挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
86/398

86:立てこもろう。

「雪ちゃんごめんってばー、謝るから機嫌直してよー。んもう、レティちゃんがいぢめるから雪ちゃん拗ねちゃったじゃない」

 視線から逃げる為に、窓から自分の部屋に飛び込みカーテンを閉めた。
 恥ずかしさで頭からお布団に潜り込んで丸まった私に、お姉ちゃんが外から呼びかけ続ける。
 バルコニーを指で軽く叩いているのか、定期的に振動が伝わってくるけど無視だ。

「私と一緒になってうわぁとか言ってた奴の言う事でもなくないか?」

 ほんとだよ。お姉ちゃんも痛い子を見る目で私を見てたじゃないか。


「うっ。それはその…… そう、だから謝ってるんじゃない。ほら、レティちゃんも一緒に謝ってよ。バラしたのはそっちなんだから」

「そうですね…… 白雪さん、申し訳ありません。少々口が軽くなってしまいました」

 許さないもん。断固立てこもってやるのだ。
 ん、なんだこの音? なんかガラガラって…… うわっ、ベッドが動く……っ!?

「おーい、私も謝るからさっさと機嫌直せよー」

 しまった、階層のロックをしてなかった!
 天井を取り払われて、ベッドごと捕まってしまったらしいぞ……


「っていうか白雪、布団から尻出てんぞ?」

 はうあっ!? 突っつくなよう!! やめろー、ツンツンするなー!
 慌てて布団を下げつつ前進してスッポリ収まる。よし、これで死角はないぞ。
 むしろ死角しかないぞ。全方位布団で全く見えないからな。

「雪ちゃん、許して? ほら、ご飯食べに行こうよー」

「おーい、そのまま意地張るならベッドごと市場に連れていくぞー」

 いや、流石にそれは勘弁して欲しいぞ。

「しかもレティに、尊いものを扱う様に(うやうや)しく掲げさせて」

 本当に勘弁してくれ!?


「やめてよ…… ってあれ? あっ…… よし。やめてよ、悪目立ちにも程があるでしょ」

 もぞもぞと頭を出して抗議…… しようと思ったら向きが違ったので、一旦引っ込んで布団の中で反転し、再度もぞっと出て抗議する。
 気を付けないと翅が引っかかるから、なかなか動きづらいな……

「嫌なら観念して出てこい。私だって恥を晒したんだ」

 むぅ、お姉ちゃんはともかくアヤメさんがそう言うなら仕方ない。
 私のせいでダメになった挙句、ボディにいいの貰う羽目になったからな。


「わかったよぅ…… あ、ベッドはちゃんと戻しておいてね」

「あぁ、解ってるよ。そういえば、厨房の確認は何だったんだ?」

「昨日寝る前、シルクに大豆を炒っておいてって頼んだんだけど、どうなったか確認してなくてね。もしまだ残ってて、私が死ぬタイミングで続きをやってたら危ないなって」

「なるほど。でもなんで大豆を?」

「きな粉を作ろうと思ってね。正確に言うなら採取した蜜も使って、きな粉飴を作ろうかと」

「ほー。ってか白雪のサイズで数個ずつやるより、誰かにまとめて炒ってもらった方が早くないか?」

「いやぁ、元々は時間が余りそうだし何かやることないかなーって思い付きだからね」

「あー。で、お仕事が欲しいシルクちゃんにやらせてあげた訳か」

「そゆこと。あ、そういえば呼び直してなかった」


 とりあえずシルクだけを呼んでみる。
 出てきて周囲を確認し、ぐしゃぐしゃになったお布団を見つけた。
 どういう反応をするかと思ったら、凄く嬉しそうな笑顔でいそいそとベッドに向かって行ったな。
 お仕事がしたくて堪らないんだなぁ。

「シルク、大豆はどうなったかな?」

 問いかけてみるとパッと振り返って頷いた。出来てるって事かな?
 ベッドを整え終わったシルクに一旦出てきてもらい、アヤメさんに三階を持ち上げてもらって厨房を覗く。
 シルクが入っていって、豆の入った箱の横に立って得意げな顔になった。
 おぉ、全部終わったのか。仕事が速いなぁ。


「よしよし。よく頑張ったね」

 仕事ぶりを称えてなでなでしてあげる。嬉しそうで何より。

「でも雪ちゃん、そこからどうやって粉にするの?」

「ちゃんとすり潰す道具も作ってるよー。ほら、これ」

「あの…… 大変申し上げ難いのですが、この大きさでは炒り豆を潰すには重量が足りないのでは……?」

「…………あっ」

 おおう…… そうか、私にとっては重くても、豆を砕ける程の重量は無いんだ……


「変な所が抜けてるな」

「うぅ、うっかりしてた…… こんなので潰せるのは、私の体くらいなもんだよ……」

「なんでそこで変な自虐の仕方をするのかな、雪ちゃん……」

 頑張って作った時間が丸々無駄だったよ。
 いいんだ、ちょっと作業楽しかったし。うん、そうでも思わないとやってられない。
 でもそれじゃどうするかな、この大豆。

「空いた時間で私がやってやろうか?」

 うーん、あんまり当てにするのも…… でも仕方ないかな?
 ん、シルク、どうしたの? なんか不満げな…… あぁ、自分でやりたいのか。
 でも丁度いい道具が今は無いからなぁ。今のところは諦めてちょうだいね。


「うん、それじゃお願いしようかな」

「任せろ。道具はこっちで用意するよ。他の事にも使えるだろうしね」

 それは助かる。金銭的にはともかく、買ってここまで運ぶのが難しいからね。

「そんなに量は無いけど、完成したら皆にも配ろうと思うよ」

「お、それじゃ早いとこ作っちゃいたいな。今日は狩りに出るのを休んで、生産スキルの訓練でもするか?」

「あー、それも良いねぇ。戦ってばっかりっていうのも疲れるしね」

「そうですね。回復薬を自分で作れば、少しはお金も節約できますし」


「よし、それじゃ今日は各自で生産訓練といこう。まぁそれよりまずは朝ご飯だな。いろいろありすぎて、もう結構な時間経ってるぞ」

「そだね。今日は何たべよっかなー」

「シルクは一緒に行く? それともお家の仕事やってる?」

 問いかけるとすぐに出て来て、上がったままの階層をガラガラと下げて閉じる。
 考える事も無く即決したな。

「ほれこい、シルクちゃん」

 すかさずアヤメさんがシルクに背を向けて膝をつく。
 乗っけるの気に入ってるなぁ。
 お姉ちゃんがまたしても出遅れたって顔してるけど、諦めましょう。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ