挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

72/648

72:火の球に入ろう。

 質問してた魔人さんがトップバッターか。ってしまった、ちょっと待って。
 聞こえないだろうからジェスチャーで止まってもらう。

「ん? 待てばいいのか?」

 うっかりしてた。私が耐えられても服に影響出るかもしれないのに、着たまま普通に受け止めてたよ。
 幸い無事だったから良いものの、燃えたりしてたらまた謝る羽目になってたぞ。
 前の時は買った物だからまだしも、頂き物を貰った当日に燃やすなんてのは流石に酷いだろう。
 脱いで仕舞っておこう。……いや盛り上がるなよ。ちゃんと下にいつもの着てるよ。
 よし、準備オッケー。両腕で大きな丸を作って合図を出して待ち構える。

「もういいんだな? それじゃ行くぞ」


 受け止めて食べる事を繰り返し、撃ち終わったら【妖精吐息】を吹きかけて次の人へ。
 いろんな魔法が見られて結構楽しいな。当たっても大丈夫って思ってるから、さほど怖くもない。
 気分は遊園地のアトラクションみたいな感じだな。いや、こっちは下手をすれば死ぬから大分違うんだけど。

 とはいえ、今のところは私が怪我をするような魔法が飛んでくることは無いだろう。
 強化魔法をかけて貰った上で、単発に残った全MPを込めておっきな火球を発射した人も居たけど無傷だったし。
 一応他の魔法と違って熱は感じたけど、中に入ると丁度いい温度だったので逆に気持ちよかった。
 あと込められた魔力が多かったからか、比較的味が濃くて美味しかったのも高評価である。
 いや、そんな評価は全く求めてないだろうけどさ。
 一気に放出したせいで倒れそうな程に消耗していたので、念入りに吹きかけてあげた。美味しかった分、ちょっとだけ追加しておこう。ありがとね。


 しかし、人によって結構味が違うんだなぁ。種族や性別で決まってる訳でもなさそうだし、ランダムなのかな?
 複数の属性を撃った人も居たけど、どれも同じ味だったから属性で変わる訳でもないっぽい。
 まぁ自分が何味かなんて知っても仕方ないだろうし、【妖精】が居ないとそもそも人によって味が違う事すら知りようがないんだけど。
 殆ど果物だけど、たまに妙な味の人が居る。
 なぜかちゃんと調理した後みたいな味なのが謎なんだけど、元々謎しかないからもう気にしないことにした。
 生のサツマイモや栗の味がしても嫌なだけだしね。


 ん、何も飛んで来てないけどなんか体内に違和感が数回。なんだこれ?

「なんともないですか? 【呪術】で状態異常をいくつか試してみたんですが」

 あぁ、抵抗に成功してたのか。とりあえず頷いてなんともない事を伝えよう。

「そうですか。それじゃ、もっといろいろやってみますね」

 体内の魔力の流れにちょこちょこと違和感が生まれる。
 そういえば【魔力感知】の訓練も並行すればいいんじゃないか?
 【魔力武具】で作った物が感じられたんだから、普通の魔法も多分いけるだろう。

 むー…… あ、今撃たれたっぽい。見える魔法じゃないから判りづらいな。
 目を瞑ってみたらどうかな?
 うん、少し判りやすいな。あ、また来た。弱体化の魔法も見えないけど一応魔力を飛ばして、当たってから発動ってタイプなんだな。すっごい速いから避けるのは無理そうだけど。


 んー? もしかしてこの周囲に点々とある薄いもやもやが、普通の人の魔力なのかな?
 目を開けてみるともやもやの場所に重なるように人が居る。うん、やっぱりそうか。
 あー…… これが普通の魔力の量で、最大容量もこれくらいだったとしたらそりゃ魔人さんも破裂する訳だ。
 【妖精】の体内魔力、明らかに桁違いの密度だもの。

 【魔力感知】で観ると指先まではっきり形が判るくらいだし。
 ってちょっと待て、これもしかして他の人からもこう見えてるのか? 服の下の体形がモロに見えるんだけど。
 流石にその辺りは対策していると思いたい。ていうかしてなかったら訴訟ものだぞ?
 ……あとでお姉ちゃんに確認しとこ。多分持ってるでしょ。
 もしかしたら自分の体だけそう見えてるって可能性もあるし。他に【妖精】が居ないから判らないんだよなぁ。



「あのぅ……」

 あっ。もしかして終わってた……? 目を開くとしょんぼりした顔になってた。
 やって貰っておいてこれは、我ながらかなり酷いぞ。
 わたわたと何度も頭を下げて、【妖精吐息】を大放出。

「うぅ、私の魔法地味だから仕方ないですよね……」

「ほんっとにごめんなさい!」

「ごめんなさいね。雪ちゃんもちゃんと反省してるみたいだから、許して貰えないかな?」

「はい、大丈夫です。もっと目立てるように頑張ります……」

 最後にもう一回吹いておいた。ごめんよぅ。


「駄目だよ雪ちゃん。失礼じゃない」

「うん、解ってる。もうやらないように気を付けるよ」

「まぁ確かに見た目は地味ではあったけどな。でもあいつの魔法、発動さえすればかなり強いんだよな」

「そうなの?」

「発動してないからどれ撃ったかは判らないけど、能力値が下がる奴とか毒とか、体が動かなくなる奴とかね。内側から破壊されて死ぬようなのもあった筈だよ。まぁ流石にそんなのは同レベルの相手にも殆ど成功しないみたいだけど」

 おおう、怖いな。いや人間を溶かして殺す奴に言われたくはないだろうけど。
 まぁ敵の力が弱くなったり体が動きづらくなるだけでも、前衛はかなり楽になるだろうな。


「見えないからスキルで察知できないか試してて、そのまま別の事考えちゃってたよ」

「気を付けてね? それじゃ次の人どうぞー」

「あぁ、すいません。私も地味ですね。恐らく一発も通りませんから」

 おや、二人続けて弱体化系かな? 今度は狐のおじさんか。

「と言いますと、貴方も【呪術】使いなのですか?」

「いえ、私は【空間魔法】ですよ。っと、やはり駄目なようですね」

 あぁ【追放】か。うん、成功しないよね。一発の消費が大きいから、すぐ打ち止めになった。
 MPの減りがかなり急だから辛そうだな。同じ【空間魔法】持ちのよしみで少しサービスしておこう。
 一応色々使えるけど、ポイントで取ったのはこれだけだし。
 がんばれおじさん、若い者に負けるな。

 ん、おじさんの靴よく見たらつま先とかが鉄板で補強されてる。
 もしかして【空間魔法】は補助で、足技がメインの人なのか? 一度戦ってるのを見てみたいな。


 さて、あと半分くらいか。どんどんいくぞー。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ