挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パイリン・ザ・ゴーレムマスター 作者:大滝よしえもん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/29

ゴーレムマスター vs 自称義賊 vs 多頭亜竜(1)

(1)

 城塞都市ツィタデルブルクから延びた街道から北東に進み、途中分岐した脇道に逸れて暫く先、周囲を四つの鉱山に囲まれた盆地がある。
堆積岩の中に透明度の高い石英脈が走った四つの鉱山では、それぞれに違った色の水晶が採れることで有名である。
これはこの地方を治める辺境伯の重要な資金源であったが、統一戦争の際の和平の取引材料として、その中の山一つ、紫水晶アメジストの採掘権が大空龍教団に譲渡されてた。

 そして盆地にある村・ゴルペンドルフには、その四つの山全てのための鉱山労働者が住んでいる。
そればかりか水晶を加工する職人、彼らの家族、更には宝石業者も滞在する村も幾つか隣接しているので、その集合体「郷」というべきか。
 さてツィタデルブルクからこの村に到着したパイリン一行、前回得た賞金のおかげで、彼女たちにしては珍しく、出入りの宝石商向けのちょっと良い宿屋に滞在中である。

 「ねえ師匠、そもそも水晶って『宝石』なの?」ゴーレムの動力伝達物質とされる宝石について学ぶにあたり、まずは弟子であるアントンからの素朴な質問。
「う~ん、厳密には『鉱物』だな、宝石と呼ぶには硬度が足りないし。まあ透明度の高い高価なのや、珍しい種類だと宝石扱いな場合もあるけどな。しかしゴーレム用としては、かなりの優れモノなのだ」
 パイリンが言うには、ゴーレムの『心臓ヘルツ』に使われる宝石は、殆どの場合装飾品としても高価な物ほど高性能な傾向にあるのだが、例外の一つが水晶だという。
 水晶は所謂「パワーストーン」と呼ばれるもので、ゴーレム用とはまた別に、魔法やまじない、お守りに使うアイテムとして、大昔から多用されてきた。

 「水晶はゴーレム用として費用対効果に優れているけど、その一方で透明度が高く、綺麗な色で高価な物ほど高性能だったりするがな」
「ナンで見た目キレイなのが高性能デスか?」二人の話に興味を持ったのか、エンジェラも会話に割って入った。
「それは・・・やっぱりよくわかってないんだよ!」
「な、なんだってー!」例によってハモって驚愕の二人。
「宝石を通じて異世界から来る、エネルギー体の『何か』が綺麗な色で透明度の高い水晶が好き、ってことらしい。そして例によって、何で好きなのかはサッパリわかってません!」
「あいかわらず、原理がよくわかってないのに実用化しちゃってるんですね、ゴーレムの技術って」
「だって『何か』の奴ら、言葉通じないんだもん。ただ相手してると、なんとなく気持ちがわかるんだよな」
 それは竜使いが竜と言葉が通じてなくても、気持ちが通じて自在に操れるのと同じなのだろうか?

 「まあそれは置いといて、水晶ならこないだの賞金全部使ったら、持ちきれない程買えちまうわけだ」
「賭けの儲け除いた賞金だけでも五百万でしたからねえ。これだけの大金抱えたこの数日、心配で心配で」彼女たちが優勝したことを聞いた犯罪者たちが、いつ襲ってきてもおかしくは無かったわけだし。
「まあそうなったら返り討ちにして、そいつらも賞金首として突き出したけどな~。」フフッと不気味に微笑むパイリン師匠、マジで鬼。

「だけどやっぱ嵩張るし面倒だよな、今みたいにヘルツマンに担がせていても」
そう言って脇を歩く全身鎧の男・その実体は簡易ゴーレムであるヘルツマンに目をやるパイリン。
 そのヘルツマン、今現在背中にごっつい金庫を背負っている。例のツィタデルブルクのガラクタ置き場にあった古い物だが、こんな目立つ物背負っていて襲われなかったのは奇跡である。
 いや、普通人間が背負えないような重量物を、軽々と担いで歩いているヘルツマンがとんでもない強力の用心棒に見えたことで、かえって襲われなかったのかもしれない。

 「さっさと買い物すませて、金は手元には必要最小限だけ置残すことにしよう」
「さてはお洋服とかお食事とかで、パ~ッといくのデスね!」キャ~ッ!と勝手に一人盛り上がるエンジェラ。
「おめーに奢るための金じゃね~ッ!だいたいこの前のかけはぎとかモツ焼きの儲けとか、全部くれてやったじゃん」
流石に前回は儲けが大きく気分が良かったパイリン師匠、珍しく弟子たちからの搾取無しで、丸ごと譲ってあげたのである。

 「なので今回、水晶買い付ける分を除いて、さっさと銀行に預けま~す」
「『銀行』ってナニ?」馬鹿弟子とお馬鹿ちゃんエルフ、同時に首をかしげるの図。
「おめ~らの無知さ加減には父ちゃん情けなくて涙が出らあ!今回この村に来たのも、その銀行ができたって聞いたのが理由の一つだっつうの!」
 だれが父ちゃんだよ、と突っ込む間もなく、彼女たちが角を曲がったところでその「銀行」の建物があった。

 *

 辺境自治区の金融業界が急速に発展したのは、統一戦争後の鉄道の発展と並行してのものだった。それまでは都市単位であった金融のネットワークが、自治領の壁を越えて繋がったのである。
 現金の輸送が鉄道で行われるのは当然だが、もう一つ、ある銀行で預金したものを、遠く離れた銀行から引き出せるようになったのは、実は水晶と魔法のネットワークのおかげなのである。

水晶魔法の専門家・占術ヴァーザーゲンマスターのギルドが銀行業務を開始、ゴーレムのエネルギー伝達とは違うラインで水晶を介し、預金情報を銀行間でやりとりするようになったのだ。
 信用第一で厳格に運営される彼らの銀行業務は評判となり、今や大きな商取引には欠かせないと言われ、また旅の商人達が強盗対策に預けるようになって、ますます栄えていた。

 *

 銀行は近隣の岩山から切り出された石材で作られた立派な物である。これに寄り添った、やはり石造りの小さな建物は、ここの保安官事務所のようだ。どうやら強盗対策として、銀行側が事務所を建築して保安官を呼び寄せたらしい。
「銀行に寄る前に、ここの事務所にも挨拶しとこうかな~」とパイリン。

 「たのも~!そして賞金首の情報よこさないと、お前の家、燃やす!」
何ゆえ毎回毎回放火を仄めかして脅迫するのかこの人は、とアントンが呆れて見ていると
「ナニを言うちょるのかねチミ~!タイホするよ、タイホ!」

 事務所の奥からのっそり出て来たその男、頭の中央だけ縦にそり残された髪、脂ぎった顔の中央に集まった、睨みを利かせた小さな目、顔の下半分は鉱山の砂塵除けのマスク、ぶっとい首、襟元と胸元を守るごっついプロテクター、
 でもそんな物は無用なんじゃないかと思わせる、分厚く弾も刀も通りそうにない全身筋肉の塊。装飾の付いた皮のブーツ、背にはやはり砂塵除けのケープ、それらに付いた辺境区保安官を示す徽章やら刺繍やら・・・
 ?、アレ~?また若干違う、けどやっぱ似ている!

 ……我々は知っている、勿論!この男を……いや、この男の声を!!姿を!!その名前を!!
「ゲアリック!」前回に引き続き綺麗にハモる三人。もはやお約束かよ!伝統芸の域かよ!ベタネタかよ!
「ナニかねチミたち、本官を知っとるのかネ?」なんだか田舎の駐在さんみたいなしゃべり方のゲアリック(仮)さんである。

 「エッちゃん驚嘆!またまた『綺麗な』ゲアリックさん、今回は保安官さん役デスか?さてはシリーズ皆勤賞狙ってマスね!カードにスタンプ押してあげないと」よくわからないボケをかますエンジェラ。
「いや見た目はそっくりでも毎回毎回別の人だから、あとカードとかスタンプってナニ?」と速やかにツッコむアントン。

 「いいモノの方のゲアリックだったら、ツィタデルブルクの騎士長と近い親戚の人なんじゃね?」とパイリンは推理。
「ありゃ、お前さんがた騎士団のウドーちゃんを知っとるのかね?あいつは本官の甥ッ子なんだわ」うむ、どうやら正解らしい。
「今回はゲアリックおじさん?見た目甥御さんと歳の差が全然感じられないんですけど?」
 アントンはそう言うが、例によってマスクで顔の下半分隠しているので素顔がわからないし、体格もマッチョだし、本当に区別がつかない。

 「んで、ナニ用かねチミたちは?」
「だから賞金首情報よこさないと、おっさんを心の中で激しく性的暴行!特におシリとかすごいことに!」なんかパイリンの脅迫スタイルが新しくなってるぞ。そしてそれは脅迫として効果あるのか?

 「あ~、もしかしてチミたち賞金稼ぎ?わかりにくい、実にわかりにくい。この前届いた新しい手配書出すからちょっと待ちなさい」珍奇な脅迫に対してはツッコミもなく、デスクの引き出しをゴソゴソやるゲアリック保安官。
いきなり引き出しに隠していた拳銃を取り出し突きつけるとかもなく、普通にその手配書を手渡してくれた。なんかいかつい見た目に反し、普通に親切な人であるようだ。

「ホレ、この辺りで一番賞金額の高いのはこのお兄ちゃんだわな」
ゲアリック保安官の差し出した手配書の一番上のそれには、見た目けっこうハンサム、けどちょっと笑顔の怪しい若い男の似顔絵に、「連続窃盗犯・自称義賊 ギュンター・ゲッツ・ゴットハルト・グスタフ・ガイガー」とある。

 「なんちゅうガギグゲゴな名前だ、長いし」パイリンのわかるようなわからんような感想。「しかも義賊?なんだそりゃ」
「銀行や成金の宝石商から金品を奪って、貧しい鉱山労働者に分け与えるのが趣味のドロボーなんだわ。まあ変なヤツだがやたら逃げ足が速いし、人を殺したり傷付けたりはしないし、あと貧乏人には人気があってなあ」
 「よし殺そう、そして賞金首に替えよう」何ら考慮せず即断するパイリン師匠、マジで鬼。
「情け無用ですかあんたは!」いつものようにアントンもツッコまざるを得ない。

 しかし「いやこのお兄ちゃん、生きたまま捕まえないと全額でないヨ?被害総額はともかく、凶悪犯じゃないんだから。」と保安官からの注意。
「チッ、めんどくせえ」パイリン師匠、自分もまた生きて捕らえないと賞金にならない立場であることはおいといてブツクサ言っている。「せめて暴行を加えたい、性的に」
「久々に聞くけど性的ってナニ?」
とアントンが尋ねたところで、パイリンが答える声の代わりに響く爆音!濛々たる白煙、突然保安官事務所の奥の方、無人の留置場の壁が片方吹き飛んだ!

 「何事かね~ッ!」「おわあ、保安官事務所で爆発、これで二回目!」
今回はやたら以前と同じようなことがおこるなあ、とパイリンが思ったところで、今度は壁に空いた穴の向こうから、白煙をかきわけ人影が現れた。
 「ハーッハッハッハッ、愛と正義と友情と、あとちょっぴり哀愁の義賊、ギュンター・ガイガー、参上!」

 なんだかよくわからないが妙に爽やかな名乗り(ミドルネーム省略)で、くだんの集金首、義賊ガイガーその人がエントリー!
 「またアレな人が出た~ッ!」率直すぎる程のアントンの感想に、他の(やはりアレな)三人は一斉にうんうん、と同意してうなずいた。

(続く)
cont_access.php?citi_cont_id=37065804&si
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ