでは無いのです、これで」

 「どーゆー意味だ!?まだ何か……」
 パイリンが言い終わる寸前、他の誰かの大声が響きわたる!「火痰弾フレイムフラム!」
 そして突然壁の穴の方から、煙と砂埃を裂いて飛び込んできたのは火の玉!それがパイリンのゴーレムを直撃する!
 「何ィ!この攻撃はッ!」慌てるパイリン、燃え上がるゴーレム、この厄介な攻撃には覚えがある!

 そしてうなり声を上げ、煙の中から姿を見せたのは機甲竜パンツァードラッケン!以前戦ったゲアリックのものと同じ、ここのゲアリックが河に待機させていた一匹!前の「シュッツヒェン」とは異なり、奪われゴーレムに変えられてしまった鋳鋼製の甲羅は背負っておらず、身軽な分動きは速い。
 「ゲアリック!」突然の乱入に驚くパイリン。いや、つい先ほどペーリンは言った、「これで終わりではない」と……ならばこれも計画のうち、彼の読みどおりだとでもいうのか?
 「カールヒェン!火痰弾フレイムフラム連打!」続いて姿を見せた使いマスター、ゲアリックが叫ぶ。
 竜は喉を鳴らしゲル状の油脂玉を三連続で吐き出し、空中で着火したそれは、パイリンのゴーレムに全弾直撃!貼り付くように燃える炎が全身を包む!!

 「やべえ!これじゃオレのゴーレムの噴進ロケット弾も……」
 言い終わる前に体内の爆発が始まる城塞ツィタデルゴーレム!穴から流れ込んだ燃える油脂が噴進ロケット弾を焼いているのだ。そして火災と小爆発をおこしながら、ゴーレムはよろめきつつ壁の穴の竜の方に動き出す。
 「よおしカールヒェンもういいぞ、下がれ!」
 命令に素早く反応した機甲竜パンツァードラッケンは、スルスルと後退して穴の外に逃れ出る。そして一方パイリンのゴーレムは力尽きたように、先ほど砕け散ったゴーレムの残骸に重なるように倒れ込み、再びの大爆発!
 しばしの時をおいて煙が晴れると、先ほど半壊した壁の穴は一回り大きく広がっており……そこには既に、ゴーレムマスターたちの姿は無くなっていた。



 「ゲアリック強盗団改めゲアリック暴力団、再び改めゲアリック自警団、街の平和を守るゲアリック自警団をヨロシク!」
 新しくできた街を貫く大通り、そこを進むは巨大なドラッケン、そしてその背にはドラッケンマスター・ゲアリック親分。あの夜からいきなり「他所から来たゴロツキ」から「街を危機から救った英雄」へとジョブチェンジした彼に、街の住人は歓声を上げ手を振っている。
 ゴーレムに使われ破壊された塔や壁、失われた噴進弾発射器ロケットランチャーの代わりに、彼ら「ゲアリック自警団」と機甲竜パンツァードラッケンが新たな街の守り手として、街の住人に認められたのである。

 あの祭の夜、花火大会の最中に突然起こった、ゴーレムマスター同士の戦いにより、街は大変な被害を出した。
 ただ幸いにも、あれだけの大破壊にも関わらず死者はおろかけが人一人発生せず、また破壊された区画にはバラック型の安普請な店舗が多く、そこには保安上営業してない夜の間は高価な品を置かないため、金銭的な被害も予想以下だったのである。
 花火職人たちの工房も完全に踏みつぶされてしまっていたが、何故か金目の物や商売道具、花火の在庫は持ち出されていたので、損害は少なく花火が誘爆して火災を起こすようなこともなく、更には保険金が入り、むしろ儲かったという。

 「まさか街を遅う強盗団だった俺らが、街を守る自警団になろうとは」ゲアリックと竜に付き従う部下の一人が呟いた「読めねえよこんな展開!発想がとんでもねえですな、あの兄さんは」
 「まんまとノせられた、のかもしれねえが、そう悪い気分でもねえんだよなあ、コレが」
 当初複雑な気持ちのゲアリックであったが、女子供からの歓声に表情を崩し手を振りかえしたり、すっかり「いい者」と化している。
 結果的に言えば、パイリンとペー師匠の戦いは、街に取り返しの付く程度の損害と、大きな将来性、そして悪党達にまっとうな就職先を残したのであった。

 さてしかし、件のパイリン一行は、そしてペーリン師匠は今、何処に?消息不明につき、彼女たちの旅がまだまだ続くったら続くのかも不明、嫌も応もなく! 

(インターミッションに続く)
cont_access.php?citi_cont_id=37065804&si

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全359部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 11:00
冒険者デビューには遅すぎる?

 40代の普通の会社員だった千種青志は、異世界に迷い込んでしまった。その世界では自分も魔法が使えると喜んだものの、彼が使えるのは農民魔法と呼ばれる水魔法と、あま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 16:09
異世界転生に感謝を

 今から数十年後の未来。 VR(仮想現実)ゲームはついに実現した。  VRゲームを待ち続けた老人は、念願のVRゲームを嬉々として始める。  楽しいチュートリアル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 00:07
普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

普通のおっさんである近江正樹は、帰宅途中に神の気まぐれで異世界へと送られてしまう。 剣と魔法の異世界をチート能力を使いながら目的もなくぶらつき、眠くなったら魔法//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 23:02
嫌われ者始めました〜転生リーマンの領地運営物語〜

プログラマーの榕木(あこうぎ)丈治は、自分が携わったゲーム「君と手を取り合って冒険へ」に出てくる嫌われキャラジョージ・アコーギに転生してしまう。チートなし、ヒロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全140部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/10 22:40
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全262部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:00
土魔法に栄光を!

気づいたときには魔法が普通に存在する異世界で赤ん坊として転生していた主人公。 ハデな魔法が使えると楽しみにしていたが、自分に適性があった属性は、その世界でも地味//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全201部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/07/23 22:49
異世界で始める人生改革 ~貴族編〜(公爵編→貴族編

「ああ、死にたい」事あるごとにそう呟く大学生、坂上宏人は横断歩道を渡っている途中トラックにはねられそうになっている女子高生を救い自らが撥ねられてしまう。だが死ぬ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/09/05 22:27
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/02/11 00:00
乙女ゲーム世界で戦闘職を極めます -異世界太腕漂流記

!書籍化に合わせてタイトルが変更となりました。! 女子力底辺の日本在住ゲーオタ社会人女性(喪)が、こともあろうに乙女ゲームの世界に、しかもヒロインをあの手//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全41部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/21 11:00
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 22:53
神達に拾われた男(改訂版)

日本に生まれた運の悪い男は、39でその一生を終えた。 しかし死後、三柱の神に協力する代わりに異世界で新しい人生を送ることになる。 この小説は「神達に拾われた男//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/10 16:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全145部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/03 01:00
レア・クラスチェンジ!〜魔物使いちゃんとレア従魔の異世界ゆる旅〜

「ここ…どこ?」 普通の女子高生レナは、気がついたらなぜか異世界トリップしていた。 ギルドを訪れると、適性職業は『魔物使い』のみだと言われる。 現代っ子のス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 23:06
29歳独身は異世界で自由に生きた…かった。

29歳独身が異世界で自由気ままに生活しようとする物語です。 初日から『押し売り』女房に捕まり、十日ほどで国にも睨まれ始めて人生中々上手くいきませんが。 そん//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全78部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/07 21:00
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全288部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 21:39
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/09 12:38
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 00:00
男なら一国一城の主を目指さなきゃね

 列車事故で死亡した主人公(45歳サラリーマン)は異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生した。なぜか特殊なスキルも持っていた。自身の才能について検証を行い、そ//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全491部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 19:00
時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

召喚先の異世界でスキルをもらったけど、王様の態度がムカついたので、お姫様をさらって地球に帰って来ちゃった。 もらったスキルで異世界と地球を行ったり来たりしながら//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全426部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 19:35
転生少女の履歴書

頭脳明晰、スポーツ万能、何をやらせてもそつなくこなす絶世の美少女は、車の事故であっけなく命を散らしてしまう。 そして前世の記憶を持ちながら、転生した先は剣と魔法//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 21:03
酷幻想をアイテムチートで生き抜く

 内気で目立たない高校生(隠れ中二病)が、残酷なリアルファンタジーに転移して知恵と勇気となけなしの能力で生き抜く物語です。  本人は、魔剣の勇者になりたかったら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全286部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 21:04
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全99部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 00:52
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1378部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 18:00
やる気なし英雄譚

大陸西方の小国であるクラリス王国に、「王都のごくつぶし」と呼ばれる青年士官がいた。彼は魔法全盛の時代にほとんどの魔法を扱えず、出来損ないの士官として地方へ左遷さ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全237部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 21:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:06
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 00:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/08 09:04
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/13 07:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全131部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/04 23:21
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 18:00
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全527部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 22:04
↑ページトップへ