挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
リズムゲームプラスパルクール 作者:桜崎あかり

エピソード4『大和、出撃!』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

45/137

エピソード4-9

2017年1月16日付:加筆調整

 4月17日午前12時、ネット神逮捕のニュースはテレビ局に衝撃を与えたのは間違いない。
当初、そこではとあるアイドルグループの解散をトップニュースで報道する予定だったからである。
そのグループは、アイドル投資家の一件で責任を取らされる形で解散――と言うよりは、真犯人を隠す為のトカゲの尻尾切りと言えるかもしれない。
このニュースをトップで扱うはずだったにもかかわらず、ネット神逮捕のニュースを大きく取り上げなくてはいけない事――それが誤算とも言えた。
【ネット神が行った事、それは詐欺罪以上の物を感じる。良くて無期懲役か?】
【超有名アイドルの情報を操作し、株価の意図的な釣り上げ、インサイダー取引、更にはFX投資詐欺や迷惑メール、更には違法動画の配信や違法ツールの開発――】
【どれだけネット神が芸能事務所の協力を得て、犯罪を繰り返してきたのかが分かる瞬間だな】
【しかし、このネット神も氷山の一角に過ぎない】
【どういう事だ?】
【ニュースでネット神の逮捕を報道しているが、本当に単独犯なのか?】
【確かに、ニュースでは『その一人を逮捕した』としか言っていないが】
 ニュースの報道では、ネット神を逮捕、複数犯の可能性、逮捕された人物は未成年の可能性も――と言う事だった。
実際、ネット神を逮捕した事実は変わらないが、映像は出てこない。それが、未成年の可能性を示唆している。
ネット神が組織名ではないらしい事は、まとめサイトにも関われているのだが、ソースとしては疑わしい部分もあった。
週刊誌の様な報道では特に言及されていない事から、ネット神はARゲーム関係とも言われているが――それもソースが疑わしい。
ネット神と言う単語だけが独り歩きを行い、それを超有名アイドル商法と結びつけたがる――ARゲームのビジネスモデルとして、そうであるというつぶやきも散見された。
それ程に、今回のネット神逮捕はチェックポイントを通過したに過ぎないと考えている人物が多かった。


 ネット神の逮捕はガーディアンサイドにも伝わっている。逮捕したのは警察らしいが――。
「第4の壁、その技術を使えば――貴様の方が逆に捕まる。その技術は――」
 ネット神は倒れる前に、何かを伝えようとしていた。しかし、その内容は不明のままだ。
憶測だけで物を言うのも周囲に不安を拡散する事になり、非常に危険である。
「第4の壁が何かは分からないが――アカシックレコードの技術を利用するのも、一種の二次創作である可能性が否定できない」
 コンビニ近くでタブレット端末を片手にデータを検索していたのは、日向ひゅうがイオナだった。
長門の一件も衝撃だが、それ以上にARゲームでも違法ガジェットの生みの親と思われていたネット神が逮捕された事は、日向にとっても同じ位の衝撃だったのである。
「しかし、そうした認識をする事次第が――アカシックレコードの筋書き通りなのか、それとも――?」
 日向はネット神の逮捕が、今回の事件に関してアカシックレコードを悪用した人物の犯行とも考えた。
彼女としてはARゲームを一部ユーザーによる悪目立ちに利用、夢小説勢による実在プレイヤーを描いた夢小説――そうした風評被害が出る事を、望んではいない。
ARゲームを超有名アイドルファンの無料広告塔として利用される事は許せないが、それよりも許せないのは――。
「ARゲームを安心して遊べる環境を提供する為に出来る事――それは、プレイ環境を荒らすだけ荒らしていく勢力に他ならない」
 日向がARゲームで行っている行動、それは一部ユーザーにとっては迷惑行為と認識されるような事だったが、彼女としては必要悪として行っていたのである。
それは誰かに認めて欲しいからやっている訳ではない。単純に、自分自身の為だけにやっているのだ。
自分が快適にプレイ出来る環境――それは他人に押し付けたりしない一方で、つぶやきサイト等で炎上させる事やまとめサイトのような勢力を利用してPRする事が本当に正しいのか――。
そうした問題提起とも言えるような行動だったのであるが、それはガーディアンにも認識されてはいない。
ARゲーム運営の反応を見れば、彼女がどういう人物なのかは一目瞭然だろう。
「環境を荒らしていくような物は禁止カードなどもあるが――あれと夢小説勢のやっている事は、根本的な部分で理由が違う」
 日向はタブレット端末のつぶやきのタイムラインを眺めつつ、ふと考えた。
タイムラインでは夢小説勢がやっている事を徹底的に叩くべき――というつぶやきが晒されていたが、これは釣り目的なのは確定的に明らかだろう。
「本当の意味で環境を荒らすというのは、荒らされた環境を修復しようと言う努力をせずにゴミを散らかすだけ散らかして帰るような観光客――修復の努力さえもしない勢力だ」
 そして、日向はコンビニを離れて別のアンテナショップへと向かう事にする。その目的は、パワードミュージックなのは間違いない。


 午前12時30分、ネット神以上に強大な敵を感じ取っていたのは比叡ひえいアスカだけではない。
「ARゲームを少し様子見しているだけで、ここまでになるなんて」
 身長170位にぽっちゃり系に近い体格、草加市内でも見かけないようなメイド服という服装――。
黒髪に短めのツインテールと言う髪型――その正体とは、ローマである。
彼女はARゲームを少しの間休止していたのだが、その間にも転売屋勢力の摘発、ネット神逮捕、更には芸能事務所の謝罪会見など――。
どう考えても、ARゲームから一時的に離れただけで周囲の環境が変わり過ぎている事に、彼女は恐怖に似たような感情を感じた。
しかし、それでも彼女はマイペースを維持しており、顔に表情を見せる事はない。
「ARゲームを町おこしとしている草加市の日常――それに対して、超有名アイドルのディストピアから世界を変えようとするガーディアンが活躍するARゲームの――」
 ローマはふと考えた。この町には非日常と言えるような裏の顔を持っているのではないか、と。
彼女は500ミリリットルのペットボトルコーラをラッパ飲みし、ARガジェットでつぶやきサイトのタイムラインを一通りチェックしていた。
それを踏まえて、ローマはARゲームに関して何かの問題を抱えている可能性がある――と考え、あの動画を発見して視聴したのである。
「ビスマルク――彼女の狙いは、一体」
 例のビスマルクの動画は、いつの間にか再生数がうなぎ昇りとも言うべき展開になっていた。
しかし、それでもビスマルクが再生数が急上昇した事を喜ぶようなコメントを、動画コメントに追加する事はなかったのである。
彼女としては再生数が伸びる事に対し、喜びとは別の感情を持っていたのか?


 実際、ARゲームを巡る環境は東京都内だけを見ても全面的に歓迎されている訳ではない。
一部ユーザーの迷惑行為、それだけを切りぬいてアフィリエイト系まとめサイトを立ち上げる勢力もいる。
それに加えて、まとめサイトで得たアフィリエイトの利益で超有名アイドルのCDを万単位で購入し、超有名アイドルの神化に貢献しているだろう投資家もいるかもしれない。
中には歪んだ認識を周囲に拡散し、超有名アイドル以外のコンテンツを排除しようと言う人物もいるかもしれない。
例え、それがアカシックレコードに書かれていたことのテンプレ展開であろうと、彼らにはお構いなし。
自分達が知らずに権利侵害をしていても、運営からのメールをスルーし続けるようなユーザーもいるかもしれないだろう。
 ローマも一連の動きに関して知ったのは、まとめサイトではなく、ビスマルクの動画を知ってからである。
それ程にビスマルクの動画は、ARゲームが直面している現実を知らせるのには一役買っていた。
しかし、それでもビスマルクの発言そのものをローマは鵜呑みにしていない。それは、あの動画を見たユーザー全員に言えるのかもしれないが。
「パワードミュージック――あの世界には、音楽業界の抱えているであろう闇が――テンプレではあっても存在する」
 そして、ローマはパワードミュージックへの参戦を決意した。全ては、ビスマルクの発言が真実であるかを見極める為に。
「コンテンツ流通の正常化もあるかもしれないけど――あの状態が見逃される程、ARゲームの現状は悪くないと」
 ささいな歪みでもARガーディアンが動きだしたり、一部のチートプレイヤーに対してランカープレイヤーが討伐をするような光景――。
他のソシャゲ等で起きるような事が、ARゲームでは事前に阻止されるような傾向にある。それを過剰反応と言うべきなのか、ネット炎上阻止と言うべきなのか――?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ