挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/648

73:倒し方を考えよう。

 燃やされ冷やされ、色々美味しく頂きました。
 岩や竜巻はまぁいいんだけど、水で濡れるのだけはちょっと面倒だな。すぐ乾くから良いんだけど。
 あと人をツタでぐるぐる巻きにして盛り上がるのはやめなさい。両腕に力を入れたら簡単に引きちぎれたから別に問題はないけどさ。
 なんか凄い怪力キャラっぽい脱出だけど仕方ないよね。あぁいや、普通に吸い取って枯らせば良かったのか。



「いやー、雪ちゃん硬いねー。魔法で倒すのって不可能なんじゃない?」

「って言ってもまだゲーム始まってすぐだしなぁ。皆どんどん強くなって、そのうち耐えられなくなるんじゃない?」

「そうならない様に、更に抵抗力を鍛えてるんだろ?」

「まぁそうなんだけどね。とはいえ【妖精】に勝つだけなら物理攻撃ってことで、とりあえず砂でも撒いておけばいいんじゃない? って話になっちゃうんだけど」

「え、なんで砂? 別に素手でも良いんじゃない?」

「いや、通常サイズで言うと二メートルくらいまでなら【妖精】の射程内だから。それ以上届かない訳じゃないけど消費がね。【妖精】の魔法攻撃に耐えられるなら手で叩けば終わるんだけど、現実的ではないし」


「石じゃ駄目なのか?」

「単発ならどうにかなるからね。投げるのが見えてれば頑張って避ければいいし、逸らしたり消したり出来るもの。まぁ気付くのが遅れたら対応する時間も無いと思うけどね。ほら、私から見れば球速が十倍だし」

「で、重さは千倍か。野球のボールで例えるなら七十センチ百四十キロくらいあるのが、時速千キロオーバーで飛んでくると。そら死ぬわ」

「石の塊ならもっと重そうですね」

「だから完全にオーバーキルなんだよね。砂でも大きめの奴だと一センチ以上あるから、多分指で一粒ピンッて弾いたのが当たっただけで死ぬよ」

「儚い命にもほどがあるだろ……」

「まぁそんな事はお姉ちゃんが持ち上げる時の加速にすら耐えられないって時点で解ってるよね」

「それを言わないでよぅ……」



「まぁ粒が小さくても死ぬわけだから、数が多くて範囲が広い方が対応しにくいって事だね」

「待てよ、砂粒で死ぬって事はだ」

 おおっと? なんか嫌な事言われる予感がビンビンするぞ?

「【妖精】は塩で祓えるって事だな」

「いや、人を邪悪な者みたいに言わないでよ。それを言うなら人間だって大量の塩ぶつければ死ぬってば」

「うん、ちょっと思いついて言ってみたかっただけだから。まぁとにかく、離れてなんか投げればいい訳だな」


「といいますか、ご自分の殺し方を解説しているのですが良いのですか?」

「どっちにしろ不意を突かれれば物理攻撃なら何でも即死だしね。正面から戦うなんて事もないだろうし」

「あれ? そういえば雪ちゃんって【空間魔法】持ってるから、砂でも避けられるんじゃない?」

「うん」

「駄目じゃねーか! いや別に殺そうとする訳じゃないけど、さっきまでの話は何だったんだよ」

「まぁ咄嗟に発動できなきゃ挽肉になって砂に混ざるってのは事実だよ。回避手段が一応あるってだけだね」


「まぁ近寄って殴ろうとするよりは安全ってことか」

「だねー。離れて物理攻撃に徹すればそのうちどれかに当たって死ぬんじゃない?」

「足元の砂を拾って後ろに投げつけながら必死に逃げる相手を、ひらひら避けながら追い詰めて殺す【妖精】か」

「いや、なんでさっきから悪役っぽく言うかな。多分追い詰めるより当たる方が早いと思うけど」

「別に意味は無いけど、思いついたら言いたくならない?」

 解らなくも無いが、言われる身にもなってくれと言いたいよ。



 そういえば補助魔法で強化してた人が居たけど、私も強化すれば少しはマシになるんだろうか?
 確かレティさんは支援担当って言ってたしお願いしてみよう。

「レティさん、ちょっと私に強化魔法をかけてみて貰えますか?」

「はい、いいですよ」

 一瞬体が暖かく…… なってすぐに消えた。あ、MPちょっと回復してるぞ。
 もしかして補助まで抵抗した挙句に吸収したのか?

「どうですか?」

「ごめん、駄目みたい。体が勝手に解除して吸収しちゃったっぽくて、MPがちょっと回復しただけだった」

「支援効果も無効化するのか。厄介な体だな」

「開発の悪意を感じるよ。と言ってもまぁ、少しくらい強化出来ても焼け石に水って感じではあるけどね」

「確かに強化されたからって十トンの岩を持ち上げたりできる訳じゃないしな。っていうか白雪、自分で使えるんじゃないのか? いろんな属性取ってたろ」

 あ、ほんとだ。他はレベルが足りないのか、比較的使ってた【土魔法】しか出てないけど確かにあるな。
 VIT強化の魔法かー。属性ごとに違うんだろうな。まぁ試しに使ってみようじゃないか。


 うん、やっぱ駄目だ。一瞬だけ発動して、即座に吸収しちゃう。
 【妖精】は脆いままでいろって事か……

「有ったから試してみたけど、やっぱり駄目っぽい」

「ほー。【妖精】の魔力の高さなら他の種族にかければ良いんじゃないか?」

「うーん、なんか嫌な予感がするんだよね。ペナルティで魔法のサイズが小さくなったり射程が縮んだりしてるから、体の一部分だけにかかっておかしな事になるかも。それに最悪の場合、魔力を流した時みたいに体が溶けたり破裂するかもしれないし」

「試すのはちっと怖いな。とろっとろになりたくは無いぞ」

 そのネタを引きずるのか。いや、溶けるとか言ったのはこっちだけどさ。


「魔力で溶けるのは気持ちよかったらしいけどね」

「いやそれでもわざわざ死ぬのは嫌だって。っていうかやりたいのかよ」

「いや、やりたくないよ。一緒にいた人に聞けば解ると思うけど、見たい物ではないよあれは」

「雪ちゃん、そう言われると逆に気になっちゃうよ」

「怖いもの見たさという奴ですね」

「見る機会は無いと思うけどね。やられた人はデスペナ入っちゃうんだし」

「あの魔人の子に言ったら喜んでやりそうではあるけどな」

 有り得るのがやだよ。そういえば【魔力操作】取れたのかな?
 いや、流石に無理か。自力習得自体が相当厳しい上に今日はずっと埋めてたっぽいしな。



「出遅れたぁーっ!! もう終わっちゃった感じ!?」

 うわ、言ってたら丁度現れた。別にここに居るから撃ってくれて構わないよ?
 前に出て「撃っていいよー」と言いつつ手招きしておく。

「あー、好きに魔法撃っていいってさ。手加減は必要ないから遠慮なくどうぞ」

「なんとなく効かないのは判るし、それじゃ遠慮なく!」


 今までと同じように、ノーガードで受け止めてもぐもぐ。

「うーん、やっぱり効かないかー。てかそれ、おいしいの?」

「いや、そもそも味がある物なのか?」

 あ、兎さんも来てた。監視役お疲れさまです。ていうか全員来てるな。


「ありますよー。人によって味が違いますけど。ちなみに今のはライチ味でした」

「また微妙に好き嫌いが別れる物だな。お前の魔力、ライチの味だってさ」

「えー? 私ちょっと苦手だな、あれ」

「別にお前が飲むわけじゃないんだからさ」

「あ、そっか。妖精さんはどうかな? おいしかった?」

 【吸精】持ってなければ関係ない話だしね。
 私は割と好きなので頷いておく。さぁどんどん撃ってくるがよい。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ