挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

93/729

93:器具を買おう。

「ところでお姉ちゃん、調理器具って何か持ってるの?」

「ううん、何も。まだまだ遠出はする予定は無いから、お弁当で済ませてたんだよね」

「それじゃいっそ一通り揃えちゃう? あ、ついでに私もやかん買っておかないとだね」

「そだね。えーっと、とりあえず露店を一通り回れば大体揃うかな?」

「多分大丈夫じゃないかな? 割と高級な品も露店に置いてあったりするし」


「それじゃ、ぐるっと一回りしようか。良い物があるといいなー」

「だねー。ってそういえばカトリーヌさん、また今更な事なんですけど、勝手に先払いって事にしちゃってごめんなさい」

「いえ、それもお気になさらず。こちらは無理なお願いをしている立場ですから」

 話をするくらい、別に無理でもなんでもないけどなー。
 あ、お金の代わりに労働と肉体で支払わせてくれっていうのも合わせてって事かな?


「そう言って頂けると助かります。それじゃ行きましょうか」

「はい。あ、それと私などに対して丁寧な口調にして頂かずとも結構ですわ。ぜひ、普通に喋って頂ければ」

「良いんですか?」

「えぇ。むしろ蔑み罵倒して頂ければなおの事」

「じゃあ普通に喋るね」

 ええい、しょんぼりすんな。日常会話に罵倒なんて入るか。



「そういえば口調と言えば、カトリーヌさんってお嬢様なの?」

「いえ、この口調はキャラ作りですわ」

「せめてロールプレイとか言おうよ…… いや意味は変わんないけどさ」

 普通にぶっちゃけたな。

「雪ちゃん、リアルの事を聞くのはどうかと思うよ?」

「そんなつもりは…… いや、さっきの質問はどう考えてもそうだね、ごめん」

「いえいえ、問題は有りませんわ。単にこの口調が素なのかというだけの質問だった事は解りますので」


「ありがとう。しかし失礼な事聞いちゃったりしないよう、気を付けていかないとなぁ。人を怒らせてからじゃ遅いしね」

「だねぇ。今回は大丈夫でも、次も大丈夫とは限らないもんね」

「うん。あ、あそこにお鍋売ってるね」



「んーっと、これで大体揃ったかな?」

 一旦広場から離れ、カトリーヌさんに担がせた箱を降ろしてもらい中身を確認する。
 お姉ちゃんの分の器具を揃えるだけなら箱は必要なかったんだけど、私の分の人間サイズの道具を入れておく箱を買っておいたのだ。
 空き部屋に置く事も出来るけど、やかんとかのサイズになると窓は通らないから、毎回家を開けないといけないからね。
 家の下のスペースにでも置いておくとしよう。

「お鍋に、おたまに………… うん、大丈夫だと思う」

「なんか、あんな感じで色々と売ってたらそうそう使わない物も買っちゃいそうになるよね」

「うん、気を付けなきゃねぇ。雪ちゃんはついつい変な物買っちゃいがちだし?」

「むぅ、否定できない。【空間魔法】取ったのだってそうだったからね。まぁ役に立ってるから結果オーライだけどさ」



「よし。それじゃカトリーヌさん、悪いけどもうひと頑張りお願いするね」

「お任せあれ。それで、これをどちらまで運べば宜しいのかしら?」

「少し遠いけど、北側の公園の中央部にある私の家までかな」

「北の公園…… あぁ、『妖精さんの家()』ですね」

「……えっ?」


「大きな花園の事ですわよね?」

「あ、はい。そうなんだけど、何なのその名前は……」

「誰が言い出したのかは定かではありませんが、正式な名称の発表も無ければ園名を記した物も建っておりませんので、プレイヤーの間では既にその通称で定着しかけておりますわよ?」

 なんてこった。いや、うん。もうすぐ【妖精】は私だけじゃなくなるんだ。
 だから大丈夫だ。何がかはよく解らないけど。
 ……でも一応アリア様に会ったら名前聞いておこう。
 早くしないと、下手をしたらその通称を聞きつけて正式名称にしかねない気がするぞ。



 チラチラをすれ違う人達に見られながら、門の前まで到着。
 お姉ちゃんに開けてもらって全員通過する。
 近くのベンチに座ってる人にすごい見られてるんだけど、なんで……ってカトリーヌさんを連れてるからか。
 知らなかったとしても目に付く大きさだしね。

 あっ、これってもしかして「妖精さんが棲家に人を連れ込んで食い殺した」みたいな噂が広がっちゃう感じなんじゃないか……?
 カトリーヌさんが生きたままここを出ていくことはない訳だし……
 復活で噴水広場には少しの間居るだろうけどさ。
 うん、まぁ諦めるか。仕方ない仕方ない。今更だ。


「それじゃ、その家の下のスペースにお願い。うん、そんな感じで」

「とりあえず私の分は鞄に入れちゃうねー」

「っていうか、最初から入れておけば良かったんじゃない?」

「だって、カトリーヌさんが持たせろって顔してるんだもん…… っていうか入れろって言うなら、そもそもなんで荷物持ちを頼んだの?」

「いや、実際ただの思い付きなんだけどね。入らないような物も買うかなーってのも少しは頭にあったかな」

「入らないような物?」

「いや、簡単な物置小屋とか作ろうと思ったら材木が要るかなと。とりあえずはその箱でいいやってなっちゃったけどね」

「簡単なのとは言っても、しっかりしたのを建てようと思ったら中々に大変そうだしねぇ。本職の人にちゃんとお願いしたほうがいいよね」


「うん。餅は餅屋ってね。さて、それじゃ作業を始めようか。シルク、家の中から炒った大豆と大き目の布を取ってきてくれるかな? もちろん私を拭いたやつ以外のきれいな布をね」

「それじゃちょっと二階を開けちゃおうね」

「これが白雪さんのお宅ですか…… とても豪華ですわね」

「あ、そうだ。カトリーヌさん、【妖精】になったらここに住む? 空き部屋は一杯あるから遠慮しなくていいよ」

「それは魅力的な提案なのですが、やはりお返しできる物が何も……」

「いやぁ、お返しなんていいんだよ。どうせ無駄に空いてる部屋だからね。それでも気になるって言うなら、【妖精】としてお仕事を手伝ってくれればいいかな?」

「【妖精】のお仕事ですか?」

「うん。【妖精魔法】で花の蜜を集めて、役場に納品するお仕事だよ」


「成程。それでは無事【妖精】に成れた暁には、その様に」

「その時はお願いね。あ、シルク。持ってきたものは机の上に置いてね」

 うん、改めて見ると結構少ないなー。私が食べる分だけを作るなら十分すぎる量だけどさ。
 それじゃまずは布で包んで、叩いて砕くところからだね。やるぞー。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ