挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/679

96:全てを委ねよう。

 洗い終わったようなので、とりあえず絞っておいてもらおう。
 ここで熱風送ってもあんまり乾きそうにないし、バルコニーにぶら下げてから乾かすとするかな。
 あれ? 結局着ずに出る羽目になるんじゃ…… まぁなんとかなるか。
 ガウンをきっちり着て、飛ばずにじっとしてれば大丈夫だろう。


「シルクー、もう上がるからおねがーい」

 背中側に手を差し込めるくらいの隙間を作りつつ催促する。
 もう家の中では、お世話しやすい姿勢になる事以外は全部やって貰うくらいの勢いで甘えよう。
 昨日の様子を見た感じ、怖くなければそれくらい尽くしたいっぽいしね。

 本来ならやりたがりそうな事を、こっちから要求してやって少しでもハードルを下げていきたい。
 まぁまだまだ触りたくないくらい怖いだろうけど頑張るんだ。


 背中と腿の辺りを抱えられ、お風呂から出て脱衣場へ。
 棚の上に敷かれたバスタオルにそっと置かれ、優しく包まれて再度持ち上げられる。
 軽く水気を吸い取ってから一旦解き、前と後ろをそれぞれ丁寧に撫でて拭かれた。
 すこしくすぐったいけど、言ったらまた怯えそうだから我慢しておこう。

 拭き終わったらガウンを着せかけられ、髪の水気を拭われた。
 よし、それじゃ服を持たせて私の部屋からバルコニーに出るとしよう。
 両手を広げて、シルクの空いた左腕に近づきながら催促する。

「シルク、だっこー」

 ……自分で言っておいてなんだけど、これ完全に幼児だ。
 今ちょっと下がったの、急に近づいて来て怖かったんだよね? 引いたんじゃないよね?



 バルコニーまで抱っこされたまま出て行って、置いてある椅子に降ろしてもらう。
 服は別の椅子の背もたれにひっかけておいてもらった。

「雪ちゃん、運んでもらってたけど大丈夫なの?」

「あ、大丈夫だよ。運んでもらってたのは少しでも私に慣れるのを早めようと思って、触れあう機会を増やしてるの」

「怖いだけじゃないかなぁ? まぁそれはともかく、ご飯もきな粉も出来てるよー」

 結構待たせちゃったかな?
 あ、でもきな粉はあの時点でそれなりに出来てたし、お姉ちゃんのほうも野菜炒めみたいだから、あそこからはそう工程も多くないか。


「ご迷惑をおかけして、まことに申し訳ありませんでした」

「まぁダメにならなかったんだから大丈夫だよ」

「それにしても、まさかよだれなんかで死にかけるとはねぇ?」

「お姉ちゃん、アヤメさんには言わないでおいてよ…… 絶対に大笑いするし」

「あー、確かに。お腹抱えて笑いそうだね」

「それにしても水とかは私でも問題なく触れるのに、よだれだけはこっちの仕様にならなかったなぁ」

「『通常サイズからの攻撃』みたいな扱いになったのかな? よく解んないけど」

「まぁ別になんでもいいか。解ってもどうにかなるわけでもなし」

 再度浴びる事も無いだろうし。……うん、無いと信じよう。



「さて、きな粉も出来たならお話に入りたいところだけど」

「だけど?」

「ごめんねカトリーヌさん、先に服を乾燥させたいからちょっと待ってもらえるかな」

「はい。いくらでも放置して頂いて構いませんよ」

「いや、そんなにかからないとは思うけど…… この下、何も着てないから外に居るとすごい落ち着かないんだよ」

「雪ちゃん、セクシィー!」

「やかましいよ! っていうか下に何も着てないのはセクシーっていうか変質者だよ! あっ、これ自分で言っててちょっとへこむ!」

 うん、私痴女じゃないからね。



 【魔力武具】で出したポールに服をひっかけて吹き飛ばない様にして、シルクに持っておいてもらう。
 そういえば錬金術で水だけ抽出とか出来ないのかな……
 明らかに特殊な使用法だし、失敗して妙な事になりかねないからやめておくか。
 大人しく【灼熱旋風】を高めの温度で当てるだけにしておこう。

 【焼却吐息】でもいいんだけど、燃えられたら本気で困る。
 色々やらかして今まで大丈夫だったんだから壊れはしないとは思うけど、万一壊れてしまえば私は新しく作るまで何も穿かずに生活しなくちゃいけないからね。
 まぁカトリーヌさんが全裸になってないんだから破壊不能なんだとは思うけどさ。

 そろそろいいかな。シルクを呼んで服に触ってみると、少し湿っているけど我慢できる程度にはなっていた。
 それじゃポールを消して、と。



「ちょっと服着て来るから待っててね。シルク、行くよー」

 座ったまま手を伸ばして抱えてもらい、部屋に戻ってカーテンを閉める。
 ガウンを脱いで畳み、妖精の服を着て、その上に着る服を選び、身に着けた。
 まぁ全部シルクがやったんだけどね。うーん、楽ちん。

 感謝の気持ちで頭部に抱き着いて撫で回す。
 ……しまった、怯えてる。最後に優しく、ポンポンと頭を撫でてから離れた。

「ごめん、びっくりさせちゃったね。それよりありがとうねー」

 躾けたいんじゃなくて、お礼を言いたいだけだからな。

「それじゃ、もう一回表に出ようか」



 目と鼻の先ではあるけど運ばせて着席する。

「お待たせしましたー」

「お、また新しい服だ。かわいー」

「ありがと。で、【妖精】についてだったよね。とりあえず前提条件として、カトリーヌさん高所恐怖症ではないよね?」

「はい、大丈夫ですわ。そうであったなら、それも楽しめたのですが……」

「そうですか。恐怖症でなくても基本的に高い所を飛んでいるので、慣れるまでは少し怖いかもしれませんけどね。というか怖かったです」

 スルーだ、スルー。
 っていうか流石に恐怖症ってくらいなら楽しめないんじゃなかろうか?
 どっちもなったことないから解んないけどさ。


「低い所飛んでたら蹴っ飛ばされちゃうもんね」

「ちょっと違うね」

「え?」

「原形を保って吹っ飛べる強度なんてないから、蹴散らされるって言った方が」

「思ってたよりかなりどうでもいい反論だった!」


「うん、まぁ。あと生身での高速飛行が怖いとか、巨大な相手からの圧迫感……は好きそうだからどうでもいいや」

「えぇ。なんでしたら物理的に圧迫して」

「あとは知っての通り声が小さいのと、普通の人の声が凄く大きく聞こえちゃう事かな。これも慣れないと耳が痛くなって辛いね」

「高くなったり低くなったりしないのは不思議ですわねぇ」

「そうだね。まぁこの体が自壊しないだけでも不思議で一杯だから、気にするだけ無駄なんじゃないかな」

「そういう仕様だって言われればおしまいだもんねぇ」

「細かい事気にし始めたら色々多すぎて、きりがないしね」


「雪ちゃん、そういえば気になってた事があるんだけど」

「唐突にどうしたの?」

「さっきカトリーヌさんのよだれでコーティングされた時さ、なんで自分で流さなかったの?」

「言い方がなんだか恥ずかしいですわぁ……」

「えっ?」

「いや、雪ちゃんって手からお水出せたよね? 口まで覆われる前に、洗い流しちゃえば良かったんじゃないかな」



 あっ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ