挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
或る魔王軍の遍歴 作者:饗庭淵

八章〈魔女〉ミナ・ハーカー

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/32

(8-3)

 万魔殿は生きた迷宮である。内部構造は複雑に蠢き、廊下が部屋が常に蠕動し、侵入者を惑わす。
 勇者一行もまた、その攻略には苦戦を強いられた。入り乱れた迷宮と、数々の罠を突破し、奥へ奥へ。ここまで来た以上、もう引き返すことはできないのだ。
「魔王め……堕ちたな。我が身かわいさに貴重な大魔石を使ったか」
 勇者はそんなことをつぶやきながら、四体の魔獣との激闘を乗り越え、ボトムとの再戦に勝利し、ついに魔王の眼前まで辿り着く。
「魔王、追い詰めたぞ! これで最後だ!」
 運命に決着をつけるときが来た。魔王も勇者も、その点については思いは同じだ。
 魔王は振り返らなかった。勇者に表情を見せずに、淡々とした口調で語りはじめた。
「万魔殿を召還したからといって、それでお前たちを斃せるなどとは思っていない。四体の魔獣もきっと役に立たないだろう。大魔石三つを代償とするのでは、釣り合いがとれていないかも知れない。だが、時間稼ぎにはなった」
「時間稼ぎだと?」
「私は考えた。お前を斃すにはどうすればいいのか。方法はない。なにをしても、私はお前に勝つことはできない。最終的にそう結論した。だが、やれることはすべてやってみようと思う。考え得る可能性は、すべて試すことにした」
「どういうことだ。なぜ、時計を気にしている」
「あと、一〇秒」懐中時計の秒針を見守りながら。
「な、なにをするつもりだ!」
「最後の、悪あがきだよ」
 自爆。それが魔王の最後の手だった。螺旋巻きのグ・アキルに特注の〈爆弾〉を万魔殿に仕掛けさせたのだ。必要だったのはそのための作業時間、そしてグ・アキルが避難するための時間だ。それは万魔殿はおろか、死霊の山そのものすら消し飛ばす威力を持つ。一〇八tもの爆薬の同時起爆がもたらす火力と、最新の魔技術、そして魔王自ら描いた鴻大多重術式の結晶。これにも大魔石を一つ消費し、始めてなしえたものだ。
 やりすぎか? ああ、やりすぎかも知れん。だが、手加減などできぬ。少なくとも万魔殿を全壊させるだけの威力は必要だ。非常識には非常識で応じるまでだ。いかなる奇蹟も消し飛ばすほどの物量が必要なのだ。どうせ自爆するなら、持ちうるかぎりの最大火力での最高の花火を上げるべきだ。
 むろん、時を止めて脱出することもできない。万魔殿の内部は迷宮のように複雑に込み入っている。時を止めたとしても、脱出には最短ルートを通って一〇分はかかる。さらに爆風の安全圏まで離れるのには全力で走っても一〇分はかかる。二〇分以上時を堰き止め続けることも、決して不可能ではない。が、その反動として魔王は二〇分もの加速化された時間を引き受けなければならない。今までに魔王が試したことのある最長時間は七分。そのときは大変な目に遭った。脳に多大な負担がかかり、頭痛・目眩・嘔吐を催し、二日間寝込むはめになった。堰き止めた時間と副作用は必ずしも正比例ではなく、ある臨界点を超えると指数関数的に増大する。限界時間の二倍以上、廃人化は確実だ。あるいは黒触病が進行し、理性が破壊されるおそれがある。魔王の魔物化、それは最悪の大惨事を生むだろう。地上は人も魔族も住めなくなり、魔界にすら危険が及ぶ可能性がある。
 さらにいえば、爆発後は強力な残留魔素が爆心地を中心に広がる。それからも逃れたければ、さらに遠くへ逃げる必要がある。単に爆発から逃れるだけでは、二〇分間無防備に残留魔素を浴び続けることになる。山の半径一〇km内は人も魔族も近づくことのできない魔境と化すだろう。
 なにより、魔王が爆心地に留まることで術式は安定し、計算上の爆発力が保証される。そして「自分だけ逃げ出す」という方法は、勇者に対しては悪手だ。馬鹿馬鹿しいが、こんな精神論で彼には臨まねばならなかった。
 自らの命を省みず、ただ勇者だけを殺すことを至上目的とする。そんな魔王の最後の一手は、当然のように失敗した。
「なぜ起爆しない……!」
 狼狽えるふりも飽きてきた。わかっている。勇者にこんな手が通用するはずがない。ありとあらゆるunthinkableに思いを馳せても、彼には決して届かぬのだ。
「ひゅー、無様だねい」
 ネスター・グ・アキル。螺旋巻き最高峰の職人。魔王最後の悪足掻きの要。その失敗に際し、彼は驚くほど図太い態度で現れた。
「勇者を見て、気が変わった」
「なにをいっている……」
「設定をいじらせてもらったよ。〈爆弾〉は決して起爆しない。どんな極悪人からの依頼も黙って引き受けてきた俺だが……魔王、あんただけはダメだ。ましてや、勇者と心中しようだなんてな。俺にも、こんな気持ちが残ってるだなんて思わなかったよ。へへ、正義……っつーのかな、これ」
 自らの製造した兵器がどれだけの人命を奪おうが、それに心を痛めるなどという倫理観など螺旋巻きの職人には一切ない。彼らはどこまでも職人であり、受注生産に徹するのみである。
 そんな誇り高き螺旋巻きの民が、いかなる発注でも倫理や私情で断ることなど決してないはずの螺旋巻きが、ましてやそのトップクラスの職人であるネスター・グ・アキルが、こんな若造にあてられ、「正義」なぞ得体の知れぬ感情に目覚めるだと……!
「冗談も大概にしろ!」
 魔族以外のすべては勇者に味方する。人も、社会も、自然も、奇跡も、運命も、そして、あるいは魔族さえも。世界は彼の敵と味方で区別され、すべての敵は滅びの運命を逃れられない。
「見たか、魔王! 正義は……正義は必ず勝つんだ!」
 勇者がいうかぎり、その言葉は真実なのだろう。
 もはや、正面からぶつかるしかない。魔剣〈哭神絶禍〉、当然ながら用意している。対するは勇者の聖剣。まだまだ、私は足掻くことをやめない。

「はんぺんをいじめるな!」
 その場にいたもの全員が、場違いな来訪者に絶句した。
 幼子。彼女の呼ぶ名が、誰を示しているのかもわからない。ただ一人を除いて。
 少女は魔王の前に立ち、両手を広げた。そして勇者を睨みつける。身を呈して、勇者から魔王を守るために。その様子を見て、勇者は、顔を伏せて、いった。
「……こんな幼い子まで盾にするなんて。魔王、もはや哀れ過ぎてかける言葉もない」
 勇者の言葉など耳に入らず、魔王は激しい動揺を覚えていた。
 ネガデスがラプを逃した? ありえない。彼がそんなミスを犯すはずがない。
 ラプがここへ来たのは、ラプ自身の意思だろう。あれだけ釘を刺しておいたはずが、ネガデスが私の名誉のために余計なことでも吹き込んだのか。そこまでは考えられる。だが、ここまで来られたのは本当にラプの力なのか?
 たしかに、今や死霊の山からは魔物もアンデッドも駆逐された。彼女一人でも登ってくることは難しくない。だが、万魔殿はどうだ? 魔獣はすべて斃され、あるいは罠もすべて解除済みなのだろう。しかしそれでいて、万魔殿は迷宮だ。彼女一人でここまで辿り着くことなどまず考えられない。野生の勘か。彼女に元来そのような能力が備わっていたのか。
「見下げ果てたぞ魔王! そんなものが、そんなことがお前にとっての最後の手段だったのか!」
 勇者は、なぜか魔王を侮蔑の目で見ていた。そこで魔王はある発想に至る。
 まさか、これも勇者の影響か? 私を「クズ野郎」に格下げするために仕組まれた演出なのか? 彼にとっての心理的な追い風なのか? ただそれだけのために、ラプは利用されたというのか?
 わからない。なにもかも突飛な推論だ。だが、一つわかったことがある。勇者は人間に、ましてや幼子には手は出せない。かといって、適当な人間をさらって人質にする、などという方法では確実に失敗していただろう。だが、ラプはどうか。彼女はそういった悪意とは無関係に魔王を守ろうとしている。
 あるいは彼女なら――なにを考えている。彼女にいったい、なにができるというんだ。
「ラプ、逃げろといったはずだ」
「いやだ。はんぺんといっしょにいる」
「ここを離れろ。向こうに脱出口がある。帰りも迷宮内を通っていくことになるが……そうだ。これを持っていけ。お守りだ。万魔殿の召還に使った大魔石の欠片からつくったもので、これがあれば迷うことはない」
「いやだ」
「わかっているのか。私は魔王だぞ」
「知らない。はんぺんといっしょにいる」
「わがままをいうな。私のいうことを聞くんだ」
「…………」
 今度は返事をせず、ラプは顔を伏せ、ぎゅっと裾を握り込む。
「早くしろ! 死にたいのか!」
 激昂、魔王の強い言葉にラプは怖じ気づき、涙ぐんだが、それでも少女は魔王から離れようとはしない。ラプにもわかっていたのだ。その怒りが魔王の優しさであることを。そして、ここで別れてしまえば、もう二度と会えないことも。すべて肌で感じていた。魔王は、自らの嘘の下手さ心底恨んだ。
 こうなれば、魔王も心を鬼にするしかない。ラプがどれだけ強情でも、力は子供だ。強引に引き剥がすことなど容易にできる。そして、魔王はかぎりなく力を抑えて、少女を蹴った。そして、倒れ伏す彼女を冷たい目で睨み、行動を促した。
「魔王……! お前は、そんな子供にまで……!」
 さすがのラプも、この対応には引き下がるしかなかった。魔王に言われた通り、名残惜しそうに、ゆっくりと、ゆっくりと。
「どこまで性根が腐っているんだ……絶対に、お前はここで斃す!」
 邪魔者がいなくなったと見て、勇者は臨戦態勢に入る。彼の動きは少しばかり早すぎ、その怒声は、去りゆく少女の耳にも入り――。
「ダメぇ!」
 ラプが間に飛び込み、勇者の剣が彼女を深く斬りつけた。

「ラプ……!」
 魔王は少女の上半身を抱え上げた。胴からはとどめなく血が大量に流れ出し、身体中が赤く染まっていた。ラプはただ、声を上げることもできず、微笑んでいた。
 魔族は回復魔術を使えない。もともと高い生命力を持っているため、必要ないのだ。
 そのことが、今はとても口惜しい。
「なぜこんなことに……!」
 これには、さすがの勇者もショックを受けていた様子だった。
 魔王は、青褪めていくラプの顔を眺め、冷めていく身体を抱きかかえていた。次第に笑顔も失せていく。絶望に、魔王もまた蒼白――いや、いる。目の前に、ラプを救える存在が、いる。恥を忍んで、頼むしかない。
「頼む、どうかこの子を……」
「魔王ぉぉ!」聞く耳などない。「魔王……お前はいったいどこまで……」
 勇者の脳内でいったいどんな都合のいいシナリオが展開されているのか、想像するだけでおぞましい。勇者はすでに、この出来事をとりかえしのつかない悲劇として処理している。おそらく、ラプを治療する気は毛頭ない。しかし、いやだからこそ、なにもかもかなぐり捨てて、彼に、彼の仲間に頼まなければならない。
 そんなくだらない葛藤に思い悩むうちに、魔王の腕のなかで、ラプは息を引き取っていた。こんなにもすぐ傍にいながら、絶命の瞬間を看取ることさえできなかった。死者を蘇生することは、さすがに勇者の仲間にも不可能であるに違いない。傷が深すぎる。出血量が多すぎる。誰がどう見ても助からない。その事実を受け止めるのに、魔王は長い時間を要した。せいぜい数分にも満たない時間だったが、魔王にとってこれほど長い時間はなかった。
「剣を止めることはできなかったのか! お前ともあろうものが、こんな少女の動きくらい、見切れなかったとでもいうのか!」
「ここにきて責任転嫁か? せめて、悪であることに誇りを持て!」
「殺す……! お前だけは、絶対に……!」
「ようやく本性を現したな、魔王。受けて立つぞ!」

 魔剣〈哭神絶禍〉VS聖剣〈闇薙ぎの剣〉。
 最終決戦の火蓋が切って落とされた。両雄一歩も退くことなく、開戦の瞬間より互いに最大奥義を見せつける。一合、剣を交えるごとに、その衝突は、万魔殿を、死霊の山を、烈しく揺るがした。地が響き、空が哮り立った。世界の命運をかけた戦いは、それにふさわしいだけの様相を見せていた。
 魔王は、退いた。万魔殿の迷宮に身を隠した。
「逃げるな!」勇者が追う。彼を仲間から引き離し、一人になったところで、魔王は攻勢に出る。〈時を堰き止め〉勇者の胴体を真っ二つに切り裂いた。今度は縦に。さらに斜めに。何度も、何度も切り刻んだ。
 一分。細切れになった勇者の死体がボトボトと崩れ落ちる。
「ラルフ!」仲間たちが駆けつけてきた。
 彼らは目の前の光景を受け入れられずにいる。そこには勇者の姿はなく、ただ勇者だったものが転がっている。
 リヒトがなにか叫んで銃を乱射した。魔王には届かない。〈防禦障壁〉で綺麗に弾く。その隙にクロエが魔王の死角に入る。側頭部を目掛けてハイキック。片手で軽くいなす。
 ミナはただ、勇者の死体の前で泣いていた。
 こぼれた涙が奇蹟を起こした。
 眩い光が勇者だったものから発せられる。光はたちまち人の姿をなしていく。ほんのわずかな短い別れ、勇者の復活、悪夢の再臨。諦めはついていたので驚きはしない。ここからの展開は見るも無惨だ。
 魔王は静かな怒りを覚えていた。この世の不合理に。勇者個人のあまりに偏狭な人格に。しかし、憤慨したからといって本来以上の力が発揮されるはずもなく、順当な結果として魔王は勇者に敗れた。
 そして、世界は平和になった。
誤字修正

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ドラグーン

これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全167部分)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 00:00
ゴブリンの王国

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。 魔物を率いて神々への反旗を翻した王//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全371部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2016/01/22 12:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全632部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 17:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 90 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 101 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 10:42
堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2015/11/02 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
オーバーロード:後編

 最強領域の魔法『超位魔法』を発動し、たった一撃で10万以上という敵対する国の兵士を主人公は殺戮する。これにより周辺国家にその圧倒的強者としての存在を大々的にア//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2014/12/24 21:56
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 89 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 82 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 75 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 78 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 84 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
最新のゲームは凄すぎだろ

世界初のVRMMORPG「Another World」をプレイする少年はゲームでは無く、似た異世界にトリップしているのだが全く気付く事がない。そんな彼が巻き起こ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全73部分)
  • 71 user
  • 最終掲載日:2017/07/31 06:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 107 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ノーライフ・ライフ

 一~三章は魔法の原理、魔力の成分、構造、性質の謎を長い時間かけて地道に研究していくSF(サイエンスファンタジー)。仮定、実験、考察、検証、そして導き出される公//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全125部分)
  • 75 user
  • 最終掲載日:2014/12/30 22:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 105 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 85 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 98 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 100 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 71 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 77 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 71 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
↑ページトップへ