挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

98/678

98:流し込もう。

 正座から前に倒れたような姿勢……まぁ平たく言えばお尻を突き出した情けない恰好で、ぐったりと脱力したまましばし沈黙。

「ゆ、雪ちゃん……?」

 気まずくなったのかお姉ちゃんが呼びかけてきたので、翅を一回パタッと動かして返事をする。

「大丈夫?」

 再度羽ばたく。

「えっと、怒ってる?」

 否定の意味を込めてパタパタッと二回羽ばたいてみる。別にカトリーヌさんは何も悪くないしね。
 お姉ちゃんは笑ってたけど、まぁ今のはかなり情けなかったから…… うん、仕方ない。

「今のは怒ってないって事でいいのかな?」

 一回パタッと動かして肯定する。


「っていうか、大丈夫なら喋ろうよ。翅つまんで持ち上げちゃうよー?」

「多分すっごい痛いからやめてね?」

 顔だけを横に向けて拒否しておく。

「本当にやったりはしないけどさ。で、大丈夫なんだよね?」

「うん、ちょっと膝が痛いくらい。あ、カトリーヌさん、いきなり蹴っちゃってごめんね」

 手をついて上体を起こしながら謝っておく。
 カトリーヌさんは何もやってないのに唐突に蹴っちゃったからな。
 まぁ痛くも痒くも無いってのが解ってるからやったんだけどさ。

「いえ、お構いなく。出来ればもっと強くし」

「あ、そうだ。到着直前にメッセージと、出来れば【妖精】を引けたタイミングでもメッセージを送って貰えるかな? 迎えに行く準備をするから」

「はい。その様に致しますわ」

 遮って連絡の要請をしておく。
 この人の事だからいっそ噴水広場で待ってても大丈夫な気がするけど一応ね。
 というか呼吸と発声で、お腹の上(ここ)結構揺れるな。



 あ、やば。人を溶かすのなんてシルクに見られない方がいいよね……
 もうお姉ちゃんが溶かすって言っちゃってるの聞かれてるけどさ。

「シルク、ちょっと戻っててねー。また後で呼ぶから」

 うん、なんか「私に見せられない様な事するんだ……」みたいな顔してた気がする。
 まぁ直接見られるよりはマシだろう。うん。


「そういえば、フレンド登録って再作成しても引き継がれるのかな?」

「どうだろ? 聞いたこと無いなぁ」

「大した手間でなし、実践してみればよろしいのでは?」

「そうだね。それじゃ、はい」

 実験も兼ねて登録しておく。お姉ちゃんとも登録しあったみたいだな。



「あと何か忘れてる事はあるかな?」

「うーん、私は思いつかないかな。カトリーヌさんは?」

「私も特には。さあ、どうぞ私を(とろ)かしてくださいまし……」

「あ、私はあんまり見たくないからちょっと離れてるね」

 カトリーヌさんの言い方がなんか気になるけど、まぁいいや。
 とりあえず立ち上がって、もうちょっと上の方に戻

「わぶっ!?」

「ひゃっ!?」


 足を踏み出した先に足場が無く、思いきりすっ転んで地面(お腹)に叩きつけられる。
 うぅ、体育のマットくらいの柔らかさはあるとはいえ、顔を打ったら流石に痛いぞ。
 一体なんで……って、おへそに足突っ込んだのか……

「ぷっ…… ちょっ……雪ちゃん…… おへそでコケるって…… ふ、ふふふ……」

「もーー、笑うなーー! んもぉーーーー!!!」

 お腹の上でうつ伏せに転がったまま両手をバンバンと叩きつけ、足をジタバタさせて暴れた。
 カトリーヌさんはくすぐったいのかお腹に力が入って、少し震えてるな。

「雪ちゃん、くすぐったそうだからあんまり……」

「これは私のご飯だからいいのー! ご飯なのに私をいじめたからなのー!!」

「逆恨みで理不尽かつ子供みたいな事言い出した!?」

「と、とても、良いですわ……」

「え、あ、うん…… そう……?」



 暴れつかれたのでその場で全身の力を抜いてだらーっとする。
 あー、表面はちょっとひんやりしてるなー。
 でも皮一枚隔てた内側からは、確かな体温と鼓動を感じる。
 うむー、ぽかぽかする……
 呼吸によるゆったりとした上下動に脈拍の振動、血流の音でだんだんねむくなって……

「こら雪ちゃん、人のお腹の上でふて寝しないの」

 おおう、翅を突っつくんじゃない。
 無言のまま翅を動かして、お姉ちゃんの指をぺちぺち叩き返す。

「んもー。カトリーヌさん、飽きたら傾けて落としちゃっていいからね?」

 ん、なんか少しずつ呼吸と脈拍が速くなってきてるぞ?
 しかもだんだん暑くなってきた上に、地面(お肌)がしっとりし始めた……
 うん、これはなんかまずい雰囲気だな。いい加減始めようか。



 寝転がったまま体を反転させ、正面におへそが来るようにした。
 躓いた恨みでここから流し込んでやるのだ。

「えい」

「んぅっ」

 左手で頬杖をつき、膝から先をぱたぱたさせつつ窪みに手を突っ込んで底に触れる。
 触った瞬間に漏れた声は聞かなかったことにしよう。

 触れた右手から魔力を流し込んでいく。
 【鬼人】は耐性が殆ど無いはずだから、極めて慎重に注入しなければ。


「おへそから栄養を送り込んでる……ということは雪ちゃんはお母さん……?」

「そんな発想は初めて聞いたよ!? っていうかお姉ちゃん、離れとかなくていいの?」

「あー、そだね。あっちに居るから、終わったら…… って雪ちゃん、後ろーっ!」

「へっ? のわーーっ!?」

 お姉ちゃんの叫びに反応して振り向くと、山が張りを失ってこちらへ崩れて来始めた所だった。
 立っているならともかく、寝転がっている今は逃げなければ飲み込まれてしまう。

 とにかく何があろうと、あれに潰されて死ぬのだけは御免だー!
 私の薄っぺらいプライドが許さな……薄っぺらい……って自爆してる場合じゃない!


 かなり混乱しつつも前方に【跳躍】して難を逃れ、元居た場所の上に降り立って続行する。

「ふー、危なかったー。ありがとー」

「どういたしまして」

「それにしても、ゆっくり流してるのに溶けるの早いなぁ。耐性が低いからかな?」

「私に聞かれても……」

「ごめん、なんとなく口に出ちゃっただけ。さて、そろそろいいかな?」

「ドウぞォー。みヤコさンもイカがでスかァ?」

 へっ?


「えっ、まともに意識あるの?」

「スごーゥクぅ、キモチいイィーでスがぁー、ナぁントかァー」

「怖いよ!! っていうか私は食べられないし食べないよ!?」

「マぁマー。ソウいワずにィー」

 んっ? 今ちょっと動いた!?

「ひぃっ、こっち来たー!?」


「ちょっ、なんで動けるの!?」

「えェー? ワカりまセんワァー?」

 そう言ってる割に凄い滑らかに動き始めたんだけど……
 あ、逃げようとした両足にまとわりつかれて転んだ。
 人型だったときは割と控えめだったのにグイグイいくなぁ。

「ゆ、雪ちゃん! 見てないで助けてぇー!? 要らない! 食べないからー!!」

「いガイとォ、クセニなるカもシレマせんヨぉー?」

「なったらヤバいよー!! 雪ちゃぁーん!」

 あー、涙目になってるな。うん、そりゃそうだな。
 あんなもん私だって怖いわ。

 あ、下半身が引きずり込まれた。観察してないでさっさと助けに行こう。
 よく考えたら、さっさと食べないといつ死に戻りで消えちゃうか判らないしね。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ