挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

84/707

84:正気に戻そう。

 家に帰るとまたしてもアヤメさんが机に突っ伏していた。むぅ、申し訳ない。
 二人は机から少し離れて立っている。そっとしておいてるのかな?

「ただいまー。いやぁ、ダメだったねぇ」

「おかえり。うぅ、人差し指が雪ちゃんまみれに……」

「嫌な言い方しないでよ……」

 私まみれって。まぁ実際そうなったんだろうけどさぁ。


「っていうか雪ちゃんまみれになった指が、なんか凄くいい匂いするんだけど」

「え、いや何を言って…… 本当だ……」

 ツッコもうとしたら目の前に指を突き付けられた。
 え、何これ。本当に何これ。何かの花の香りっぽいけど、なんだっけ……

「この香りは桜ではありませんか?」

 あー、確かにレティさんの言う通りっぽいな。
 桜の香りって木からはあまり感じたこと無いけど、春によく出てくる桜関係の商品がこんな感じだ。


「それより何で……? 今までにも結構飛び散ったりへし折れたりしてたけど、そんな事無かったんだよね?」

「うん、少なくともこんなにはっきりとした匂いは無かったと思うよ」

「……あ、いえ。そういえば、初日にうっすらと嗅いだ記憶があります」

「え、そう? ……んー、言われてみれば確かに。レティちゃんの手に乗せてお話してる時だったかな? 私の手にこんな匂いがちょっと付いてたかも」

 自分がこびり付いてた指先をくんくん嗅がれるのって、なんか妙に恥ずかしいんだけど……


「初めに出迎えに行った港でも僅かに感じました。アヤメさんが声をかけた直後でしたので、恐らくミヤコさんの足の下から放たれていたのでしょう」

 あー、未だにちょっとトラウマ気味なアレね。

「潮の香りに紛れていましたし、歩くたびに薄れていったのか少し経つと消えていましたけどね」

「私、それも全然気づかなかったなぁ……」

「まぁそれはともかくとして。さっき私が破裂した時はこんな匂いはしなかった筈なのに、なんでだろ?」


「んー、確か抱き寄せた時も無かったんだよね。違いって言うと……」

「頭部が砕けたかどうか、でしょうか? もっとはっきり言うと脳が、ですか」

「雪ちゃんののーみそ、お花畑……?」

「うん。お姉ちゃん、ちょっとそこに正座しようか」

「いや冗談ですごめんなさい」

「まったく。っていうか桜ってお花畑って感じでもないでしょ。樹木だし」

「いえ、そこはどうでもいいのでは……?」



「ところでアヤメさんが未だに起き上がらないんだけど、大丈夫なの?」

 普段なら、さっきの流れのどこかで茶化されてる所なんだけど。

「うーん、さっきのも丁度口が開いてて飲んじゃってたんだよね…… 驚いた顔した後突っ伏して、頭抱えてた」

「むぅ。おーい、アヤメさーん!」

 ぬ、近づいて呼びかけたらピクッて動いた。


「大丈夫ー!?」

「……ふへ」

 ふへ!?

「ふふっ、へへへへへ……」

 ちょっとアヤメさん、一体どうしたんだ……? らしくない声を出して。
 更に近づいて声をかけたら、伏せたまま肩を震わせて笑い出したぞ…… なんか怖い。


「えへへへへグッ」

「えっ」

「いえ、流石に人に見せる表情(かお)では無かったのでつい……」

 アヤメさんが笑いながら完全に緩み切った顔を上げた瞬間、駆け寄ったレティさんに後頭部を押さえ付けられた。
 うん、確かにかなりヤバい顔してた。おめめぐるぐるって奴だったぞ。

 にしても、ギリギリで机に叩きつけずに止めてるな。流石の身体制御力だ。
 でも今の下手したら舌噛んじゃうよ? 大丈夫かな。


「アヤメさん、どうしちゃったんですか!?」

「んー!」

「あっ、痛っ」

 更に近づきながら問いかけると、アヤメさんが唸りながらレティさんの手を振り払う。
 流石に筋力はアヤメさんの方が上なのか、あっさり外されたようだ。
 自由になった所で立ち上がり、レティさんを両手で突き飛ばしてこっちを見る。
 アヤメさん、明らかに正気じゃないぞ。いや今更だな。

 え、これもしかして襲い掛かってくる?
 っていうかどう考えても、私の欠片を食べたのが原因だよね。
 最悪の場合、モグモグされる可能性まであるんじゃないか……?


 ん……? 後ろを向いて……座り込んだ?

「えへー。あー、いー」

 両手で首にかかる髪をかき分けて、うなじを露出させた。
 え、これって……

「雪ちゃん、これ…… もしかして召し上がれって言ってるんじゃ……?」

「っぽいよね…… この姿勢、昨日の熊さんと同じだし…… あ、レティさん大丈夫ですか?」

「はい。しかしこれは、どうしたものでしょうか……」

 うーん…… 流石に食べる訳にも行かないしなぁ。


「おはようございます、皆様。これはどういった状況なのでしょうか」

 あ、モニカさんが管理室から出て来た。
 出て早々こんな場面に出くわすとは流石に思わなかっただろうな。

「おはようございます。えっと、なんかアヤメさんがおかしくなっちゃったんですよ」

「なんと。して、原因に心当たりは?」

「えーと…… 多分というかほぼ確実に、私の体の一部を飲み込んだのが原因だと思います」

「…………なるほど。ではミヤコさん、レティさん。アヤメさんの腕を持って立たせて貰ってよろしいでしょうか」

「えっ、あっ、はい」

「解りました。ミヤコさん、暴れるかもしれませんのでお気をつけて」



「やー、うー」

 二人が片腕ずつをしっかり抱え込んで、無理矢理アヤメさんを立ち上がらせる。
 モニカさんがその正面に歩いていき、両手を上げて構えを取って…… え、もしかして。

「ふんっ!」

 うっわぁ…… 体が浮くほどの強烈なボディがアヤメさんに突き刺さった。
 あーあー、吐いちゃってるよ…… いや、吐かせたんだろうけど。

「まったく、私でさえまだ……いえ、何でもありません。アヤメさん、正気に戻りましたか?」

 まだじゃないよ。これからも食べさせることは無いよ。

「げほっ、おおぅ…… げほっ、うん、なんとか…… ありがとう」

 お、帰ってきたか。


「アヤメさん、色々大丈夫?」

「お腹が痛い以外はなんとか…… とりあえず頼むから、さっきまでのは忘れてくれ……」

 うん、酷い有様だったからな…… 気持ちは解る。

「さっきの、ちゃんと覚えてるんだね。っていうかモニカさん、必要以上に力が籠ってなかった?」

「そんな事はありません。断じて羨ましくなど」

「助けて貰っておいてなんだけど、絶対あっただろ…… 内臓が破裂するかと思ったわ……」

 うん、無事で(生きてて)何よりだ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ