挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/646

85:味を聞こう。

「すまんレティ、やっぱ回復頼む……」

 大丈夫とは言ってても、やっぱり苦しそうだな。まぁ吐いた直後ってのもあるだろうけど。
 レティさんが魔法で回復してあげて、なんとか落ち着いたみたいだ。
 ついでに私も【妖精吐息】をかけておこう。ほとんど私のせいみたいなものだしな。


「ふー、ありがと。楽になったよ」

「ほんと、なんかごめんね……」

「いや【妖精】のよく解らん仕様のせいだろうし、白雪を責めはしないけどね」

「二度目は自分から進んで食べていましたしね」

 ……ん? レティさん、今なんて?


「え、いや、そんな事は……」

「いえいえ。特に何を言う訳でも無いのに、弾く瞬間にお口を開けていたじゃありませんか?」

「う、ぐ……」

「それに、思わずというには飲み込むまでに間が有りました。白雪さんをじっくり味わっていたのでは?」

 なんか言い方がちょっと……

「なぁレティ…… さっき突き飛ばしたの、ちょっと根に持ってる?」

「いえ? 先程はまともな状態ではありませんでしたし、仕方のない事ですよね」

 いつもの笑顔のままなんだけど、そう言われるとなんか怒ってるように見えてきた。
 気のせいかもしれないけど。


「その割に容赦が無い気がするんだけど……」

「で、お味は?」

 唐突に直球で来たな!?

「え、いや味って」

「お味は?」

 横からモニカさんまで尋問に参加してきた。仕事行きなさいよ。


「……プリン」

 プリンかー。むぅ、好きだけど自分じゃどうしようもないな……
 どうせ魔力と同じで自分の味は感じないんだろうし。
 っていうか美味しかったとしても自分を食べるのは流石に無いわ。

「……さくらんぼ乗ってる奴」

「あー、頭のとこかな?」

 頷くアヤメさん。いやそんな話、掘り下げなくていいよ。

「血がカラメルで肉がカスタードって感じだった…… って落ち着け、今かなり頭がおかしい会話になってるぞ」

 うん、確かに。っていうか他の三人はチラチラこっち見ないで。怖いから。



「あー、うん、すまん白雪。お前の体、美味いと思っちまった」

「ん? いやいいんだけど、何で謝るの? ただその言い方はやめてほしい。切実に」

「え、知り合いの妹食べるとか有り得ないだろ? いやそもそも人を食べるのが無いけどさ」

「そりゃおかしな設定されてない人族同士ならそうだけどさ」

「プリンだけにお菓子なって?」

「うっさい!」

 やめろお姉ちゃん。言われるとなんか恥ずかしいじゃないか。


「まぁそれは置いといて。美味しい設定の体なんだから、それが口に入って美味しいって思うのは何も変な事じゃないでしょ」

「いや、でもねぇ。中身は人間だし、しかもそれが知り合いだよ?」

「中身って言っても、作り物のアバターを操作してるだけだしなぁ。切られようと焼かれようと、食べられようと全部一緒だよ」

 まぁ生きてる状態でやられると痛いから、出来ればどれも勘弁してほしいけどね。


「まぁ要はアレでしょ? ファンタジーとかでたまに見る、二足歩行の豚を食べていいかみたいな倫理観の問題。私の場合は人の形をした喋るお菓子を食べられるかって所かな」

「んー、まぁ確かにそうかもしれないけどさ…… ところで白雪。墓穴掘ってる事に気づいてるか?」

「アヤメさんに気にするなと言いたいのは解るのですが、ご自分が食品だと言っている様なものでは?」

「はっ。いやうん、食べられたい訳じゃないからね? だからモニカさんはじりじり近寄って来ずに、早く仕事に行ってください」


「うぅ、仕事が憎い……」

「いや、仕事が有るからそこに住んでるんですからね? あ、あとさっきは有難う御座いました」

 仕事に行くモニカさんにお礼を言って見送る。
 肩を落として残念そうにしてるけど、別に仕事が無くても食べさせる事はないよ。


「っていうか食べたらさっきのアヤメちゃんみたいになっちゃいそうだしね」

「あー、そういえばそうだな。精神系の状態異常を食らったらあんな感じなのかね。なんか頭がボーッとして、体を自動操縦されてる様な感覚だったわ」

「次の機会が有れば、魔法で異常解除が出来ないか試してみますね」

「その機会が無いのが一番だけどな…… しかしあれだな。本当【妖精】ってなんなんだろうな」

「私が聞きたいくらいだよ。とりあえず私たちが知ってる妖精じゃないのは確かだけど」


「なんていうか、言い辛いんだけどさ」

「ん?」

「私の知る限り、このゲームで今の所【妖精】が一番邪悪な生き物なんだけど」

「えー…… いや、でも全然否定出来る材料が無いぞ……」

「人間を爆破するわ、誘惑して溶かして食べるわ、殺されたとしても香りと味で釣って自分を食べさせて、洗脳して仲間に食わせるわ」

 うん、言い訳のしようもないぞ。


「あと塩で祓える」

「いやそれはもういいよ。物理的に耐えられないだけじゃん」

「うん、冗談はいいとして。実際最後のはなんなんだよ。カタツムリに付く寄生虫かよ」

「いやあれは自分自身が鳥に移動するためにやってるから、また別だとは思うけど」

「そういう事を言ってるのではないと思いますが……」

「わかってる。要するに食べられるように行動させるって所だよね」

「完全にキマっちゃってたよねー。フヘへへグッ」

「忘れろ」

 お姉ちゃんがモノマネで茶化そうとして、脳天に拳骨を貰って沈んだ。
 そりゃそうなるだろ……


「大丈夫ですよアヤメさん。そのくらいの失態など大した問題じゃありませんよ」

 ん?

「白雪さんなんて、今朝」

「わー!! ちょっと待って待って!」

 おいレティさん、なんでこっちに流れ弾飛ばしてくるんだ。
 もしかして、さっきの騒動の元凶だからか?

「え、白雪は何やらかしたんだ?」

「やってない、何も! 私は!」


「寝ぼけて、ほぼ全裸で窓を開けて私の前に出てきましたよ」

「わぁー!!! 忘れてって言ったじゃないーー!!」

「雪ちゃん…… 流石にそれは……」

「無いわ……」

「せめて笑って! 普通に引かずに笑い話にしてよー!!」

「だって、ねぇ?」

「なぁ?」


「ガウンは羽織ってたもん! 全裸じゃないもん!」

「いえ、はだけていて余計に…… それと翅が有るせいか、元々背中が大きく開いているデザインのようでしたし」

「うわぁ…… 雪ちゃん……」

「無いわぁ……」

「んもぉーーっ!! レティさぁーん!!」

 いっそころせ。
 食べられるのは別に良いけど、体形は現実のそれなんだから見られるのはキツい。
 ……ちょっと一部盛ったけど。うん。それはいいの。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ