挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
79/399

79:流されよう。

 んもー、そんな悲しそうな顔で見下ろさないでよー。
 そりゃ別に何か重大な問題がある訳じゃないけどさ。相手は小っちゃい女の子だし。
 でもやっぱり何となく抵抗があるよ。

「ほら、シルクが嫌いって訳じゃないからさ。でも流石に私だって、裸でお世話されるのは恥ずかしいんだよ」

 天井付近まで浮き上がり、頭を撫でて宥める。
 ん、タオル受け取れって? いいけど何で? あれ、出て行ったぞ。
 ふー、助かった……ってすぐに帰ってきた。なんかもう一枚タオル持ってきてるぞ……

「え、もしかしてこれで隠せば大丈夫って事?」

 うんうんと頷く。いや、裸って事には変わりがないんだけど。
 確かに温泉とかだとそんな感じかもしれないけどさ。

 むぅ。そんな「どうしてもだめなの……?」って感じで泣きそうな顔されるとなぁ……
 うー、でもなぁ。くそー、相手が子供でさえ無ければとっくに追い出してるのに。これも開発の罠か。


「はぁ。わーかった、解りました。私の負けだよ。それじゃ服脱いで仕舞っちゃうから、ちょっと待ってて」

 結局諦めて折れることにした。なんかこのまま追い出したら、お風呂上りにドアの横でしゃがんで泣いてるのに遭遇しそうで怖いし。
 泣きそうだった顔がパァッと輝いた。凄い嬉しそうだけど、こっちはちょっと気が重いよ。

 って何だその揃えて差し出した両手は。え、何か乗せるの?
 試しに渡されてたタオルを置いてみたら首を振られた。違うのか。
 もしやと思って腰のパレオをつまんでクイクイ引っ張ってみる。あ、頷いた。服を脱いで渡せって事なのか。

「えっ、いや、ボックスに入れれば」

 私が言い終わる前にズイッと手を前に出してくる。いいから寄越しなさいって事か。
 あれー、私がご主人様だよね……? しかもこの子、さっきまで泣きそうだった子だよね……
 なんだか釈然としないぞ。でも断ろうとしても、またさっきと同じ流れになりそうな気がするんだよね。



 うむぅ…… 家事とお世話が存在意義だから、それをやらなくていいって言われるのは自分が要らない子だって言われるようなものなんだろうか。
 それも可哀想だよなぁ。そもそもそういう種族を召喚したのは、他ならぬ私自身なんだし。
 流石にここまでグイグイ来られるとは全く思ってなかったけどさ。

 うん、仕方ない。吹っ切るか。少なくともこの家の中は人の目も無いんだから、好きにさせてあげよう。
 でも流石に屋台で「あーん」は、色々キツいから遠慮したい。「あーん」っていうか問答無用で押し込まれてたけども。


「ふぅ、解ったよ。取りあえず家の中では好きにお世話してくれていいから。その代わり、外では恥ずかしいからやめてね。約束だよ?」

 シルクは良い笑顔でブンブン頷いてる。もしかして早まったか?
 まぁ言ったものは仕方ない。とりあえず服を脱いで渡そ…… あれ?
 え、あれ、ちょっと待って? なんで私、いつの間にか裸なの?

 片手に私の服を乗せたシルクが、もう片方の手でタオルを差し出す。あ、ありがと。
 いやいや、そうじゃない。え、いつ脱がされたの? 全く気付かなかったんだけど。
 これ、本当に早まったんじゃないか?

 服を受け取ったのに、シルクはまだ手を出したままだ。
 まだ何か…… あ、そういえば訓練の時に服脱いだままだったけど、それも出せって事か?
 洗濯とかそういうの必要じゃないはずだけど。とりあえずボックスから出して「これも?」と聞いてみたら頷かれた。
 仕方ない、全部渡そう。裸で着替えも持ってない状態って、凄く心細いな……


 一旦片手に服をまとめて、シャワーを指差してから出ていくシルク。
 今のは「置いてくる間に浴びててね」って事だろうか。
 まぁ元々そうするしかないし、大人しく従っておこう。

 暖かいお湯を浴びて、軽く髪を流したところでシルクが戻ってきた。
 せめてもの抵抗でバスタオルを取り出して巻いておこう。翅が有るから少し低めになるけど、それは仕方ない。
 拭く為に持ってきてたけど、この調子なら多分表にもう一枚用意されてるでしょ。
 いやそんな「往生際が悪いなー」みたいな顔されても。元々小さいタオルだって隠すために渡してきてたじゃない。

 で、どうするの? ふむ、とりあえず一旦お湯を出して、持ってきたタオルを濡らして。
 後ろ向けって? ほい。
 おおう、お腹にシルクの左手が添えられた。あぁ、浮いてるから押されて前に行っちゃわない様にってことね。


「あー、翅は敏感だから優しくお願いね?」

 既にどうされても抵抗出来ない体勢だけど、一応言っておかないとね。
 少し斜めになっている左手に体重を預けて、背中側を拭われるに任せる。
 バスタオル? 手が添えられた直後に解かれて、私との間に挟まれてますよ。

 っていうか今更ながら、別に埃とかざっと流すくらいで十分なんだよな……
 言っても聞いてくれそうにないから諦めてるけどさ。

 おお、翅撫でられるとすっごいぞくぞくする……
 くすぐったいやら気持ち良いやら、絶妙な力加減だ。
 しかし凄いな。家の中でのシルクの腕力って通常サイズの人間くらいあるっぽいのに、こんな繊細な加減が出来るとは。
 まぁ出来なきゃ今頃、握り潰されるか挟み潰されて上下から中身が飛び出てるんだろうけど。


 ちょっ、尻を撫でるな!! いや背中から下がっていっただけなのは解ってるけどさ!?
 脚をバタ付かせたら背中に手を添えられて、胴体を固定されてしまった。
 うー、解ったよ。大人しくするよう……

 今度は何だ? なんか右の腿にタオルが巻かれて…… っておい、なぜ掴む!?
 右脚をタオルの上から掴まれ、添えられていた左手も胴体を横から親指で挟む様に持ち替えられた。
 そして脚を掴んだ右手をタオルごと降ろしていき、爪先まで一気に拭われる。

 きっちり太さに合わせて握りの強弱を調節する器用さのおかげで、足を丸ごともぎ取られるようなことは無かった。
 続いて左脚も同じように拭われる。仕上げに足をタオルで挟んで、指でこしこし。
 うへぇ、くすぐったいけど逃げられない。

 両足が済んだら解放されて、シャワーで流される。
 流石に前は手持ちのタオルで自分で…… うん、だろうとは思ってた。もう好きにして……



 ふー、やっと落ち着けるよー。
 使ったタオルを全て預け、お茶に浸る。ぬくぬく。
 紅茶風呂ってこんなしっかり抽出したものじゃないだろうけど、別に現実の体で入る訳じゃないから別に良いのだ。

 あれ、シルクが戻ってきた。もうすることないんじゃない?
 どうしたのかな? と思っていたら背後に座って私の頭を両手で挟みこみ、位置を調整する。
 何が始まるのだ。

 おお、頭皮マッサージ…… いや、なぜこのタイミングで。さっきでも良かったんじゃないか?
 まぁなんか気持ち良いからいいや。ほへー。
 冷静に考えると少しでも力加減を間違えたら一瞬で私の頭が無くなる状況なんだろうけど、気にしても仕方がない。
 その気になれば私の頭蓋骨なんて、親指と人差し指の二本で挟むだけでカシャっと行けるしねー。
 【妖精】が人に触れさせるっていうのはそういう事だし。人じゃないけど。


 しばらくだらけきっているとカップをコンコン叩く音が聞こえた。
 あ、もう上がった方がいい? はーい。
 お茶から出て、シャワーで体を軽く流す。白いタオルに色が付いちゃうからね。

 脱衣場に出るとシルクにじっとしているように指示され、タオルで全身くまなく水気を拭かれた。
 うぅ、私貴族とかそういうのじゃないんですけど……

 拭き終わったら両腕を少し広げる様に指示される。今度は何なの……?
 背後から真っ白で厚手のナイトガウンが着せかけられた。あれ、私の服は?
 聞いてみたら笑顔で首を振られた。
 え、私裸にこれ一枚で寝るの? 流石に落ち着かないんだけど。
 せめて下着くらい欲しいんですけど? 無いのか。そっか……

 ところでシルクさん、召喚者を赤ちゃんみたいに抱っこして部屋へ向かうのはやめてくれませんかね。
 あ、ダメですか。はい。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ