挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に穴があったら入りたい 作者:大野水城

設定資料 など

26/78

★登場人物

 タクミ・ファルカ
  主人公。8歳。黒髪、黒目の少年。
  132センチ 30キロ
  この世界に降臨した第七天子・拓海一樹(たくみかずき)の生まれ変わり。
  若干8歳にして秘伝魔術や気功術を使いこなす。
  989年、炎月16日に初級冒険者試験に合格。

 プー太郎
  主人公の使い魔。黒鉄熊(フェール・ベア)と呼ばれる凶暴な魔物。
  50代無職の日本人男性の守護霊が取り憑いている。

 シュナイデル・ファルカ
  97歳。剣聖。
  第七天子から聖剣『三日月』を託された英雄。生きた伝説。

 ミリィ・ロックウェル
  15歳。赤い髪の美少女。アマルダの旅籠の看板娘。
  162センチ
  肝が据わっており、面倒見がよい。
  Fランクの冒険者であり、剣が使える。
  聖剣の姉妹剣『水鏡《みかがみ》』を所有する。

 リナ・スタンレー
  12歳。金髪の格闘少女。アマルダの旅籠の看板娘その2。
  148センチ
  無詠唱魔術とそれを応用した打撃格闘術を得意とする。
  志高く、直情径行。

 アマルダ・ロックウェル
  37歳。旅籠の女将。ミリィの母親。
  170センチ
  剣聖ファルカの直弟子。女だてらにBランク冒険者という女傑。
  旅籠の客は誰一人彼女に勝てないらしい。

 レオナルド・ハーウェイ
  28歳。吟遊詩人。
  178センチ 65キロ
  金髪碧眼の美男子。Dランクの冒険者だがどこか頼りない。
  剣はそこそこ使えるが、もう伸びしろはないと諦めている。

 アレック・ボーン
  34歳。冒険者。
  187センチ 90キロ
  Cランクの冒険者。酒癖が悪いが、根は悪いやつではない。
  アマルダには頭が上がらない。

 ウィル・ストライフ
  24歳。魔術師
  168センチ 60キロ
  Eランクの冒険者でアレックの同僚。
  頭脳労働が苦手なアレックの補佐役であり、事務能力は高い。

 バルッカ・キースリング
  16歳。
  180センチ 72キロ
  Fランクの新人冒険者。一刀流の使い手で剣の腕前はなかなかのもの。

 ロゼッタ・エヴァンス
  22歳。行政官
  163センチ
  若くして上級公務員試験に合格した秀才。市長の書記官を務める。
  仕事上、やむを得ず冒険者試験に参加し、合格する。潔癖症。
  ギルドに在籍する魔術師でもある。

 ジェイス・フランクリン
  21歳。
  174センチ 62キロ
  何かと器用なバンダナ男。
  トレジャーハンターと呼んでやって下さい。

 ヘルムート・フリーデン
  29歳。弓兵隊長。
  186センチ 110キロ
  傭兵団『金色の鷲』に所属する巨漢の分隊長。
  責任感が強く頼りがいのある大男。

 ザリッツ・フラネル
  26歳。弓兵隊長
  180センチ 71キロ
  傭兵団『三つ首竜』に所属する分隊長。弓の腕前は一流レベル。
  駆逐系男子。

 ピーター・ベイン
  24歳。弓兵
  181センチ 70キロ
  傭兵団『三つ首竜』に所属する弓兵。
  蒼髪。やや地味だが仕事は堅実。

 アンドレ・ネスタ
  24歳
  170センチ 65キロ
  傭兵団『三つ首竜』に所属する弓兵。
  大けがをしたがロゼッタに命を救われる。

 ジュリア・フライア
  80歳 性悪エルフ
  164センチ
  Aランクの冒険者。盾の英雄シオン・アトレイアの直弟子。
  ヘルムートやジェイスを片手であしらうほどの腕前。

 アラード・ジェファーソン
  51歳 市長
  176センチ 61キロ
  ゼフィランサス市長。やや面長で線が細い。気苦労が絶えない。

 エグゼリカ・セレスティ
  15歳 癒し姫
  158センチ
  魔術師ギルドに所属する治癒師。
  Fランクの冒険者。貴重な人材のため常に監視と護衛付。

 カイル・フラットレイ
  36歳 魔術師
  165センチ 54キロ
  エグゼリカのお目付け役。常にポーカーフェースの作り笑いを絶やさない。
  冒険者のランクはE。

 メルティ・フラットレイ
  5歳 フラットレイの娘。

 バラハ・トライス
  58歳 剣豪
  178センチ 80キロ
  ゼフィランサスの郊外に道場を構える金剛流剣術の二代目当主。趣味は茶道。
  近年剣術の指導は弟子任せだが、経営術は卓越している。

 カーミラ・グローベル
  22歳 軍人
  165センチ
  翡翠色のショートカットの女性。自由同盟軍に所属する飛竜乗り。
  階級は中尉。

★冒険者ランク
  冒険者ギルドで認定される。ランクはE~S級までの7段階。
  柔道、剣道の段位と同じように、落ちることはない。
  なお犯罪に手を染めれば、冒険者資格が剥奪されるばかりか
  指名手配されることもある。

 F級 初級冒険者
  月に一度行われる初級冒険者試験に合格すれば、
  ギルドに登録され、『プロ』を名乗ることができる。
  最初に与えられるカードは青銅のカードであり、
  このカードさえあれば、世界中どこに行っても個人認証ができる。
  冒険者カードではギルドと提携している店舗でクレジット決済が
  可能となる。
(所持者)
  タクミ・ファルカ、ミリィ・ロックウェル、 
  バルッカ・キースリング、エグゼリカ・セレスティ、
  ロゼッタ・エヴァンス、ジェイス・フランクリン、
  ヘルムート・フリーデン、他

 E級 初級冒険者
  初級冒険者としてミッションをこなし、一定の経験値がたまると、
  ギルドからE級冒険者として認定され、黒曜のカードが与えられる。 
  クレジット決済の限度額が増えるなど、冒険者として
  ギルドや行政組織から受けられるサービスの枠が増大する。
(所持者)
  カイル・フラットレイ、ウィル・ストライフ

 D級 中級冒険者
  四半期に一度、E級冒険者を対象として、中級冒険者試験が行われる。
  合格すれば、白銀のカードが与えられる。中級冒険者になれるのは
  冒険者全体の8人に1人である。
  冒険者クランを設立できるのは中級冒険者から。
(所持者)
  レオナルド・ハーウェイ

 C級 中級冒険者 
  中級冒険者として、危険度の高いミッションを消化してきた者は
  C級の認定を受け、上級冒険者試験の受験資格と、
  黄金のカードが与えられる。
(所持者)
  アレック・ボーン

 B級 上級冒険者
  上級冒険者試験に合格した者は、都市の行政にも一定の発言力を持つ。
  ギルドカードは紅玉のような輝きを放つ。
(所持者)
  アマルダ・ロックウェル

 A級 上級冒険者
  数々の難易度の高いミッションをこなした上級冒険者に与えられる。
  S級が名誉職であることを考えれば、A級が事実上最高位。
  ギルドカードは青玉のような輝きを放つ。
(所持者)
  ジュリア・フライア

 S級 最上級冒険者
  GPS搭載、スマフォ並の機能付きの紫水晶のカード。
  人間国宝並の扱いを受ける。
(所有者)
  剣聖シュナイデル・ファルカ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ