挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

冬の童話祭2013参加作品

ケチな親子

作者:城田寺 皓
 あるところに、たいそうケチな親子がいた。
 父と息子の親子二人は、とにかく金にがめつくて卑しい。
 買い物をしようものなら、それが何であれまずは値切る。こんなたちだから、その交渉がまた上手いこと上手いこと。
 口八丁手八丁であれやこれやと煙に巻き、気づけば相手も言いくるめられてしまう。
 そうして貯め込んだ金を一日の終わりに眺めるのが、彼らの至福の時間だった。

 やがて月日が経ち、父もだいぶ年老いてきた頃だ。寄る年波には勝てずとうとう病に倒れ、父はそのまま息を引き取った。
 父の亡骸の傍で悲しむ息子。そんな彼のもとに一人の女が訪ねてきた。
「失礼いたします、私は教会の者です。深い悲しみのなか大変恐縮ですが、今回は葬儀の件でお話に参りました」
 女は息子に一通りの説明をすると、代金として銀貨を二十枚要求した。
 しかし息子はこんなときでさえも、素直に首を縦には振らなかった。
「まず花はいらないな。父は生前花が嫌いだったんだ。銀貨二枚まけてくれ」
「分かりました」
 女は頷いた。
「それと牧師の言葉もいらない。僕が代わりに言おう、こう見えて信仰心は強い。銀貨三枚まけてくれ」
「そう言うことなら」
 女は納得した。
「あとはそうだな、墓石もこちらで用意する。いいつてがあるんだ。だから銀貨五枚まけてくれ」
「ではその通りに」
 女は了承した。
 結果的に葬儀の代金は銀貨十枚となった。
 しめしめと息子は思った。元の値段の半分にもなったのだ。これで喜ばない訳がない。
 すると突然、なんと死んだはずの父が目を見開き、力強く言い放った。
「駄目だ! 死んだ俺に銀貨十枚はまだ高い! もっとまけろまけろ!」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ