挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ある王国の物語 作者:天ちゃん
1/27

プロローグ

この物語は『マジカル・クローバー』の数年後のお話です。

『マジカル・クローバー』のキャラクター達も登場します。

それはまだアリス姫が幼い頃……。

『ハイネったらお勉強、お勉強って…もうイヤ…アリス疲れちゃったよ』

教育熱心なハイネから逃げ出し、アリスは黒猫のレオンとお庭で遊んでいた。

“怒られても、ボクは知らないニャ”
『ぶぅー!!』

アリスは頬っぺたを膨らませた。

………すると。


………ガサ…ガサッ。


『………?』

“……アリス!!草むらに誰か隠れてるニャ!!”

『…誰かそこにいるの?』
『…やっべ!?見つかっちゃった』

草むらから出てきたのは…隣国、クローバー国の少年だった。

『…ここで何してるの?』

『な~んだ。アリスちゃんか。お勉強がイヤで、抜け出して来ちゃったんだ…』
『アリスもだよ!!』

2人は顔を見合わせて『ふふっ…』と笑った。

2人は似た者同士。

アリスの事を何故か『アリスちゃん』と呼ぶ謎の少年。

アリスはこの少年と遊ぶのが大好きだった。

『でも、そろそろ戻らなきゃ…怒られちゃう』
『うんアリスも…ハイネに怒られちゃう』

『あっ…アリスちゃんに、これあげる』
『………?』
『じゃっ…!!また一緒に遊ぼうね!!』

少年は帰って行った…。

アリスが渡されたのは…四つ葉のクローバーでした。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ