挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
83/439

83:弾かれた。

 よし、お願いのメッセージも送ったし戻るとしよう。
 とりあえず戻ったらアヤメさんに謝っておこう。あの位置じゃ下手したら顔にまで私が飛び散ってるかもしれないし、服も汚れちゃっただろうからなー。

 しかし、あの膨れ方はどうなってたんだ?
 おへそを押さえてみたり脇腹をつまんでみたりしても、至って普通の感触だし。
 ぐにーっと引っ張ってみたけど、ただ痛いだけだ。
 どう考えてもあんなには伸びないだろうとは思うけど、これもそういう仕様なんだろうな。
 考えるだけ無駄なやつだ。



 あれ、こんなとこに四人組が居る。どうしたんだろう?
 熊さんが何かやらかしたんだろうか。一人だけ正座させられてるし。あれ、なんか泣いてる?
 でも身内の問題かもしれないし、どっちにしろ私が口を出す事じゃないだろうな。

 気にせず帰るとしよう。ってしまった、熊さんと目が合っちゃったよ。
 うぅ、そんな助けを求めるような目で見られても困るんだけど……
 仕方ない、一応近づいてみようか。


「おい、ちゃんとこっち見て話を聞かないか。ん? あぁ、妖精さんか。おはよう」

「おはようございます。何かトラブルでもあったんですか? 私に聞かせられない話ならいいですけど」

「あー、それがねぇ…… 昨日こいつ、食べられるのが良いとか言ってたじゃない?」

「言ってましたね。え、まさか……」

「そのまさかだよ。あの後皆で訓練してたんだけど、解散した後に一人だけログアウトせず黙って外に出て行ったらしいんだよ」

「なんか森に居るおっきなクモが、捕らえた獲物を溶かして食べるとかいう話を聞きつけたみたいでね。我慢できずに突撃しちゃったみたい」


 うわぁ…… 本当にやったのか。しかも即日。
 っていうかよく夜に一人で目的の場所までたどり着けたな。

「すっごい(いだ)がっだし、気持(きぼ)ぢ悪がっだぁ……」

 そらそうだ。まぁとりあえず泣き止みなさいな。ちゃんと発音できてないから。


「で、またデスペナ増やしちゃって怒られてるって感じですか?」

「いや、それは良いんだよ。固定パーティーを組んでるって言っても、人のプレイを制限する権利なんか無いんだし。そりゃ当然、周りの事を考えてくれた方が嬉しいけどね」

「正座させられている理由だったら、『やる前から解るだろうが。少しは考えて行動しろ、このバカたれが』という説教だな」

 おじさんが察して答えてくれる。まぁ普通は食べられるのなんて痛いだけだよねぇ。
 でもそれ、他の人を巻き込んでないなら結局同じ事なんじゃ?
 むしろ四人で居る時にやられるより被害はマシかもしれない。まぁ私が口を出す事でもないか。


「まぁ何にしろ、自業自得ですね……」

「でしょ? てな訳で、こっちの問題は自分たちで解決するから心配は要らないよ」

「私も原因の一つな気もしますけど、そう言って貰えるなら失礼しますね。家にお姉ちゃん達を待たせてるので」

「引き留めちゃってごめんね。さて、こっちも反省してるみたいだし。そろそろいいかな?」

 お、許されたか。デスペナ回収がんばれよー。




 ちょっと寄り道しちゃったけど到着だ。
 あー、これ多分ぶっかけちゃってるな…… アヤメさんが庭の机に突っ伏してる。

「た、ただいまー…… えーっと。アヤメさん、ごめん。大丈夫?」

「あぁ、おかえり…… うん、大丈夫だよ、大丈夫」

 正面に回って服を見てみる。うん、汚れてないな。

「あ、服だったら大丈夫だよ。死体が消えるのと一緒に、血も消えてくれたからね」

 よかったよかった。それにしてもなんかよそよそしいというか、少し離れようとしてないか?


「アヤメさん、どうしたの? なんか感じが違うけど」

「えっとね。さっき受け止めた時に、雪ちゃんの一部が口に飛び込んで反射的に飲み込んじゃったみたいなの」

 うわ、そりゃきっつい。本当申し訳ない事尽くしだなぁ。

「あー、なんかごめんね」

「いや、白雪が悪い訳じゃない…… 自己嫌悪に陥ってるだけだから、気にしなくていいよ」

「え?」

「何でもないよ。とりあえず、使わない方が良い魔法みたいだな」

 なんかはぐらかされた。気になるんだけど…… まぁいいか。
 使わない方が良いっていうか、まともに使えないっていうか。



「まぁ気を取り直して、持ってたスキルの魔法は何か増えた?」

 そういえば詳細はずっと見てないな。何か出てるかな?
 んー、【妖精魔法】と【純魔法】か。

──────────────────────────────
 【姫蛍(フェアリーライト)】 基本消費MP:発動時100 持続1秒につき1
  使用者の体の一部、または全てから光を放つ。
  MPの追加消費により光量や色などの調整が可能。
──────────────────────────────

 なんで微妙にマイナーな種類の蛍なんだろう。
 しかしこれ、使わなくても自力で光れるのが解ってるから意味が無いな。
 なにか特殊な使い方とかあるのかな? まぁ次だ次。

──────────────────────────────
 【魔力障壁(マナシールド)】 消費MP:軽減するHPダメージに比例
  肉体に受けるダメージを、MPを消費することで軽減する。
  最大値の7割のMPを消費することができ、MPが3割を下回った場合自動的に解除される。

  スキルのレベルが上がる事により以下の効果が現れる。
  ・HPダメージ軽減割合の上昇
  ・MP消費倍率の軽減
──────────────────────────────

 おー! こういうのが欲しかったんだよ、こういうの!
 MPが三割以上ある時はMPで受けられるんでしょ? これで少しは耐えられるかも。
 でも耐えられても凄いお腹減りそうだなぁ。


「見てみたら二つ増えてた。片方はなんか良さそうだよ」

「おー、防御魔法かぁ。雪ちゃんの時代来ちゃった?」

「しかし、これも効果が出ない可能性があるのでは?」

 あ、そうか…… 強化魔法と同じで無効化するかもしれないな。
 試してみれば解るか。発動だけなら何も消費しないみたいだしね。


 よし、発動してみたけど…… 何も変わった感じがしないな。
 おっ、効果はちゃんと出るみたいだ。自分にビンタしてみたけど全然痛くない。

「ゆ、雪ちゃん? いきなりどうしたの?」

「あ、ごめん。ちょっと発動して試してみてた。これはちゃんと効果あるみたいだよー。よーし、ちょっとデコピンしてみてよ!」

「えっ、流石に無理なんじゃない……? 無茶しない方がいいよ」

「大丈夫大丈夫! ほらほら、ピンッと」

「うぅ、どうなっても知らないよ……?」


 お姉ちゃんがおずおずと、握った右手を近づけて来る。
 人差し指を少し浮かせ、親指で押さえ付けて構えつつ確認してきた。

「雪ちゃん、ほんとに良いんだね? やっぱりやめない?」

「いいからやってみよう。それにダメならダメで、それが判るからオッケーって事で」

「うー、仕方ないなぁ。それじゃゼロで行くよ? さーん、にー」

 カウントダウン入れるのか。焦らされた方がちょっと怖くなる気がするんだけど。

「いーち」

 あ、そういえば反対側にアヤメさんが

「ゼ




 むぅ、【魔力障壁】あってもダメかー……
 まぁ確かにHPダメージが基準じゃちょっとくらい減っても無駄か。
 っていうかさっきの配置だと、またアヤメさんに飛び散った可能性があるんだけど……
 うっかりしてたなぁ。とりあえずさっさと戻るとしよう。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ