挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

97/728

97:跳ね返されよう。

「ほら、あれはね? 私の弱い所を見せつつシルクに助けてもらって、触れ合いを通じて慣れてもらおうっていう作戦がですね?」

 お姉ちゃんは無言のまま笑顔で私を見ている。むぅ。

「……慌ててただけですー! 忘れてたんですよー!」

「そうそう、素直にね。っていうかその言い訳が本当だったら、シルクちゃんの前で言っちゃ台無しでしょ」

「いやうん、確かにそうだけど。まぁ仕方ないじゃない? まさかあんな事になるとは思わないしさ」

「想定外の事態が起きても冷静に対処できなきゃ、お外じゃ生きていけないよ?」

「正直な話、きっちり対処できても生き延びられる気がしないけどね。まぁ頑張るよ」

 ずっと正面から一対一ならなんとかなるかもしれないけど、そうはいかないだろうしね。
 いつかは見に行ってみたいけどね。町のすぐ外にも兎とか居るらしいし。
 まぁモフる前に蹴り殺されるんだろうけどさ。



 それはいいとして話を進めよう。

「で、初期スキルだけど」

「お勧めの物はありますか?」

「とりあえず【アイテムボックス】か【空間魔法】は有った方がいいかな。これが無いとお金もまともに持てないからね」

 鞄だと初期の銀貨だけで一杯になっちゃうからな。
 迂闊に何か買ったら、お釣りを受け取る事が出来ない。

「私としては、必要なポイントが高くても【空間魔法】の方をお勧めするけど」

「何故でしょう?」

「魔法がどれも便利だっていうのもあるけど、自力での取得が出来るか解らないから、だね」

 これで実は「感覚さえ解れば楽に取れます」とかだったら勿体ないけど、まぁそれは仕方ない。
 それに後で取れたらボックスが無駄になっちゃうし。


「あと、逆に他の一般的な魔法や【魔力操作】は、ポイントで取るのはちょっともったいないかな」

「というと?」

「【妖精】は魔力関係の事なら大抵なんとかなるって思っていいから。【魔力操作】は感覚を掴めるかが問題だけど、それさえ覚えちゃえば基本的な魔法なんて、適当に魔力を流して遊んでれば取得出来るよ」

「いいなー……」

「私から見れば指でつっついても死なないってだけで羨ましいって解ってる?」

「そうだけどさー。やっぱ魔法使いとしてはその魔力は魅力的じゃない?」

「解らなくもないけどさ。……それじゃお姉ちゃんも【妖精】に」

「絶対やだ」

 食い気味にニッコリと拒否された。ちくせう。



「で、他のスキルなんだけど…… 【INT強化】と【MND強化】で長所を伸ばすのがいいかな。MPが増えれば出来る事も増えるからね」

 最大値が増えると時間経過での減少量も増えるけど、どうせ他の消費が大きいからそこまで気にならないし。
 お弁当を用意できるようになったからかもしれないけどね。

「っていうか私それくらいしか使ってないから、他のスキルはあまり解らないんだよね。初期スキルで【鑑定】と【弓術】取ったけど、全く使ってないから控えに落としちゃったし」

「そういえば雪ちゃんって弓持ってたねぇ」

「もう使わないから部屋に置いて行ってるけどね」


「ふむふむ。ではとりあえず【空間魔法】、【INT強化】、【MND強化】の三つを取って後はお好みで、という事ですね」

「十点しか残らないけどね。とりあえず、物理戦闘スキルは取るだけ無駄だと思う。ほら、【弓術】にしてもこの矢が刺さったからどうだって話じゃない?」

 ボックスから取り出して、渡してみる。

「確かに……あっ。申し訳ありません、折れてしまいましたわ……」

「まだあるからいいよー。しかし、鬼の力で押し付けても刺さりもしないのか……」


「カトリーヌさんが硬いのもあるかもね。私にも一本貸してみて? ……ごめん、折れちゃった」

 一応指先にちょっと刺さったみたいだけど、魔法使いの肌ですらまともに貫けないのか……

「あ、お姉ちゃん。ちょっと刺さったのが折れて残ってるよ。抜くからこっちに出して」

「これくらいなら…… あっ、残っちゃった。ごめん、お願い」

 爪で挟んで抜こうとして、余計短くなってるじゃないか。
 流石に私から見ても小さいので、慎重につまんで…… むぅ、抜けぬ。
 周りの皮膚で締め付けられてるのかな。


「ちょっとチクッてするかも知れないけど、我慢してねー」

「えっ、何するの? ちょっと怖いんだけど」

「大丈夫、ちょっと皮膚の表面を切るだけ。痛みは無いと思うけど一応言っただけだから」

「あ、うん。それなら」

「っていうかもう終わったんだけどね。もう引っ込めていいよー」

 切り込みを入れた所に【妖精吐息】を吹きかけて仕上げだ。
 お姉ちゃんのお礼には手を振って応えておく。



「そうだ、候補に挙がるかは判らないけど一応言っとこう。【錬金術】もポイントで取る必要はないよ」

「それも自力で取得できるからですね?」

「うん。他のスキルは判らないけど、魔力が関わってるスキルなら取れるかもね」

 取れないかもしれないけど。


「では、そこも考慮して選ぶことにしますわ。他に何か注意点などはありますか?」

「うーん、何かあったかな? まぁせっかくだから、【妖精】になれたら私が案内してあげる。その時に思い出したら言うよ」

「案内って言うか紹介? 私も付いていこうかな」

「いや、お姉ちゃんはスキルの訓練をやらなきゃ」

「えー、私置いてけぼりー?」

「二人だってそうでしょ。頑張ってるんだからお姉ちゃんもしっかりしないと」

「ほら、通訳とかさー」

「いや、私が行くところって大抵誰かしら聞こえる人いるから」


「むー、解ったよぅ。でもとりあえず、飴は作ってからだね」

「あ、そうだね。粉にはして貰ったから出来なくもないけど、やっぱり私の力じゃ大変だし」

「うん。それじゃそろそろ、カトリーヌさん溶かしちゃう?」

「いや、その言い方はどうなのさ」

「私としましては、その様な扱いをされる方が喜ばしいですわ」

「うん、黙ろう?」

「はいっ!」

 駄目だ、きつめの言い方をしても喜ぶだけだこの人。



「では……」

「いやいやいや! 脱がなくてもいいから!」

 びっくりしたー。何の躊躇も無く脱ぎ始めたぞこの人。

「そうですか? しかしせっかく脱ぎかけましたので上だけでも」

 変な所で意思を貫かなくていいよ!
 まぁ私と違って一枚しか着てない訳じゃないけどさ……


「それでは、ここに寝転べばよろしいですか?」

「座るだけでもいいけど、まぁどっちでも構わないよー」

「はい。ではいつでもどうぞ」

 芝生に脱いだ服を敷いて、その上に仰向けで転がった。
 うーん、魔力は体の真ん中に集まってるっぽいし心臓の上で……
 うん、なんか障害物があるから無理だね。お腹の上でいいや。

「お姉ちゃん、これって【鬼人】の種族特性?」

 横に立って眺めながら聞いてみる。

「雪ちゃん…… それはカトリーヌさん本人の仕様だから……」

 くそう、憐れむような目で見るんじゃない。
 きっと嘘だ、絶対何かあるに違いないぞ。
 種族の仕様で体が拡大されてるからって、私の肩くらいまであるなんておかしいだろ。


 イラッとしたので近づいて全力で横蹴りをお見舞いする。

「あん」

「おわっ!?」

 蹴ったはいいけど殆どへこませる事も出来ずに跳ね返され、お腹の上をコロコロ転がる羽目になった。

「し、白雪さん、少しくすぐったいですわ」

「雪ちゃん…… プッ、クフフッ。か、かわいー……」

 ちくしょーーー!!!


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ