挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/644

78:助け船を出そう。

 さて、それじゃ家に……

「えっ、あ、ちょっ、あぐっ!? 冗談っ、冗談だって! 妖精さん、助けてー!!」

 おお、アルゼンチンバックブリーカー。……いや、何やってるんだよ。
 振り向けばそこには犬の人を仰向けに担いで、顎と腿に手をかけたモニカさんが立っていた。
 顎が動かせないからちゃんと発音できてないけど、助けを求めてるのは聞き取れた。

「えーっと、何事ですか? 大体想像は付きますけど」

「この方が何食わぬ顔で皆様に続けて入っていこうとなされたので、反省して頂こうかと」

「いや、もしかしたら招待された人かもしれないじゃないですか……」

 せめて確認くらいしようよ。


「白雪様にそのような素振りもございませんでしたし、何よりもこの方の仲間と思わしき方々が制止しておられましたので。もし招待された方であれば心からの謝罪をさせて頂きます」

 あの、間違いだったら謝るとか言いながら、両手に力を込めて揺さぶりながらちょっとずつ下げていくのはやめてあげて?

「まぁ確かに違うんですけど……」

「かはっ、たす……け…… 背っ、折れ……」

 あ、やばい。手加減してなくないかこれ。地味に喉に指をかけて、気管にも攻撃してるし。

「ちょっ、モニカさんストップストップ! 死んじゃいますって! いやそのまま止まらずに手は放してあげて!?」

 確かにストップとは言ったけどさ。解放してあげてって事だからね?
 一旦こちらを向いて、両手を放しながら背筋をピンと伸ばし背後に犬さんを放り捨てる。容赦ってものが全くないな……


「がっ…… はっ、はっ。あー、いってぇ…… はぁ、マジで死ぬかと思った……」

「はい。堂々と忠告を無視した貴方には、見せしめとして死をもって罪を贖って頂くつもりでございました。白雪様のお言葉が無ければ、今頃貴方は息をしていなかったでしょうね」

 何この番熊。ちょっとバイオレンスすぎない?
 犬さんと仲間の人達、ちょっと血の気が引いてるよ。

 っていうかいくら不法侵入者だからって、殺害して良いものなの? 新大陸(ここ)の法律はどうなってるんだ。
 いや、殺傷力のある武器や魔法を皆が普通に持ってる世界なら、当然の事なのかもしれないのか?
 殺らなきゃ殺られる、みたいな。日本人が平和ボケし過ぎなのかな?
 まぁその辺は考えるだけ無駄か。実際モニカさんは殺そうとしてるんだし、法的に大丈夫なんだろう。


「えー、あの、モニカさん? 何もそこまでしなくても……」

「私は職員の中では比較的穏便に済ませる方ですよ? 今のがコレットさんでしたら、足を踏み入れた次の瞬間にはこの方の頭部が宙に飛んでいるでしょうし」

「流石にそれは極端な例なんじゃ?」

「いえ、先程の状況でしたら職員の半数以上が警告することなく即座に殺害致します。そして残りの職員はまず警告し、それから殺害致します」

 なにその公務員こわい。凶悪犯を収容してる監獄か何かかと。町をパトロールしてる衛兵さんの方が優しいんじゃないか?
 っていうかモニカさん、さっき警告する前に担いでたよね。



「という訳で見ての通り、侵入者に容赦は致しませんのでおかしな気を起こされぬよう」

 ただでさえ今日は引かれ気味なのに、更に引かれちゃったよ。
 どうするんだこの雰囲気。……うん、奥に逃げよう。
 寝て起きればなんとかなってると思おう。というかなっててくれ。

「びっくりしたー。モニカさんってパワフルなんだねぇ」

「私、これでも熊族の端くれでございますので。あの程度であれば軽いものです」

 お、唐突な出来事に呆気に取られていた三人が再起動したようだ。


「とりあえず、まずは奥に行こうよ。流石に視線が痛いからさ」

「そうですね。それにもう良い時間ですし」

「あぁ。白雪、済まないけど先導を頼むよ」

 了解して足元を照らしながら進む。中央部は照明が無くて、自分で用意しないといけないようだ。
 まぁ私は必要ないし、今日みたいな事がなければ、お姉ちゃん達も夜は行動してないから問題ないけどね。

「ところでモニカさん、何で私達が帰ってくるタイミングでちょうどあそこに?」

「【魔力感知】がありますので。白雪様は普段からとても濃い魔力をお持ちですが、輝いておられる時は遠くからでもはっきりと判りますよ」

 あぁなるほど、垂れ流しの魔力が遠くから見えてたのか。
 さて、家に着いたけどシルクは中に居るのかな?
 とりあえずまずはポチ、ただいまー!

 伏せたポチの毛皮に飛び込んで堪能していると家のドアが開き、出て来たシルクが頭を下げる。
 おかえりなさいって事かな。うん、ただいまー。
 モニカさんは挨拶してから帰っていった。明かりは持ってないけど、多分夜目も利くんだろうな。


「よし、それじゃ私は一旦ログアウトしてくるよ」

「私もですね。それでは、また後程」

 二人ともさっさと落ちて行った。まぁ予定より大分長く居ちゃったしね。
 黙々とポチを可愛がっていたお姉ちゃんがこちらに問いかけてくる。

「私も落ちるけど、雪ちゃんはどうするの?」

「私はこのままゲーム内で睡眠を取ってみることにするよ。たしか現実の方の体も寝てる状態みたいな感じになるんだよね?」

「うん、便利だよねぇ。睡眠導入と目覚ましの代わりに買うには高い機械だけど。それにこのゲーム内だと目覚ましもないし……ってあぁ、雪ちゃんはシルクちゃんに起こして貰えばいいのか」

「あれ、時計は有るのにアラーム機能は無いの?」

「無いんだよねー。ほんと、妙な所が不親切なシステムだよ。まぁとりあえず、私も一旦落ちるね。おやすみ」

「おやすみー」

 寝るのは私だけだけどね。それにその前にお風呂も入らなきゃ。


 布を置いた部屋からバスタオルを一枚確保し、ボックスに放り込む。
 いくら蓋をしてたといっても流石に冷めてるし、温める所からだなぁ。
 まぁカップに魔力を流せば割とすぐに温まるんだけどね。

 お風呂に入って置いておいた蓋を消し、取っ手の赤い印に触れて魔力を……って、なんだ!?
 唐突にお風呂のドアが開いて何事かと思ったら、湯あみ着のような物を着たシルクが少し恥ずかしそうな顔をして、小さなタオルを持って入ってきた。
 そんな服も材料にする布も見た覚えが無いぞ……モニカさんの仕業か?
 ていうかそのタオルは何だ。お背中お流ししますって事か? 恥ずかしいならやるなよ。

 いや、一人で入るから。帰った帰った。「そんなぁ!?」って顔してもダメです。
 あ、でもその前にそこのスプーンでお湯を混ぜてくれる? よし、丁度いい温度になった。ありがとね。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ