挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
88/528

88:説教しよう。

 むぅ、飼い犬に手を噛まれるとはこのことか。
 昨日と同じようにお腹の前にしっかり手を置かれて、抜け出せない状態にされてしまった。

「シルク、さっきの左手はお腹の前に添えるんじゃなくて、体の前から白雪の右腕を掴んでしまえば腕も封じられたんじゃないか? 脇を締めれば左腕も押さえ付けられるだろうし」

 いや、アヤメさんはなにを助言してるのか。


「頑張ったら左腕は脇の方に抜けられそうじゃない?」

「でも無理に両腕をまとめて持ったら、ちょっとした動きでどっちかをへし折っちまいそうにならないか?」

「腕を揃えてもらえば持てなくも無さそうですが、抵抗する相手には難しそうですね」

「当然っちゃ当然だけど、こんな事したことが無いからなぁ」

 皆して腕を動かして試してみながら変な相談を始めるなよ。
 背後から密着した状態で、片手だけで相手の両腕を封じる方法とか模索しなくていいから。
 ってか二人で試そうとしても、私とシルクみたいな二倍の体格差が無いからまとめて掴めないだろうに。


「遊んでないでお魚食べなよ。冷めちゃうよー」

 というかシルクが熱心に見て覚えようとしてるからやめて。

「そうだな。覚えても活かす機会も無いだろうしな」

「っていうかさ、むぐ、んっ。私昨日シルクと、お世話は家の中だけにするって、あむっ…… 約束した筈なんだよね」

「思いっきり抱っこされて食べさせられてるけど」

「そうなんだよ。これは由々しきむぐっ…… 事態だよ。ここは一発、ご主人様の威厳をっ…… 示さないとだよ」


「威厳、有る?」

「有りますかね?」

「無いだろ」

「あるの! むぐ…… シルク、お外じゃやらないって約束したでしょ!」

 言い切った所にまたねじ込まれる。

「こら! やめなさいって…… もー!」

 むぅ、これはダメだ。甘やかしすぎたかな。



「シルク、ストップ。一つ聞きたいんだけど、私が怒っても大した事は出来ないし全然怖くないって思ってない?」

 意図的に声を静めて、若干の圧力を乗せて問いかけてみた。
 体を捩って上を見てみると、笑顔のままこちらを見て首を振っている。
 あぁ、ダメだなこれ。完全に舐められてる。

「ふぅ、仕方ないね。ちょっと怖い目に遭ってもらうしかないかな」

「ゆ、雪ちゃん…… 相手はまだ小っちゃい」

「お姉ちゃんは黙ってて。これはうちの問題です」

「いや、私雪ちゃんの実のお姉ちゃん…… うぅ、解ったよぅ」

 睨み付けて黙らせる。お姉ちゃんは悪くないのにとばっちりだな。終わったら謝ろう。


「どうした?」

「いや、雪ちゃんって上手く加減出来ずにやり過ぎちゃうから……」

 失礼な。ちゃんと加減はするつもりだよ。

「さてシルク、覚悟はいいかな? ……ねぇ、私の話聞いてなかった? 何でお魚持ってるの?」

 ふーん、そうかー。この期に及んでも笑顔のままかー。
 今まで私が流されっぱなしだったのが悪いんだけどさ。



「シルク、魚をお皿に置きなさい」

 【跳躍】で正面に転移してから振り向き、驚いた顔のシルクに命令する。
 うん、実際今までのも転移すれば抜けられはしたんだよね。
 そこまでしなくてもまぁ仕方ないかって感じで流されてきたけど。

 手に持った魚を置いたはいいけど、前に浮き上がろうとしてるな。
 また捕まえるつもりか? 捕まえても抜けられるって示しただろうに。
 浮いて移動するから別に姿勢はそのままでも飛べるんだろうけど、人っぽく動こうとするから椅子から立ち上がるような動きが入ってる。

 シルクが上体を前に倒そうとしたところに、顔にぎりぎり届かないよう気を付けつつ炎を吹き付ける。飛ばせないよ?
 あ、びっくりして硬直した。そういえば私がシルクの前でやった事って、【魔力武具】と【錬金術】で物作りしたくらいだっけ?
 ふよふよ浮いてるだけのひよわなご主人様がいきなり火とか吐いたらそりゃ驚くか。


「今、何をしようとしたの? もう一度捕まえちゃえばいいや、なんて思ったの?」

 無表情のまま問いかける。あの顔は「思ってたけど頷いたら怒られる……」って思ってる顔だな。多分。

「怒らせても大丈夫だと思ってたんでしょう? それじゃこれ、当ててみても良いよね?」

 【魔力弾】を使って右手の上に十センチほどの光球を浮かべる。
 威力は調整してないから、当たると私でもちょっと痛いと思う。
 シルクは必死な顔でブンブン首を振ってるな。


「そう。……それじゃこれかな。触ったら、一体どうなっちゃうのかなぁ……?」

 手の上の光球を【吸精】で吸い取って回収した。
 代わりに右手に魔力を集めて光らせ、少し表に出して手袋の様に魔力を纏う。
 例によって、ぶっつけでやってみたら出来た。
 出来なかったら光らせるだけだったけど、威嚇ならそれでも十分だし。
 むしろこれ、本当に殺傷力有りそうで危ないかもしれないな。
 今更引っ込められないし、当てない様に気を付けよう。


 座ったまま怯えた顔でのけ反り、私の手から遠ざかろうとするシルク。
 絶対に触らない様に注意しつつ、シルクの目の前に手を掲げて……
 あっ、身を翻して宙に逃げた。往生際の悪い子だ。

「どこへ行こうって言うのかな?」

 視界内という制限が有るので、少し横を向いて左目の視界の端にシルクを捕らえて【追放】。
 右目の視界の端にシルクを飛ばして笑顔で迎える。

「おかえり。話はまだ終わってないよ?」

 驚きと恐怖の混ざった顔で急停止して、反転してからまた逃走する。逃がさないよ?
 っていうか、再召喚されたら結局逃げられないと思うんだけど。逃げる意味無くない?


「はい、おかえり。まだ続ける? ……仕方ないなぁ」

 【魔力武具】を使ってシルクより一回り大きい、中が空洞の箱を生成する。
 用途の関係もあってちゃんと空気穴は開けておいた。

「【追放】。はい、ご案内と。暴れても無駄だよ。壊れないから」

 せっかくお姉ちゃんから吸ったのに、大きな物を作ったせいでMPを殆ど使ってしまった。
 ご飯食べに来たのにお腹空いちゃったよ……
 箱の中から、シルクが壁をドンドン叩いてる。家の中での力ならともかく、敷地外じゃ壊せないよ。
 ちゃんと台に固定して、箱ごと飛んで逃げるのも封じたしね。



「さて、今シルクは私が作った箱の中に居るんだけどさ。……まず、ちょっとこれを見てね」

 お皿から魚のほぐし身を一塊拾い上げ、シルクが入っているものと同じ形の小さな箱に入れる。
 蓋をして完成。今のシルクと同じ状況だ。

「これが…… こうなっちゃうんだね」

 左手に乗せた箱を、右手の人差し指でトントンと何回も叩く。
 一度叩くごとに少しずつ少しずつ箱の天井を下げていき、最後には真っ平らに押し固められた魚肉が残った。


「……ちゃんと見た? うん、良い子だね……」

 穏やかな笑顔は崩さずに言う。あくまでも私の中で穏やかな笑顔だけど。
 箱の中のシルクは泣きそうな顔で震えている。……これ、私の顔が怖いんじゃないよね?

「で、さ。私は昨日、家の中で自由にしていいから、お外ではやっちゃだめだよって、シルクと約束したよね?」

 言葉を区切る度に箱をトン、トン……と指で叩いて縮めていく。
 最初の問いかけが終わった時点で半分くらいの高さまで下げた。
 シルクは既に立つことなど叶わず、へたり込んで壁に両手を突き怯えた顔でブンブンと首を縦に振っている。


「でも、ちゃんと約束したのにさ。シルクは私のいう事なんて聞かずに、約束を破って、自分のしたいようにしたんだよね?」

 トン、トン、トンと、一度に下げる量を少し減らしてゆっくりと下げていく。
 半分から更に三分の二くらいになった。腕をまっすぐ伸ばしたくらいか。
 涙目になって右手で壁をバンバン叩き始めた。うぅ、心が痛む。


「改めて聞くよ。ちゃんと約束を守れる? あぁでもシルクはもう、一度約束破っちゃったからなぁ。本当に信じていいのかなぁ?」

 トントン、トントンと二回セットにして叩いていく。
 まぁその分下げるペースは落として、さっきの一回以下なんだけどね。
 それを知らなければ、受けるプレッシャーは増える一方だろう。

 腕を伸ばす事さえできなくなったシルクは床に肘を突き、握った両手を壁に叩きつける。
 恐怖に染まった顔で叫び続けているが、声は無い。
 とはいえ、何を言っているかは容易に察せるので問題は無い。


「約束だよ?」

 箱を叩くのを止め、透明な壁越しにシルクの顔を覗きこみ一言。
 というか、これ以上下げたら本当に潰れ始めてしまう。
 殆ど動けないままで、泣きながらゆっくりと何回も頷くシルク。
 これくらいにしてあげよう。



 箱を【吸精】で食べて、シルクを自由にしてあげる。
 ……あれ、起き上がらないぞ。
 っていうかなんか横向きに丸まって、両手で肩を抱いてガタガタ震えてる。ヤバくないかこれ。

「雪ちゃん、いくら何でもやり過ぎだよう! シルクちゃん、大丈夫、大丈夫だからね……」

「白雪、お前な…… もうちょっとやりようがあっただろ……」

「ミヤコさん、癒しますのでシルクさんをこちらへ。 ……流石にこれは酷いですよ、白雪さん」

 ……おおう、味方が居なくなった。お姉ちゃんの危惧通り、やり過ぎちゃったか……


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ